連載官能小説『ルームシェア-可愛い女の子とエッチなレッスン-』第7回

連載官能小説

連載官能小説『ルームシェア-可愛い女の子とエッチなレッスン-』第7回

「ホント助かったよぉ。ありがとね、ワンコ君」

と、シェアハウスの住民、西尾小夜は告げた。

彼女の隣には、買い物袋を持つ優希の姿がある。

「いえ。困った時はお互い様ですから……、で、でも、ワンコってなんですか?」

「あ、ゴメンね、優希君、顔がワンちゃんに似てるなって思って。それで親しみを込めてワンコ君。嫌だった?」

「嫌じゃないです。俺、あだ名とかないから、ちょっと嬉しいかもしれないです」

「それはよかったよ。とにかく買い出しにつきあってくれてありがと。助かるにゃん」

優希が住むシェアハウスは、夕食を当番制で作る。

今回の当番は小夜なのである。しかし、小夜は料理が苦手らしく毎回苦戦するらしい。

「今日は、何を作るんですか?」

「うんとね、僕はそんなに料理が得意ってわけじゃないから、大抵、炒めたり和えたりすればできる料理が多いかな。今日は簡単にマーボー春雨だよ」

「確かにそれなら簡単ですね。俺も手伝いましょうか?」

「え? いいの、それなら助かるけど、ワンコ君忙しくないの?」

「今日は学校の宿題もそんなにないですし、暇だから手伝えると思いますけど」

「それなら、お願いしようかな。僕ね、ホントに料理が苦手だから」

こうして、二人は一緒に夕食を作ることになったのである。

夕方――。

「それじゃ、俺はサラダを作りますね。と言ってもキャベツを千切りにして、後はトマトを添えるだけですけど」

「それでも十分だよ。僕ね、千切りとかできないから」

と、自信満々に告げる。

自信満々に言うべきではないが、優希は何も言わなかった。

「ねぇ、ワンコ君。ここで暮らし始めてどんな感じ?」

「え? どんな感じって……、まぁ楽しいけど……」

「ふ~ん、楽しいんだ……。何が楽しいの?」

「えっと、それは、その、俺、今まで一人で過ごすことが多かったから、みんなで暮らすのって楽しいなって思います」

「例えば、シェアハウスの女の子たちと、エッチなことしてるとか?」

「ぶはぁ、な、何を言ってるんですか!」

「冗談だよ。あれ、でもどうしてそんなに焦ってるの? もしかして図星?」

「あ、いや、それは……」

「ホントなんだ……、随分、エッチなんだね、ワンコ君は……」

「す、すみません」

「謝らないでよ。なら、僕ともする? エッチなこと」

「な、何を言っているんですか? そんなことできるわけ」

「えぇぇ、どうしてぇ。だって他の女の子とはできたんでしょ? それなのに、僕とはできないの? そうだよね、僕なんてブスだもんね」

「そんなことないです。西尾さんは素敵ですよ。可愛いです」

小夜のことを見つめる優希。

彼女は、シンプルな城ブラウスに、黒のスキニーパンツを穿いている。なかなかスタイリッシュで女性らしい着こなしであると感じられた。

「ホントに? あ、ワンコ君、小夜でいいよ、僕もワンコ君って呼んでるんだから」

「小夜さん……、わかりました、今度から小夜さんて呼びます」

「今、みんな帰ってきていないから、チャンスだよ、エッチなことしよ」

「え、で、でもマズいんじゃないですか……」

「大丈夫だって。ほら、するよ……」

一旦料理をするのを止め、二人はリビングのソファに移動する。

そして、小夜は優希のズボンを下ろすと、肉竿を解放した。

「あれ、まだおち×ぽ小さいね。やっぱり僕は魅力ない?」

「いや、いきなりだったんで、まだ勃っていないんですよ」

「そう、じゃあ、興奮させてあげるね」

と、言うと小夜は上着を脱ぎ、さらにブラを外した。

小夜はなかなかの巨乳であり、魅力的であった。

(うぉ、小夜さんにおっぱい、すごく大きいよ……)

「ワンコ君……、パイズリってしたことある?」

「えぇパイズリですか? したことないです」

「なら、してあげようか? 僕ね、胸が大きいからできるんだよ」

「イイんですか……、そんなことしてもらって……」

「イイけど一つ教えて……。ワンコ君はこのシェアハウスの誰と関係を持ったの?」

「え、それは、その、驚かないでほしいんですけど……、実は小夜さん以外の全員としてしまいました」

「ぐぁ……、マジで……、ワンコ君、凄いプレイボーイなんだね、お姉さん驚いちゃったよ、でも酷いなぁ、僕ばっかり後回しにして」

「そう言わけじゃないですねど……」

「それじゃパイズリしてあげる。僕も君を気持ちよくできるんだから」

豊満なバストに、優希のペニスを挟み、そしてゆさゆさと上下に動かしていく。

(うぉ……、これがパイズリかぁ……、何か独特だけど、気持ちいいや……)

初めてのパイズリを前に、優希は快感に包み込まれていた。

マスターベーションやセックスとは違う悦楽が降り注いでくる。

「どう、ワンコ君、気持ちいいかな?」

「はい、凄く気持ちいいです。こんな感覚を味わうのは初めてですよ」

マシュマロのような柔らかさのある乳房に包まれていると、本当に心地よくなってしまう。

優希は、微睡みながら、必死に快感に耐えていった。

(参ったな、あまりに気持ちよくなって、たちまちイッてしまいそうになるよ)

「ワンコ君、おち×ぽの先っぽから、エッチなお汁が出てきたにゃ」

「はい、それだけ興奮してるんです……」

「じゃあ、こんなのはどう? もっと気持ちよくなれるかもよぉ」

と、小夜は言うと、ペニスの先端をペロッと舌で舐め始めた。

そして、レロレロと刺激するように愛撫していく。

「う、うぐぅ、そ、それかなり気持ちいです……、先端がビクビク反応してしまいます」

「うん、おち×ぽがピクッて動いているね……、とっても可愛いなぁ」

何か弄ばれているような気がするが、それでも快感が素晴らしい。

これに抗える男性はいないように感じられた。

「んちゅ……、レロレロレロレロ……、ちゅちゅぱ……チュンチュッツ」

淫靡な音を上げながら、小夜はペニスを舐め回していく。

肉竿はフル勃起し、パンパンに膨れ上がっていった。

「ワンコ君って、随分立派なおち×ぽを持っているんだね? これでシェアハウスの女の子たちをヒィヒィ言わせたんね。ホントに憎い奴だなあ」

「うぅ……、ヒィヒィなんてわからないですけど……」

「でも、みんな何も言ってこないってことは、少なくとも不満ではなかったんだよね」

「そうだといいんですけど……」

「フフフ……、ワンコ君はホントに可愛いなぁ……」

パイズリの動きを速めていく小夜。

しとどに気持ちよくなり、優希は激しい射精かを覚え始めた。

「う、はぁ……はぁ……、さ、小夜さん、俺イキそうです」

「イキそうなの? なら、イッてもイイよ。私が見届けてあげるからね」

さらに小夜は、ペニスをカプッと咥えこみ、しゅぼしゅぼと音を上げながら、最後に仕上げにかかる。パイズリを止めて完全なフェラに移行したのである。

「じゅる……、じゅっぼ、じゅぼぼ……、じゅるるん」

「あぁ、小夜さん……、ダメです……、俺、もうイッちゃいます……、んぐぅ、あぁ、限界だ」

ペニス全体をオルガスムスが貫いていく。

そして、とうとう牡の欲望が弾けるのであった――。

「ビュプ……ビュク……ビュル……ビュクク、プピョプ……ピピョピプ」

小夜は、口腔でスペルマを受け止めると、そのまま精飲をしていった。

(これがワンコ君の精液……、とっても濃い味がして癖になるかも……)

と、小夜は感じていた。

ザーメンを出し尽くした優希は、ささやくように告げる。

「小夜さん、精子飲んでくれたんですか?」

「うん、ダメだったかな?」

「いや、ダメじゃないですけど、むしろ嬉しいです……」

「にゃ……、ワンコ君、ちゃんと僕も見たくれないとダメだからね」

「わかりました。ちゃんと小夜さんも見ますから……」

二人はにこやかに笑い合い、再び料理に戻っていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました