連載官能小説『【未亡人四十歳】予備校生と結ばれて』第5回

連載官能小説

連載官能小説『【未亡人四十歳】予備校生と結ばれて』第5回

(美佐子さんの唇、とっても柔らかいや……。プルプルになってるよ)

感動を覚えながら、拓真はキスを展開していく。

すると、美佐子の腕が拓真の背中に回っていった。

「んちゅ……、チュッ……」

「美佐子さん……、あぁ、俺、堪らないです……、ホントに……」

「拓真さんとキスしてると、頭がフワフワしてしまうわ。若い頃に戻ったみたい」

「俺も凄く気分がよくなります。何というか、心地よくなるんです」

「ウフ……、ありがとう。拓真さんにそう言ってもらえると嬉しいわ」

拓真はヒシっと美佐子を抱きしめると、そのまま強引に舌を絡めていった。

にちゃにちゃと、淫猥な音を響かせながら、ディープなキスを生み出していく。

「じゅる……、じゅぱ……、じゅぱぱ……」

(あぁ、拓真さんの舌が、私の中に……、若い子の味を感じるわ……)

と、美沙は感じていた。

対する拓真も、心地いい気分を味わっている。

「拓真さん、私のおま×こ触って……、お願い……」

「おま×こ触ってほしいんですね?」

「そうなの……、もう我慢できない……。だから触ってくれる?」

「もちろんです。じゃあ、俺のチンポも弄ってくださいね」

「えぇ、わかってるわ」

二人はシックスナインの体勢になる。

拓真が下になり、上が美佐子である。

「美佐子さん、パンツ下ろしますよ」

「うん、お願い……、もうぐしょ濡れなのぉ」

「ぐしょ濡れのおま×こ、たくさんイタズラしたいです」

「はぁん、拓真さんのおち×ぽも素敵よ、どんどん大きくなって……、これが私の中に入るのね」

「そうですよ。もちろん、今日はセックスもしますよね?」

「私はしたい……、拓真さんがよければだけど……」

「俺もしたいですよ。美佐子さんと繋がりたい」

「なら、しましょう。でも、今はお互いの性器を弄り合うの。セックスはそれからよ」

「わかりました」

拓真は、美佐子のあそこを前に、ドキドキと胸が高鳴るのが隠せなかった。

とにかく、興奮してしまうのである。

「美佐子さん、おま×こトロトロです」

「あぁ……、そうなの、拓真さんのおちん×ん舐めてたら、興奮しちゃって……、ホント淫乱よね……、私、もしかして引いた?」

「いえ。そんなことはありません、むしろ嬉しいですよ。美佐子さんが興奮してるのを見ると、俺も楽しくなります。」

「拓真さんってホントにいい子なのね。私にはもったいないくらいだわ」

「俺も同じです。美佐子さんみたいな美人さんが、俺の相手をしてくれるなんて夢のようですよ」

とにかく拓真は嬉しかった。

こうして、憧れの美佐子と淫らな行為ができるのである。興奮は高鳴っていくのだ。

「おま×こ触りますよ。イイですね?」

「えぇ、わかったわ、たくさん弄って……、それに私も拓真さんのおちん×ん舐めてあげるから」

「ありがとうございます。俺も気持ちよくなりたいです」

美佐子の秘唇に指を当て、ゆっくりと貫いていく。

ヌメヌメとした膣道の感触を味わっていると、拓真の怒張もビクビクと反応していくのであった。

「美佐子さんのおま×こ、ホントにトロトロになってます……、キレイなピンク色で、凄く素敵です」

「恥ずかしいからあんまり見ないでほしいのだけど、この状況じゃ無理よね……、拓真さんはどう? 気持ちいいかしら?」

美佐子は手コキで拓真の剛直をしごくと、快感を生み出していくのであった。

もちろん、拓真自身もその悦楽のトリコになりつつあった。

「はい、気持ちいいです。美佐子さんにち×ぽを弄ってもらうのって、自分でオナニーする感じと全然違うんです。凄くイイですよ」

「ウフ……、ありがとう。じゃあ、こんなのはどうかしら?」

そう言うと、美佐子は睾丸を指で軽く揉んでみた。

すると、拓真のカラダがビクッと跳ねる。

「うぉ……、そ、それ、イイです……、凄い刺激だ。タマを弄られるのってこんなに気持ちいいんですね」

「そうみたいね、私も少し勉強したの。どうしたら、拓真さんがもっと気持ちよくなれるかってね」

「そうだったんですか? ありがとうございます」

睾丸とペニスをダブルで弄られると、しとどに気持ちよくなっていく。

亀頭からはトプっとカウパー腺液があふれ出し、それが美佐子の指先に付着する。

「エッチなお汁がたくさん出てきわね、拓真さん……」

「はい、我慢できなくて……。美佐子さんおおま×こもどんどん濡れてますよ」

「やぁん、そんな風に言っちゃ嫌よ。恥ずかしいんだから」

「恥ずかしがってる美佐子さん。最高に可愛いです」

「もう可愛いなんて呼ばれる年齢じゃないわ」

「いえ、そんなことないです。美佐子さんはいつまでも可愛いですよ」

「拓真さん……、ホント悪い人ね……」

「美佐子さん、今度はおま×こ舐めてあげます」

「はぁん、ダメ……舐めちゃダメなのぉ」

美佐子の性器が眼前に広がる。そして、顔を近づけると、ツンとするリコッタチーズのような香りが漂ってくる。この性臭を感じ取ると、興奮していくのである。

「美佐子さんのおま×こいい匂いがします……」

「やぁ……ダメェ……そんなとこの匂い嗅いじゃダメなのぉ」

「どうしてですか? イイ匂いすぎて、俺、クラクラしちゃいます」

「拓真さんのおちん×んも素敵な香りよ。逞しい牡の匂いがするわ」

拓真は舌先をスッと伸ばし、淫裂をなめ回していく。

ペロペロとアイスを舐めるように刺激していくと、ヒクヒクと秘部が震えていった。

「美佐子さん、おま×こがヒクヒクしてます……、感じてるんですね?」

「そうよ、感じてるの……、私、おま×こペロペロされて興奮してる」

美佐子も負けじと、拓真のペニスを咥えこみ、フェラを展開していく。

ねっとりとした口腔で怒張を包まれると、拓真も耐え切れなくなっていくのであった。

「うぐぅ……、美佐子さん、気持ちいい……、精子出ちゃいそうです」

「精子出そうなの?」

「まだ耐えられますけど、あんまり持たないかもしれません」

「もう少し我慢してね……、できるなら、一緒にイキたいから」

「俺も、美佐子さんと一緒にイキたいです」

拓真は強く叫んだ。そして、舌先の動きを高速にしていき、美佐子の秘部を舐めていく。

相変わらず射精感は強いが、アヌスにキュッと力を入れて必死になって耐える。

「美佐子さんってお尻の穴もキレイなんですね」

「ふぇ。……お尻って、そんなとこ見ちゃダメよ。止めなさい」

「俺、何だかお尻にもイタズラしたくなっちゃいました。少しだけでイイから、弄ってもイイですか?」

「やぁん、ダメよ……そんなとこ弄らないで……、汚いから……」

「汚くなんかないですよ……、ちょっとだけですから」

拓真は指先を唾液で湿らせると、そのままアヌスに押し当て、ずぶずぶと内部に挿れていった。

「ほぉ……、おぉ……、き、キツい……、抜いてぇ、拓真さんダメよ、お願いだから……」

「お尻の穴弄ったら、おま×こヒクつきました。もしかして、感じてます?」

「そんな、感じるなんて……、そこはお尻よ……、エッチなことに使う穴じゃないわ」

「でもアナルセックスとかあるし、俺、いつか美佐子さんとアナルセックスもしてみたいです。美佐子さんはアナルとか経験あるんですか?」

「そんなのないわ。だって、卑猥じゃない」

「なら美佐子さんの初めてが欲しいです。おま×こは無理だけど、アナルならOKですよね?」

確かに、自分は既に亡き夫と交わった経験があるので、初めてを捧げられない。

しかし、アヌスを使ったセックスなら、それが可能なのだ。

「それはそうかもしれないけど……」

「今すぐにとは言いませんから、いつか俺とアナルセックスしてください」

「ホント拓真さんはエッチな人だわ。いつかね。いつになるかはわからないけど……」

「うわぁ、ありがとうございます。俺嬉しいです」

拓真は指でアヌスを弄りながら、さらに淫裂を舐めていくのであった。

対する美佐子も懸命になって口唇愛撫を続ける。

(あぁ、お尻を弄られて、感じてる……、嘘でしょ……、こんな気持ちになるなんて……)

と、美佐子は感じていた。

同時に、自分の新たな性感帯を感じることができたのである。

「美佐子さん、俺、そろそろ限界かもしれません……」

と、拓真が悲痛な声をあげた。

これまで必死になって耐えてきたが、そろそろ限界が近い……。

「わかったわ、私もそろそろイキそうだから……。一緒にイキましょう」

「はい! わかりました」

ビクビクとペニスが震え、射精感が湧き上がってくる。

「うぉぉ、美佐子さんダメだ……、イッちゃいます、口の中に出してもイイですか?」

「んじゅる……、じゅぼ……、イイわよ……口の中に出して……。じゅるん……」

次の瞬間、拓真の中で欲望が弾けた。

ビュルビュルドピュと勢いよく子種が口腔内に放出される。

「美佐子さん……、うあぁ……、気持ちいいです……どんどん精子が出てくる」

拓真の最後に仕上げに美佐子の陰核を指でいじり、彼女を心地よくさせた。

そして、数秒遅れて、美佐子もガクガクとカラダを震わせ昇天を迎える。

(んん……、私、フェラしながらイッてる。お口の中にザーメンたくさん出されて、それで興奮しちゃったみたい……)

美佐子は精液を吐き出すことなく、一気に飲み下した。

彼女の咽頭がブルリと震え、体内に精液が流れ込んでいく。

「美佐子さん、精子飲んでくれたんですか?」

「えぇ、凄い濃い精液だったわ。牡汁って感じね」

「ありがとうございます。俺も凄く気持ちよかったです」

「それはよかったわ。でもね、拓真さん、まだこれで終わりじゃないのよ。今日はセックスするって約束なのを忘れないでね」

「もちろんです。まだまだできますから」

二人は再び向かい合わせに座ると、拓真は軽く口づけし、その後、美佐子を押し倒していくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました