連載官能小説『猫耳獣人と結婚しました-エッチでラブラブな子作り生活-』最終回

連載官能小説

連載官能小説『猫耳獣人と結婚しました-エッチでラブラブな子作り生活-』最終回

「ホントに……、ホントに挿れるんですか? そ、その、お尻に……」

「はい。指で大分広げたから、問題なく入ると思います」

「でも、何か不安です」

「大丈夫です。痛かったらすぐに止めますから。俺、アリスさんをイジメたいわけじゃない。ただ、お尻で一緒に気持ちよくなりたいんです」

健一は必死であった。

とにかく、アナルセックスをしてみてみたくて堪らなかったのである。

「私、健一さんを信じています。大丈夫ですよね?」

「信頼してください。すぐに気持ちよくなりますから。じゃあ、挿れますよね」

体位は正常位。

ただ、普通のままでは挿れにくいから、足を大きく上方に持ち上げた。

(アリスさんのお尻、ヒクヒク震えてる……、なんだか凄く卑猥だ)

と、健一は感じていた。

彼は、ゆっくりとペニスを菊穴に押し当てると、そのまま貫いていく。

「あぁ……、お尻に……、お尻に健一さんのおちん×んが……」

メリメリとアヌスを切り開いていく。

アリスの肛穴は、先程指で広げていたから、スムーズにペニスを吸い込んでいくのであった。

「アリスさん、大丈夫ですか?」

「結構キツいですけど、そんなに痛くありません。でも、あんまりガンガンやられると、少し辛いかもしれません」

「わかりました。最初は優しく動かしますね。でも、凄い締め付けですよ。おま×こと全然違います」

「はぁん、だって、お尻だし……、ホントはそんなことに使う穴じゃないのにぃ」

「お尻だってエッチなことに使えるんですよ。……アナルセックスっている行為があるくらいですからね。それに、アナルって結構気持ちいいみたいですよ。さっき、指を挿れた時、引き抜く時が感じるって言いましたよね?」

「確かに言いましたけど……、何か変態になって気分で……」

「俺の前だけでは、ありのままを晒してください。そっちの方が嬉しいです」

「健一さん……」

健一は、ゆったりとしたペースで腰をうがっていく。

アリスが痛くないように、最初から飛ばさない。優しい動きでペニスをピストンさせていった。

「お尻って、入り口の締めつけが鋭いんですね……、でも、内部はフワフワとしているというか、独特の感じです」

「気持ちいいですか? 健一さん……」

「はい。凄い感覚です。おま×こもいいけど、お尻にはお尻のよさがありますね。締め付けが段違いで、ち×ぽに絡みつくんです」

「健一さんが気持ちよければ、私も嬉しいです。健一さんためですから……」

「アリスさん、ありがとう。……でも、アリスさんも気持ちよくなってください。そっちの方が俺も嬉しいですよ」

ずんずんと、一定のペースで突き続ける。

アヌスは徐々に広がりを見せていき、直腸内でスムーズに動くようになった。

「アリスさん、一気に引き抜いてみます。ちょっと、刺激が強いかもしれません。いいですか?」

「はぁん、わ、わかりました……やってください……、引き抜かれるの好きですからぁ」

「わかりました、では行きますよ……」

と、健一は、一突きひとつきを大きくし、引き抜くときに一気に引き抜いた。

めちゅ……じゅりゅ……、と、いきり立った怒張が引き抜かれる……。

「んんんぁ……、あぁんけ、健一さん……、凄いです……、お尻、気持ちいい……」

「ホントですか? 気持ちいいんですね」

「はぅ……、お尻をおちん×んでズボズボされると、気持ちいいんです……、そ、その、こんなの初めてです……、んんぁ……、癖になっちゃうぅ……」

「俺も、気持ちいいです、アリスさんのお尻、ホントに最高ですよ……」

健一は、突くときはゆっくり、抜くときは激しくをくりかえした。

次第に動きを速めていったが、アリスはすんなりと受け入れる……。

(あぁ。私、お尻で感じてる……、ホントはいけないのに……、なのに……、お尻で感じちゃう……)

鋭いアクメが襲ってくる。

既に何度もイッているかが、再び歓喜に包まれそうになる。

「アリスさん、お尻と同時に、こっちも弄ってあげます……」

「え、な、何を……、何をするんですか?」

「アリスさんが大好きなクリを弄るんですよ……、お尻とセットにすれば、きっと相乗効果で気持ちよくなりますよ……」

「く、クリは敏感です……、そんな風に弄られたら……、私……」

「何度もイッてもいいですからね。アリスさんがたくさんイッてくれると、俺も嬉しく感じます……」

健一は剛直で肛虐を続け、さらに指先でクリトリスを刺激した。

すると、痛烈な快感が、アリスを襲っていく。

「きゃぁ……、んんぁ……し、刺激が……、あぁん、クリ……、気持ちいいです……」

「お尻がキュッと締まりましたね、リンクしてるみたいだ……」

「だって、だってぇ……、そんな風に弄られたら、お尻がヒクヒク動いちゃいます……、お尻の穴をおちん×んでフタをされて、私感じちゃってるんです……」

「感じてください……、俺も同じくらい気持ちいいですよ……」

健一も決して余裕があるわけではなかった。

突くほどに快感の波が襲ってきて、恐ろしいほどの射精感に包まれるのである。

「んッ……、け、健一さん、出ちゃいます……エッチなおしっこ……」

「出してもいいですよ。お尻を突かれながら、おしっこ漏らすの見せてください……」

「きゃぁ……、恥ずかしい……、でも……、ダメです……、もう、限界……」

アヌスを突き続けて、さらに陰核を執拗に弄ると、アリスは耐え切れなくなったようである。

途端、陰部からピッピッと、淫蜜を噴いていった。

「アリスさん、潮吹きしてますよ……、感じてるんですね?」

「ぁぁ……、ダメ……見ちゃいやぁ……、出ちゃうのぉ……エッチなおしっこ出ちゃう……」

どぶどぷと、愛蜜があふれ出し、それがお尻の方に流れていく。

淫靡に光る淫蜜は、馨しい香りで辺りを包み込み、健一を興奮させていくのであった。

「アリスさん、今度は、後ろから挿れたいです」

「はうぅ……、後ろからですか? ワンちゃんみたいな恰好で犯したいんですね」

「そうです。後ろからお尻を突きたい……」

「わかりました。やってください……、んぁ……、私も激しく犯されたいです」

「アリスさん、犯され願望があるんですね。大丈夫です、その願い、俺が叶えてあげます」

「相手が健一さんだから……、健一さんじゃなきゃ、絶対に嫌です……」

「もちろんですよ。俺はアリスさんの夫ですし、ずっと一緒ですから……」

アリスは四つん這いになり、お尻をツンと高く上げた。

健一は、ヌラヌラ光る肛穴に再びペニスを突き立てると、激しいペースで腰をうがち始めた。

「んん……、あぁん……激しい……、激しいです……、健一さん……」

「激しいのもいいでしょ? そっちの方が犯してるって感じがします……」

「も、もっと、もっと引き抜いて……、おちん×んでお尻をずりゅって引き抜いてください」

「わかりました。勢いよく引き抜きますから……」

健一は、一気にペニスを引き抜くと、素早く挿入し、再び、抜くをくりかえした。

この衝撃を受けて、アリスも堪らなくなる……。

「あぁ……、おちん×ん……気持ちいい……、お尻を突かれるの気持ちいです……」

「俺も気持ちいです……、精子出そうです……」

「お射精しそうなんですか……」

「はい、そろそろ限界です……、お尻の中に出してもいいですか?」

「私もイキたい……、お尻に出してもいいから、一緒にイッてください」

「うぉぉ……、俺も一緒にイキたいです……、アリスさんのお尻、ホントに最高です……」

健一は、最後の力を振り絞って抽送を続けていった。

次第に、ペニスが収縮を始めて、精子が出る寸前になる。

「あぁん、お尻……、めくれちゃう……、なのに……、気持ちいい……、ズコバコされるの気持ちいいです……」

アリスを襲っているアクメも、鋭くなり痛烈だ

途端、二人のカラダを大きなオルガスムスが包み込んでいった。

「きゃあ……、ダメ! ダメです……イクゥー」

「俺も限界です……、精子出ます」

「出して、お尻の中にビュルビュルって精子出してください……」

とうとう、健一の欲望が始める。

ビュルビュルドピュ……、ビュプ……ビュク……、ピィピョプ……。

「うおぉぉ、精子が出てる……、止まらないです……」

「はぁん、はい……、たくさん……お尻が熱いです……、健一さんの精子がいっぱい出てますぅ……」

直腸全体で、アリスは快感を覚えていった。

通常のセックスとは違う、大きな悦楽が包み込んでいくのであった。

「アリスさん、ありがとう、本当最高でした……、こんな素晴らしい体験ができて、俺、嬉しいです……」

「健一さんだから特別です……。それに、お尻のトリコになっちゃいそうです……」

「また、アナルセックスしましょう……。きっと、もっと気持ちよくなれますから……」

「でも、おま×こを使ってセックスもしてくださいね、おま×この中に精子を出されるのも気持ちいんです……」

そこで、健一はアリスをヒシっと抱きしめた。

二人は熱い抱擁をかわし、アナルセックスの余韻に浸っていくのであった。

「アリスさん……、愛してます……、これからもずっと一緒ですよ……」

「はい、健一さん、私もです……、ずっと一緒にいてくださいね」

二人のエッチな結婚生活は始まったばかりである。

しかし、健一とアリスの二人は、これからも愛し合っていくだろう。

〈了〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました