連載官能小説『幼馴染に結婚してくれと言われてしまった』第7回

連載官能小説

連載官能小説『幼馴染に結婚してくれと言われてしまった』第7回

(あぁ。凄くエッチな匂いがする)

淫裂に顔を近づけると、ツンとするチーズのような香りが漂ってくる。

同時に、その匂いを嗅いでいくと、どうしても興奮してしまうのであった。

「雄二君、そんなに匂い嗅いじゃだめだよ」

「どうして? イイ匂いなのに」

「だって洗ってないし、おしっこだってしたし。だから臭うと思うの」

「そんなことないよ。全然臭くない。むしろ興奮させてくれる匂いだと思うな」

恥ずかしがる瑞希を尻目に、雄二はクンカクンカと鼻を動かし、ニオイを嗅いでいく。

ここまでくると、もう止まらない。とにかく、おま×こを舐め回したくなった。

「んちゅ、チュチュッパ、ちゅぱん」

「あぁん、雄二君の舌が、当たってる、んなぁ、あぁぁああぁっぁん」

「瑞希、おま×こがトロトロになって凄いことになってるよ」

「はぅふん、だって、そんな風舐められたら、誰だって濡れちゃうよぉ」

「ヌレヌレになったおま×こ、凄く美味しい、瑞希の味がするよ」

「ハァ、ハァ、雄二君、ダメだよぉ、そんなの啜っちゃ。汚いよぉ」

「汚くなんかないよ。瑞希のおま×こ、ホント美味しい」

秘部を舐め回していくと、雄二も興奮してくる。

ツンとするような香りがするのであるが、その匂いを嗅いでいくと、堪らない気持ちになるのであった。

「んぐ、っつちゅ、チュッチュッパ、じゅるるん」

「雄二君、あぁん、ダメだよぉ、そんな風に舐められたら、私も、あぁ、ふうぅ、イッちゃうぅ。ダメだったらぁ」

「おま×こヒクヒクふるえてる。瑞希、イキそうなのか?」

「はぁん、そうなの、もうおま×こ気持ちよくて、変になりそう。カラダがガクガクと震えて耐え切れないのぉ」

「イキたくなったら、いつでもイッていいからな」

瑞希は断続的なアクメを覚えて、ビクビクとカラダを捩らせていく。

とてつもない快感が襲ってきて、瑞希は満足感に包まれていった。

「んぁ、雄二君、気持ちイイ、気持ちいいよぉ」

「瑞希、クリもなめてやるよ」

「はぁん、そこは敏感だから、そんなに舐められたら、きゃぁ、あぁん」

雄二は瑞希の陰核を舌で転がし、レロレロと刺激していった。

肉豆は、うっすらと充血し、ほのかにピンク色になっている。

「瑞希、クリがヒクヒクしてる。それに、プクって膨らんでるよ。何か可愛い。生き物みたいだ」

「はぁん、だってぇ、気持ちよすぎて、クリがヒクヒクふるえちゃうのぉ」

「おま×こからもエッチなお汁がたくさん出てきて、大洪水になってる。うおぉぉおおお、凄いよ、ホントに」

「んんぁ、雄二君、ハァ、おま×こ、キュンキュンしちゃう、もう、気持ちよくなりすぎて、変になりそう。やぁん、もう変になってるかもぉ」

「変になってる瑞希、可愛くて堪らないよ。うん、瑞希、もっと見せて、エッチに乱れる瑞希が見たい」

「あぁ、ンンッ、んー、ハァん、雄二君、私、もうダメかも、あのね、限界だよぉ」

「うん、イッていいよ。瑞希がイクところをみたい」

「きゃーぁぁぁああああぁぁぁ。ダメェェェェえええぇええ、もう、イッちゃうぅうううぅぅぅう」

途端、瑞希のカラダがガクッと跳ねた。

そして、鋭いオルガスムスを感じ始める。

「瑞希、イッたのか? おま×こがキュッと締まったよ」

「うん、イッちゃった。何か恥ずかしいけど、イッちゃったの」

子宮頸管粘液がドプっとふき出してきて、それが、ツツツと流れていく。

トロトロになった淫裂は、熟した果物のようにも見えた。

「雄二君、このまま続きしよ。私、エッチしたいよ」

「俺もしたい。瑞希と結ばれたいんだ」

雄二はそう言うと、制服のブレザーを脱ぎ、それを床に敷いた。

そして、その上に瑞希を寝かせる。

「床だから、ちょっと痛いかもしれないけど、ブレザー敷いたから我慢してね、瑞希」

「うん。大丈夫だと思う。ありがとう雄二君」

「それじゃ、挿れるから。挿れてもいいよね?」

「うん、来てぇ。おちん×んを、ズボズボしてほしいのぉ」

「わかった、たっぷり突いてあげるから」

仰向けに寝た瑞希の脚を、左右に広げていく。そして、秘部に向かってペニスを突き立てていくのであった。

「よし、瑞希、挿れるぞ、いいな?」

「はぁん、来てぇ、早く挿れて欲しいのぉ」

瑞希の甘い声を聞き、ペニスは暴発寸前なほど、膨れ上がっていく。

ずぶずぶずぶずぶ。

「あぁ、入ったぁ、ち×ぽがおま×この中にぃ」

「はぐぅ、うん、入ってるのぉ、凄く気持ちいいよぉ」

「少しずつ動いていくからな」

「ハァ、ハァ、うん動いて、おま×こ中をシコシコ擦ってほしいのぉ」

雄二は必死になってペニスを動かし始めた。

にちゃ、くちゃ、ちゅちゃ、と、淫猥な音が鳴り響いていく。

(ぁ、ああぁ、やっぱり、セックスって気持ちいい、瑞希のおま×こ、ホントに最高だよぉ)

ひっそりと静まり返った放課後の教室は、二人だけの世界になっていた。

瑞希はウルウルとした瞳で雄二を見つめる。

「瑞希、気持ちイイか?」

「うん、気持ちイイよ、私、雄二君とエッチするの好きなのぉ、何か頭がフワフワして、とにかく幸せな気分になるのぉ」

「俺も幸せだよ、瑞希と一つになると、心の底から嬉しくなるんだ。ホントありがとう、瑞希」

ゆったりとしたペースで抽送を続けていた雄二であったが、少しずつペースを上げていった。

ずんずんとペニスを動かしていくと、素晴らしい快感が襲ってくる。

「雄二君、ねぇキスしてくれる? キスされながら、ズボズボされたいの」

「わかった、いいぞ、俺もキスしたい」

姿勢を傾け、雄二は瑞希に覆い被さった。

そして、そのまま唇を奪っていく。

「ちゅちゅ、ちゅぱん、にちゅ、ちゅちゅー」

キスの雨を降らせていく雄二。

もちろん、ただのキスでは終わらない。

「んぐ、れろん、じゅる、じゅるるる、チュチュ」

雄二は自分の舌を絡めていく。激しいディープなキスが展開されていくのであった。

(雄二君の舌が、私の口の中に、あぁん、何かとっても温かいのぉ)

と、瑞希は感じていた。

同時に、雄二も瑞希の唾液を啜り合い、貪るようにキスを生み出していく。

「んなぁ、じゅるん、じゅるるる、ちゅぱん、チュッパ、ちゅぱぱ」

(あぁん、雄二君、気持ちいいよぉ、愛されてる感じがする。キスされながら、おま×こ突かれると凄く気持ちいい、はぁん、堪らないのぉ)

やがてキスを止めると、雄二は抽送のリズムをさらに押し上げていった。

ずりゅ、めりゅと膣内を怒張が擦り上げ、快感を発生させていく。

「うぉぉ、瑞希、気持ちいいよ。とにかくおま×この中がトロトロで、ち×ぽに絡みつくんだ」

「きゃわぁ、ぁぁぁああん、ダメぇ、私も気持ちいいのぉ、雄二君、もっと突いてぇ、突いてほしいのぉ」

「うん、たくさん突くからな。おま×こを突くほどに、キュキュッとしまっていくよ。陳皮が、包み込まれて、とにかく心地いいよ」

「雄二君、雄二君―、ああぁん、凄く気持ちいいのぉ。私、またイキそうになってる」

「なぁ、瑞希、今度は体位を変えてみたいんだけどイイかな?」

「え? 体位を変えるの?」

「うん、えっと、後ろから挿れてみたいんだ。その、ダメかな?」

「イイよ、雄二君がしたいようにして」

「じゃあ、瑞希、四つん這いになれるか?」

「四つん這い? 何か恥ずかしいけど、わかった、してあげるね」

一旦ペニスを抜くと、瑞希は四つん這いになり、お尻を高く上げた。

ヌラヌラと光る淫裂が、どこまでも卑猥に見える。

「瑞希、お尻の穴まで丸見えだよ」

「だ、ダメだよぉぉぉおお、そんなとこ見ちゃぁー」

「ヒクヒク震えてるお尻も可愛いね。イタズラしたくなっちゃう」

「ダメだったらダメェェェええええ。お尻はエッチなことに使う穴じゃないのぉ」

「そうなのかな? でもわかったよ、今回はおま×こに挿れてあげるから」

「早くしてぇ、この体勢、意外と恥ずかしからぁ」

雄二は、瑞希の淫裂にペニスを押し当て、そのまま貫いていった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました