連載官能小説『猫耳獣人と結婚しました-エッチでラブラブな子作り生活-』第8回

連載官能小説

連載官能小説『猫耳獣人と結婚しました-エッチでラブラブな子作り生活-』第8回

「んんっ、あぁん、健一さん、イッたばかりの敏感おま×こ、そんな突かないでください。た、耐え切れません」

「言ったでしょ? イキ狂わせてあげるって。何度もイッてイイですからね」

リズミカルに腰を動かし続ける健一。

対するアリスは、再びアクメを迎えつつあった。

(私、何度もイカされちゃう……、ン……、これじゃホントに淫乱みたい……)

と、アリスは感じていた。

「アリスさんのおま×こ、ヒクヒクしてますね。イッたばかりだから、凄く敏感に反応してます」

「はぐぅ……、だって、健一さんが激しく突くからぁ……」

「アリスさん、激しく突かれるの好きでしょ? 淫乱の血が騒ぐんじゃないですか?

「淫乱じゃありません。そんな風に言うなんて酷いですぅ」

「冗談でしょ。でもさっきも言った通り、俺は淫乱な子の方が好きですよ。だから、もっとアリスさんにはエッチになってもらいたいんです」

「エッチに……? ですか??」

「そうです。だって、そっちの方が二人で楽しめるじゃないですか? 何ていうのかな、エッチに奥手だと、俺も素直に楽しめないっていうか……、悪いことしてるみたいで」

「ふぅ……ハァハァ……、そうなんですか……。なら、私、エッチになった方がいいんですね?」

「そうです。俺の前だけでいいから、エッチな姿を見せてください」

「健一さん以外には、こんな姿絶対に見せませんよ。私は、健一さんだけのものです。だから、健一さんも私だけの存在になってください」

「アリスさんだけの……存在……」

と、健一は繰り返した。

同時に、激しい悦びが襲ってくる。信頼されているというか愛されている気持ちになるのだ。

「はい……、んんぁ……、だから、健一さんは私だけを見ていないとダメなんです……、その、つまり、他の女の子を見ちゃダメです」

「俺はアリスさんだけを見ていますよ。だから安心してください」

健一は突きの一撃を大きくし、アリスの膣内を掻きまわしていく。

バックで突いているから、どことなく、征服感が湧き上がり、満足していくのであった。

(俺、今アリスさん激しく犯してる……、うわぁ、凄く興奮するよ……)

と、健一は歓喜の念に包まれていく。

「アリスさん、後ろから突かれるのはどうですか?」

「はぁん……、後ろから……興奮します……。ワンちゃんみたいで恥ずかしいですけど、なんかいけないことしてるみたいで……、ぁあ……、ぁ……、んん……、すっごく気持ちいいです」

「アリスさんが気持ちよくなっていると、俺も嬉しいです」

「健一さんは? 健一さんは気持ちいいですか??」

「もちろんですよ。アリスさんのおま×こホントに最高です」

「きゃぁ……、んぐ……、ほぉ……、健一さんのおちん×ん、私のおま×こにピッタリなんです。だから、きっと相性がいいんですね」

「そうだと思います。っていっても、俺はアリスさん以外、女の人を知らないですけど……」

「他に知っちゃダメです……。浮気されたら、私、死んじゃいます」

「大丈夫です! 絶対に裏切りませんから!!」

健一は高らかに宣言した。

絶対のこの子を悲しませてはいけない。そんな風に思えたのである。

「アリスさん、ちょっと、お尻叩いてもいいですか?」

「え? お尻を……どうして?」

「なんかちょっとイタズラしたくて、お尻ぺんぺんしちゃします」

「はぅ……、んんぁ……、叩いて……、お尻、叩いてもいいですよ……」

「ありがとうございます。それじゃ」

健一は片手でスマホを持ち撮影し、もう片方の手で臀部を打った。

パンパンと、軽やかな音がこだましていく。

「うぉ、何か興奮する……。アリスさんをイジメてるような気がします」

「はぁん……、私も……、ゾクゾクします……、お尻ぺんぺんされるの、興奮しちゃいますぅ」

リズミカルに尻を打ち、そして、刺激を加えていく。

立ち昇る快感が凄まじく、健一も耐えるのがしんどくなってきた。

(参ったな……、イキそうになってる……、もっと楽しみたいのに……)

射精感は結構耐えがたく、暴発寸前であった。

そこで――。

「アリスさん、体位変えませんか?」

「え? 体位を、後ろからするのを止めるんですか?」

「そうです。騎乗位にしましょう」

「えっと、騎乗位っていうのは、私が上になる体位ですよね? 上手くできるかわかりませんよ」

「大丈夫です。アリスさんならできますよ。それに、俺も協力しますから。とりあえず、騎乗位でやってみましょう」

「健一さんがそこまで言うなら……、わかりました。やります。そっちの方がエッチですよね?」

「そうですね。エッチなのは好きですよ」

一旦ペニスを抜き、健一はソファの上に仰向けになった。

それを見たアリスは、恐る恐る彼の上に跨ると、ゆっくりと腰を落としていった。

「騎乗位って、何だか興奮します……、変態になった気分……」

「全然変態じゃないですよ。あんまり詳しくないけど、この体位でプレイする人って結構多いと思うし……」

「はぁ……、おちん×ん、入りました……、んん……、凄く大きいですぅ」

ずぶずぶずぶ……。

いきり立った怒張は、スムーズに膣内に吸い込まれていく。

「うほぉ……、これが騎乗位か……、バックよりも奥まで刺さりますね」

「ううぅ……、はぁん……そうです……、奥まで刺さって……、子宮に当たるみたい……」

騎乗位はその性質上、挿入が深くなる。

それを、健一は改めて知り、セックスの奥深さを体感し始めた。

「アリスさん、俺が下から突き上げるんで、一緒に腰を動かしてください。俺のペースに合わせてやってみましょう」

「はぅ……、んんぁ……、ぁ……あぁん、わかりました。腰をフリフリしますぅ……」

健一は下から怒張を突き上げていく。

ずんずんと奥深くまで挿入され、肉襞をシコシコと擦り上げていくのであった。

「うはぁ……、健一さん……激しすぎます……、奥まで入って気持ちいいですぅ……」

「俺も気持ちいいですよ……。騎乗位ってこんな感覚なんですね。感動します……」

健一は、腰を動かしつつ、撮影を続けている。

アリスの淫らな姿がどこまでも妖艶に見えた。

「健一さん、キス……、キスして欲しいです」

「わかりました。そのまま姿勢を俺の方に傾けてください」

「はぅぅ……、んん……、きゃぁ……。おちん×ん、刺さったままだと、何か変な感じです……」

「でも、気持ちいいでしょ?」

「はい、とっても……、癖になっちゃいますぅ……」

アリスは姿勢を傾け、健一を抱きしめていく。

変則的な密着騎乗位の形になり、二人は口づけをかわしていくのであった。

「んちゅ……ちゅちゅ……、ちゅぱん……」

アリスは余程健一を求めているのか、吸い付くようなキスを展開していく。

そして、強引に自分の舌を絡めていった。

(アリスさんの下が、俺の口の中に……。愛されてる感じがするよ)

「じゅる……じゅるん……じゅぼじゅぼ……」

お互いの唾液を啜り合い、ディープなキスを生み出していく。

愛し合うといいう感覚が、二人のカラダに電流のように流れていった。

「健一さん、私、またイッちゃいそうです……、エッチなおしっこ出ちゃいます」

「出していいですよ。それに俺もそろそろイキそうなんです……、だから、一緒にイキましょう」

「はぁん、ぐぐぅ……、んぁ……、イキたい! 健一さんと一緒にイキたいですぅ……、おま×こゾクゾクしちゃってぇ、もう耐えられません……」

断続的なアクメの感覚が、徐々に狭まり、大きくなっていくのをアリスは感じていた。

対する健一も、とめどない射精感を覚えつつあった。

(もう、あまり持たないぞ……、精子、出ちゃいそうだ)

それでも、健一はペースを緩めることなく突きの一撃を繰り出していく。

「アリスさん、中に出してもいいんですか?」

「ハァハァ……、もちろんです、膣内にビュルビュルって出してください。中出しされると、ホントに感じられるんです」

「わかりました。それじゃ中に出しますからね……、たくさん出しますよ……」

必死に下半身に力を入れていた健一であったが、最早耐えられない。

「うぉぉ……、イク! イキます!!」

「私も……、私も限界ですぅ、もうダメェなのぉ」

次の瞬間、青い欲望が一気に弾けた。

ビュルビュルドピュ……、ビュク……ピュピュプ……。

「あぁん、精子がたくさん私の中に……、んんぁ……、中出しされるの気持ちいい……、お腹が熱くなって、ホントに最高ですぅ……」

「俺も気持ちいですよ……、アリスさんの中で精子出すと、本気のセックスしてる感じになります……、うぉぉ、どんどん出てくる……」

「最後の一滴まで出してくださいね……」

と、アリスは告げると、膣内をキュッと締め上げていった。

同時に、激しいオルガスムスを感じ、膣痙攣が起こった。

「おま×こがビクビクしてます……、アリスさん、ち×ぽが締め付けられる……」

「私、何度もイカされちゃいました……、だから、おま×こが敏感になって……、うぅ……、気持ちよかったですぅ……」

「俺も気持ちよかったです……、ホントに最高のエッチでした」

そこで、健一はゆっくりとペニスを引き抜いた。

騎乗位のため、膣内に放出された精液がゴボリと、零れ出していく。

(中出しされた精液がおま×こから流れ出るのってなんか卑猥だな……、堪らないよ……)

健一は、そこまでしっかり撮影すると、スマホをしまって、アリスを抱き寄せた。

アリスも彼に抱きしめられて心地よくなっていく。

「健一さん、私、幸せです……」

「俺もです、これからもずっと一緒ですよ?」

「はい!」

二人は、続けて熱い抱擁をかわすのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました