連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第21回

連載官能小説

連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第21回

「んんぁ……、お尻とおま×こ、両方いじられてる……、きゃぁ」

「どう、気持ちいいでしょ?」

「うん。気持ちいいけど……、何か変態になった気分。お尻でこんなに感じちゃうなんて」

「いいじゃん。お尻で感じてる理沙は、すごく魅力的だと思うけどな」

「でも、お尻ってそういうことに使う穴じゃないし」

「そんなことないよ。お尻が感じるって人、結構いると思うよ。どう? 結構アナルが広がってきてると思うけど」

「あ、あぁん、そんなに刺激しないで……、確か広がってると思うけど」

「ち×ぽもそろそろ入りそうだよね」

「ホントに挿れるの? その、お尻におちん×んを」

「もちろんだよ。そのために、こんな風にしてアナルプラグを用意したんだから。大丈夫さ。理沙だってすぐに気持ちよくなるはずだよ」

「はぁん……、そ、そうなのかなぁ」

拓人の指使いに、理沙はもだえる。

アヌスをプラグで栓をされて、さらに秘唇を指先でこねくり回される。

(あぁ、ダメ……、イッちゃいそう……、気持ちよすぎるよぉ……)

と、理沙は感じていた。

立ち昇るアクメの感覚が、徐々に狭くなっていき、途方のない悦楽が降り注ぐ。

「理沙、おま×こヒクヒクしてきたね。イキそうなの?」

「はぐぅ……、うん、イキたい。もうイッちゃいそうなの」

「お尻とおま×こをいじられて、イッちゃうなんて、ホント淫乱な妹だ」

「お、お兄ちゃんがそんな風にいじるからぁ……、私は悪くないのにぃ」

「わかってるよ。それに俺、淫乱な妹の方が好きだから。でもさ、イクのはもう少し我慢してよ。ねぇ、この間あげたローターってあるでしょ?」

「うん、あるけど……」

「それ使ってる?」

「え? えっと、それは……」

すでに使っている。しかし、あんなエッチな道具を使ってアナニ―してしまったことを言ってしまったら、恥ずかしさで死にたくなってしまう。

「使ったんだね?」

「うん、少しだけ……、ホント少しだよ……」

「隠すことなんてないよ。俺は嬉しいよ。あのローターを使ってくれて。よし、ここでもう一回使おうか」

「そ、それはまぁ、いいけど」

「理沙はクリが好きだから、ローターでそこを刺激してあげる。ローターどこにあるの?」

「机の引き出しの中、一番上かな」

「わかった。取ってくるよ」

拓人はそう言うと、一旦行為をやめて机の引き出しからローターを取り出した。

そして。それを持ってきて再びベッドに座る。

「よし、これを使ってあげるからね」

「はぁう……、優しくしてよね、お兄ちゃん。ローターって意外と刺激が強いの、だからあんまり乱暴にしちゃダメだよ」

「もちろんわかってるよ。痛くしないし、優しくするから。よし、今度は前を向いてみて、足を広げて、そして座るんだ……」

「恥ずかしいなぁ……、お兄ちゃんのエッチぃ」

理沙は四つん這いの姿勢から、前を向いて足を開いた。

アヌスに入っているプラグが、ベッドに押し付けられて、ググっと奥まで入っていく。

(んなぁ、お尻が……、熱いぃ……、で、でもこれは気持ちいいかも)

お尻を下にしているので、プラグがずっぽりと密着し、心地よくなるのだ。

拓人はというと、ローターを使って理沙の陰核をいじり始めた。

「理沙、クリに当てるからね」

「はぐぅ……、うぅ……、わかったぁ……、早くしてぇ」

「じゃあ言ってごらん。クリにローターを当ててくださいって」

「え? そんなの恥ずかしいよぉ。私、言えない……」

「それじゃ当てるの止めてもいいの? 気持ちよくなれないよ」

ここでお預けを食らったら、どうかしてしまう。

そこで、恥ずかしさに一杯になりながらも、理沙は告げる。

「く、クリをローターでいじって。お願い、お兄ちゃん」

「よく言えました。じゃあ、当ててあげるからね」

拓人は陰核を覆っている包皮をむいた。

すると、ピュッと白い雌芯が飛び出してきて、ヒクヒクと震えているのがわかった。

「ちゃんと言えたご褒美に、しっかり当ててあげるから」

拓人はローターのスイッチを入れて、ヴヴヴヴという稼働音と共に、淫核を刺激し始めた。

「きゃぁ……あぁん、刺激が、刺激が強すぎる……」

理沙はガクガクとカラダを震わせて感じ始める。

「理沙、気持ちいいでしょ? 刺激が強すぎるくらいがちょうどいいはずだよ」

「うぅぅ……、お兄ちゃん、出ちゃう……、エッチなおしっこビュッビュッって出ちゃうのぉ」

「出してもイイよ。理沙のエッチなおしっこがみたいし」

「きゃぁ、ダメェ……、このままじゃ……、私……、んんぁ……」

懸命に耐えていたのであるが、この痛烈な快感に抗うのは難しい。

快楽のかたまりが降り注ぎ、全身を貫いていくのであった。

「あぁん、ダメェ、出ちゃう……、出ちゃうってばぁ」

理沙はジタバタと暴れたが、それを拓人が押さえつける。

次の瞬間、淫裂からピュッピュッと、潮が噴き出てきた。

「いやぁ、見ないで……、恥ずかしすぎるよぉ……」

「理沙はクリをいじられると、潮吹きするんだね、フフフ可愛いなぁ……」

ドプっと子宮頸管粘液があふれ出し、ツツツと、シーツに零れ落ちていく。

あっという間に、淫蜜はしみになり、くっきりと後を残した。

「理沙ばかり気持ちよくなるもの、ズルいよね。そうだ、お尻とおま×こいじりながら、俺のち×ぽをなめてみて。俺も気持ちよくなりたいし」

拓人はそう言うとはいていたズボンを脱ぎ、ペニスを解放する。

既に彼の剛直はギンギンになっており、赤黒く変色していた。

「ふぇ、フェラすればいいの?」

「うん、してくれる? ちゃんと、自分のあそこも刺激しながらね。一緒に気持ちよくならないとダメだよ」

「ねぇ、お兄ちゃん、なら、二人でなめ合いっこしない?」

「なめ合う? そうか、シックスナインをすればいいんだね」

「うん。そうすれば、二人とも気持ちよくなれると思うし」

拓人が下になり、上に理沙が乗る。

そして、二人は互いの性器をなめ合い始めた。

(お兄ちゃんのおちん×ん、すごく大きい……、これが私のお尻に入るのかなぁ……)

と、理沙は感じていた。同時に、拓人のペニスをなめていき、彼を気持ちよくさせる。

もちろん、拓人も理沙の淫裂をなめ続け、さらにアナルプラグをググっと指で押し込んでいった。

「んぐ……、あぁん、お尻、気持ちいい……、おま×こなめなめされながら、プラグをいじられるの気持ちいいのぉ……」

「俺も気持ちいいよ……、理沙のフェラ最高なんだ……」

拓人自身、心地いい悦楽を覚えていた。同時に、ずっとこの感動を味わっていたい。

理沙がしゅぼしゅぼと淫猥な音を上げながらフェラをしていき、拓人も舌先をフルに使って理沙の淫裂を刺激していく。

「んん……、あぁん、お兄ちゃんの舌、いやらしすぎる」

「理沙の舌づかいもそうだよ。ち×ぽがとろけそうだもん」

拓人は、ずっぽりと奥まで入ったアナルプラグを一気に引き抜いてみた。

めちゅという音を上げながら、プラグが飛び出してくる。

「きゃぁ……、ダメ……、引き抜かないでぇ、気持ちよすぎるからぁ」

「理沙は引き抜かれる時が好きなんだよね? ならズボズボしてあげるよ。そっちの方が気持ちいいでしょ?」

「で、でも、そんなことされたら……私、おかしくなっちゃう」

「大丈夫。それにね、おかしくなった理沙も見てみたいかな」

そう言いながら、拓人は黒光りするアナルプラグを激しく出し入れさせていった。

こうなると、理沙はたまらない。あまりの快感に、フェラをする手が止まってしまう。

「理沙、ほら、フェラを続けて、止まってるよ」

「だ、だってぇ、こんなに刺激が強かったら、フェラできないよぉ……」

「なら、そろそろいいかな?」

「え? そろそろって?」

「お尻の穴も大分広がってきたから、そろそろち×ぽが入ると思うんだ。フェラもいいけど、やっぱりアナルセックスを堪能したい。イイでしょ? 理沙??」

とうとうこの時がやってきた。

理沙自身、発情しきっているので、断る気はサラサラなかった。

「いいけど、痛くしないでね」

「うん、優しくするから、もちろん、激しくしても大丈夫そうなら、そのまま続けるけどね」

「わかった、やってみて……、私もお尻でもっと感じたいの……、お兄ちゃんを感じたい」

「理沙、ありがとう。じゃあ、挿れるから、もう一度、四つん這いになってくれる? たぶん、最初はそっちの方が挿れやすいと思うから」

拓人の言葉を胸に、理沙は四つん這いになり、お尻を高く上げた。

同時に、拓人はアナルプラグを引き抜き、ヒクヒクと震える尻穴に、ペニスを押し当てていった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました