連載官能小説『とっても優しい僕の叔母さん』第9回

連載官能小説

連載官能小説『とっても優しい僕の叔母さん』第9回

「悠真君、いい感じ、凄く上手よ」

「んちゅ、はい、ありがとうございます。ちゅぷ、ちゅぷぷ」

悠真も必死になってクンニリングスを続けていく。

同時に陰核を弄っていくと、どんどんと愛蜜があふれ出してくるのである。

(やだぁ、エッチなお汁が止まらない。何だか、本当に変態になった気分ね。こんな子どもを誘惑して、気持ちよくなってるんだから)

美沙は、そんな風な負の負い目を感じていたが、この快感には抗えない。

立ち昇るアクメを覚えつつ、美沙は悠真の頭をなでた。

「悠真君、ホントにイイ子ね。お姉さん嬉しいわ」

「んじゅ、じゅるん、イイ子、ですか?」

「そうよ。だって、こんなお姉さんのおま×こを舐めて気持ちよくしてくれるんですもの」

「僕、美沙さんを気持ちよくさせたいんです。僕を気持ちよくしてくれたから」

「フフ、ありがとう、もう少しでイケそうだから、あとちょっと頑張ってね」

「はい。任せてください、んちゅぱ」

悠真は陰核を刺激しつつ、さらに陰部を指で擦り始める。

すると、美沙のカラダが過敏に反応し、ヒクヒクと蠢ていく。

(あぁ、ホントに気持ちいい。癖になってしまいそう)

「美沙さん、おま×こがヒクヒクしてきましたよ、イキそうですか?」

「はぁん、そうよ、もうイキそうなの。悠真君、イッてもいい?」

「はい、イッてください。美沙さんにイクところが見たいです。お願いします」

アクメの感覚が徐々に狭まっていく。

苦しいほどの悦楽が降り注ぎ、美沙を包み込んでいくのであった。

「ぁ、ぁぁああん、悠真君、私、もうダメ! イキそう」

「んじゅ、じゅっ、じゅるん、ちゅぱぱ」

悠真は最後に仕上げに、陰核を甘噛みしてみた。

すると、とうとう美沙が果てたのである。

「きゃー、イク! イッちゃう!」

美沙はカラダをガクガクと震わせ、オルガスムスを覚えていく。

長くねっとりとした、快感の波が、美沙を襲い始める。

「美沙さん、おま×こから何か出てきました」

ドププと、美沙の陰部から子宮頸管粘液があふれ出し、それがツツツと垂れていく。

「ハァハァ、わかんない、気持ちよくて、エッチなお汁がたくさん出ちゃったみたい。大丈夫、悠真君?」

「僕は大丈夫です。美沙さん、気持ちよかったですか?」

「えぇ。凄くよかったわ、ありがとう、悠真君」

「そう言ってもらえると、僕も嬉しいです。美沙さん可愛いです」

遥か年下の男の子に可愛いと言われて、美沙はポッと顔を赤らめた。

何かこう嬉しさと同時に、恥ずかしさがこみ上げていたのである。

「悠真君、大人をからかっちゃダメよ」

「え? からかう、どうしてですか?」

「だって、可愛いなんて、そんなこと」

「でも、本当に可愛いと思ったんです。言わないほうがよかったですか」

「ううん、そんなことないけど」

美沙は恥ずかしくて、あえてそのように告げた。

悠真はキョトンとしていたが、美沙に抱きついてくる。

「美沙さん、僕、美沙さんとセックスしたいです」

「そうね、いいわよ、今日はエッチしましょう。悠真君を気持ちよくしてあげるわ」

「ありがとうございます。僕、凄く嬉しいです」

二人は一緒にお風呂に入ると、そのまま美沙の部屋に移り、ベッドの上に寝転んだ。

「悠真君、キスしましょうか?」

「はい、キスしたいです」

まず動いたのは美沙であった。

彼女は、悠真の顔に自らの顔を近づけると、そのまま唇を奪った。

「んちゅ、っちゅ」

甘く切ないキスが展開される。

「悠真君、今日はもっと大人のキスをしましょう」

「大人のキス、ですか??」

「そう、こんな感じ」

そう言い、美沙は舌を絡めてきた。

ねっとりとした舌の熱を感じながら、二人はお互いの唾液を啜り合う。

 

 

(うわぁ、美沙さんの舌が僕の口の中に、凄く気持ちいい)

と、悠真は感じでいた。

そして、美沙は悠真の纏っているタオルをはがしていく。

「悠真君、おちん×んこんなに大きくなって。さっきあんなにイッたのに、もう元気を取り戻したのね」

「はい、美沙さんが素敵だから、ちん×んが立っちゃうんです。早く、おま×この中に挿れたいです」

「フフフ、わかったわ、挿れてあげるから、ちょっと待ってね」

美沙はそう言うと、自分のカラダに巻き付けていたタオルを取った。

そして、ゴロリと仰向けになると、脚を広げて秘部を開帳していく。

(美沙さんのおま×こ、やっぱり濡れてる。凄くキレイだ)

「悠真君、まずは正常位でしましょう。もう慣れたから挿れられるでしょ?」

「はい、大丈夫です。ゆっくりとやればいいんですよね?」

「そう、あんまり飛ばしすぎちゃうと、すぐにイッてしまうしね、それに自分ヨガリなセックスは女の子に嫌われちゃうわよ」

「わかりました。美沙さんを気持ちよくできるように頑張ります」

「フフ、ありがとう、じゃあ、やりましょう。お互いに気持ちよくなるの、イイわね??」

「はい、わかりました」

悠真は、ピンと立ったペニスを美沙の淫裂の押し当て、そのままゆっくりと貫いていく。

ずぶずぶずぶ。

(あぁ、ちん×んが美沙さんのおま×この中に、やっぱり、気持ちいい、セックスって最高だよ)

「悠真君のおちん×んが入ってきたわ。少しずつ動かしてみて」

「はぐぅ、美沙さんのおま×この中、トロトロしていて気持ちいいです。ねっとりとして、温かくて、絡みついてくる感じなんです」

「悠真君のおち×ぽがおま×こを擦って、気持ちいいの、だからね、私も自然とおま×こが締まっちゃうのよ」

キュキュっと淫裂を締め上げると、ペニスがぴったりと包まれていく。

「美沙さん、もう少し速く動いてもいいですか?」

「えぇ、でも大丈夫? 無理してない?」

「大丈夫だと思います。ズボズボ動かしますね」

悠真は一定のリズムで抽送を続けていく。

肉ヒダをペニスが擦り上げていくと、しとどに快感が襲ってくるのであった。

(うぐぅ、美沙さんのおま×こ、ホントに気持ちいいぃ。セックスってどうしてこんなに気持ちいいんだろう)

悠真は少しずつピストンの動きを速めていった。

ずんずんと肉竿を膣内に突き刺していくと、美沙の口元から甘い声が漏れる。

「んぁ、っんん、んんん、悠真君、気持ちいい、イイ感じよ。お姉さんをこんな風にするなんて、ホントにエッチな小学生なんだから」

「ふぅ、美沙さん、僕、美沙さんと繋がっていると嬉しいです。それにちん×んが気持ちよくて、癖になっちゃいそうです」

「悠真君、おっぱいも弄って、できる?」

「ちん×んをズボズボしながら、胸を弄ればいいんですね? 大丈夫です。できると思います」

悠真は手を伸ばし、美沙の乳房を揉み始めた。

たわわに実った美沙のおっぱいが、悠真の手指の中でつぶれていく。

(うぉ、美沙さんのおっぱい、すごく柔らかい、マシュマロみたいだ)

「はぁん、悠真君、私、胸を弄られながら、おち×ぽ突かれるの好きなの。だから、その調子でやり続けてぇ、そうすると、もっと気持ちよくなれるからぁ」

「はい! 美沙さん、おっぱいを弄ると、おま×こがキュッと締まります、ちん×んが締め付けられて気持ちいいです」

「はぁん、んんぁ、自然とおま×こ締まっちゃうのぉ、悠真君、たくさんおち×ぽ突いてぇ」

「ハァツ、ぐぅ、ハァハァ、美沙さん、おま×こどんどんヌルヌルになってきます」

「それだけ興奮してるのよ。悠真君、ホントに気持ちいい……、お姉さんをたくさん興奮させてぇ」

悠真は姿勢を前傾にさせると、胸にカプっと食らいつき、ちゅぱちゅぱと、吸い始めた。

「きゃぁ、悠真君、赤ちゃんみたい、おっぱい舐め舐めしてぇ」

「美沙さんのおっぱい、すごく美味しいんです。だから、もっと舐めさせてください」

悠真は懸命に乳房を舐め回していき、美沙を気持ちよくしていくのであった。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました