連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』最終回

連載官能小説

連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』最終回

「それじゃ理沙、挿れるからね」

「うん、優しくしてね、お兄ちゃん……」

「大丈夫。……任せて……」

理沙の菊穴は、プラグを挿れていた影響もあり、ググっと開いていた。

その穴に向かってペニスを押し当て、そのままゆっくりと貫いていく。

「ずぶずぶずぶ……」

(あぁ、入ってる……お尻に……おちん×んがぁ……)

「凄い締め付けだ。これがアナルセックスなんだね」

と、拓人は告げる。初めてのアヌスへの挿入は、予想以上にキツかった。

ゴムでペニスをギュッと締め付けられているような感覚が湧き上がる。

「どう? 理沙、痛くない??」

「はぅ……、今のところ大丈夫。でも、最初はゆっくり動いて欲しいかも……。なんか出ちゃいそうで……」

「わかった。ゆっくり動くよ」

拓人は理沙の言葉通り、無理せずにゆったりとしたペースで腰をうがち続ける。

アナルセックスは、入り口だけが窮屈で中が空洞になっているケースが多い。しかし……。

(理沙のお尻、なんだかピッタリとち×ぽに吸い付く感じがするよ)

そう。理沙の肛穴は膣内のように、ペニスを包み込んでいくのである。

その衝撃が素晴らしく、拓人をトリコにさせていった。

「理沙、すごく気持ちいいよ……。おま×この中もいいけど、お尻も最高だ」

「はぁん、お兄ちゃんが悦んでくれて……、私も嬉しい……。んんあぁ……」

「理沙はどう? 気持ちいいの?」

「きゃぁ……、うぐぅ……、わかんない……、わかんないけどぉ、ゾクゾクするの……」

「理沙は引き抜かれる時がいいんでしょ? ずりゅって引き抜いてあげるから」

そう言い、拓人はペニスを引き抜くときに力を入れた。

めちゅ、めりゅりゅと、ペニスが引き抜かれ、理沙に快感を雨を降らせる。

「きゃー……、そ、それ、ダメだよ……、そんなことされたら……、わ、私、変になっちゃう……」

「変になる? それって気持ちいいってこと?」

「はふぅ……ハァハァ……、うぐぅ……、気持ちいいかも……、ずりゅって、おちん×ん引き抜かれるとゾクゾクしちゃうのぉ……」

「なら、もっと引き抜いてあげるから、ゆっくり挿れて、勢いよく引き抜く。これなら、大丈夫だよね?」

「うん、大丈夫だと思う……、やってみてぇ」

「わかった、たくさんやってあげるからね」

拓人はゆっくりとしたペースで挿入し、引き抜くときは素早くしてみた。

すると、理沙のカラダがビクビクと震えて、快感に打ちひしがれているのがわかった。

(あぁん、ダメ……、気持ちよすぎる……、こんなの味わっちゃったら、普通のセックスじゃ物足りなくなっちゃうかもぉ……)

と、理沙は感じていた、

なんだか自分が変態になったような気がするのである。

「理沙のお尻、ホント気持ちいいよ……、俺もこんなの初めてだ……、普通のセックスもいいけど、アブノーマルな行為もたまらないね」

「きゃん……、お兄ちゃん、癖になる……、癖になっちゃう……、私、お尻のトリコになってるぅ」

「トリコになっていいよ。二人で気持ちよくなろう」

アナルセックスという背徳的な行為が、逆に興奮を誘う。

肛穴を突かれているのに、おま×こからエッチなおしっこがたくさん飛び出してくるのである。

「理沙、お尻に挿れながら、おま×こもいじってあげるから」

「え? お兄ちゃん……、何をするの……、一体……??」

「ローターを当ててあげるんだよ。クリに当ててあげるから。クリとお尻、ダブルで刺激されたら、もっと気持ちよくなると思うよ」

「きゃぁん……、クリは敏感だから、いじられるとすぐにイッちゃうのぉ、それにエッチなおしっこが止まらなくなるぅ……」

「イッてもいいよ。俺がイキ狂わせてあげるから。たくさんイッて、それで気持ちよくなってね」

拓人はローターを手に取ると、スイッチを入れて、前の方に持っていく。

そして、菊穴に挿入しながら、空いた手を使って、陰核を刺激し始める。

「あぁん、ダメ……、刺激が強すぎる……、んんぁ、お兄ちゃん……ダメだったらぁ」

理沙は必死に抵抗するが、拓人は止まらない。

二ヵ所を同時にいじり続け、鋭い悦楽を生み出していく。

「クリをいじったら、お尻がキュッとなったね。連動してるみたいだ」

「だ、だってぇ、そんな風にいじられたら、自然とお尻が反応しちゃうのぉ……」

「理沙のアナル。ホントに可愛いなぁ……、たくさんイタズラしたくなっちゃう」

「お兄ちゃん、ダメ……、おしっこ……、おしっこ出ちゃう……、止めてぇ……」

「潮吹きするんだよ……、だから、そのまま出しちゃっていいよ」

「やだよぉ、お漏らしするの恥ずかしい……お願いだからぁ止めてぇ」

「おしっこお漏らししながらする、アナルセックスも最高でしょ? 俺は好きだなぁ」

拓人はローターで陰核を刺激し続け、さらに肛虐を続けていく。

理沙自身、あまりの快感に、最早耐えきれなくなっていた。

「あぁん、もう……、無理……、出ちゃう……、おしっこ出ちゃうからぁ」

理沙の陰部からピッピッと、愛蜜がふき出した。

それして、それが太ももを伝って、シーツに流れ出していく。

「んんぁ……、ダメ……、止まらない……、おしっこ止まらないよぉ……」

「全部出しちゃっていいからね。理沙、アナルとクリならどっちがイイ?」

「ぐぅ……、あぁん……、わかんない……、どっちも……、どっちもいいのぉ……」

「たくさん潮を吹いたから、一旦クリをいじるのはやめてあげるよ。その代わり、おっぱいもんであげるね」

「えぇ……、おっぱい……。ダメだよぉ、私小さいからぁ」

「そんなことないよ、理沙の胸は美乳だよ。だから、魅力的なんだ」

拓人は尻穴にペニスを突っ込み、バコバコと出し入れしながら、同時に乳房をもみ始めた。

後背位から犯されているので、どこか、無理矢理されているような感じがする。

「ぁあ……、んんぁ……、後ろからおっぱいもまれるの興奮する……。たまんないよぉ……」

「理沙を犯しているみたいだ。俺もすごい感覚だよ……、いけないことをしてるみたいだけど、それが逆に興奮を高めるんだ……」

「そ、そう。そうなの……、私たち、いけないことしてるのに……。だけど、それが気持ちいいのぉ……、止まらないよぉ」

「理沙、たくさん気持ちよくなってね……」

拓人は乳首をコリコリと刺激すると、今度はパンストに包まれた理沙の足をなで回し始めた。足をキレイに見せるパンストは、拓人の興奮を高めていくのである。

「やっぱりパンストはたまらないなぁ……、テカテカしてて、すごく興奮するよ……」

「んんぁ……、お兄ちゃんの手つき、とってもいやらしいの」

「いやらしく足を触れてどんな感じ? 理沙も興奮してるんじゃないの?」

「はくぅ……、興奮しちゃう……。もっと、触って欲しいのぉ」

「わかった、足を触りながら、お尻を犯してあげるから」

パンストに包まれた足を触れると、どこかゾクゾクしてしまう。

同時に、アヌスを犯されているので、快感のレベルは一層高まっていくのである。

「んんぁ、お、お兄ちゃん……、ダメ……、私、イッちゃうのかも……」

「さっき潮吹きしたばかりでしょ? 我慢できない??」

「我慢したいけど……、あまりに気持ちよくて……」

「俺ももう少しでイケそうだから、一緒にイキたいなぁ」

「一緒に? わかった、私もお兄ちゃんと一緒にイキたいよぉ……」

拓人の中で、少しずつ射精感がせり上がってくる。

鋭い悦楽が、ペニスを通して全身に広がっていくのである。

「うぉ……、理沙……、気持ちいい……、ち×ぽがとろけそうだよ……」

「私も……とろけちゃうのぉ……、お尻を犯されて、おま×こもトロトロになって、それでエッチなおしっこお漏らししちゃって……、んんぁ、もうダメ……、止まらないのぉ……」

理沙は強く叫んだ。激しいアクメの波が襲ってきて、耐えるのがしんどくなる。

すでに何度もイッているのに、再びイキたくなってしまうのだ。

「お兄ちゃん、わ、私、もうダメ……、イッちゃうよ」

「わかった、俺もイクよ……、精子、お尻の中に出していいよね?」

「うん、いいよぉ……、たくさん精液をビュッビュッってしてほしいのぉ……」

「よし、たっぷり注いであげるから……、アナルを精子でいっぱいにしてあげるよ」

「きゃぁ……、嬉しいのぉ……お兄ちゃんの精液でいっぱい……。お願いぃ、たくさん出してぇ」

「うぉぉぉ、ダメだ、俺も限界! 出る! イクよ!!」

「はぅん……んんぁ、あぁん……、私も、私もイクゥ―」

二人の声が重なり、とうとう二人は昇天してしまう。

圧倒的なオルガスムスが発生し、二人を包み込んでいく。

「ビュルビュルドピュ……、ビュク……、プピョプ……、ピュピョ……、ビュル……」

「うわぁ、精子が……、精子が止まらない……、どんどん出てくる」

子種が直腸内に注がれて、拓人も心地よくなる。

吐精の快感に酔いしれながら、最後の一滴まで精子を絞り出す。

「お尻が熱い……、お兄ちゃんの精子がたくさん、お尻の中に……」

「うん、たくさん出したからね……、満足できたよ」

「はぁん、中出しアナルセックス最高なのぉ……、癖になっちゃうのぉ……」

理沙は、ビクビクとカラダを震わせながら、拓人のペニスを最後まで味わっていくのであった。

「理沙、ありがとう、すごくよかったよ……」

「私も……、気持ちよかったよぉ」

行為を終えて、二人はベッドの上で抱き合っていた。

もっと、愛し合いたい。そんな思いで理沙は満たされている。

「お兄ちゃん、これからもずっと一緒だよね? エッチしてくれる?」

「もちろん、俺は理沙とずっと一緒にいるよ」

「兄妹なのに?」

「そんなの関係ないよ。俺は理沙と一緒にいたい……、それでいいじゃないか」

「お兄ちゃん、もっと抱いて……、もっと愛して欲しいの……」

「よし、それじゃもう一回しようか……。俺も理沙を愛したいよ」

「はぁん、お兄ちゃん……、パンストもはくし、お尻も捧げるから、私を好きでいてね……」

こうして、二人の情事はエンドレスに続いていく。

愛されている感覚に包まれながら、理沙は幸せを感じていくのであった――。

〈了〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました