連載官能小説『幼馴染に結婚してくれと言われてしまった』第4回

連載官能小説

連載官能小説『幼馴染に結婚してくれと言われてしまった』第4回

「瑞希、おま×こトロトロになってるよ」

「うん。そうみたい。だって、興奮してるから」

「ここに挿ればいいんだよね」

「そう、挿れてみて、私も初めてだから」

お互いにセックスは初めてである。

だからこそ、かなり手探りで行為を進めていく。

(おま×こ、ホントに卑猥な形をしてる。それに、ヒクヒクとふるえていて、何か可愛いな)

雄二は、瑞希の脚を左右に広げ、秘部を開帳すると、ヌルヌラと光る淫裂にペニスを押し当て、そのままゆっくりと貫いていく。

「ンンッ。あぁん、雄二君のおちん×ん、入ってきたぁ」

「うん、凄く窮屈だ。これがおま×この中なんだ」

ペニスを奥までギュッと挿れた時、わずかに「ブチっ」という音が聞こえた。

破瓜の衝撃により、瑞希の性器を覆っていた処女膜が破れたのである。

(ぐぅ、い、痛いかも、でも、痛がったら雄二君が困るかもしれない)

初体験に痛みがあるのは、瑞希も知識として知っている。

だから、それなりに覚悟していたが、やはり痛みは強い。

「んん、ぐぅ、ハァ、ハァ」

瑞希の口元から、短い嗚咽が漏れる。

その声を聞き、雄二も異変に気づく。

「瑞希、大丈夫か? 痛いのか?」

「う、うぅ、大丈夫、心配しないで」

とはいうもの、瑞希の表情は硬い。

明らかに苦痛に耐えているのがわかるのである。

「痛かったら抜こうか?」

「だ、ダメェ、抜いちゃイヤなのぉ」

「でも、痛そうだし」

「こうやって繋がれるのが夢だったの。だから、抜かないで。しばらくすれば、痛みもなくなると思うし」

「じゃあ、最初はゆっくり動くよ。だけど、瑞希、そんなに無理するなよ。俺は、痛がる瑞希を見たくないし、ドSってわけじゃないんだからな」

初めてのセックスで、緊張しているにも拘らず、雄二は優しさを見せてくれる。

その心遣いが、瑞希にはありがたかったし、心の底から嬉しいと感じられた。

「んなぁ、雄二君、おち×ぽシコシコしていいから。私の中で気持ちよくなってぇ」

「うん、かなり気持ちいいよ、これがセックスなんだな。ホント、感動的だよ」

初めてのセックスは、予想以上に快感が激しい。

何度も自分で自慰行為をしてきたが、そんなものとはレベルが違うのである。

(これが、セックス。殺人的に気持ちいい。こんなの味わったら、もう元に戻れないよ)

と、雄二は感じていた。

そして、ゆったりとしたペースで腰を動かしていく。

「んん、んぐ、あぁん、雄二君、雄二君のおち×ぽ、私の中に入っているんだよね?」

「そうだぞ、瑞希。お前の中に入っているんだ。一つになってるよ」

「うん、それが嬉しいのぉ。やっとつながれて。んぁ。ずっとこうなるのが夢だったから。んぐぅ、それに、雄二君のおち×ぽ、私の中でどんどん大きくなってる気がする」

「そうなのかな、その辺はよくわからないけど。だけど、かなり気持ちいいよ。凄い刺激なんだ。オナニーとは全然違う」

「セックスとオナニーを比べちゃダメだよぉ。二人で作り上げる行為なんだから、気持ちいいに決まってるでしょぉ」

「うん、そうだな。なぁ、もう少し速く動いてもイイか?」

ゆったりペースもなかなか心地いいが、やはり、もっと痛烈な刺激が欲しい。

そうなると、速く動くしかないのであろうか?

「はぁん、わ、わかったぁ、じゃあ、ちょっと速めに動かしてぇ」

「よし、じゃあ、ちょっとだけ速くするぞ。でも痛かったら言えよ。痛がるところ見たくないから」

「ハァ、あふぅん、うん、大丈夫だと思う。少しずつ慣れてきたみたいだから」

とはいうものの、まだ破瓜の痛みは続いていて。

すじゅる、めりゅる、とペニスが肉ヒダを擦っていくと、気持ちいい感じもあるのだが、やはりまだ痛みの方が強いのである。

(我慢しないと、雄二君か気持ちよくなってるのに)

瑞希は自己犠牲の念があった。

本来、愛というものは自己犠牲でなりなっている。無意識ながら、愛しているという感情が溢れてきたのだ。

「瑞希、おま×この中、気持ちいいよ。ヌルヌルになって、ち×ぽが擦れるんだ。うぅ、堪らない」

「雄二君、ねぇ、キスできる? おち×ぽで突きながら、キスしてほしいの」

「キス? イイぞ、やろう」

二人は今、正常位でプレイを続けている。

そんな中、雄二は姿勢を押し倒していくと、自らの顔を近づけていく。

(瑞希の唇。プルプルになってる)

「ぷちゅ、ちゅぱ、ちゅちゅっぱ」

と、キスの雨を降らせていく雄二。

キスをするほどに、淫裂がキュッと締まるような気がする。

「雄二君、好き! 大好き!!」

と、瑞希が叫び、手を雄二の首に回す。

そして、激しく抱き寄せると、そのまま舌を絡めたディープなキスを展開していく。

(んぉ、瑞希の舌が、俺の口の中に、何だかこのまま蕩けるような気分だ)

お互いの唾液を啜り合う。

瑞希のねっとりとした唾液は、どこか甘く、ハチミツのような味わいがある。

「んちゅ、じゅるん、じゅるる、じゅーじゅー、しゅぱ、ちゅぱぱ」

口元から淫音が漏れ聞こえてくる。

その淫らな音が、室内にゆっくりと染み渡っていく。

「雄二君、はぁん、凄く素敵。こんなセックスに憧れていたの」

「うん、俺も、何か嬉しいよ。瑞希とこんな風に結ばれて。俺、瑞希が好きだって改めで気づいたよ」

「改めてなんてひどいなぁ。私はずっと好きだったのに」

「ゴメン、ただ、今まではあまりに近すぎて、好意に気づかなかったんだよ」

確かに今までは好きだとわからなかった。

しかし、今なら確かに言える。

自分は瑞希が好き。それは間違いのない事実であった。

「瑞希、こんな体位はどうだ?」

と、雄二はキスを止めると、姿勢を起こして、瑞希の脚を垂直に持ち上げた。

すると、挿入の角度が変化し、淫裂がキュッと窄まった。

「きゃー。ゆ、雄二君、何をするの?」

「脚を持ち上げると、どうなるかなって思って」

「何かよくわかんない、でも、凄くエッチな感じがするの」

「また少し、速めに動くから。もう、止まらないよ」

「うん、いいよ、雄二君の好きに動いて、私は大丈夫だから」

痛みも、少しずつ引いているのがわかった。

痛みが静かに消えていくと、その代わり、鋭い快感が襲ってきたのである。

「んんぁ、雄二君、激しい! おま×こ突かれて、私も気持ちいいのぉ」

「瑞希、まだ痛いか? それとも慣れた?」

「もう大丈夫。そんなに痛くないの、だから安心してね」

「そうか、それならよかったよ。今度は脚を広げてみるよ」

雄二は垂直に上げた瑞希の脚を左右に開いた。

そして、その状態のまま、ピストン運動を続けていくのであった。

「んぐ、あぁん、雄二君のおちん×ん、奥まで届くのぉ。ずんずんって、子宮に響く感じだよぉ」

「奥の方がイイのか? なら、もっと突いてやるぞ」

そう言い、雄二は激しい抽送を繰り返していく。

二度浅く突き、三度目で深く突き刺していく。こうして動きが単調にならないように意識した。

「ハァ、ハァ、雄二君、動きが速いのぉ。でも、これ、何だか虜になってしまいそう。こんな風に突かれると、ホントに気持ちいいんだねぇ」

「うん、そうだな。セックスってホントに悪魔的だよ。サルになる気分がよくわかる」

とにかく貪欲に快感を求めてしまう。

そのくらい、圧倒的に気持ちいいのである。

「んんぁ、はぁん、雄二君、あぁぁぁぁあああ。ダメ、何か気持ちよくなりすぎて、失神しそう」

瑞希の秘唇がヒクヒクふるえ始めたのは、雄二も感じていた。

断続的なアクメが襲ってきて、瑞希を心地よくしていくのである。

「んぐぁ。雄二君、私、イッちゃいそう。おま×こ蕩けちゃうのぉ」

「イキたくなったら、イッてもいいぞ。しっかり突いてやるから」

「きゃー。ゆ、雄二君、もう、ぁあん、だめぇぇぇぇー」

途端、瑞希のカラダがビクッと跳ねた。

そして、陰部からドプっと子宮頸管粘液があふれ出してくる。

「おま×こからエッチなおしっこが飛び出してきたよ。瑞希イッたのか?」

「うぅぅぅぅううう、うぐぅ、はぁん、ダメなのぉぉぉぉおおお」

瑞希は激しいオルガスムスを覚えて、そのまま昇天を迎える。

秘唇がビクビクッと痙攣し、締め付けが一瞬激しくなる。

「瑞希のおま×こがブルブルしてる。ち×ぽに噛み付いてくるよ」

「雄二君、はぁん、ハァハァ、私、イッたみたい。何か、頭がフワフワするのぉ」

「そうか、瑞希が気持ちよくなってくれて嬉しいよ。でもさ、俺はまだできるぜ。このまま続けてもイイよな?」

「はぁん、イッたばかりの敏感おま×こたくさん突いてほしいのぉ、このままどんどんイカせてぇ」

「あぁ、イキ狂わせてやるからな。とことんイキまくろう」

「あぁああん、うぐぅ、はぁん、激しくされると、もうおかしくなっちゃいそう。雄二君とのセックス堪らないのぉ」

対する雄二も、少しずつ射精感を覚えていた。

初めてのセックスは、すぐに終わってしまうという逸話があるが、雄二は長く持っている。

「うぉ、気持ちいい。瑞希のおま×こ、ち×ぽを包み込んでくれて、それでいて甘締めするんだ。その感覚が心地いいよ」

肉ヒダを擦っていくと、ペニスは敏感に震えていく。

めちゅ、めりゅと、肉竿を奥まで導いていくのであった。

「雄二君。私、ホントに嬉しい。こんな風になれて、もっと、私を愛して。私も愛すから」

好きな人に愛していると言われて、嬉しくないわけがない。

雄二はこみあげる嬉しさを感じながら、必死に抽送を繰り返した。

「ハァ、瑞希、ホントにイイ感じだよ。こんなに気持ちよくなったのは、もしかすると初めてかもしれない。ありがとう瑞希」

ずんずんと抽送のリズムを押し上げていく。

ふと結合部分を見ると、破瓜の刺激からの出血の痕が見える。

(俺、瑞希とセックスできて嬉しい。こんな風にして、ずっとつながっていたい)

と、欲望があふれ出してくる。

「はぁん、雄二君、イッたばかりなのに、私、また気持ちよくなってる。おま×こビクビクふるえちゃうのぉ」

「うん、そうみたいだな、多分、俺たち相性がいいんだ、カラダの相性がね。だからさ、こんなに気持ちよくなれるんだ」

「嬉しい、雄二君と一つになれて。私、今最高に幸せなのぉ」

「俺も幸せだよ。瑞希、ホントに好き! あぁ、好きが止まらないよ」

そんな風にして叫びながら、雄二は一層抽送のリズムを押し上げていく。

しとどに溢れる快感を前にすると、雄二の吐精感、かなり鋭くなっていくのであった。

(このまま瑞希の中に出せたら最高だろうな)

堪らない刺激が、雄二を襲い、動きを鋭敏にさせる。

「瑞希、あぁ、俺もイキそうだよ。イッてもイイかな?」

「うん、イイよぉ、来てぇ」

瑞希の言葉を胸に、雄二はラストスパートをかけた――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました