連載官能小説『【未亡人四十歳】予備校生と結ばれて』第9回

連載官能小説

連載官能小説『【未亡人四十歳】予備校生と結ばれて』第9回

(え? 一体何が起きているの……)

混乱する頭で、美佐子は考えていた。

今、目の前には拓真と有希の姿がある。それも、裸なのだ。

「み、美佐子さん、これはその……」

「拓真さん……、それに有希も……、ここで何をしていたの?」

「あ、あの。これには深い理由がありまして」

と、動揺するのは拓真である。

しかし、言い訳などしても無意味であろう。何しろ、自分は全裸で、有希と一緒にいるのだから。

「お母さん、あのね、私、拓真君が好きなの」

と、唐突に有希が告げた。

その言葉を聞き、美佐子は目を大きく見開く。

「好きって……、あなたは彼の家庭教師なんじゃないの?」

「好きだから引き受けたの……。だからおかあさんと一緒よ」

「私と一緒って……」

そこで美佐子は、自分と拓真の関係が、既に有希にバレていると察した。

そして、ほのかに顔を赤くさせる。

「私、知ってるの……、お母さんが拓真君と何をしていたのか」

「有希……、そんな……、嘘でしょ……」

「嘘じゃないよ。実を言うと、二人がエッチなことしてるの、見ちゃってるし。でも、安心して……。私、誰にも言ったりしないから。でもその代わり、私も拓真君と一つになりたいの」

美佐子はうなだれる。すべてはバレているのだ。

そして、母娘で一人の男性を求めている。

「拓真さん、あなたはどう思ってるの?」

不意に美佐子が尋ねる。

猛烈な嫉妬心が浮かび上がってきたのだ。

「俺は、その、美佐子さんも有希さんも両方好きです……、選べないんです」

その声は真剣であった。

同時に、嘘を言っているようには思えないのである。

「酷いわ。私に黙って有希とこんなことをしてるなんて……。やっぱり、こんなおばさんよりも、若い子の方がいいんでしょ?」

「それは違います。ただ、その、流されてしまったっていうか……。二人とも魅力的だから、俺、選べなくて……」

すると、有希が話に入ってきた。

「お母さん、拓真君を責めないで……。私も悪かったんだから……。それに、お母さんと拓真君は付き合ってるわけじゃないし。なら、私がエッチなことしたって問題ないと思うけど」

「有希……、確かに私は拓真さんとお付き合いしているつもりはなかったわ。でもね、真剣だったの……真剣に彼を好きでいたのよ」

「私もだよ。私も拓真君が好き。その点はお母さんと一緒なのよ。だからこうしない?」

「こうする? 何をするつもりなの?」

「だから、拓真君を二人で共有するの……。つまり、拓真君は私とお母さんの二人の相手をする。そういうのはどう?」

「どうって、そんな……、有希、あなたはいいの? 拓真さんを独占したいとか、そういう風に思わないの?」

「少しは思うけど……、私、お母さんの気持ちもわかるし……」

「私の……気持ち……?」

「そう、お父さんが死んじゃって、お母さんはずっと寂しい思いをしてきた。そんな時、拓真君みたいな男の子に求められたら、誰だって過ちを犯しちゃうよ」

「だけど、そんな、一人の男性を二人で求めるなんて……卑猥すぎるわ……」

「ねぇ、拓真君はどう思ってるの?」

唐突に有希に質問を投げかけられる。

正直、拓真も困惑しているのである。

「どうって言われても……。俺は、二人に嫌われたくないです」

「私は嫌いになんてならないよ。それに、お母さんとエッチするなって言わない。でも、その代わり私も大事にして欲しいの……、だって、私の初体験を奪ったんだから」

「それは、そうです。もちろん、責任とるつもりです」

「なら、これからは、三人で楽しむの……。そうすれば、拓真君は私とお母さんの両方を手に入れられる」

「で、でも、イイんですか? そんな都合のいい話って……」

「イイの……、私、拓真君との関係を終わらせたくないし……、このまま一緒にいたいって思ってるんだよ。ねぇ、お母さんもそれでいいでしょ?」

と、今度は美佐子に質問が飛ばされる。

イイか悪いか? そう考えればイイに決まっている。何故なら――、

(私、拓真さんを失いたくないわ……。だって彼は私を女としてみてくれる。幸せを与えてくれるんだもの)

「お母さん、イイよね?」

「わかったわ。拓真さんがいいっていうのなら、私はそれを受け入れる。でもちゃんと愛してくださいね。そうしないと、嫉妬してしまいますから」

その言葉を受け、拓真は答えた。

「もちろんです。俺、二人を大切にしますから……」

それは強い決意の言葉であった。

同時に、その宣言を聞き、有希がささやいた。

「これで決まりね。なら、早速三人でしてみましょ」

「え?」

と、困惑する拓真。

三人でする……、それはつまり――、

「3Pするってことですか?」

「そうよ。イイでしょ? お母さんはどう?」

「三人でって、あなた正気なの……、そんな恥ずかしいこと……」

「でも、私たち二人で拓真君を共有することになったんだから。三人でプレイしてみないと……。私、拓真君やお母さんが一緒なら安心できるし……」

すると、そこの言葉を聞いていた拓真が声を出した。

「お、俺、三人でしたいです……。お願いします」

「拓真君はOKね、後はお母さんだけだよ……、どうするの? 今日ここに来たのって、拓真君とエッチするためでしょ? なら、イイじゃん、三人でしてみようよ」

有希はそう言うと、美佐子の腕をとり、彼女をベッドの上に押し倒した。

そして、スルスルと服を脱がしていく。

「こ、こら、有希止めなさい! 何をするの!!」

「やだ、止めないよ。お母さんだって本気のはずだもん……、その証拠に、こんなにセクシーな下着を身につけてる」

そう、美佐子は拓真と交わるようになり、下着にもこだわるようになったのだ。

今日は大人の色気の漂う、黒のレースのショーツとブラであった。

「こ、これは、その……、有希、酷いわ……」

「お母さんだってやる気満々なんでしょ? なら三人でしようよ……。ほら、拓真君も手伝って」

有希と拓真は協力して美佐子の下着を脱がし、三人とも全裸になった。

そして、ベッドの上で座り込むと、最初に有希が口を開く。

「拓真君、私とお母さんが寝るから、二人のあそこを交互に弄って気持ちよくして……、それができたら、挿れてもイイから」

「俺が……二人を……?」

「そう、できるでしょ? もうたくさん経験積んでるんだから」

有希は強引であった。

そして、美佐子と共に横になると、足を大きく広げて秘部を開帳していく。

(美佐子さん、それに有希さんのおま×こ、トロトロになってるよ)

と、拓真は感じていた。

そして、おもむろに手を伸ばし、二人の陰部に触れていくのであった。

「二人共、おま×こがすごく濡れてます……」

「やぁん、拓真君のエッチ……、そんなこと言わなくてもわかるでしょ?」

「すみません。でも、ホントに魅力的です。じゃあ、弄りますからね」

「うん、お願い……」

拓真は、二人の性器を同時に撫でまわしていった。

くちゅ、ぴちゅんと、淫猥な音が響き、室内に広がっていく。

「んん……、ンぅ……あぁん」

と、美佐子が淫らな声をあげる。

娘と一緒に、感じているのだ。背徳感が湧き上がるが、同時に快感も迸る。

「美佐子さん、気持ちいですか?」

「うん、何だか興奮するの。いつもと違う感じね」

すると、有希も物欲しそうな声をあげる。

「拓真君、私のおま×こもちゃんと弄って気持ちよくしてね……、さっきセックスしたばかりだけど、もっと気持ちよくなりたいの」

「もちろんです、有希さんのおま×こも弄りますから」

そう言うと、拓真は二人の淫裂に顔を近づけ、クンクンと匂いを嗅いでいった。

リコッタチーズのような馨しい香りが漂い、拓真を満足させていく。

「いやぁん、拓真さん、あそこの匂い嗅がないで……、恥ずかしいわ」

「恥ずかしがってる美佐子さんも素敵です。俺、おま×この匂いが好きなんですよね。だからたっぷり嗅がせてください」

拓真は美佐子の秘部を舐めながら、空いている手で有希の陰部を弄り回していく。

美佐子も有希も心地よくなり、恍惚とした表情を浮かべていった。

「二人共、おま×こからエッチなお汁がたくさん出てますよ」

「はぁん、だって気持ちいいんだもん……、拓真君の指使い、ホントに最高……」

と、有希が満足げな声をあげる。

拓真は忙しく二人の性器を舐めたり弄ったりして、刺激を加えていくのであった。

「あ、あの、そろそろ、イイですか? 二人のおま×こに挿れたい?」

「拓真さん、私のおま×このおちん×ん挿れて、もう我慢できないの……」

と、美佐子が言った。

すると、その言葉を聞いた有希が、

「あぁん、お母さんばっかりズルいよ……、私も挿れて欲しいのに……」

「でもあなたたちはさっきまで交わっていたんだから、最初は私にして。お願い……」

「仕方ないなぁ。じゃあ、拓真君、最初はお母さんのおま×こにおっきしたおち×ぽ挿れてあげて」

その言葉を受けて、拓真が答える。

「わかりました。じゃあ、最初は美佐子さんからですね。それじゃ行きますよ」

そう言い、拓真は己の分身をしごき、美佐子の淫裂に押し当てていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました