連載官能小説『とっても優しい僕の叔母さん』第3回

連載官能小説

連載官能小説『とっても優しい僕の叔母さん』第3回

美沙は自室でスマホ片手に、ベッドの上に寝転んでいた。

彼女は今、精通について調べていた。

(悠真君は十二歳だから、精子が作られていてもおかしくはないのよね。なら……)

美沙は悠真の精通を見てみたかった。

それは、かなりトクベツであるように思えたのである。

(でも、いいのかな? こんなことしても)

ただ、罪悪感もある。

思春期前の男の子をたぶらかせて。エッチなことをしている。

(だけど、悠真君も喜んでいたし、きっと嬉しいのよね?)

男子のリビドーはよくわからない。

しかし、美沙が出会ってきた男子たちは、皆エッチなことが好きだった。

(今度は悠真君に何をしてイタズラしよう?)

そう考えると、にんまりしている自分に気づく。

美沙は、悠真を預かって本当によかったと感じ始めた。

(子どものおちん×んだけど、セックスとかできるのかな? でも、ちゃんと勃起するから、できるはずよね? だけど、急にセックスと求めたら、きっと悠真君は驚くと思うし。だって、オナニーすら知らないんだもんね)

と、美沙は考え、そのまま眠りに就いた。

翌日――。

「おはようございます。美沙さん」

「うん、おはよー」

「美沙さん、ご飯食べますか?」

「え? あ、ご飯? 悠真君作ってくれたの?」

「はい。と言ってもパンをトーストしてバターを塗るだけですけど。あ、パン勝手に食べちゃいましたけどよかったですか?」

「うん。何でも食べちゃっていいよ。そしたら、私もパン食べようかな」

「わかりました。じゃあトーストしますね」

「ありがと、悠真君」

「いえ。このくらいなんでもないです」

やがてトーストが焼き上がり、悠真はそれを皿に乗せて美沙に渡す。

美沙は、それを受け取り、バターを塗って食べ始める。

「ねぇ、悠真君。ここから学校に行けそう?」

「大丈夫だと思います。バスで一本だから、迷わないと思うし」

「それならいいけど、なら、元気に勉強してきてね。私は夜六時くらいになったら帰ってくるから。そうだ、何食べたい? 買ってくるけど」

「僕は何でもいいですよ、美沙さんが食べたいものに合わせます」

「そう、なら、テキトーに買ってくるね」

「ありがとうございます」

こうして、悠真は学校に、美沙は会社に出かけていった――。

 

 

夕方五時。悠真は帰宅する。

(誰もいない、美沙さんは仕事だし、お風呂掃除でもしようかな)

と、考えた悠真は、シャワーを浴びるがてら、お風呂掃除をした。

このくらいは、家にいた時もしていたから問題なくできるはずである。

(そういえば、ここをシコシコすると気持ちよくなるんだよな)

ふと、悠真はペニスを触ってみた。

美沙を考えると、ビクッと反応し大きくなっていく。

(ちん×ん大きくなっちゃった)

それでも簡単に掃除を済ませ、シャワーを浴びる。

それが終わったら、タオルでカラダを拭き、脱衣所で部屋着に着替えて出ようとした。

(そうだ、洗い物、洗濯機の中に入れなくちゃ)

美沙の自宅は、脱衣所に洗濯機があり、夜に洗濯をしている。

悠真は洗濯機の中に、美沙の下着があるのに気がついた。

(あ、美沙さんのパンツだ。大人の女の人ってすごくエッチなのはいているんだな)

そこまで考えると、美沙のショーツを触りたくなった。

(あぁ、ダメなのに……、こんなのいけないのに……)

しかし、エッチな欲望に勝てなかった。

悠真は美沙のショーツを洗濯機の中から取り出すと、それを、鼻に押し当てた、

(うぅ、美沙さんのパンツ、イイ匂いがするよ)

どんどん、自分が変態になった気がする。

だが、手は止まらず、ショーツのクロッチ部分の匂いを嗅ぎ始めた。

(ちょっと、おしっこの匂いがする。ここに美沙さんのおま×こが当たっていたんだ)

そう考えると、悠真はペニスがギンギンになっているのに気づいた。

もっと、気持ちよくなりたい。しかし、どうやっていいのかわからなかった。

(はぁ、美沙さん、ゴメンナサイ、僕イタズラしちゃいました)

罪悪感に駆られていると、突如脱衣所のトビラが開いた。

「あれ、悠真君、何してるの?」

美沙が帰ってきたのだ。

どうやら、悠真はショーツに夢中で美沙が帰ってきたのに気づかなかったのである。

「あぁ、そ、その、これは」

「悠真君、どうして私のパンツを……、何してたの? 言いなさい」

「それは、その、ちょっと魔が差して」

「女の人のパンツにイタズラしていたのね。そんな悪い子にはお仕置きしないと」

「お、お仕置きですか?」

「そうよ。悠真君、おちん×ん見せなさい」

「え? ど、どうして」

「私のパンツを見ておちん×んがどうなっているのかチェックするの。ほら、早く脱いで」

「でも、そんな、恥ずかしいですよ」

「もしも、おちん×ん見せないっていうのなら、あなたのママにこのことを報告するわよ。それでもいいの?」

「そ、それはやめてください、お願いします」

「なら、おちん×ん見せて、早く」

「わかりました」

言われるままに、悠真はズボンを脱いでペニスを解放した。

子どもおちん×んであるが、ピンと隆起している。

「こんなに大きくして。悠真君はホントにいけない小学生ね。今日はあなたに罰を与えます」

「えぇぇぇええ。ば、罰ですか……、そんなぁ」

 

 

美沙はこれをチャンスだと考えていた。

(お仕置きって言って、悠真君に存分にイタズラできる。そうだ、精通させてみよう。どんな感じなんだろう?)

と、美沙は考え、しゃがみ込み、悠真のペニスを手でしごき始めた。

「う、くぅ、美沙さん何を?」

「悠真君、おちん×んから精子出したことある?」

「え? 精子ですか?? そんな経験ないです」

「なら、今日は精子を出してみましょう」

「え、精子ってどうやって出すんですか?」

「簡単よ、おちん×んをシコシコ扱けばいいの。私がやってあげるからね」

そのまま、美沙はペニスをどんどん扱いていった。

すると、淡い快感が降り注いでくるのがわかる。

(悠真君のおちん×ん、どんどん硬くなってる。興奮してるのね)

「アァツ……、あぅ」

悠真の口元から、嗚咽が漏れる。

その声を聞いていると、美沙も興奮してくるのがわかった。

「悠真君、一つ教えて、私のパンツで何してたの?」

「何って、ちょっと触っただけです。美沙さんのパンツを見ると、興奮しちゃうんです」

「男の子はエッチなことが好きだからね。大丈夫よ、それって自然だから」

「そうなんですか? 怒らないんですか?」

「うん、怒らないけど、お仕置きはするからね」

「それが精子をだすってことなんですね?」

「そう、男の人ってね、精子を出す時にものすごく気持ちよくなるんだって。それって知ってる?」

「いえ、知りません、そうなんですか?」

「そう、射精するときに快感があるから、男の子はエッチしたがるの。だからね、その感覚を悠真君に教えてあげる。ねぇ怖い?」

「少し怖いです。何かいけないことしてるみたいで」

「大丈夫よ。全然怖くないから、むしろ、悠真君にはプラスにしかならないから」

「プラスですか?」

「そう、気持ちよくなれて、精子も出せる。つまり、成長できるって意味よ。成長したいでしょ? 悠真君」

「はい、成長したいです」

「なら、私に任せてね、あなたを気持ちよくしてあげるから」

美沙は手コキのスピードを速めていく。

そして、自分の秘唇からじんわりと蜜がふき出したのを感じていた。

(やぁ。私、悠真君のおちん×ん弄って興奮してる。あそこが濡れちゃったわ)

「ンンッ、くぅ、み、美沙さん、ちん×ん変な感じです」

「変な感じって? 気持ちいいの?」

「はい、凄く気持ちいいです、こんなの初めてです」

「ウフ。なら、もっと気持ちよくしてあげるわね」

そう言った美沙は、手コキを止めて、子どものおちん×んをカプッと咥えこんだ。

「はぅ、み、美沙さん、な、何を?」

「おちん×んを舐めることをフェラチオっていうのよ。知ってる?」

もちろん、精情報に疎い悠真は、フェラチオなど知らない。

「いえ、わからないです」

「うぐぅ、ぬぐぅ、じゅる、じゅるん。女の人はね、好きな男の子のおちん×んを舐めたいって思うのよ?」

「み、美沙さん、僕が好きなんですか?」

「えぇ、そうよ。悠真君、とっても可愛いから好きよ。だからフェラして気持ちよくしてあげる」

悠真はゾクゾクした悦楽を覚えていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました