連載官能小説『猫耳獣人と結婚しました-エッチでラブラブな子作り生活-』第6回

連載官能小説

連載官能小説『猫耳獣人と結婚しました-エッチでラブラブな子作り生活-』第6回

(俺、フェラしてもらうの初めてだよ……、どんな感じなんだろう?)

と、健一は感じていた。

どこまでも期待は高鳴る。

「私、初めてなんで上手くできるかわからないんですけど、とにかくやってみますね」

「最初は、手でしごいてみてください」

「え? 手で?」

「はい。いきなりフェラだと、すぐにイッてしまうかもしれないんで、最初はソフトな方がいんです」

「わかりました、じゃあ、最初は手でシコシコしますね」

「お願いします」

アリスは言われた通り、肉棒を握りしめると、優しいタッチで上下に動かしていった。

(健一さんのおちん×ん、凄く大きくなってきました)

自分を見て、興奮してくれるのが嬉しい。

健一に対する愛情が、立ち昇るように現れる。

「あぁ、凄くいいです……、気持ちいい……」

と、健一は言葉をはく。あまりの気持ちよさに気を失いそうになる。

「もっと、もっと気持ちよくなってください……。健一さん」

「はぐぅ……、こんなの……、初めてです……、自分でするよりも、ずっと気持ちいい……」

これまで、性処理はもっぱらマスターベーションであった。

しかし、アリスと出会ってセックスするようになり、新たな気持ちよさを発見したのだ。

「健一さん、自分でもされるんですか?」

「それはまぁそうですね」

「その時、エッチなビデオ見たりしてるんじゃ」

「えっと、見てますよ……、でも、それはその、浮気とは違いますよ。ホントです、信じてください」

「もう、エッチなビデオは見ないって約束しました。だから、見ちゃダメすよ」

「あ、あの、例えばですよ……、オナニーしたくなった時、どうすればいいんですか?」

「一人でする時は、私を呼んでください。私がお相手しますから」

「でも、毎回呼ぶわけには……」

「大丈夫です。私は健一さんのためなら、何でもしますから」

尽くしてくれるのは嬉しい。

しかし、マスターベーションができなくなるのは、意外としんどいかもしれない。

「もしかして、アリスさん、俺にオナニーするの止めろっていうつもりですか?」

「いえ、そこまでは言いません。でも、エッチなビデオとか見るのはダメです」

「じゃあ、何をオカズにしてオナニーすれば?」

「オカズ?」

「はい。男ってエッチなものを見ないと、興奮しないから、何もない状態だとオナニーできないんです。中には想像でする人もいますけど、俺には難しいですね」

「う~ん、難しいんですね……。だけど、エッチなビデオを見るのは嫌です。だって私がいるのに……」

「じゃあ、アリスさんのエッチな姿を撮影してもいいですか?」

「撮影? ですか??」

「そう、ハメ撮りって言うんですけど、それなら、いいでしょ? もちろん、外部に漏らしたりはしないからその点は安心してください」

「ちょっと恥ずかしいですけど、健一さんのためになるなら、私はいいですよ」

「うわぁ、ありがとうございます。俺、嬉しいです……。じゃあ今度カメラ買わないと……。あ、でも、スマホでも撮影できるのか……。試しにスマホで撮影してみますね」

そう言い、健一はスマホを取り出すと、カメラのアプリを起動させ、アリスの手コキシーンを撮影し始めた。

「うぅ……、やっぱり恥ずかしいです……」

「アリスさん、ほら、手を動かして……、止まってますよ」

「あぁう……すみません。続けますね」

アリスはせっせとペニスをしごき続ける。

すると――、

「あの、健一さん、おちん×んの先っぽから何か出てきましたけど……」

「あぁ、それは我慢汁です」

「我慢汁……ですか?」

「えっと、何て言えばいいのかな……、男が興奮すると出す、精液みたいなものです。正式にはカウパー腺液っていうみたいですけど」

「そうなんですか……、それは知りませんでした。じゃあ、とにかく気持ちよくなっているっていう証拠なんですね?」

「そうですね。そうなります……、凄く気持ちいいですよ。初めてとは思えません」

「ありがとうございます。上手くできてるか不安なんですけど……」

「心配しないでください。イイ感じですよ」

「どうすれば、もっと気持ちよくなれますか? その、何でも言ってください」

「えっと、それじゃあ、そろそろ、舐めてもらえますか……」

「舐める……、わかりました」

アリスは舌先をスッと伸ばすと、ペニスの先端に押し当てた。

舌の熱が、肉竿に伝わっていく。

(うぉ。舌が当たっただけなのに、何かゾクゾクするよ……)

健一のカラダがビクッと反応する。

些細な刺激であるが、かなり気持ちいいのであった。

「んちゅ……、ちゅぱ、にちょ……」

アリスは、舌先をフルに使って、ペニスを舐め回していく。

先端からあふれ出したカウパー腺液がすくい取っていった。

(何だか、少し苦みがあります……、でも、これが健一さんの味なんですね……)

アリスは、そんな風に感じていた。

続けて、アイスを舐めるように、亀頭を弄り続けていく。

「あぁ、アリスさん、気持ちいい……、フェラってすごいんですね。とにかく気持ちいいですよ」

「んちゅ……、ちゅちゅ……、にちょん……。はい、たくさん気持ちよくなってください」

ねっとりと舌でペニスを舐められると、それだけで心地よくなってしまう。

あふれ出す快感を前に、健一は卒倒しそうになっていた。

「んぁ……んちゅ……、ちゅぱ……、ちゅぱん……」

「あの、アリスさん、ペニス全体を咥えてくれませんか?」

「咥えればいいんですね?」

「歯を立てないようにして、しゅぼしゅぼと、動かしてください」

アリスは、小さな口を大きく開けて、いきり立った怒張を咥えこんだ。

そして、唾液をたっぷりと含ませると、ふごふごと動かし続けていった。

「じゅる……、じゅるん……じょぼ……じゅぼぼ……」

「うぉぉ……、凄い感覚だ。これがフェラ……、ホントに凄まじいですよ。アリスさん、ホントに初めてなんですか?」

「初めてですよ……、じゅる……、だから、上手くできてるか不安です……、じゅぼん……」

「上手いですよ……、も、もしかして俺以外の男に、こんな風にしたことあるんですか?」

そう考えると、沸々と嫉妬の念が浮かび上がってくる。

愛しのアリスが自分以外の男性と淫らな行為を……、それは絶対に嫌だった。

「健一さん、私は健一さんだけです。信じてください」

「でも、アリスさん凄く可愛いし……、俺以外の男がいても不思議じゃないですよ。きっと男が放っておかないと思うし……」

「あの、さっきも少し言いましたけど、私はトリスタニアでは差別されていました。獣人だからです。だから、そんな私に興味を示す男性はいなかったんです。でも、健一さんは違いました。私に興味を持ってくれました。だから、心配しないでください……、私は健一さんだけのものですから」

「あ、アリスさん、すみません、疑ってしまって」

「いえ、大丈夫です。それに、健一さんが私の処女をもらってくれたんじゃないですか? この間のセックスを思い出してください。あの時、私は処女でした。それは、健一さん以外の男性をしらないという完全な証明です」

「確かにそうもかもしれません。そうですよね、俺とアリスさんは、運命が結び付けてくれたんだ。ありがとう、アリスさん、フェラ凄く気持ちいいです。フェラシーンもしっかり撮影しますからね」

「はい。撮影されるの恥ずかしいですね。でも、私は健一さんだけの女です。だから安心してくださいね」

アリスの言葉を聞くと、ググっと力が湧いてくる。

何しろ、こんなに可愛い奥さんができたのだ。嬉しい他言葉が出ない。

「アリスさん、タマを弄ってみてくれませんか?」

「タマっていうのは、睾丸のことですよね?」

「そうです。優しく弄ってくれると嬉しいです……」

「わかりました、やってみます……」

アリスはフェラを続けながら、優しく睾丸を揉み始める。

すると、圧倒的な快感が健一を包みこみ、射精感が襲ってくる。

「うぉ、このままじゃイッてしまいます……、俺、精子出そう」

「出してください……、私が受け止めますから」

ゾクゾクとする吐精感に耐えきれなくなる。

そして、とうとう健一は牡の欲望を発射させるのであった。

「ビュルビュルドピュ……ビュクビュッくプ……ピョピュプ……、プピュ……」

白濁色の子種が、アリスの口腔内注がれる……。

(あぁん、凄い熱い……、これが男の人の液体なんですね……。嬉しい……、健一さんが悦んでくれてる)

「うぉぉ……精子が止まらない……、どんどん出てくる。堪らないですよ」

「じゅぶ……じゅるる……、じゅぷん……、ゴックン……」

アリスは吐き出された精子をそのまま飲み下した。

ねっとりとした粘り気のあるスペルマが咽頭を駆け巡る。

「あ、アリスさん飲んでくれたんですか?」

「はい、健一さんの精子ですから、もったいなくて」

「うぅ、ありがとうございます……、お、俺、凄く嬉しいです」

健一はヒシっとアリスを抱きしめる。

アリスは健一の腕の中で丸くなり、ぐぅと小さく声を吐いた。

「アリスさん、このままセックスしたいんですけど、いいですか?」

「いいですよ……、健一さんがしたいなら、私はそれを受け入れます……」

「ありがとうございます。じゃあ、二人で気持ちよくなりましょう」

二人の淫らな時間はまだまだ終わらない――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました