告白手記『思い出』第1回

告白手記

告白手記『思い出』第1回

俺には十五離れた、妹のような存在の知り合いがいる。

その女の子の名は、桐生茜。

年齢は十八歳。

今年の春から大学に進学することが決まっている。

俺が住むのは、新潟県の新潟市。

新潟市は、一応政令指定都市だから、それなりの都市ではある。

だが、茜は春から東京の大学に進学する。

だから、しばらくお別れになるのだ。

「健兄、あたしがいなくても寂しなくない?」

健兄というのは、俺の愛称みたいなものだ。茜は俺を、健兄(けんにぃ)と呼んでいる。

ある日、俺は仕事の帰り道、偶然、茜と出会った。

まだ、高校の制服を着ている。

しかし、この制服姿を見るのも、あと僅かか……。

彼女は今、自分がいなくなって寂しくないかと聞いてきた。

さて、どうなんだろう?

寂しくないと言えば嘘になるけど……。

「寂しくはないかな」

と、俺は言っておいた。

寂しいというと、どこか女々しいような気がしたのだ。

「ホントに?」

「ホントに……」

「ふ~ん、あたし、大学に行ったら彼氏ができるかもしれないよ」

「そうかもな」

「嫌じゃないの?」

「嫌? なんでだよ……」

「だって、あたしに彼氏ができるんだよ。健兄、それでもいいの?」

「なぁ、茜、お前、これまでに彼氏がいたことあるか?」

「え? 何を急に……、な、ないけど」

「お前も、もう十八歳だ。なら、彼氏の一人や二人いてもおかしくないよ。だから、素敵な人を見つけろよ」

と、俺は言っておいた。

すると、茜はどういうわけか、ふくれっ面になり、俺を睨みつけた。

「ふ、ふん、いいわよ。大学生活楽しむんだから」

こうして、俺たちは別れた……。

 

俺は、ずっと新潟県で暮らしていた。だけど、大学は横浜だった。

それで、Uターンで就職したから、新潟に戻ってきたのである。

実家で暮らしてもよかったのだが、一人暮らしの方が気が楽なので、新潟に戻っても、一人暮らしを続けていた。

そして、部屋で夕食を食べながらテレビを見ていると、ふとインターフォンが鳴った。

(誰だろう?)

既に時刻は、夜の八時を過ぎている。

「誰ですか?」

「健兄……、あたし……」

その声は茜だった。

こんな時間に何の用だろう?

「茜、どうかしたのか?」

「うん、ちょっと……入れてくれない?」

「まぁいいけどさ」

俺は茜を部屋に招き入れた。

彼女は制服を着たままだった。

俺の部屋は正直狭い。

八畳のワンルームである。

「どうしたんだよ。急に……」

「ねぇ、あたしってそんなに魅力ないかな?」

「は?」

「だって、健兄、全く手を出してこないじゃん」

その言葉に、俺は驚いた。

茜を女として見る……。

確かに、十八歳は選挙権が与えられているし、大人に近い存在だろう。

だが、俺は茜が赤ちゃんの頃から知っている。

だから、あまり「女」という感じがしなかった。

「手、出せるわけないだろ」

「どうして?」

「どうしてって、そりゃ、お前が高校生だからだ。高校生と、その……、変なことしたら問題だろうが」

「あたしは問題ないよ」

茜はきっぱりと言う。

一体、彼女は何を考えているのだろう?

「お前が問題なくても、俺が大問題だ」

「でも、あたし、もう大学生になるし……、それに、大学に行ったら健兄としばらく会えなくなっちゃうし」

「向こうで彼氏作るんだろ? 頑張れよ」

「ねぇ、健兄……、あたしに思い出を作ってくれない?」

「思い出?」

「そう、あたしを女にして欲しいの」

「女ってお前、何言ってるのかわかってるのか?」

「わかってるよ。だって、大学にいって彼氏ができて、その時処女だってバレたら引かれるかもしれないし」

「引かないよ。むしろ男だったら嬉しいだろ」

「もう、バカ! あたしに言わせるつもり。あたしは初めての相手は健兄がいいの。健兄じゃなきゃ嫌なの」

その言葉に俺は大きな衝撃を覚えた。

初めての相手は俺がいい。

それってつまり……、

「お前、俺のこと好きなのか?」

「バカ! なんでそんな風に聞くのよ。ここまで見ればわかるでしょ」

「ゴメン……。今まで気づかなかったよ」

「健兄は鈍感だもんね。だから、彼女ができないんだよ」

「うるせー」

「とにかく、あたしを女にして欲しいの。いいでしょ?」

「いいんだな? 後悔しないな」

「しないよ。絶対に……」

茜の言葉は真剣だった。

なら、やってやろう。

彼女の思い出をつくる。

そのために、俺は動き出した。

俺はシャワーを浴びる。

その後、茜が浴びて、準備は整う。

俺の部屋は狭いから、ベッドなどは置けない。布団なのだ。

「ホテルとか行くか?」

「ううん、ここでいい」

「そうか」

さて、どうするべきなんだろう。

俺は一応、セックスの経験はある。

ただ、相手がプロだ。

つまり、俺は素人童貞なのである。

キスからすればいいのかな?

「茜、目を閉じろ」

「うん」

「ふぅ」

俺は茜の肩を抱くと、そっと自分の唇を、彼女の唇に重ねた。

ぷちゅっと触れるだけのキスが展開される。

「茜、キスは初めてか?」

「うん。そうだけど、健兄はあるよね」

「まぁ、多少はな」

キスの相手もプロだ。

もちろん、それはココでは言わないが。

しかし、茜がこんな風にキスが初めてとは意外だった。

ルックスはいいし、スタイルも整っているから、きっとモテるだろう。

だけど、彼女は処女を貫いている。

それって、俺のため? なんだろうか??

甘く切ないキスを終えた後、俺は茜をゆっくりと押し倒した。

彼女は制服を着ている。

本当に女子校生としてしまう。

そんな背徳感が、俺を支配していた。

「服、脱がすからな」

「はぅ、恥ずかしいから電気消さない?」

「俺、暗いとよくわからないよ。だから消さない」

「健兄の意地悪……。でもいいけど……。あたしの裸、見たいでしょ?」

「まぁな」

制服を脱がすと、彼女は下着姿になった。

結構可愛い感じの白のショーツとブラ。

レースが施され、ファンシーな感じがする。

きっと、勝負下着というヤツだろう。

普通の女子高生が着るには、少し派手なような気がした。

俺はブラを外す。外した経験がないから、最初は戸惑ったけど、何とか外せた。

彼女の乳房は、結構大きい。

恐らく、Dカップくらいはあるだろう。

「茜、おっぱい大きいんだね」

「いちいち言わないでよ、恥ずかしいから」

「恥ずかしがってる姿が可愛いんだよ」

と、俺は余裕ぶる。

けれど、俺もてんてこ舞いになっている。

何しろ、前にセックスしたのは、既に一年以上も前なのだ。

ふと、指先で乳房に触れてみた。

プルンと弾力があり、指を弾き返す。

優しく揉んでいくと、茜の口元から甘い声を漏れ聞こえてくる。

「んん……、んぁ……」

「乳首も立ってるね。茜、興奮してるんだ」

「バカぁ……、そんなこと言わないで……。当然でしょ。だって、そういうことしてるんだから」

「そうだね。乳首、いじってあげるから」

俺はそう言い、彼女の乳首を捏ねくりまわした。

乳首は花の蕾のように硬くなり、ぷっくりと立ち上がっている。

そこをクリクリと刺激すると、茜の顔がみるみると赤くなっていった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました