連載官能小説『幼馴染に結婚してくれと言われてしまった』第2回

連載官能小説

連載官能小説『幼馴染に結婚してくれと言われてしまった』第2回

(フェラチオ。初めての体験だよ。一体、どんな感じなんだろう?)

と、雄二は感じていた。

ねっとりとして口腔の粘膜で、ペニスを包まれると、かなり気持ちいいのがわかった。

「んちゅ、じゅる、雄二君、どう? どんな感じ?」

「あぁ、ええと、気持ちいい。独特な感じがするよ」

「自分でするのとやっぱり違う?」

「うん、違うよ。全然違う。こっちの方が百倍気持ちいい気がするよ」

「ちゅちゅ、それはよかった。なら、もっと気持ちよくしてあげるから」

瑞希は口いっぱいにペニスを咥えこむと、しゅぼしゅぼと音を上げて、フェラをし始めた。

「ンッ、ンンン、チュッ、しゅぼぼ、じゅるん。雄二君のおちん×ん、どんどん大きくなってる気がする」

「そうなのかな? よくわからないけど」

「これが、おま×この中に入るんだよね。それがセックスっていうんでしょ?」

「うん、そうだけど、俺はよく知らないよ。経験ないし」

「私もないよ。雄二君と一緒だね」

セックス。雄二は男だから当然興味はある。

ただ、このまま流されてもいいのだろうか? 不安は尽きない。

「ねぇ雄二君、セックスしたい?」

「え? そ、それはその、まぁしてみたいけど」

「私、雄二君が相手なら、セックスしてもイイよ」

「いいのか? ホントに??」

「うん。だって恋人同士だし。それに、恋人同士ってみんなエッチするんでしょ?」

「まぁ、そうかもしれないけど。俺たちまだ付き合ったばかりだし」

「付き合ったばかりでも、もうフェラとかしてるし。私は雄二君とセックスしたいな」

「俺もしたい。したいよ」

「じゃあ、しよ。今日はお父さんもお母さんも帰ってこないんでしょ?」

「うん、泊りだからな。でも瑞希はいいのか? 夜遅くなったら、親が心配するんじゃ」

「一応、雄二君の家に行ってくるって言ってあるから、大丈夫だと思う。まぁ泊まらずに夜帰れば問題ないよ」

「そ、そうなのか」

続けて、瑞希は亀頭をレロレロと舐め始めた。

敏感な亀頭を刺激されると、それだけでイッてしまいそうになる。

「んがぁ、み、瑞希、それヤバいかも」

「ヤバい? どういう意味?」

「あまりに気持ちよくて、おかしくなりそう」

「フフ……、雄二君のおかしくなった姿が見たいな。どうなるの? んちゅ、じゅるるる」

「瑞希、どうしてこんな上手いんだよ? 初めてなんだろ?」

「ンン。ちょっと練習したかな。今の時代、ネットとか使えば色んな情報があるしね」

勉強熱心な瑞希を見て、雄二は心の底から嬉しくなった。

同時に、自分自身でも瑞希を気持ちよくしたい、そんな気持ちが湧き上がってくる。

「雄二君、おちん×んがビクビクしてるけど、どうしたの?」

「あぁ、もう少しでイキそうなんだ」

「イクって、精子が出るってこと?」

「そう、精子出そう」

「雄二君の精子が出るとこみたいな。どんな感じなんだろう?」

「そんなに面白いものじゃないぞ」

「でも口の中に出したい? それとも最後は手でしごかれたい?」

果たしてどっちがいいのだろか?

雄二は困惑してしまう。どちらも魅力的に思えるのである。

「口の中に出してもイイのか?」

「んじゅ、ぬちゅん、じゅぼぼ、うん、イイよ。雄二君が出したいところに出していいから」

「じゃあ、瑞希の口の中でイキたいかな。ホントにイイのか?」

「大丈夫だよ、じゃあ、このままフェラを続けるからね」

瑞希はせっせとフェラを続けて、雄二を気持ちよくさせていく。

淡かった刺激が、徐々に鋭くなっていき、耐えるのがしんどくなる。

「んんぁ。気持ちいいよ。瑞希、ホントに最高だよ。俺、幸せだよ」

「雄二君、私も興奮してきたぁ。雄二君のおちん×んを舐めていると、どんどん変な気分になっていくのぉ」

「俺もだ、俺もエッチな気持になって止まらない。何かすごく不思議な感じだよ」

亀頭全体を舐りまわし、さらに裏筋を舌で刺激していく。

カリ裏にとてつもない刺激が伝わり、とにかく耐えるのが難しい。

(マズい、ホントにダメだ。イッてしまいそうだよ)

と、雄二は感じていた。ゾクゾクとした悦楽が降り注ぎ、雄二を虜にしていくのであった。

「んんぁ、じゅぼ、ぼぼぼ、じゅるん、おちん×んがブルブル震えているのぉ、早く出してぇ、精子出して欲しいのぉ」

「ハァ、瑞希、俺、限界、もう精子が出るよ」

「ん、出していいよ。精子を受け止めてあげるから」

とうとう、限界点を超えた。圧倒的なオルガスムスが襲い掛かってきて、雄二のカラダを包み込んでいく。そして、いよいよ牡の欲望を発射させる。

「うぉぉぉー出る! 出るよ、瑞希!!」

ビュルビュル、ビュプビュク、ビュピョプ、プピョププ。

瑞希は口いっぱいに放たれた精子をしっかり受け止めていく。

(んんぁ。んじゅる。凄い、それに精子って熱いんだぁ。量もたくさんだしぃ)

と、瑞希は感じながら、雄二の吐精をすべて受け止める。

ねっとりと熱い精子が、口腔内に絡みつき、大人の味わいを感じていく。

「うわぁ、どんどん精子が出てくる。もう止まらないよ」

「ちゅじゅ、じゅく、じゅるん、んんん、ンッ、ゴックン」

瑞希は、吐き出された精子をゴクリと飲み干した。

その姿を雄二は見ていて、思わず感動してしまった。

「瑞希、精子飲んでくれたのか?」

「うん、何か少し苦くて粘っこいけど、美味しかったよ。これが雄二君の味なんだね。凄く大人な感じがするよ」

「ふぐぅ。瑞希、ありがとう。気持ちよかったよ。なぁ、次は俺が瑞希を気持ちよくするよ」

「え? 私を??」

「そう、俺が瑞希のおま×こを舐める番だよ。っていうか舐めたいんだ。ダメかな??」

「おま×こ舐めたいの?」

「うん、瑞希のおま×こが見たい。見せてくれよ」

対する瑞希は、恥ずかしそうな顔をしたが、コクリと頷いた。

雄二は、自室のベッドの瑞希を座らせると、脚を広げていく。

(瑞希のおま×こ、見たい。どんな感じなんだろう?)

雄二は、瑞希の服を脱がし始める。彼女は、シンプルなブラウスに、スキニーなジーンズをはいている。それらを脱がして、下着姿にすると、雄二も興奮してくるのであった。

「雄二君、恥ずかしい、だからあんまり見ないで」

「瑞希の下着、すごくエッチだ」

女子校生着るには、少し早いような大胆なレースがあしらわれた白のショーツとブラであった。

「下着、脱がしてもイイよね?」

「うん。いいけど、ぁああぁぁん、恥ずかしいよぉ」

恥ずかしがる瑞希を尻目に、雄二は彼女の下着を脱がし始めた。

ヴィーナスの丘には、控えめな陰毛が生え揃っている。

(あぁん、恥ずかしい、雄二君にあそこ見られちゃう)

瑞希は手で陰部を隠し、見えないようにしている。

すると、雄二はその手をゆっくりと跳ねのけていった。

「瑞希のおま×こ、凄くキレイだよ」

「うぅぅ、雄二君、恥ずかしい。あんまり見るの禁止だよぉ」

「無理だよ、こんなにエッチなのに、見ないとかできないよ。ちょっと触ってもイイ?」

大陰唇を押し広げると、小陰唇のビラビラが見えてくる。

雄二は、膣口に指を当て、にちゃにちゃと音をあげながら、刺激を加えていく。

「んん、雄二君、何だか変な感じがする」

「瑞希は、オナニーとかするのか?」

「えぇぇぇぇえええ。そんなこと聞いちゃダメだよぉ」

「どうして? 教えてよ」

「そ、それは、まぁ、たまにかな。ホントたまに」

「ふ~ん、そうなんだ。ねぇ、おま×こ濡れてるね。まだほとんどないもしてないのに」

「だって、雄二君のおちん×んを弄ったからぁ」

「俺のち×ぽを弄って興奮しちゃったの?」

「うん、そうだよ。相手が雄二君だから、どんどん興奮しちゃう。私って実はエッチなのかも」

「エッチな女の子の方が好きだよ。瑞希のおま×こ、ヌルヌルしてて可愛い」

可愛いと言われて、瑞希はポッと顔を赤らめる。

そんな初々しい姿を見ていると、雄二も嬉しくなっていくのであった。

(女の子のおま×こって、ホント卑猥だよなぁ、どうしてこんなに歪な形をしているのに、興奮しちゃうんだろう)

雄二は膣口をスリスリと擦り上げていくと、そのまま指を膣内に挿れてみた。

ヌルっとした質感が、指先を襲っていく。

「雄二君、何かくすぐったい。ゾクゾクしちゃう」

「気持ちいいのか? おま×こに指を挿れられるのって」

「うん、気持ちいいよ、多分相手が雄二君だから」

そう言われると、雄二も嬉しくなっていく。

瑞希の性器を指で弄ると、さっきイッたばかりにペニスが、再び硬さを取り戻し、大きく反り返った。

「瑞希、またち×ぽが立っちゃったよ」

「うん、そうみたいだね、何か凄く苦しそう。またしごこうか?」

「いや、今は我慢する。とにかく、今度は俺が瑞希を気持ちよくする番だから」

「ありがとう雄二君。ホントに嬉しいよ」

「おま×こヌルヌルで、指がどんどん動くよ。ホントに瑞希はエッチなんだなぁ」

そう言いながら、雄二は淫裂を掻きまわしていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました