連載官能小説『とっても優しい僕の叔母さん』第8回

連載官能小説

連載官能小説『とっても優しい僕の叔母さん』第8回

(うぉ、やっぱり美沙さんのフェラチオ気持ちいい)

ゾクゾクッと背筋を震わせる悠真。

何度体感しても、フェラチオの快感は素晴らしい。

「んじゅ、じゅぼぼ。じゅるん」

激しい淫音を鳴り響かせながら、美沙はフェラチオを続けていく。

悠真は必死になって射精感に堪え、気持ちよさを味わっていくのであった。

「あぁ、美沙さん、凄く気持ちいいです」

「じゅん、じゅるん、そうでしょ。悠真君のおちん×ん、ヒクヒクしてきたわね」

「それだけ気持ちいいんです。蕩けそうですよ」

「私もおま×こが気持ちいいの。悠真君のおちん×んを舐めながら、自分であそこを弄ると、何だかいけないことをしているみたいで、とっても気分がよくなるわ」

「美沙さんのおま×こ、凄く濡れてるみたいです」

ふと、陰部に視線を注ぐと、そこはヌラヌラと光っているように見えた。

「そうよ、おま×こが濡れてるの。それだけ興奮してるのよ」

「美沙さんのおま×こに、この間、僕のちん×んが入ったんですよね?」

「えぇ、そうね、ここを使ってシコシコしたから。またしたい?」

「はい。したいです。セックスって凄く気持ちいいんです」

「フフ、悠真君は正直ね。なら、今日も二人でセックスしましょう。そして、気持ちよくなるの」

「うわぁ、僕、嬉しいです。早くセックスしたい」

「慌てちゃダメ、今は私にフェラをさせて。ちゃんと終わったらおちん×んをおま×こに挿れてズボズボしていいから」

美沙はそう言うと、フェラの動きを速めていくのであった。

「んぐ、んぐ、うわぁ。美沙さんの舌づかい、凄くいやらしいです」

「悠真君のせいで、こんなにいやらしい女になってしまったわ。フフフ、でも、嬉しいの、悠真君とエッチなことができて? 悠真君は嬉しい?」

「嬉しいです。僕も」

「ホントに? だって、悠真君から見たら、私なんてもうオバサンでしょ?」

「そんなことないです。美沙さんは凄くキレイだし、オバサンじゃないですよ」

「ウフ。そう言ってくれると、私も嬉しいわ。ありがとう。悠真君、もっと気持ちよくしてあげるからね」

美沙は、悠真のペニスを激しく吸引し始めた。

「ちゅーちゅー、しゅぼぼ、しゅぼん、じゅぼぼ」

「うぐぅ、美沙さん吸い付きが激しすぎます」

「んじゅる、これってバキュームフェラっていうのよ。吸い込まれると気持ちいい?」

「はい、気持ちいいです。独特の感覚がします」

「じゅる、じゅるん、じゅるる、チュッパ、チュパパ」

立ち昇る快感を前、悠真は、ガクガクとカラダを震わせた。

そして、必死になって射精感に堪えていく。

「あぁ、悠真君のおちん×ん、ホントに最高……、まだ、子どものサイズなのに、ピンと立って、可愛いわぁ。もっとイタズラしたくなっちゃうの」

「ふぅ……、美沙さん、あぁ、僕、美沙さんと一緒にいると、堪らなくなってしまいます」

「悠真君は私が好き? 好きでいてくれる?」

「はい。好きです。優しいし、美人さんだし」

「悠真君、今日ね、私を酔っ払いから助けてくれて、ホントに嬉しかったの。悠真君は紳士なのね」

「紳士ですか?」

「そう。素敵な男性になれるわよ」

今日、悠真は美沙を酔っ払いから救った。

美沙がキスされそうになっているのを目撃した時、自然とカラダが動いてしまったのである。

(美沙さん、悦んでくれてるんだ。よかったぁ)

美沙を助けてよかった。悠真はそんな風に思い始める。

「悠真君、フェラと同時に、タマタマを弄られると気持ちよくなるみたいよ」

「え? タマタマですか?」

「そう、睾丸のこと、知ってるでしょ?」

「はい、金タマのことですよね?」

「そう。タマタマ弄ってあげる」

美沙は、フェラをしながら、優しく手指を使って、睾丸をマッサージし始めた。

繊細な手つきでタマタマを弄られると、鋭い快感が襲ってくるのがわかった。

「はぅ、美沙さん、気持ちいいです、凄い刺激ですよ」

かつてないほどの快感が降り注いでくる。

悠真は下半身にキュッと力を入れて、必死になって耐え始めた。

「おちん×んのふるえが激しくなったわ。悠真君、イキそうになったらイッてもいいからね」

「はい、わかりました」

悠真は、射精感を抑えきれそうになかった。

しとどに、快感の塊が降ってきて、悠真を恍惚とさせていく。

「ハァハァ、み、美沙さん、僕、もうダメです、ちん×んが気持ちよくて、イッてしまいそうです」

「イッてイイのよ。好きな時にイッてぇ」

「はぐぅ、うぐうぅ。あぁ、イク、イキそうだ!」

悠真のカラダをオルガスムスが包み込む。

形容しがたい快感がペニスに広がり、欲望が弾ける。

「あぁ、イク、イキます!!」

とうとう、悠真は果てた。

精子は出なかったが、鋭い快感を覚え、悠真は浴室内にしゃがみ込む。

(あぁ、凄く気持ちよかった。美沙さんのフェラ最高だよ)

悠真は心地いい感覚を味わいながら、美沙を見つめる。

「悠真君、イッてしまったのね?」

「はい、その、気持ちよすぎて」

「いいのよ、私も嬉しかった。悠真君が気持ちよくなってくれて。そうだ、悠真君、私のおま×こ舐めてほしんだけど、いいかしら?」

「えっと、クンニでしたっけ?」

「そうよ、よく覚えていたわね。クンニしてほしいの。私がバスタブの淵に座るから、悠真君はワンちゃんみたいにペロペロ舐めて」

「わかりました。舐めます。舐めさせてください」

イッたばかりのペニスが、再び反応していく。

美沙は、バスタブの淵に座り込むと、脚を広げて悠真を誘惑していくのであった。

(美沙さんのおま×こ、トロトロになってる)

感動しながら、悠真は美沙の秘唇を見つめるのであった。

 

 

(あぁん、私、脚を開いて、悠真君を誘惑してる、まだ小学生なのに、だけど、興奮しちゃうのよね)

美沙は自ら脚を広げ、ヌルヌル光る膣口を指で弄り始めた。

対する悠真は、顔を近づけて、美沙の淫裂を舐めようとしている。

「美沙さん、ではクンニします」

「えぇ、お願い」

美沙は手届けて、悠真に舐めるように促す。

悠真は美沙の陰部に舌先を当てた。

「んぁ、温かい。悠真君、もっと舐めてぇ」

「んちゅ、ちゅぴちゅぷぷ、美沙さんエッチなお汁がたくさん出てます。それに凄くイイ匂いがします」

「おま×この匂い嗅いじゃだめぇ、恥ずかしでしょ」

膣口に顔を近づけると、リコッタチーズのような馨しい匂いがするのがわかった。

同時に、この匂いを嗅いでいくと、興奮してしまう自分がいるのである。

「美沙さんのおま×こ美味しい、たくさん舐めたいです」

「たくさん舐めていいのよ、そして、私を気持ちよくしてぇ」

「んちゅ、ちゅちゅん、ちゅるん、ちゅぱぱ、美沙さん、どんどんエッチなお汁が出てきます」

「だってェ、悠真君がいやらしく舐めるから、お姉さん、おかしくなっちゃいそう」

「おかしくなってください。僕、美沙さんの色んな顔が見たいです」

「ふぅ。悠真君、舌でクリトリス弄られる?」

「えっと、クリトリスってココですよね?」

と、悠真は陰核を指で弾いた。

すると、美沙のカラダがビクッと跳ねる。

「うん、そこ、そこを弄ってほしいの、そうすると、もっと気持ちよくなれるから」

「わかりました、クリトリスも一緒に弄りますね」

悠真は指で陰核の包皮を剥くと、白く震えている雌芯を露出させ、そこを舌で転がし始めた。

「んぐ、ぁああぁん、悠真君、上手、凄く上手よ。とにかく気持ちいい、クリを弄られながら、おま×こ舐められると、ダブルで気持ちよくなってしまうの」

「はふぅ、んちゅ、にちゅん、ちゅちゅっぱ、チュチュッ」

陰核を弄っていくと、さらに淫蜜がドプっとふき出してくるのがわかった。

また、クリトリスはほんのりと充血し、淡いピンク色に変化している。

(悠真君、凄く上手になってる。凄いわ、凄いの、悠真君)

溢れ出る快感を抑えきれず、美沙は悦楽に溺れていくのであった。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました