連載官能小説『幼馴染に結婚してくれと言われてしまった』第6回

連載官能小説

連載官能小説『幼馴染に結婚してくれと言われてしまった』第6回

(洗っていないおちん×んの匂い。なんか独特なの)

瑞希は怒張を弄ぶと、そのままカプッと咥えこんだ。

唾液をたっぷりと含ませて、しゅぼしゅぼと動かしていく。

「あぁ、瑞希、凄く、気持ちいいよ」

「うん、じゅる、じゅるる、じゅぼ、おちん×ん、どんどん大きくなってる。雄二君、もっと気持ちよくなっていいからね」

「ありがとう。瑞希、ホント最高だ」

二度目のフェラチオは、すこぶる気持ちがイイ。

何度味わっても、この快感はすさまじいものがあるのだ。

「ふぐぅ、じゅるるん。雄二君、どうされると気持ちいいの?」

「どうされるっていっても、ええっと、よくわからないよ。全部イイ感じなんだ」

「ふ~ん。そうなんだ。なら、こういうのはどうかな?」

すると、瑞希は亀頭の裏筋を舌でレロレロと這わせ始めた。

あまりの心地よさに、雄二はペニスをビクッと震わせる。

「うぉ、それもイイ! ち×ぽの裏側を舐められると気持ちイイよ」

「フフフ……、先っぽからどんどんエッチなお汁が出てきてる。雄二君も興奮してるんだね。なんか嬉しいな」

「瑞希、止まらないよ、とにかく気持ちよくて、おかしくなりそうだ」

「んちゅ、ちゅぱ、レロレロ、雄二君のおちん×ん、何か可愛いな。イタズラしたくなっちゃうよぉ」

「なぁ瑞希、なんかフェラが上手くなってる。凄いよ、ホントに」

「そうなのかな? よくわからないけど。でもね、雄二君には気持ちよくなってもらいたいね」

「ありがとう、ホントに嬉しいよ。瑞希の優しさが伝わってくるよ」

「雄二君、さっきみたいに、タマタマも弄ってあげようか?」

睾丸をセットで弄られると、かなり気持ちよくなってしまう。

その事実を知っていたから、雄二は思わずうなずいた。

「うん、してくれ。お願い」

「へへ、じゃあやってあげます」

瑞希はそういうと、睾丸を咥えこみ、優しいタッチで舐め始めた。

温かな舌の感触が、睾丸に伝わっていき、しとどに気持ちよくなっていくのであった。

「ハァ、瑞希、凄いよ、玉舐め最高だ」

「んん、んちゅ、ちゅぱん、タマタマもビクビク動くんだね、ウフ、もっと舐めて気持ちよくしてあげるからね」

「うぉぉ、瑞希、俺、そんな風にされるとあまり持たないよ」

「イキたくなったら、イッていいからね。私が受けとめるから」

「うぐくぅ、瑞希、ハァ、ち×ぽが破裂しそうだ」

ゾクゾクする悦楽が、ペニスを通じて全身に広がっていく。

棹部分をしごかれ、さらに睾丸を舐められると、ダブルの刺激が襲ってくる。

「うぅ、ダメだ、瑞希、俺イキそう。もう限界だよ」

「んじゅる、んん、いいよ、イッて、気持ちよくなって」

射精感は耐えがたい。暴発寸前になり、雄二はガクガクと震え始めた。

「うぉぉぉおおおおー。瑞希、出る! 精子出るよ。うわああぁぁあぁあ」

次の瞬間、雄二の欲望が弾ける。

ビュルビュル、ビュク、ドピュプ、ドピュピュ、プピョプ。

(あぁん、凄い量の精子、それに熱い、火傷しそうだよぉ)

ドクドクと吐き出されたスペルマを、口いっぱいに含んだ瑞希は、躊躇なくそれを飲み下した。

「瑞希、飲んでくれたのか? 俺の精子を」

「うん、そっちの方が嬉しいでしょ? 悦んでくれると思って」

「ありがとう、瑞希、俺、嬉しいよ」

「雄二君、ねぇ、私も気持ちよくなりたい。おま×こが疼いて仕方ないの」

「わかった、じゃあ、俺が気持ちよくする番だな。おま×こ弄りたい。瑞希、見せてくれ、あそこを」

「はぁん、恥ずかしいけど、イイよ、私の大事な部分を見てほしいの」

瑞希はそう言うと、制服のスカートを捲り上げ、ショーツを魅せつける。シンプルな白のショーツが雄二の情欲を駆り立ててく。

「瑞希のパンツ、可愛いね」

「うん、ありがと」

「パンツ脱がしてもイイかな? おま×こ見たいんだ」

「イイよ、脱がして、脱がしたいんでしょ??」

「そう、脱がしたい。じゃあ、脱がすからな」

雄二はショーツに手をかけると、そのままゆっくりと下におろしていった。

すると、ショーツのクロッチ部分がしっとりと濡れているのがわかった。

「瑞希、おま×こ凄く濡れてる」

「いやぁ、そんなこと言わないでぇ、恥ずかしすぎるからぁ」

「俺のち×ぽを舐めて、興奮したんだね。ふふ、瑞希もエッチなんだなぁ」

「でも、雄二君はエッチな女の子の方が好きなんでしょ?」

「うん。好きかな。そっちの方が楽しめるからね。ちょっと触ってみるよ」

スッと指先を伸ばし、淫裂に触れてみる。

じゅんと蜜があふれ出し、熱くそれでいてヌルヌルとしている。

(瑞希のおま×こ、ホントにトロトロになっている)

「んんぁ、雄二君、凄く繊細な触り方だよぉ。何か私もゾクゾクしちゃう」

「おま×こ、どんどん濡れてくる。それにヌルヌルなんだ。瑞希、イスに座れるか?」

「うん、イスに? わかった」

雄二はイスを用意し、そこに瑞希を座らせる。

そして、脚を左右に広げると、指先を使って弄り始めた。

「ぁあん、雄二君、んんぁ、おま×こがジンジンしてぇ、何か、興奮しちゃう。雄二君の前で、脚を広げておま×こ見せてる。恥ずかしいけど、ちょっと嬉しいかも」

「瑞希のおま×こってホント卑猥だよ、エッチすぎて、俺もまたち×ぽが立っちゃったよ」

再び怒張が膨らんでいくのを、雄二は感じていた。

彼は、小陰唇のビラビラを指でかきわけ、サーモンピンクの膣口に触れる。

「うわぁ、瑞希、おま×こ凄く熱くなってるね。それに、エッチなお汁もたくさんだ。大洪水になってるよ」

「きゃあ、恥ずかしい、でも濡れちゃうのは、仕方ないのぉ、雄二君がエッチなことをするからぁ」

「おま×この中に指を挿れてあげるよ。どうなるかな?」

「指を挿れちゃうの? はぁん、うぅぅ、どうなっちゃうんだろう」

膣内に指を挿れると、しっとりした淫蜜に包まれており、指先をスムーズに動かしていくのであった。

「おま×こ中、凄く熱いね。それに指先にねっとりと絡みついてくるんだ。締め付けが強くて、指が噛み千切られそうだよ」

「気持ちいいと、自然とおま×こが締まっちゃうのぉ。だから仕方ないのよ。雄二君、わざとじゃないんだよ」

「わかってる、気持ちイイんだよな。それは嬉しいよ。さっきは俺がたっぷり気持ちよくなったから、今度は瑞希が気持ちよくなってくれ」

「ふぐくぅ、あぁん、おま×この中、クリクリされると、ホントに気持ちいいのぉ。雄二君の指が私のあそこを弄って、どんどんエッチなお汁が溢れちゃう」

「あぁ、瑞希、凄く可愛い、ホントに可愛すぎて、俺、困るよ。瑞希が愛おしすぎる」

堪らなくなったのか、雄二は顔を近づけて、瑞希の唇に自分の唇を押し当てた。

「んちゅ、あぁ、瑞希の唇柔らかいよ」

「ふぁ、ぁあああぁあぁん、キスされながらおま×こ弄られると、ますます興奮しちゃうのぉ。雄二君、もっと、もっと、キスしてぇ」

「んちゅ、ちゅぱちょぱ、ちゅぱん」

雄二は言われるままに、キスの雨を降らせていく。

そして、更なるステップへ進んでいくのであった。

「んじゅる、じゅるっる、ちゅぱぱん」

雄二は、自分の舌を瑞希の口腔内にねじ込んでいく。

(あぁん、雄二君の舌が私の中に入ってる。大人な感じがするよぉ)

「じゅるる、じゅっるる、じゅば、じゅばば」

お互いの唾液を啜り合い、ディープなキスを展開していく。

(瑞希の唾液、ほのかに甘くて美味しい、ずっと、吸っていたいくらいだ)

キスを終えると、雄二は再び陰部に照準を定めていく。

そして、今度は陰核を弄り始めた。

「あぁ、クリ、雄二君の指先が、クリトリスにぃ」

「瑞希、クリが好きだろ? だから刺激してあげるよ。ほら、クリも大きくなってきた」

包皮に包まれた陰核を指で丁寧にむくと、ヒクヒクとふるえる女豆が露出する。

白くなっている雌芯は、ほのかに充血しており、うっすらとピンク色に変わりつつある。

「クリって可愛いね、瑞希、ここを弄れると気持ちいいの?」

「うん、そうなの、敏感な部分だけど、とにかく快感が凄いの。だから雄二君、たくさん弄って、でも、乱暴にしちゃダメだよ。優しくしてほしいな」

「もちろん、優しくするよ。ほら、こんなのはどう?」

雄二は指の腹を使って、陰核を揉むように押し込んでいく。

すると、ビクビクっと瑞希のカラダが跳ねる。

「きゃー、ダメ! 気持ちよくて、変になっちゃう、んんあぁ、雄二君、ダメぇぇぇぇええぇえ」

「ドプってエッチなお汁があふれ出してくれる。ホントに凄い光景だよ。俺も興奮してくる」

「んん、ンッ、雄二君、クリも気持ちいいけど、おま×この中も弄って、ダブルで刺激されると、もっと嬉しいのぉ」

「フフフ、瑞希は欲張りなんだな、エッチだけど、やってあげるよ。クリを弄りながら、おま×この中をかき回してあげる」

「ンンッ、はぁん、気持ちイイ、おま×こもクリも、凄いのぉ、カラダがガクガクしちゃう」

喘ぐ瑞希を見ていると、雄二もますます興奮してくる。

必死なって、淫裂を弄り、さらに、クリトリスを刺激していく。

「んん、雄二君、おま×こ、おま×こ舐めてぇ。舐め舐めされたいのぉ」

「わかった、じゃあ舐めてやるよ。もう少し浅く座れるか?」

「うん、浅く座ればいいのね?」

「うん、そっちの方が舐めやすいから」

イスに座っている瑞希は、浅めに座り、自分でも脚を広げていった。

雄二は、秘部から指を抜き、そして、顔を陰部に近づけていくのであった――。

〈続く〉

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました