官能小説レビュー 第74回『Hではじまるシェアハウス』

官能小説レビュー

官能小説レビュー 第74回『Hではじまるシェアハウス』

引用元:https://ebook-assets.dmm.co.jp/

美少女だらけのシェアハウスで暮らせたら……。

そんなムフフな妄想が膨らむこともあるでしょう。

 

今回は、そんな男の願望を叶える官能小説をご紹介!

それが――。

 

「Hではじまるシェアハウス」

 

と、いう作品です。

 

コチラは2019年の3月にぷちぱら文庫より発売されました。

作者は望月JETさんです。

 

朝から晩まで誘惑されっぱなしの官能小説になっています。

本記事では、「Hではじまるシェアハウス」の詳しい構成、見所を解説!

 

それでは早速見ていきましょう。

 

□登場人物とストーリー

 

本作品は全4章の構成をなっています。

まずは、登場人物を見ていき、その後、詳しい構成を紹介するので確認しましょう。

 

登場人物

 

  • 加賀見奏多(かがみかなた)……主人公の高校生 事故で両親を喪っている
  • 小松崎彩(こまつざきあや)……奏多の幼馴染
  • 加賀見冬華(かがみとうか)……奏多の義姉
  • 東郷楓音(とうごうかざね)……奏多の親戚の女の子
  • 真城リナ(ましろりな)……奏多の義祖父の孫娘 年下
  • 南條さくら(なんじょうさくら)……奏多の教師

コチラの作品はココで購入できます↓
Hではじまるシェアハウス

ストーリー

第1章

主人公の加賀見奏多は、日本に帰国し、義姉の加賀見冬華が住むシェアハウスで暮らすことになります。

 

そこには、冬華の他に、幼なじみの小松崎彩、親戚の東郷楓音、遠縁の真城リナ、そして、シェアハウスの大家さんである南條さくらが住んでいます。

 

そんな風にして、日常生活がスタートするのですが、奏多が朝起きると、そばに冬華がいるのに気づきます。

 

そして、冬華は奏多のペニスを弄っているのです。

彼女は奏多が気になっており、彼のカラダを感じたく思っています。

 

奏多は驚きますが、誘惑に勝てません。

冬華が初めてこんなことをすると呟いたことも、興奮を誘い、そのままイカされてしまうのでした。

 

ある日の学校で、奏多は彩や楓音を見ていて興奮してしまし、ペニスを立たせてしまうのです。

ですが、そこに冬華がやって来て、彼を連れ出します。

 

勃起している所が外部にバレなかったので安心する奏多でしたが、実は冬華は彼が勃起していることに気づいているのです。

 

そして、学校でエッチなプレイをしていまいます。

但し、セックスではなく、素股で奏多を気持ちよくさせ、冬華も満足していくのでした。

 

そんな風にした冬華と淫らなプレイを経験していく奏多でしたが、シェアハウスに戻り、着替え中の彩のところに入ってしまったのです。

 

彩は驚き、彼をなじります。

しかし、彩も奏多が気になっているので悶々としてしまうのです。

 

そんな中、彩は奏多と一緒に勉強することになり、リナがいるにもかからず、見えないようにペニスをしごき始めるのです。

 

驚く奏多でしたが、快感に抗えません。

そのまま、彩に手コキでイカされてしまうのでした。

 

これに調子をよくした彩は、さらに奏多を求めます。

自室でキスをすると、そのままエッチしてしまうのです。

冬華だけでなく、彩とも関係を持ってしまい。奏多はどうしていいのかわからなくなっていくのでした。

 

第2章

冬華、彩、二人の女性とエッチな関係になってしまった奏多は、反省しました。

このままではダメだと考え、学校生活を頑張ろうとするのです。

そんな中、彼は補佐委員という部活に入ります。

 

そこで、生徒会に入っている楓音の協力をしていくのです。

ここで、奏多は楓音とも仲良くなっていきます。

料理当番になった楓音を手伝い、距離を詰めていくのです。

 

ただ、ある晩に奏多はお風呂に入っている楓音に気づかず、浴室に入ってしまうのです。

激しく問い詰められる奏多ですが、やはり、ペニスを大きくしてしまいます。

そして、部屋に戻った後、楓音に問い詰められ、冬華や彩と関係を持ったことを話してしまうのです。

 

それを聞いた、楓音は自分の裸を見て興奮したのか聞き、そのまま脚コキで、奏多を気持ちよくさせていくのでした。

そんな風にして、奏多は楓音とも関係を持ってしまうのです。

 

もちろん、奏多の淫らな体験はこれだけに終わりません。

ある日、虫嫌いのリナのところで、虫退治をしていると、誤ってリナの胸を掴んでしまいます。

 

リナは驚きますが、彼女自身も奏多が気になっているので、エッチなゲームをしようと提案します。

挿入はしなかったのですが、素股に近い形で、エッチなことをしてしまい、二人は肉欲に溺れていくのでした。

 

色んな女の子と関係を持ってしまい、悩む奏多でしたが、彼のもとに冬華がやって来て、悩みを聞いてくれます。

しかし、冬華は奏多の欲望を満たすために、自分のカラダを使って彼を気持ちよくするのです。

 

そのまま、奏多は流されるようにセックスしてしまい、シェアハウスの女の子たちと、どんどん親密になっていくのでした。

 

第3章

冒頭で南條さくらの過去が明らかになります。彼女は元アイドルで、過去にはグラビア撮影などの経験もあるのでした。

一方、奏多は、彩、楓音、リナとセックスをしていき、どんどん深みにハマっていきます。

 

このままではダメだと思いながら、彼は淫らな行為を続けてしまうのです。

 

ある日、奏多はその時代のさくらの雑誌を見つけてしまい、それをオナニーのオカズにしようとします。

それをさくらに見つかってしまうのです。

 

ですが、さくらは何も言いません。

しかし、かなりお酒を飲んでしまい、酔っ払い奏多に介抱されるのです。

 

もちろん、ただの介抱で終わりません。

酔った勢いで、さくらは奏多を求めるのです。

 

ただ、通常のセックスはしません。

あくまでも素股で、奏多を気持ちよくさせていくのです。

そして、二人は絶頂を迎え、この日はこれで終わりを告げます。

 

翌日、素面になったさくらのもとに奏多が行くと、昨日の出来事を彼女は覚えているのでした。

そして、あらためてさくらは奏多が気になっていると告げ、二人はそのままセックスしてしまうのです。

 

とうとう彼は、シェアハウスの全員とセックスしてしまいました。

 

第4章

奏多は毎日のように、色んな女の子とセックスしていきます。

そんな中、義父から荷物が届き、その中に入っていたスパイスを食べてしまいます。

実はそのスパイスは義父が間違って入れたもので、性欲が暴走するものだったのです。

 

性欲が暴走寸前になった奏多は、女の子たちを傷つけないように、自室でこもって必死に耐えます。

しかし、ペニスは勃起したままで決して治まりをみせません。

 

こんな背景を知ったシェアハウスの女の子たちは、奏多を救おうと躍起になります。

つまり、カラダを使って奏多の性欲を止めようとするのです。

 

彩、楓音、リナの三人に詰め寄られ、彼は肉欲を暴走させます。

もちろん、それだけでは終わりません。

さらに冬華、さくらを巻き込んで、乱交パーティーに近いプレイを展開していくのです。

 

最終的には、誰か一人を選ぶことができず、シェアハウスの女の子たちみんなを大切にすると決意を固めていくところで、物語は終わりを迎えます。

 

コチラの作品はココで購入できます↓
Hではじまるシェアハウス

□定番のシェアハウスモノの作品で興奮できる

 

官能小説の世界では、比較的定番のシチュエーション。

それが、「シェアハウス」です。

 

本作品も、可愛い美女がたくさんいるシェアハウスに、主人公の男の子がやって来て、エッチしまくるという話です。

 

作品の構成上、たくさんの女の子が登場します。

ですが、皆それぞれ個性があるので、読んでいて飽きません。

 

例えば――。

 

  • 元気な幼なじみ
  • クールなクラスメイト
  • 元アイドルの教師

 

など、幅広い個性が展開され、色んなセックスが楽しめます。

ただ、素股が少し多いような感じもしました。

 

挿入しない、淫らなプレイもそれなりの分量があるので、この点は意外でしたね。

しかし、しっかり興奮できる作りなので、満足度は高いでしょう。

 

□親しみやすい文体でサクサク読める官能小説

 

ぷちぱら文庫の作品は、比較的あっさりした作風が多いです。

「Hではじまるシェアハウス」も、官能小説特有のこってりとした文体ではありません。

 

しかし、あっさりと整頓されているので、読みやすさは抜群。

もちろん、興奮させてくれるので、読み応えはよくなっています。

 

例えば、こんな文章が印象的でした――。

 

『いつの間にか、十分に動かせるくらい、さくらの中はヌメりで満たされていた。肉棒を動かすと窮屈な肉道から押し出されて漏れ出し、わずかに水音を鳴らす』

P204より抜粋

 

このように全体的に簡潔明瞭に描かれた文体が魅力です。

個人的に言えば、「中」という単語を「膣内」とすると、もっとよかったと感じました。

 

いずれにしても、かなり読みやすく整った文体なので、心地よく読めるでしょう。

 

□必読推奨! 美少女だらけのシェアハウス…ここは天国か?

 

いかがだったでしょうか?

今回は、望月JETさんの「Hではじまるシェアハウス」を紹介しました。

 

定番のシェアハウス系の作品で、満足度は高めです。

色んな女の子とエッチなことができるのは、男の願望ですよね?

それを見事に表現した作品であると感じました。

 

本記事では、「Hではじまるシェアハウス」の詳しい構成や、見所などをまとめました。

とてもオススメな作品なので、ぜひ、読んでみてくださいね。

きっと、心の底から楽しめるでしょう!

 

それでは、次回の官能小説レビューでお会いしましょう。ではでは……。

 

コチラの作品はココで購入できます↓
Hではじまるシェアハウス


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました