連載官能小説『ルームシェア-可愛い女の子たちとエッチなレッスン-』第3回

連載官能小説

連載官能小説『ルームシェア-可愛い女の子たちとエッチなレッスン-』第3回

放課後の学校――。

(はぁ、勉強ってめんどくさいよな。海外でもそうだったけど、これは日本でも同じだよ)

と、最終のホームルームを終えた優希は感じていた。

そんな彼のもとに、ある少女がやってくる。

「優希、ちょっといい?」

それは糸川奏であった。今風の女子校生という感じに、制服を着崩している。

スカートはやや短めだし、首元のリボンはラフに巻かれている。

「あ、糸川さん、何か用?」

と、優希は答える。

すると、奏は、

「あのさ、勉強押して欲しいんだけど」

「勉強を? 俺に教えられるかなぁ、そんなに頭よくないし」

「でもさ、海外にいたんなら、英語が話せるじゃないの?」

「まぁ、それなりに、でも向こうの日本人学校にいたから、そんなに得意ってわけでもないよ」

「とにかくさ、英語を教えてよ」

「わかった。俺が知っている範囲であれば教えるよ」

「ホント? ありがと、助かるぅ」

こうして、二人は一緒に勉強することになったのであった。

空き教室を見つけ、そこで二人は向かい合わせに座る。

「何から教えればいいの?」

「う~ん、ここかな?」

「あぁ、これは関係法っていうんだよ。ええとね、主文と副文をしっかり見極めるのが大切なんだ。まぁあんまり日常会話になると、使わないから、完全に受験のための英語だよね」

「ふ~ん、そうなんだ」

「糸川さんは英語が苦手なの?」

「そう。もうちんぷんかんぷん。日本人なんだから、日本語だけわかればいいと思ってる」

「まぁ、普通はそれで問題ないと思うけど……」

「でもやらないと、テストがねぇ、とにかく教えてよね」

「うん、じゃあ次の問題だね」

こうして二人は勉強を進めていった。

気づくと夕方五時を回っており、しんみりとした空気が広がっていた。

「そろそろ、日も暮れてきたし帰ろうか?」

「え、あ、うん、そうだね、優希勉強教えてくれてありがと。助かったわ」

「俺の教え方、あんまり上手くなかったかもしれないけど、参考になればよかったよ」

「ううん、教え方は上手かったよ。わかりやすかったし」

すると、不意に奏がもじもじとし始めた。

その様子を見て、優希は彼女がトイレに行きたいのだと考える。

「糸川さん、トイレ行きたいの?」

「バカ! 違うわよ。そ、その、あのさ、あたし、優希にお礼がしたいんだけど」

「そんな、イイよ、お礼なんて。一緒に住んでいる仲間なんだし、困った時は助け合わないと」

「優希って優しいんだね……。でもお礼させて……」

そう言うと、どういうわけか奏は優希に抱きついていた。

そして、ズボンのファスナーを下ろし始めたのである。

「え、ちょっと糸川さん、何をしているの?」

「男の子ってこういうことすると悦ぶんでしょ。あたし、知ってるんだから」

「流石にマズいよ、ココ、学校だし」

「この教室、ほとんど人がこないの。多分、もうしばらくは誰も来ないわ」

「で、でも……」

ファスナーの隙間から、ペニスを露出させると、奏はそれをシコシコと動かし始めた。

しかし、慣れていないのか、やや手つきが乱暴である。

「い、糸川さん、ちょっと、痛いよ……」

「え、あ、ゴメン……、あたし、こういうのした経験がないから」

経験がない。優希も先日まではそうだった。

しかし、今は違う。彼は綾香と結ばれて、大人の男になっているのだ。

「優希は経験あるの? あるよね。もう高校生だし……」

「えっと、それはその、まぁ多少は……」

「ホントに経験あるんだ。可愛い顔してるのに、やることはやってるのね。まぁいいわ、今日はあたしが気持ちよくしてあげるから」

優希の助言をもとに、奏は優しいタッチで手コキをし始める。

淡い刺激が優希を襲い、少しずつ快感に包み込まれていく。

「ンッ……くぅあ……」

「優希、気持ちいいの?」

「うん、凄く、何かゾクゾクするよ。優しい動きになってから一気に気持ちよくなった感じかな……」

「何か先っぽから出てるけど、これは何?」

「あぁ、それは我慢汁ってやつだよ。正式名称は、カウパー腺液だったかな……」

「我慢汁? 精子みたいなもの?」

「まぁそんな感じ……。男が気持ちよくなると出す液体かな……」

「ふ~ん。そうなんだ。でも、気持ちいいっていうならよかったわ。ここまでして、全く気持ちよくなかったら困るもん」

奏の手コキのスピードが、一層早くなっていく。

しとどに射精感が襲ってきて、耐えるのがしんどくなっていくのであった。

(マズい、このままだと、イッちゃいそうだよ)

まだ、少しだけ余裕はある。しかし、それほど長く持たないだろう。

「ねぇ、優希、キス……、してもいい?」

「え? キス……、でも……、糸川さんはしたことあるの?」」

「ないよ。でもしてみたいの」

「初めてのキスが俺でもいいの? そ、その、もっとふさわしい人がいるような気も……」

「あたしは、優希がいいの。ダメかな?」

「俺はいいよ。糸川さんがよければ」

「なら決まりね。キスしてあげる、光栄に思いなさい優希」

「はい。思います」

そう言うと、奏は顔を近づけてきて、スッと唇を重ねた。

ぷちゅっと触れるだけのキスが展開される。

(これがキス……、うぅん、大人の味って感じ……)

と、奏は感じていた。

初めてのキスは、どこかイチゴの味がする。

「んちゅ……ちゅちゅ……、ちゅぱ……くちゅん……」

口元から淫靡な音が漏れて、それが静かな室内に染み渡っていく。

優希は思わず、奏を強く抱きしめた。

「え? 優希、どうしたの??」

「ゴメン、つい愛おしくなって、抱きしめちゃった。マズかったかな?」

「ううん、そんなことないよ、あたしも、抱きしめられて嬉しい……。ねぇ、優希には好きな人はいるの?」

好きな人……。

シェアハウスの人間はみんな好きだ……、だけど、それは恋愛対象なのだろうか?

「ゴメン、よくわかんないや」

「あたしはね、優希のこといいなって思うよ。可愛い顔してるし、優しいし」

「ありがとう。嬉しいよ」

「だから、優希も少しはあたしのことを好きになってよね」

恥ずかしそうに告げると、奏はペニスをしごく手つきをより一層速めていった。

快感のかたまりが降り注いできて、優希はどうしていいのかわからなくなる。

「おち×ぽがビクビクしてきたけど、どうかしたの?」

「あ、その、そろそろ、イキそうで」

「イク? つまり、精子が出そうって意味? うんと、そのくらいあたしも知ってるんだからね」

「そう。糸川さんの手コキ、何か繊細で気持ちいいんだ……。だから、もう限界です」

「出したくなったら出してもイイよ。そっちの方が私も嬉しいから」

と、奏は告げると、何と、ペニスを咥えこんだのである。

「え、ちょっと、糸川さん何を……?」

「フェラチオって言うんでしょ? このくらいあたしにだってできるんだからね」

しゅぼしゅぼと音をあげながら、奏はいきり立った怒張を吸引していく。

その鋭い悦楽に、最早優希は耐え切れなかった。

「ゴメン……、糸川さん出る……。精子出ちゃう」

「じゅる……、じゅぼぼ……、うん、出していいから……、じゅるん……いっぱい、精子出してぇ」

舌先でレロレロと肉竿を弄られて、とうとう我慢の限界を超えた。

途端――。

「ビュルビュル……、ビュク……ピュプピョピュプ……、ピュピュ……、プピュ……」

勢いよく子種が奏の口腔内に放出されていく。

あまりの精液の量に驚く奏であったが、彼女はそれをすべて受け止めた。

(うぅ……精子……、凄く熱い……、それにねっとりとしてる……)

と、奏は感じていた。

同時に、彼女は口腔いっぱいに吐き出された精液を、躊躇なく飲み下していく。

「んぐ……、んんぁ……、じゅるん、じゅぼ、じゅぼぼ、ゴックン……」

咽頭を粘りのあるスペルマが駆け巡っていく。

ねっとりした中に、ほのかに苦みがあり、大人の味であると感じられた。

「い、糸川さん、もしかして精子飲んでくれたの?」

「うん、そっちの方が悦ぶと思って……」

「嬉しいよ……、ありがとう」

そこで、再び優希は奏を抱きしめた。

奏は優希の腕の中で丸くなりながら、

「優希……、ねぇ、あたしんことは糸川さんじゃなくて、奏って呼んで」

「いいの? 名前で呼んでも……」

「そっちの方が親近感が湧くし、あたしは嬉しいかな……、ほら、言ってみて優希……」

「奏……。これでいいかな?」

「うん。これで平等ね。あたしだけ名前で呼んでいると、やっぱり変だし。これからはちゃんと名前で呼ぶこと。イイわね?」

「わかったよ、奏……」

二人はにこやかに笑い合い、もう一度甘いキスを重ねるのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました