連載官能小説『とっても優しい僕の叔母さん』第5回

連載官能小説

連載官能小説『とっても優しい僕の叔母さん』第5回

悠真はペロペロと犬のように舌を動かし、美沙の淫裂をなめ回していく。

美沙自身も、耐えがたくなっており、ビクビクッと身体を蠢かせていくのであった。

「ぁん、んんぁ、悠真君、ダメ。お姉さんイク!」

「んちゅ、ベロベロ、ちゅぱん、美沙さん、イッてください」

次の瞬間、美沙が果てた。

ゾクゾクとする悦楽が降り注ぎ、美沙は恍惚とした表情を浮かべる。

「んぐぁ、ン、ンンン。悠真君、凄く気持ちよかったわ。でも、そのまま舐めていて、私も悠真君をもう一度イカせてあげるから」

「僕もまた、イクんですか?」

「そうよ。気持ちよくなりたいでしょ?」

「はい、なりたいです」

悠真は先程、初めて昇天を迎えた。

射精はしなかったが、止めどない心地よさが襲い、彼を満足させたのである。

「ンンッ、んちゅ、ちゅぱ、しゅぼしゅぼ」

美沙は、ペニスを舐め始める。

対する悠真は引き続き、美沙の秘部を舐めていくが、自分のペニスも気持ちよくなっていった。

「あぐぅ、み、美沙さん、ちん×んが気持ちいいです、うぅ、堪らないです」

ピンと屹立するペニスは、ビクビクと震え始めている。

それを見た美沙は、怒張を弄ぶようになめ回していく。

「んじゅる、じゅぼん、じゅるる、じゅるん、悠真君、どう? イキそう?」

「はぐぅ、はい、イキそうです。また、弾けそうです、ンンッ、堪らない」

「我慢しないでイッていいのよ。私がイカせてあげる。たっぷり気持ちよくなりなさい」

「ふぅ、はぁ、ダメだ……、美沙さん、僕もイキます。イキたいです」

「イッて、イキなさい、悠真君」

とうとう、悠真のペニスも限界を迎えた。

再び、圧倒的なオルガスムスが降り注ぎ、悠真はカラダを震わせていく。

 

 

(ン。やっぱりそうだ。悠真君、イッたのに、精子が出ない。やっぱり、まだ子どもだから精子が作られていないのね)

と、美沙は感じていた。

ふと隣を見ると、悠真が顔を上気させて寝転がっている。

「悠真君、どうだった? 気持ちよかったかしら?」

「はい。凄く。こんな体験、ホントに初めてですよ」

「そう。悠真君はまだ精子が出ないのね」

「そうみたいです。なんでなんでしょうか?」

「きっと、もう少し大きくなれば精子が出るようになるわ」

「だといいのですけど」

「大丈夫よ、心配しないで」

美沙は、悠真の隣にいき、横になると、悠真を抱きしめた。

(悠真君、ホントに可愛い)

とてつもなく、悠真が愛おしくなる。

キュッと抱きしめると、悠真は「むぎゅ」と小さく唸った。

「悠真君、一つ提案なんだけどイイかしら?」

「提案? ですか??」

「そう、悠真君、私とセックスしてみない? っていうよりも、セックスって知ってるでしょ?」

「セックスって……、その、大人がするエッチな行為ですよね? 何となくですけど知っています」

「大きくなったおちん×んを、トロトロになったおま×こに挿れて、ズボズボするの。それだけで、凄く気持ちよくなれるのよ」

「そんなに気持ちいいんですか? さっきのフェラチオよりもですか?」

「えぇ、フェラチオよりも気持ちいいの。男の人はね、みんなセックスが大好きなのよ」

「そうなんですか、それは知りませんでした」

「何事も勉強だし、私とセックスしなさい。お姉さんの命令よ」

「で、でも、そういうのって好きな人同士するものじゃないんですか?」

「そうね。普通は好きな人同士でするわね。でも、私は悠真君が好きよ、悠真君は私が嫌いなのかしら?」

「いえ、嫌いじゃないです。好きです」

「なら、セックスしても問題ないわね。早速始めましょう」

美沙はそう言うと、ゆっくりと起き上がった。

そして、悠真の上に跨っていく。

「悠真君はセックスが初めてだから、私がリードしてあげるね。これね、騎乗位っていうの」

「きじょうい?」

「そう。女の人が上になる体位よ。とっても気持ちいいんだから」

「騎乗位、してみたいです。お願いします」

「ウフ、慌てないで、時間はたっぷりあるのだから、ゆっくり楽しみましょう」

美沙はそう告げ、静かに腰を落としていった。

相変わらず、悠真のペニスはピンと立っている。

(子どもおちん×んでも、やっぱりそれなりの大きさはあるのよね。これなら問題なく入るわ)

ヌメヌメとした膣口にペニスが当たっていく。

美沙は、怒張を膣内に導き、そのまま挿入していった。

「うぅぅ……、悠真君のおちん×んが入ってきたぁ。どう? 悠真君、おま×この中って気持ちいいでしょ?」

そう問われ、悠真は思わず声を上げた。

「うん、す、凄い! 凄いですよ。美沙さん、ちん×んが気持ちよくて、声が出ちゃいます」

「フフ、悠真君は可愛いわね。いい? もっと気持ちよくしてあげるからね」

美沙は、静かに腰を動かしていき、ペニスを上下運動させていく。

にちゃにちゃと、淫猥な音がこだまし、室内に染み渡っていくのであった。

「悠真君、お姉さんも気持ちいいわぁ、ねぇ、私が腰を動かすから、下からおちん×んを突き上げられる? 難しいかもしれないけどやってみて」

「下から突き上げればいいんですね? わかりました、やってみます」

美沙は一定のリズムで腰を動かし始めた。

それに合わせ、悠真もペニスを突き上げていく。

「はぁん、そ、そう、そんな感じよ、悠真君、凄く上手、お姉さんも気持ちいいのぉ」

「僕も気持ちいいです、大人ってこんな気持ちいいことをしていたんですね、何かズルいです」

「悠真君もこれで大人の仲間入りよ。よかったわね」

美沙は、姿勢を前傾にさせ、悠真に覆い被さるような姿勢を取った。

そして、ブルンブルンと震えるバストを悠真に押しつける。

「美沙さんのおっぱいが当たっています」

「そうよ。おっぱい舐めてもイイのよ。赤ちゃんみたいにチュチューしなさい」

「はい。舐めます。美沙さんのおっぱい舐めたいです」

悠真は目の前に広がる美沙の乳房を揉み始めた。

そして、姿勢をやや起こし、カプッと咥えこみ、チューチューと吸い始める。

「きゃぁ、気持ちいい、悠真君が私のおっぱいを触ってる。とってもいやらしいわ」

「美沙さんのおっぱい、とても美味しいんです。堪りません」

「もっと舐めて。たくさんペロペロしていいからぁ」

「ちゅちゅ、ちゅぱん、にちょん、ちゅっちゅっ、ちゅちゅん」

悠真は必死になって乳房を舐めていき、美沙を刺激していく。

美沙自身、悠真におっぱいを舐められていくと、心地よくなっていくのであった。

「はぐぅ……、悠真君、おっぱいだけじゃなく、キスもできる?」

「んちゅ、キスですか? できます、したいです」

悠真がそう言うと、美沙はさらに姿勢を押し倒し、彼を抱きしめた。

「むぎゅう、美沙さん、少し苦しいです」

「あ、ゴメンナサイ。悠真君があまりに可愛くて、早くキスして、私ね、キスされながら、おちん×んをズボズボされるの好きなの」

「わかりました。キスしますから」

悠真は美沙の顔を近づけ、そっと口づけをかわしていくのであった――。

「んちゅ、ちゅぱ」

キスしながら、悠真は、ピストン運動を続けていく。

美沙は貪るようにキスをしていき、さらに、舌を悠真の口腔にねじ込んでいく。

 

 

(ン、美沙さんの舌が僕の口の中に。何か大人な感じがする)

「んじゅ、じゅる、んちゅちゅ、くちゅん」

二人はお互いの唾液を啜り合い。濃厚なキスを堪能していく。

(うわ、美沙さんの唾液って、ほのかに甘くて美味しいや、癖になりそう)

と、悠真は感じていた。

すると、美沙は口を離し、腰を素早く動かし始めた。

「うぉ、み、美沙さん、それ凄く気持ちいいです」

「そうでしょ? 私も気持ちいいの。おま×ことおち×ぽが擦れて、最高よ」

「美沙さん、僕ももっと気持ちよくなりたいです」

「なら、ちょっと体位を変えてみる?」

「え? 体位を変えるんですか?」

「そう。例えばベーシックな正常位とか」

「せいじょうい?」

といっても、悠真にはちんぷんかんぷんである。

美沙は「クスっ」と笑みを浮かべると、一旦ペニスを引き抜いた。

「いい、正常位は女の人が仰向けに寝て、男の人がおち×ぽ挿れる体位よ。とにかくやってみましょう」

「わかりました」

美沙は、あお向けになり、脚を左右に広げる。

すると、くぱぁと淫裂が顔を出し、ヌラヌラと光っているのがわかった。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました