連載官能小説『幼馴染に結婚してくれと言われてしまった』第5回

連載官能小説

連載官能小説『幼馴染に結婚してくれと言われてしまった』第5回

(うぉ、気持ちいい、とにかく、凄い感覚だ。それに、もう精子が出そうだ)

必死に抽送を続けている雄二は、襲いかかる吐精感に耐えていた。

だが、それもそろそろ限界である。

「瑞希、イキそうだけど、どこに出せばいい? 精子、出したいんだ」

「好きなところに、雄二君が出したいところに出していいよ」

「出したいところに?」

「うん」

「でも、流石に膣内に出したらマズいんじゃないのか?」

「膣内でもイイよ。今日は安全な日だし、万が一赤ちゃんができても、雄二君の子どもだったら嬉しいし」

「瑞希、お前、ホントに」

「とにかく、好きなところに出していいから。膣内でもイイよ。私はそっちの方が嬉しいかな」

膣内発射できる。

その言葉を、雄二を大きく揺らした。

(膣内に出せる。でも、イイのかな? 瑞希はイイって言ってるけど。あぁ、ダメだ、もう我慢できない! 膣内に出る!!)

雄二の腰を動きが一層鋭くなり、最後に仕上げにかかる。

途端、彼はオルガスムスを覚え始めた。

「うわぁあ、瑞希! 出る‼ 膣内に出るよ」

「うん、出してぇ、私の膣内にビュルビュルって精子を出してほしいのぉ」

ビュルビュルビュピョプ、ビュピョプ、プピョプ。

勢いよく白濁色の子種が放出される。

それも膣内に注がれたのである。

「んあぁ、出てる、精子が私のお腹の中にぃ、うっぅぅううう、熱い、とっても熱いのぉぉぉおおお」

「そうだよ、 瑞希の膣内に精子出しちゃったんだ。凄く気持ちいい」

ドクドクと流れるスペルマは、とどまることを知らなかった。

とにかく、無限のごとく出てくるのである。

「瑞希のおま×こに、精子出しちゃったよ。ホントによかったのか?」

「うん、いいの、私も雄二君の精子を感じたかったから」

「ありがとう。瑞希、嬉しかったよ」

瑞希は雄二をヒシっと抱きしめ、激しくキスを求めた。

そして、雄二君も口づけをかわしていく。

「雄二君、私、幸せだよ。ずっと、この瞬間を待っていたの。結ばれたんだよね」

「あぁ、そうだな。俺も幸せだ。瑞希とセックスできて」

「これからも、ずっと一緒だよ。ね、雄二君」

「うん、もちろん。これからもよろしくな、瑞希」

二人のセックスはこうして終わりを迎えた。

翌日――。

(瑞希と会うの、何か恥ずかしいな。何しろ、セックスしちゃったんだよな)

そんな風に考えて、雄二は登校していた。

すると、後ろから声をかけられる。

「雄二君、ひどいよ」

その声は、瑞希であった。

くるっと踵を返す雄二。

「瑞希、おはよう」

「一緒に学校に行こうと思ったのに、先に行っちゃうんだもん」

「ゴメン、いつもの癖で」

「私たち、付き合ったんだよね? なら、一緒に学校に行こうよ」

「そうだな、わかった、じゃあ一緒に学校に行こう」

二人は通学路を歩く。

ただ、雄二は激しく緊張していた。何しろ昨日エッチしているのである。

(瑞希、意識しないのかな。何か普通だ)

「雄二君、どうかした?」

と、瑞希が声をかけてくる。

「あ、いや、何でもない。ただ緊張しちゃって」

「どうして緊張するの?」

「だって、昨日あんなことしたばかりだし、もちろん、嬉しいよ、一緒に居られてね。だけど、何か緊張しちゃうんだ」

「大丈夫、その内慣れるよ。私たち、付き合ってるし、将来は結婚するんだから」

「あぁ、そうだな、そうだった」

「忘れるなんてひどいよ。将来の旦那さんなんだからね」

「うん、わかってる」

こんな風にして、二人は学校に向かった。

放課後――。

(今日も学校は終わりだ。さて、帰るか。あ、でも、瑞希と帰った方がイイのかな?)

そんな風に考えていると、それを見透かしたように瑞希がやって来た。

「雄二君、放課後、暇でしょ?」

「うん。暇だけど、何かするのか?」

「エヘヘ、ちょっとついて来て」

瑞希は雄二の手を取ると、放課後の廊下を歩いていく。

そして、人気のない教室に彼を連れて行った。

「この教室ね、放課後は誰も来ないの」

「そうなのか。それは知らなかったよ」

「一応調べたの、だからね、その、ここでもできるよ」

「できるって何が?」

「もう、そんなこと言わせないでよ、つまり、エッチなことができるって言ってるの」

「い、いいのか、こんなところでしても。それに万が一誰か来たら」

「大丈夫だって。私ね、学校でエッチなプレイをするのに憧れていたの。だから、雄二君、私の願いを叶えてほしいの」

「それはまぁ、いいけどさ。だけど、緊張するなぁ」

「雄二君、緊張しっぱなしだね。けど大丈夫だから」

瑞希はそう言うと、ゆっくりと腰を近づけてくる。

そして、そのまま唇を奪った。

「んちゅ、ちゅぱ、ちゅぱぱ」

優しいキスを展開していく。

「んんぁ、私、雄二君とキスしていると、どんどん幸せな気分になってくるよ」

「俺も、幸せだよ、瑞希とキスすると、ホントに嬉しくなる」

「うん、そうだよね、じゃあ、雄二君のおち×ぽ弄ってあげるから」

キスだけで、雄二のペニスは熱く反応していた。

ムクムクと大きくなり、興奮のレベルも高まっていくのであった。

「雄二君のおち×ぽ、大きくなってるね。まだ、キスしただけなのに」

「ゴメン、興奮してるから」

「んん、イイの、興奮してくれて嬉しいし」

ズボンのファスナーを下ろし、その隙間からボクサーパンツをずらし、ペニスを解放した。

「瑞希、洗ってないし、何か恥ずかしいな」

「雄二君、女の子見たなセリフ言わないでよ。大丈夫、私、洗ってないおちん×んの匂い好きだから」

「そ、そうなのか。それならいいけど」

瑞希は解放したペニスを手でしごき始めた。

シコシコと上下に動かすと、ビクビクと肉竿が反応してくる。

「雄二君、おちん×んの先っぽからエッチなお汁が出てきてるよ」

「うん、カウパー腺液だよ」

「男の子のが興奮すると出すんだよね?」

「そう、俺、凄く興奮してるよ」

「雄二君、もっと気持ちよくなってね」

「うん、ありがとう」

優しいタッチで、瑞希はペニスを弄り回していく。

「ぐぅ、うぐぅ、気持ちいい、瑞希、凄い感覚だよ」

「あふぅ、おちん×んのビクビクしてる、これが、この間、私の中に入ったんだよね」

「うん、そうだよ。昨日はセックスしたから」

「何か不思議な感覚だね。こうして、一緒にエッチなことしてるの」

瑞希はシコシコとペニスを動かし、スピードを速めてく。

にちゃ、ちゅぷ、肉竿を擦り上げていくと、それだけで気持ちよくなるのであった。

「ねぇ、雄二君、タマタマを一緒に弄ると気持ちよくなるんでしょ?」

「え? よくわからないけど。そうなのかな??」

「私、少し調べたの、そうした、タマを弄ると気持ちいいって書いてあったのよ、だから、してあげようか」

「うん、わかった、してみてくれ」

「フフフ、気持ちよくなりすぎて、腰を抜かさないようにしてよね」

瑞希は嬉々として、睾丸を弄り始めた。

かなりデリケートな部分だから、瑞希のタッチは繊細である。

「どう、雄二君? 気持ちいいかな?」

「あぁ、何か不思議だよ、金タマって弄ると気持ちよかったんだな。あんまりしたことないから、わからなかったよ」

「ウフ、雄二君のおちん×ん、凄く大きくなってる、破裂しそうだよ。あ、精子とか出そうなのかな?」

「いや、まだ大丈夫。なぁ、このままだと俺堪らないよ、セックスしたくなる」

「エッチしてもイイよ、だけど、順序があるの、まずは、私が雄二君を気持ちよくするからその後、雄二君が私を気持ちよくしてほしいの、それが終わったらセックスしよ」

「わかった。瑞希って意外とエッチなんだな、でも、俺そんな瑞希が好きだよ」

「相手が雄二君だから、雄二君以外とは、こんなことしたくないよ」

「瑞希は俺のモノだから。ずっと一緒だよ」

「うん」

瑞希は睾丸いじりを続けながら、ペニスを弄り続ける。

しとどに快感が襲ってきて、雄二を心地よくしてくのであった。

「雄二君、ねえ、舐め舐めしてほしい?」

「舐め舐め? フェラしてくれるのか?」

「うん、雄二君のおちん×ん舐めたいの。イイでしょ?」

「いいけどさ、でも、こんなところで」

「大丈夫だよ、この教室は人が来ないから。だから、やってあげるよ」

「ありがとう、じゃあ、お願いしようかな」

「うん、してあげる。たっぷり気持ちよくしてあげるんだから」

そう言うと、瑞希は顔をペニスに近づけていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました