連載官能小説『とっても優しい僕の叔母さん』第4回

連載官能小説

連載官能小説『とっても優しい僕の叔母さん』第4回

(美沙さんが僕のちん×んを舐めてる。これが大人の女の人なんだ)

と、悠真は感動していた。

同時に、淡い快感が降り注いできて、彼を恍惚とさせる。

「んじゅる、じゅぼぼ、じゅるん。悠真君、気持ちいい? おちん×ん、どんな感じ?」

「はい、凄く気持ちいいです。ヌルヌルして、温かくて、こんなの初めてです」

「フフフ、フェラチオって、とっても気持ちいいのよ。よかったわね、悠真君」

「ありがとうございます。美沙さん」

口腔内のねっとりとした質感に包まれると、それだけで心地よくなってしまう。

こんな風にして、ペニスを舐めたり弄られたりするだけで、ここまで気持ちよくなれるのだ。

(大人はみんなこんなことしてるのなか?)

と、悠真は考えた。

美沙もきっと、自分ではない男性のペニスを舐めているのかもしれない。

(それって、なんか嫌だな、美沙さんは僕だけのモノであってほしいよ)

悠真は少しずつ美沙に惹かれつつあった。

最初は少し怖い人なのでは? と思っていたが、そんなことはなく、優しい人であるとわかった。

「あ、くぅ、み、美沙さん、ちん×んが変です」

「変? どうして?」

「わかりません。ただ、何かゾクゾクして、その、耐え切れません」

「きっとイキそうなのね。大丈夫よ。このまま続けていくと、おちん×ん気持ちよくなって、精子が出るの。男の人はみんなそうみたい。だから、安心してね」

とはいうものの、イクという経験がない悠真は、どこか恐怖を感じていた。

何かこう、元に戻れないような気がしたのである。

「ハァ、美沙さん、ちん×んが、ちん×んがぁ」

「じゅる、じゅじゅるん、じゅぱ。イキたくなったらイッてイイからね。お姉さんが受け止めてあげる」

「あぁぁ、ダメです、もう、何か爆発しそう」

とうとう、悠真は絶頂を迎える。

極上の快感がペニスを貫き、彼は驚いた。

「うあぁぁ、凄く、気持ちいい……、なんだこれ、美沙さんすごいです」

ただ、彼はイッたのであるが精子が出なかった。

精通がまだであるため、精子が作られていないのだ。

「あれ、精子出ないね」

と、美沙が告げる。

それを受け、悠真は答える。

「はい。出ないみたいです。すみません」

「きっと、まだ子どもだから精子が出ないのよ、大人になれば出るようになるから安心しなさい」

「はぅ、だといいんですけど」

「でも、精子が出ないのは便利ね、なら、妊娠の心配はないし」

「え? 妊娠ってどういう意味ですか?」

「ううん、何でもないの、こっちの話。悠真君、まだ気持ちよくなりたいでしょ?」

「えっと、その、気持ちよくなりたいです」

「なら、今度は舐め合いっこしましょ」

「舐め合いっこですか?」

「そう、私が悠真君のおちん×んを舐めて、悠真君が私のおま×こを舐めるの。できそう?」

「たぶんできると思います」

「ならお姉さんのおま×こ舐めて。お姉さんもね、気持ちよくなりたいの。悠真君ばっかり気持ちよかったらフェアじゃないでしょ」

「まぁそうですよね。なら、僕がおま×こ舐めます」

「ウフフ。ありがとう、お互いの性器を舐め合う行為をなんていうか知ってる?」

「いえ。知らないです。何て言うんですか?」

「シックスナインっていうの。勉強になったわね」

「しっくすないん。初めて聞きます」

「大人のカップルはみんなするのよ、悠真君も将来のために勉強した方がいいわよ」

「はい、勉強したいです」

「なら、しましょ。ここじゃできないからベッドに行きましょうか」

二人は脱衣所を出て、美沙の自室のベッドへ向かった。

美沙は、オフィスウェアを着用しており、それを脱ぎ始めた。

「悠真君、私もシャワー浴びてくるから待っていてね」

「はい、わかりました」

美沙はシャワーに消え、悠真は一人残された――。

 

 

(私、小学生を誘惑してる)

と、美沙は感じていた。

本来、こんなことはしてはならない。だけど止まらないのだ。

(悠真君だって悦んでいるし、将来のための勉強になるから、いいのよね)

と、自分に言い聞かせる。

シャワーを浴び、カラダをキレイにさせると、浴室を出てタオルで身体を拭く。

(悠真君、私の下着に興味があるのね。ふふ、可愛い、やっぱり男の子なのね)

美沙は、黒のレースが施されたセクシーな下着を着用した。

そして、悠真の待つ自室へ向かう。

「悠真君お待たせ。さぁ、始めましょ」

「はい、わかりました」

悠真は嬉々として告げる。

二人はベッドの上に向か合わせになって座り合った。

「ねぇ、悠真君、キスはしたことある?」

「な、ないです」

「そうよね。キスしてみたい?」

「はい、してみたいです」

「なら、お姉さんがキスを教えてあげる。お姉さんにキスしてみて」

「えっと、でもどうやって?」

「顔を近づけて、唇を押し当てればいいのよ」

「わかりました、やってみます」

悠真はスッと顔を近づけ、優しく口づけをかわす。

「んちゅ……、ちゅぱ」

初めてのキス。悠真は感動していた。

「これがキスなんですね。僕、嬉しいです」

「悠真君、キスが上手ね。私も嬉しいわ」

「あの、おま×こ舐めてもイイんですか?」

「えぇ、いいのよ、私も悠真君のおちん×んを舐めてあげるからね」

悠真が下になり、上に美沙が乗る。

乗るとってもそこまで体重をかけていないから、悠真が下でも問題はないだろう。

「悠真君、そしたら私のおま×こ舐めてぇ」

美沙の催促に、悠真は舌を伸ばし、ペロペロと舐め始めた。

「んちゅ、にちゅ、美沙さん、気持ちいいですか?」

「えぇ、とっても気持ちいいわ。ありがとう悠真君」

 

 

(美沙さんのおま×こ、とってもイイ匂いがする)

シャワーを浴びたばかりだから、石けんの香りと、女臭が融合し、高貴な匂いへと変わっていた。

サーモンピンクの陰唇は、ヌラヌラと滑っており、淫蜜が舌の上で踊る。

「んちゅ、にちゅ、くちゅん」

「はぁん、悠真くん、とっても上手よ。お姉さんもおま×こ気持ちいい」

「美沙さん、おま×こからエッチなお汁がいっぱい出てきてます」

「そうよ、女の人はね、興奮するとおま×こを濡らすの。だからもっと濡らしてぇ」

「んぐ、にちょ、くちゅちゅ、ちゅぱん」

膣口をスリスリと舐め回していき、興奮を高めていく。

そんな中、美沙は告げる。

「ねぇ、悠真君、ここを舐めてくれる?」

「え? どこですか??」

「クリトリスっているの、ここよ」

そう言い、美沙は自分の手で陰核を触れた。

小陰唇の上部に、包皮に包まれている一角がある。それを見た悠真は、指先で弄ってみた。

「んぐ……、あぁん、悠真君、そこは敏感だから、優しく弄ってぇ」

「す、すみません、加減がわからなくて」

「舌先でレロレロしてみて。そうすると、気持ちよくなれるから」

「はい、わかりました」

悠真は、必死になって陰核を舐め始める。

舐めるほどに、クリトリスは多くなり、包皮から飛び出してきた。

「んン、にちょん、くちゅきゅ、きゅつ、ンンッ」

「あぁん、悠真君、気持ちいい……、すごくイイわ」

「あぐぅ、僕も気持ちいいです。美沙さんの舌づかいがとにかく最高です」

美沙も舐められるだけでなく、フェラを続けている。

悠真は子どものため、イッても精子が出ない。だからこそ、美沙は刺激的に舐めていく。

「んちゅ、にちょん、くちゅ、きゅちゅ、くちゅちゅ、美沙さん、クリトリスが大きくなってきました」

「そうよ、クリもちん×んみたいに大きくなるの。だからもっと舐めてぇ」

「はい、わかりました」

悠真は執拗に陰核を責め続けて、刺激を加えていく。

(美沙さんのおま×こがヒクヒクとしてる。気持ちいいのかな?)

美沙自身、アクメを覚え、ガクガクとカラダを震わせていく。

同時に、悠真も心地いい快感を覚え始めた。

「悠真君、気持ちいいわ。私もイッちゃいそうよ」

「イッてください。僕、美沙さんがイクところを見たい」

そう言い。悠真は最後に仕上げにかかるのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました