連載官能小説『幼馴染に結婚してくれと言われてしまった』第8回

連載官能小説

連載官能小説『幼馴染に結婚してくれと言われてしまった』第8回

めりゅ、めりゅりゅ、じゅぶりゅ。

「あぁん、おちん×ん入ってきたのぉ」

「うぉ、これがバックか、なんか感慨深いよ」

「雄二君、速く動いてもイイよ、そっちの方が気持ちよくなれるからぁ」

「わかった。速くしてもイイんだな。よし、それじゃ、もう少し速く動くから」

雄二は、抽送のリズムを速めていき、膣内の感触を味わっていく。

肉ヒダをペニスが擦り上げていくと、それだけで心地よくなっていくのであった。

「んん、はぁ、激しい、雄二君、激しいのぉ」

「うん、激しいのがイイんだろ? 俺もそっちの方が興奮するよ」

「そうなの。激しいのがイイ。その方が本気のエッチしているって感じがするよぉ」

「そうだな。確かにそうかもしれない」

「雄二君のおちん×んが奥まで届いてぇ、なんか独特の感じだよぉ」

必死になってピストン運動を続けていく雄二。

突くほどに、吐精感が湧き出してきて、耐えるのがしんどくなっていく。

「んぐ、あぁん、あぁ、雄二君、おま×この奥におちん×んが当たってるのぉ。ふあぁん」

「奥までち×ぽが当たると、やっぱり気持ちいいな、最高だよ」

「うくぅ、はぁん、雄二君、ハァぁぁああ。ンンッ、きゃんんんー」

「瑞希、おっぱいも弄ってやるよ。そっちの方が興奮するだろ?」

「えぇぇぇええ、おっぱいも、おっぱいも弄るの?」

「うん、ち×ぽでおま×こ突きながら、胸を揉みしだくと、何か犯している感じがするんだよ」

「はぁん、犯すって、なんか卑猥だよぉ、で、でも、やってみてぇ、ズボズボされながら、おっぱい弄ってほしいのぉ」

その甘い声を聞きながら、雄二は姿勢を前傾にさせていく。

そして、覆い被さるような体勢になると、強引に乳房を揉み始めた。

(うぉ、瑞希におっぱいってホントに柔らかいんだなぁ、揉みごたえがあるっていうか、凄い感触だ)

「はぁん、雄二君、手つきがいやらしいの。おっぱいそんなに好きなの?」

「うん、好きだよ。嫌いな男なんていないよ」

「私、興奮してるのぉ、おっぱい弄られながら、おちん×んでおま×こをシコシコされてるぅぅうう、ホントに犯されてるって感じがするのぉ」

バックから挿入を繰り出していくと、獣が交尾しているような感じになる。

だが、その背徳的な感覚が、二人を興奮の中に巻き込んでいくのであった。

(私、雄二君に犯されてるの? 無理矢理されてるみたいで、何だか興奮しちゃう。こんなに発情するなんて)

「瑞希、おま×こがキュキュって締まるよ、んん、ち×ぽが甘締めされて、かなり気持ちいいんだ」

「はぁう、ふぅん、ひゃぁ、わ、私も、気持ちイイ、雄二君のおちん×んで突かれると、何だか幸せな気分になるぅ」

瑞希は、床に敷いた雄二のブレザーをキュッと握りしめて、快感に耐えている。

対する雄二も激しい吐精感を抑えながら、懸命にピストンを続けていく。

「うぐぅぅ、あぁ、あぁん、ンンッ、はぁん、雄二君、あぁ、もっと、もっと突いてぇ」

「瑞希のおま×この中、トロトロになっていて、凄いよ、ヌルヌルで、ち×ぽがスムーズに動くんだ」

「はぁん、だってぇ、そんな風にされたら、誰だって興奮しちゃうのぉ、もう、ダメ、雄二君、また、私イッちゃいそうだよぉ」

「んんぐぅ、そうか、俺も、もう少しでイケそうなんだ。だから一緒にイキたいよ」

「はふぅん、うぐくぁ、一緒に、一緒にぃ、イキたいのぉ」

「うおぉぉおぉおおおお、瑞希ぃ、うう、ホントに気持ちいい、あぁ、最高だ、このまま蕩けてしまいそうだよ」

「うぅん、雄二君、おま×こ、ジンジンしちゃってぇ、あぁん、刺激が強すぎるのぉ」

「突きまくってると、おま×こがどんどんふるえていくよ。あぁ、そろそろだ、瑞希、俺もイキそう! 精子が出そうだよ」

「精子出そうなの? 雄二君??」

「うん、そうだよ。中に出してもイイか?」

「はぁん、雄二君、中に出して、中に精子をビュルビュルって出して欲しいのぉ」

「よし、中にたくさん出してやるからな、うぉぉぉ、気持ちよくて堪らないよ」

ゾクゾクとカラダをふるわせていく雄二。

そして、二人はシンクロするようにオルガスムスを覚え始める。

「んんぁ、雄二君、ダメェェェェえええ、イッちゃうのぉぉおおおおぉ」

「俺もダメだ! 限界、精子が出る‼」

次の瞬間、ドクドクと激しいスペルマが発射された。

ビュルビュル、ドピュピュ、ピュピョプ、ブピュ、プビョプビョ。

「はぁ、雄二君、精子が出てる、お腹の中にたくさんの精子がぁ」

「うん、どんどん精子が出てくるよ、もう止まらないんだ」

「ぁあぁあああん、お腹が熱い、何か満たされてるような気がするのぉ」

「中出しセックス最高だよ。後ろから突いて、精子をおま×こに出すと、本気のエッチをしている感じになるんだ」

「ハア、ハァぁぁ、私も、雄二君に愛されてるって感じがするのぉ。雄二君、大好きだからね」

「俺も好きだぞ、瑞希、大好きだ!」

二人は崩れ落ちるように床に突っ伏すと、激しく抱擁をかわした。

セックスの余韻に浸っていくと、甘いムードが流れていく。

「雄二君、気持ちよかった。ありがとう、私ホントに幸せだよぉ」

「俺もだよ、凄く最高のセックスだった」

「ねぇ、雄二君、キスしてぇ、私、セックスの後にキスされるの好きなの」

「うん、わかった、キスするよ」

そう言い、雄二は唇を重ねた。

「んちゅ、ちゅおぱ、ちゅぱん」

触れるだけの些細なキスが展開される。

そして、二人はねっとりと唇を重ねながら、再びキュッと抱き合ったのであった。

 

 

翌日――。

(瑞希とのセックス、やっぱり最高だよな)

と、雄二は感じていた。ここ数日で一気に大人になったような気がする

自室のベッドで、彼が寝転んでいると、スマホに連絡が入った。

(あ、瑞希だ、なんだろ?)

「もしもし、瑞希か」

「うん、雄二君、今大丈夫?」

「あぁ、大丈夫だけど。何かあったのか?」

「ねぇ、私たち、付き合ってるよね?」

「うん」

「結婚するんだよね?」

「うん」

「なのに、雄二君、デートに誘ってくれない。それはなぜ?」

急にそう言われ、雄二は黙り込んでしまう。

そういえば、付き合ってからデートとかしてないし、その提案もしなかった。

「ゴメン、そうだよな、デートしたいよな。じゃあ今度の日曜、一緒にどこか行こう」

「雄二君、実はね、日曜日、私の親いないの」

「え、そうなのか?」

「そう。だから、デートした後は、一緒にお部屋でまったりしたいな」

「わかった、そうしよう。じゃあ、とりあえず日曜日はデートしよう」

「どこに行くの?」

「う~ん、そうだなぁ、例えば遊園地とかはどうかな?」

「遊園地かぁ、そうだねぇ、それもイイかもしれない。じゃあ楽しみにしてるから」

「わかった。それじゃ日曜日に」

二人はデートする約束をして、電話を切った。

日曜日――。

「今日は瑞希とデートだ。楽しみだなぁ」

待ち合わせ場所で、雄二は待っている。

すると、可愛い白のワンピースに身を包んだ瑞希が現れた。

「雄二君、おはよう」

「あぁ、おはよう」

「どうしたの? 口ごもって」

「いや、何か可愛い格好だなって思って」

「エヘヘ、可愛いでしょ、今日のために買ったんだぁ」

「そうなんだ、それじゃ瑞希、行こうか」

二人は遊園地を夕方まで楽しみ、最後に観覧車に乗った。

「雄二君、今日はありがと、楽しかった」

「まだサヨナラじゃないだろ。これから瑞希の家に行くんだから」

「あ、そうだよね、ねぇ、お家に行ったら一緒にお風呂入ろうか?」

「え、お風呂に? いいのか?」

「うん、イイよ。私、雄二君と一緒にお風呂に入りたいかな」

「よし、じゃあ、入ろう」

すると、雄二のペニスがビクンと反応した。

咄嗟に股間を抑える雄二。もちろん、その姿に瑞希も気づく。

「雄二君、興奮しちゃったの?」

「うん、ゴメン」

「いいの、そしたら家に帰ったらすぐにお風呂入ろ、そしたら色々サービスしてあげるから」

「わかった、そうしよう」

観覧車を降りた二人は、そのまま瑞希の自宅に向かい、一緒にお風呂に入った。

「瑞希の家、変わってないな」

「そうかな、浴室はリフォームしたけどね、でも、雄二君が来るのは久しぶりかも、ゆっくりしていってね」

生まれたままの姿のなった瑞希は、どこまでも綺麗であった。

まるで天使と形容できるような神々しさがある。

「雄二君、もうおちん×んが大きくなってるね」

「瑞希が魅力的だから」

「フフ、ありがと、そしたら、私から雄二君を気持ちよくさせてあげるからね」

瑞希はそう言うと、湯を張ったバスタブに雄二と共に入り、ペニスをしごき始めた――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました