連載官能小説『ルームシェア-可愛い女の子とエッチなレッスン-』最終回

連載官能小説

連載官能小説『ルームシェア-可愛い女の子とエッチなレッスン-』最終回

「奏……、お、俺、そろそろイキそう……。奏は?」

と、悲痛な声を上げる優希。

立ち昇る射精感は、かなり耐えがたい。

「んぅ……、ぅぁ……あぁん、あたしもぉ、イキたい……、優希、たくさん突いてよ、お願いぃ、そしたら一緒にイケるからぁ」

「わかった、最後に突きまくるからね」

必死に優希は腰を動かし、ずちゅめちゅと、淫音を上げながら、最後の仕上げにかかる。

「うくぅ、ダメだ……。奏イキたい、もう、精子が出るよ……」

「出して……、あたしの中に出していいからぁ……」

「うぉぉぉおおお……、出る! 出すよ! 膣内に……」

「きゃぁー、んぐぅ……、ンンッ、あたしもイク! もうダメ……」

とうとう二人は臨界点を超えて、昇天を迎える。

ドクドクドク……と、スペルマが尿道を流れていき、そして暴発する。

「ひゃん……、凄い、精子がたくさん出てる……、んぐぁ……、中出しされてるんだよね?」

「うん、中に出したよ、どんな感じ?」

「お腹が温かくて、とにかく気持ちいい……、中出しされるの、気持ちいいのぉ……」

「俺も凄い気持ちいいよ……。精子が止まらない……」

「最後まで出し尽くして……、そうしないと許さないんだからね」

「奏のおま×こがキュッと締まって、ち×ぽを搾り取っていくよ……、んぐ、物凄い感覚だよ……」

二人はガクリと崩れ落ち、そのままヒシっと抱き合った。

しかし、これで終わりではない。まだ環と小夜が残っているのだ。

「優希君、大分お疲れ?」

と、環が声をかけてくる。

対する優希は不思議な感覚を覚えていた。

「あ、いや、何か変なんです」

「変? 何がおかしいの??」

「実は、全然興奮が治まらないんです……。むしろどんどん興奮してきて、ち×ぽが硬いままなんです……」

「それは、きっと、小夜さんのせいね」

「え? 小夜さんの??」

「そう、小夜さんが、特製の媚薬を作ってみんなの食事に混ぜたみたいなの、だから、性欲が高まってるみたい」

「ってことは、環さんもエッチな気分に?」

「うん、そうなの……、恥ずかしいけど、エッチしてほしいな」

「もちろんです。俺が相手しますから」

「なら、今日は後ろから挿れてくれない? 後ろからズコバコ突かれてみたいの」

「わかりました。後ろから突けばいいんですね。やってみます」

環は興奮しているのか、すぐに服を脱ぎ、四つん這いになった。

そして、お尻をフリフリと振って、優希を誘惑していく。

(うわぁ、環さんのおま×こ、もう、こんなに濡れてる。まだ何もしてないのに……。多分、俺と綾香さんや奏とのセックスを見て興奮したんだな。何か嬉しいよ)

「優希君、この体勢、凄く恥ずかしい……、早くおち×ぽでフタをしてほしいの」

「はい、今挿れますから、それじゃ、いきます」

優希は環の臀部に手を置くと、そのままゆっくりと腰を動かしていき、ペニスを胎内に挿入していった。

「んほぉ……、おち×ぽ、おち×ぽが入ってきたぁ……。ずっとこの瞬間を待っていたのぉ……」

「環さんの中、しっとりとしていて、さらにヌルヌルですよ……、まだほとんど何もしていないのに、こんなにおま×こを濡らしてしまったんですね?」

「んぅ……、ンンッ……、あぁん、そうなの、私、あなたと綾香さんや奏ちゃんがセックスするのを見て、興奮しちゃったの……、だから、お願い、私を滅茶苦茶にしてぇ」

「荒々しいのがいいんですね? なら、少し強めにいきますよ」

と、優希は告げ、ずんずんと肉竿を突き立てていく。

めちゅめちゅと、ペニスが食い込んでいき、とにかく気持ちいい。

「あぁん、ゆ、優希君、激しい……、激しいよぉ……、何か無理矢理されてるみたい……」

「無理矢理された方が、環さんは興奮するんですよね? ホントにエッチな人です……」

「はう……、んぐぁ……、ンンッ……ハァハァ……、そんなこと言わないで……、優希君はエッチな女の子が嫌いなの?」

「嫌いじゃないですよ、むしろ大好きです。だって、エッチな子のほうが、楽しめますからね」

「はぁん……、んっ……うぅん……、もっと、もっと、気持ちよくして、おま×こが疼いちゃうの」

「なら、こんなのはどうです?」

と、と告げた優希は手を前の方に持っていき、そのまま陰核を擦り始めた。

「んぁ……、そ、そこはダメだよ。敏感だからぁ……」

「クリを弄ったら、おま×こがキュッと締まりましたよ。興奮してるんですね?」

「はう、そうなの……、興奮しっぱなし、こんなに発情したのって、もしかすると初めてかもしれないのぉ」

「あの、精子が出そうになったら、中に出してもいいですか?」

「うん……、イイよぉ……、膣内に出してぇ、ビュルビュルって精子を出して欲しいのぉ……」

「わかりました、中にたくさん出しますからね、感じまくってください……」

何度射精しても、まだまだ物足りない感覚がある。

優希は、突きの一撃を高め、とうとう三度目の欲望を発射させる。

「うおぉぉおおお……、ダメだ……、出る、精子が出ます」

「はぁん……、凄い……、お腹の中にたくさん精子が……、ビュルビュルって出て気持ちいのぉ……」

精子を最後まで出し尽くすと、優希は環の覆いかぶさるようになり、行為の余韻に浸っていく。

そして、その様子を見ていた小夜が口を開いた。

「ワンコ君、最後は私の番だよ、当然、まだできるよね??」

「俺、性欲が止まりません。あの、小夜さん、この媚薬、ホントに大丈夫なんですか?」

「大丈夫だよ、そんなに持続しないし、依存性もない。だから、安心してね」

「それなら、イイんですけど……、なら、小夜さん、セックスしましょう」

「うん、わかってる。お願いするよ」

「今回は正常位でしますか?」

「そうだね、前回は騎乗位だったし、今日は正常位でしようか」

小夜は仰向けに寝て足を広げた。

その様子を見た優希は、ヌレヌレになっている淫裂にペニスを押し当て、そのまま貫いていく。

「はぁん……、はぁ~、入ってきたねぇ、凄い、おち×ぽが大きくなってる……」

「そうです、ち×ぽがおま×こに包まれて、凄く気持ちいいです……」

「んぐ……アァアァ……、ワンコ君、もっと激しくしてもいいよ。僕も自分で媚薬を飲んでいるから、興奮してるの……、だからね、激しくしてほしいっていうか、とにかく気持ちよくしてほしいんだ」

「わかりました、激し目でいきます」

優希は、何度も射精しているのに、まったくペニスの興奮は治まらなかった。

むしろ、どんどん興奮してきて、怒張は気持ちよくなっている。

「んぐぁ……、はぁん、激しい……やっぱり気持ちいい……、ち×ぽで突かれるの最高だよ……。ズコバコされるだけで、こんなに気持ちいいんだからすごいよね……」

「ハァ……、僕も気持ちいいです……、あの、こんな風にしたら、もっと気持ちよくなれるかもしれませんよ」

優希は小夜の脚を垂直に持ち上げる。

すると、膣内の締めつけが厳しくなり、ペニスを甘締めしていく。

「ワンコ君、その姿勢、何かいつもとは違う感じがするよ……」

「はい、おま×こがキュッと締まります……」

「ねぇ、クリを弄って……、クリクリされながら、突かれるの気持ちいいからぁ……」

「わかりました、クリトリスを弄ればいいんですね。やってみます……」

持ち上げた足を今度は左右に広げる。そして、陰核を摘まむように擦り上げると、小夜のカラダがビクッと震えた。

「きゃぁぁああ……、そ、それ、凄くイイぃのぉ……、クリを弄られるの、ホントに気持ちいいよぉ……」

「クリが大きくなってきましたね。凄い興奮します……。ンンッ俺も、また、イキたくなってきました」

「ワンコ君! イキそうなの?」

「はい、イキです。膣内に出してもいいですか? 膣内に出したいんです」

「うん、いいよ……、ワンコ君の好きなところに出していいから」

「わかりました、それじゃ出します……、ううぅ、おぉおぉぉぉぉおお」

再び、鋭い射精感が襲ってくる。

何度でも射精できる。そんな思いが彼を支配していた。

「出ます! 小夜さん!! 精子がぁ」

ビュルビュル……、ビュルビュ……ドピュピュ……プピョププピョ……。

「はぁん、凄い量だ……、精子がたくさん出て、気持ちいいよ……、ホントに……」

「精子がどんどん出てきます……。堪りません……」

こうして、優希はすべての女性とセックスして、快感に溺れていった。

残されたのは、ココから誰を選ぶのか? ということだろう。

「優希君、それで誰が一番よかったんだ?」

と、綾香が尋ねてくる。

それを受け、奏も必死になり、

「優希、あたしだよね? あたしとのセックスが一番だったでしょ?」

さて、優希はどうするべきなんだろう。

彼はギリギリまで考えていた。そして――。

「綾香さん、奏、環さん、小夜さん、俺、この中から誰かを選ぶなんてできないです。だから、みんなを幸せにしたいです」

その言葉を聞いた環が笑顔になりながら、

「みんなを大切に……、優希君は優しいんだね」

さらに、小夜が告げた。

「なら、ワンコ君はみんなで共有するっていうのはどう? それが一番いいと思うけど……」

綾香や奏もそれで納得したようであった。

コクリと頷くと、その意見に同調する。

「俺、みんなを幸せにしますから……、これからもよろしくお願いします」

「なら、優希君、今日はエンドレスにやり続けよう。いいね? 媚薬の効果が残る限り、し続けるんだ」

と、綾香が言った。

もちろん、優希もやる気である。彼は意気揚々と――。

「もちろんです、今日は限界までやります」

こうして、五人は媚薬の効果が尽きるまで、エンドレスに結ばれていくのであった――。

〈了〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました