連載官能小説『とっても優しい僕の叔母さん』第7回

連載官能小説

連載官能小説『とっても優しい僕の叔母さん』第7回

(僕、セックスしちゃったんだ。これって大人になったって意味なのかな?)

と、悠真は一人、布団の上で横になりながら考えていた。

美沙の家に居候するようになり、一気に世界が変わったのである。

(美沙さんとセックスするの、凄く気持ちいい。またしたいな)

だが、悠真は自分からは求めなかった。

何かこう、もしかすると嫌われてしまうのでは? という思いが強いのである。

(確か、美沙さんは僕が好きだって言ってたよな。あれってホントなのかな?)

そう、美沙は悠真が好きであると言ったのだ。

そして、その時自分は、

(僕も好きだって言ったんだ。つまり、僕たちは好き合っているってことだよね?)

そう考えると嬉しくなる。

悠真自身、人を好きになったり、好きなられたりした経験がない。

(人を好きになるのって、素晴らしいんだなぁ)

悠真は感動しながら、眠りに就いた。

翌日。

「悠真君。ちょっと話があるの」

朝食中、美沙がそんな風に言ってきた。

悠真は眉間をピクッとさせると、

「何かあるんですか?」

と、尋ねた。

「あのね。今日ちょっと遅くなりそうなの。仕事の関係で」

「そうなんですか。わかりました」

「だから、お金を置いていくから、それで好きなものを食べてね」

「何時ごろになりそうなんですか?」

「う~ん、多分夜の十時くらいになると思う。ゴメンね」

「いえ、お仕事大変ですね」

「ありがとう。ちゃんとお留守番できたら、ご褒美あげるからね」

「え? ご、ご褒美?」

「そう。楽しみにしていてね」

美沙からのご褒美というと、どうしてエッチなことが頭をよぎる。

悠真は顔を赤らめて、朝食を食べ続けた。

(今日は美沙さんがいないのか)

学校を終え、美沙の家の着くと、荷物を置いて悠真はゴロリと横になった。

(何か買いに行かないと、だけど、面倒だな)

それでもカラダを動かし、起き上がると、駅前のスーパーに向かった。

夜六時過ぎ――。

(夕方のスーパーって混んでいるんだな。何を買おう)

とりあえずお弁当を買って、美沙の家に戻った。

夜十時前――。

(あ、雨が降ってきた。美沙さん傘持っていたのかな?)

心配になった悠真は、散歩がてら、駅前に迎えに行くことにした。

小学生がこんな時間に歩いていると問題がありそうだが、美沙が傘を持っていないと大変だと思ったのである。

(ラインで一応連絡しておこう。そうすれば美沙さんも気づくはずだよ)

ラインで連絡を取ると、美沙からすぐに返信が来た。

『夜遅いけど大丈夫?』

『はい。僕は大丈夫です。美沙さん傘持っていないですよね』

『うん。そうなの。でも危ないし』

『気にしないでください。ここから駅は近いですから』

『わかったわ。じゃあ気をつけて迎えに来てね』

『はい!』

そう言い、悠真は美沙を迎えに行った。

 

 

「姉ちゃん、ちょっと付き合いなよ」

美沙が駅で悠真を待っていると、ナンパにあってしまった。

こういう経験はまずまずある。とりあえず無視しておく。しかし相手は強引だった。

「おい、聞いてんのか、姉ちゃん」

大分酒が入っているようである。

美沙がキッとにらみつけると、男は全くひるんだ様子をみせず、

「そんな怖い顔すんなよな。ちょっと、付き合ってほしいって言ってるだけだろ」

「結構です」

「いいお店があるんだよ。そこに行って一緒に飲まない?」

「だから結構です」

美沙は頑なに断った。

しかし、男は強引に美沙の腕を掴むと、何とキスをしようとしたのである。

「ちょ、ちょっと止めてください」

「いうことを聞かないからこうなるんだ」

男の力は強く、美沙は抵抗するが、抗いきれない」

(何なの、この人、変態じゃないの)

美沙は大声を出そうとした。

すると、その時だった。突如、男が「ぎゃー」と大声を上げて美沙から離れたのである。

「美沙さんにくっつくな! 変態!!」

その声は悠真であった。

悠真が男のすねを蹴り上げたのである。

「ぐぐ、痛ってぇなぁ、このクソガキ! 何しやがるんだ」

「美沙さんから離れろって言ったんだ」

「美沙ぁ。あぁこの女の名前か。この女の子ども……、いいや違うか、弟か、まぁいい、お前にはちょっと躾が必要だな」

そう言うと、男は悠真に暴力をふるおうとした。

サッと悠真は身構える。しかし、どうしても体格差がある。

「悠真君! こっち」

咄嗟に美沙がカバンで男を殴りつけた。

そして、悠真の手を取り、一目散に駆け出していった。

「あ、待て! クソ野郎!!」

男は叫ぶが、酔っているので上手く走れない。結局追いかけてくるのを止めたようである。

雨が降る夜道で、美沙は悠真を抱きしめた。

「悠真君、大丈夫だった?」

「僕は大丈夫です。美沙さんこそ、大丈夫でした?」

「私も大丈夫。でもこんな危険なことしちゃダメよ」

「だって、あいつ嫌がる美沙さんにひどいことしようとしてたし」

「だからっていっても」

「美沙さんを助けたかったんです。だから、カラダが勝手に動いていました」

「悠真君、ありがとう、嬉しかったわ。さぁ雨もひどいし帰りましょう」

結局、二人はずぶ濡れになって帰宅した。

「悠真君、風邪ひくといけないから、お風呂入りなさい」

「でも美沙さんも濡れてますよ」

「なら、一緒に入りましょうか?」

「え? 一緒に??」

「そう。嫌なの?」

「嫌じゃないです。一緒に入りたいです」

「そしたら一緒に入るわよ」

二人は一緒に浴室に入り、熱いシャワーを浴びた。

美沙は悠真のカラダを洗ってあげる。

「み、美沙さんくすぐったいです」

そう言う悠真であったが、美沙の裸体を見てペニスが反応してしまった。

(あぁ、美沙さん凄くキレイなカラダをしてる)

豊満なバスト、キュッと締まったウエスト、プルンとしたヒップ。

全てが完璧であるように思えた。

「あら、悠真君、おち×ぽが元気になっちゃったわね」

「はい。すみません」

「謝らなくていいのよ、どうしてほしい? シコシコしてほしい? それとも舐め舐めしてほしい?」

「どちらもしてほしいです。ダメですか?」

「ウフ、悠真君は欲張りね。わかったわ、両方してあげるわ」

そう言うと、美沙は悠真のペニスをしごき始めた。

「うぅ、くぅ。ぁああ、美沙さん気持ちいいです」

ボディソープをたっぷりとつけて、それを潤滑油代わりにして、美沙はシコシコとペニスをしごいていくのであった。

「悠真君のおちん×ん、ホントに元気ね。こんなに大きくなって。ホント苦しそう」

「はい、苦しいです、でも、美沙さんを想うと堪らなくなります」

美沙は嬉しかった。

悠真が酔っぱらいから救ってくれた時、ホントに白馬の王子様のように見えたのである。

(もう、恋する年齢じゃないのにね)

美沙はいきり立った怒張を弄りくり回し、刺激を生み出していく。

すると、悠真のペニスがビクビクと震え始めた。

「み、美沙さん、ちん×んが気持ちです」

「もしかしてイキそう?」

「はい、でも、もう少し我慢できそうです」

「もう少し我慢してね、フェラだってしてあげたいし」

「ありがとうございます。僕、一生懸命我慢します」

悠真は下半身にグッと力を入れて、必死になって耐え始めた。

射精感は確かに鋭いが、何とか我慢できるレベルである。

「悠真君、私も興奮してきちゃった。おち×ぽシコシコしながら、おま×こ弄ってもイイかしら?」

「はい、美沙さんも気持ちよくなってください。それに、美沙さんのおま×こみたいです」

「ウフフ。悠真君はエッチなのね。わかったわ、私のおま×こ見てねぇ」

美沙はペニスをしごきながら、しゃがみ込み、脚を開くと、陰部を開帳していった。

煌びやかに濡れる膣口は、わずかにヒクヒクとふるえている。

(私、悠真君のおちん×んを舐めながら、おま×こ弄ってる。凄く気持ちいい……、変態みたいだけど、ゾクゾクしちゃうのよね)

対する悠真も心地い刺激を受け、うっとりとした顔を浮かべた。

「悠真君、そろそろフェラして欲しくなったんじゃない?」

と、美沙が蠱惑的な表情を浮かべて尋ねてくる。

悠真はコクコクと首を上下に動かし、

「はい、してほしいです、フェラ気持ちいいから」

「そうよね、気持ちよくなりたいわよね、ならしてあげるわ。たっぷり気持ちよくなってね」

美沙は手コキを止めて、一旦シャワーでペニスを洗い流すと、キレイなった怒張をカプッと咥えこんだ。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました