官能小説レビュー 第77回『家の彼女~癒し系の幼馴染が「おかえり」と迎えてくれる同棲ライフ~』

官能小説レビュー

官能小説レビュー 第77回『家の彼女~癒し系の幼馴染が「おかえり」と迎えてくれる同棲ライフ~』

引用元:https://ebook-assets.dmm.co.jp/

官能小説のヒロインは、幼馴染になるケースが多いです。

今回は、癒し系の幼馴染が登場する作品をご紹介。

 

それは――。

 

『家の彼女~癒し系の幼馴染が「おかえり」と迎えてくれる同棲ライフ~』

 

という作品です。

 

作者は、望月JETさん。

コチラは、ぷちぱら文庫より2020年の3月に発売されました。

 

実を言うと、以前紹介した『家の彼女~美少女二人が「おかえり」と迎えてくれる同棲ライフ~』の続編になります。

 

『家の彼女~美少女二人が「おかえり」と迎えてくれる同棲ライフ~』の記事はコチラから

 

本記事では、『家の彼女~癒し系の幼馴染が「おかえり」と迎えてくれる同棲ライフ~』の詳しい構成や見どころなどを解説していきます。

 

それでは早速見ていきましょう。

 

コチラの小説はここで購入できます↓
家の彼女 〜癒やし系幼馴染みが「おかえり」と迎えてくれる同棲ライフ〜【電子書籍限定特別増量版】

 

□登場人物とストーリー

 

本作品は全4章の構成になっています。

ここにプロローグとエピローグが付いてくるのです。

それを踏まえ、登場人物と各章のストーリーを紹介します。

 

【登場人物】

  • 橘木啓輔(たちばなきけいすけ)……主人公の社会人
  • 纏絢萌(まといあやめ)……啓輔の幼馴染

 

【ストーリー】

第1章

橘木啓輔は、社会人であり一人で暮らしています。

彼は、幼馴染である纏絢萌に憧れを持っています。

 

そんな中、絢萌の両親が海外に行くことになり、その間啓輔の自宅で一緒に暮らしたいと、絢萌が言ってくるのです。

 

啓輔は絢萌が気になっているので、それを承諾します。

絢萌は受験生なので勉強しないとならないのですが、家事などを率先してやるようになります。

 

そんな風にして、啓輔は絢萌と同棲生活を始めるのです。

彼の家は殺風景で、勉強する環境が整っていなかったので、ヌトリというインテリアショップに行き、絢萌が暮らすために家具を購入します。

 

二人はラブラブの空気の中、一緒に暮らし始めるのでした。

 

第2章

第2章は、引き続きラブラブな同棲生活が描かれます。

啓輔は、「ムーンリバー」という喫茶店によく行くのですが、そこはリニューアルして、チカとユリという美少女スタッフを雇っていたのでした。

 

啓輔は絢萌をムーンリバーにつれて行き、そこでチカとユリに、一緒に暮らしていて「意識しないの?」と言われます。

 

そこから、啓輔も絢萌もお互いを激しく意識していくようになります。

 

また、受験勉強を続けている絢萌が倒れてしまいます。

啓輔はその看病をして絢萌の本当の気持ちを知ります。

 

そして、啓輔は絢萌に「好きだ」と告白します。

絢萌も啓輔が気になっているので、それを受け入れます。

 

二人はこうして付き合うことになり、一層ラブラブになっていくのでした。

 

第3章

クリスマスのシーズンがやってきます。

啓輔と絢萌の二人はライトアップした街を歩き、いい雰囲気になるのです。

 

そして、ベンチに座った時、初めてキスをします。

少しずつ、二人は大胆になっていくのです。

 

それからしばらくしては、二人は自宅で二度目のキスをします。

すると、啓輔が興奮してペニスを勃起させてしまうのです。

もちろん、絢萌もそれに気づきます。

 

手コキから始め、最終的に二人はセックスするのです。

ここから、二人は徐々に体の関係を重ねるようになります。

 

やがてクリスマスがやってきて、二人はパーティーをするのです。

クリスマスですから、ただ食事をして終わりではありません。

 

二人は一緒のお風呂に入り、求め合います。

絢萌がフェラをして啓輔を気持ちよくさせます。

 

そして、浴室でのプレイを終えて、今度は部屋に戻り続きをするのです。

エンドレスにお互いを求め合い、濃厚なセックスを続けるのでした。

 

第4章

年末年始になり、二人は一緒におせちを食べたりして過ごします。

また、ムーンリバーにも行き、啓輔はそこでマスターから栄養ドリンクをもらって「頑張りな」と励まされます。

 

実をいうと、啓輔は絢萌の受験が近いということもあり、セックスを封印していたのです。

ですが、それが絢萌には負担でした。

 

セックスができないから、勉強に集中できなくなってしまうのです。

それを知った、啓輔はマスターにもらった栄養ドリンクを飲み、絢萌を抱きしめます。

 

最初は部屋でセックスをして、その後浴室に移動し、立ちバックで結ばれます。

こうして二人は、激しく求め合っていくのでした。

 

ただ、別れの時間も迫っています。

絢萌の両親が帰国し、二人は再び離れ離れになるのです。

しかし、絢萌はそれが辛く、啓輔を暮らすことを望みます。

 

最終的に、大学に合格した絢萌は、啓輔と一緒に暮らすことになり、二人のラブラブの生活がこれからも続くというところで、物語は終わりを迎えます。

 

コチラの小説はここで購入できます↓
家の彼女 〜癒やし系幼馴染みが「おかえり」と迎えてくれる同棲ライフ〜【電子書籍限定特別増量版】

 

□エッチシーンは少なめだがストーリーで魅せる

 

『家の彼女~癒し系の幼馴染が「おかえり」と迎えてくれる同棲ライフ~』という作品は、エッチシーンがかなり少ないです。

 

第1章、第2章は、エッチシーンがなく、第3章でようやく結ばれます。

ですので、どちらかというと、ストーリーを楽しむ官能小説になっているのです。

 

エッチシーンが少ないと、興奮できないのでは?

と考える方も多いかもしれませんが、ラブラブな二人の同棲生活が描かれるので、満足度は高めです。

 

そして、焦らしに焦らしたところで、セックスシーンに突入するので、興奮できる作りになっています。

 

エッチシーンもアブノーマルな描写は一切ないので、ハードなプレイが苦手という方でも安心して楽しめるでしょう。

 

□文章は端正で読みやすくなっている官能小説

 

ぷちぱら文庫の作品は、結構あっさりした作風が多いです。

望月JETさんの書く文章も、いわゆる官能小説らしい、ねっとりと絡みつくような文体ではありません。

 

あっさりとしているので、その分読みやすく、整頓されている印象です。

もちろん、それで物足りないというわけではありません。

 

エッチシーンは盛り上がるので、興奮できる仕上がりになっています。

 

例えば――。

 

『僕の絶頂を感じ取って、絢萌ちゃんの性感が一段と引き上げられる、そうして、オマンコの中での射精を促すように、ペニスをさらに締め付けてくるのだった。
僕は最後のスパートと、またお尻を掴んで、律動を強めた。激しい動きに蜜が飛び散り、お尻の穴まで艶やかになっていて本当にいやらしい光景だ……』

P165より抜粋

 

と、このような端正ですっきりとした描写が魅力になっています。

地の文と会話文のバランスもいいので、スムーズに読めるでしょう。

 

□毎日いちゃ甘新婚(?)デイズを堪能しよう

 

いかがだったでしょうか?

今回は、望月JETさんの『家の彼女~癒し系の幼馴染が「おかえり」と迎えてくれる同棲ライフ~』という作品を紹介しました。

 

いちゃラブ系の官能小説で、読み心地は素晴らしくよくなっています。

本記事では、『家の彼女~癒し系の幼馴染が「おかえり」と迎えてくれる同棲ライフ~』の詳しい構成や見どころなどを解説しました。

 

ラブラブになっていく啓輔と絢萌の姿を見ていると、本当にニヤニヤしてしまいます。

オススメの官能小説なので、ぜひ一度読んでみてください。

 

蛞睡々
蛞睡々

あなたの欲望を満たし、スッキリとさせてくれるはずです。

それでは、次回の官能小説レビューでお会いしましょう。ではでは……。

 

コチラの小説はここで購入できます↓
家の彼女 〜癒やし系幼馴染みが「おかえり」と迎えてくれる同棲ライフ〜【電子書籍限定特別増量版】

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました