連載官能小説『幼馴染に結婚してくれと言われてしまった』第9回

連載官能小説

連載官能小説『幼馴染に結婚してくれと言われてしまった』第9回

(瑞希の手つき、ホントにいやらしいや)

いきり立った怒張をしごかれると、途轍もない快感が襲ってくる。

何度味わっても、この感触は素晴らしいものがあった。

「おちん×ん、破裂しそうだね」

「うん、それだけ興奮してるんだよ」

「先っぽからエッチなお汁が出てる。フフフ、ヌルヌルだね」

「はぐぅ、瑞希、どんどん触り方がエッチになってるよ。ホント卑猥だ」

「雄二君が私をエッチにしたんだよ。ニチュニチュしてて、何か独特だね」

瑞希はせっせと雄二のペニスを弄り続け、快感のレベルを押し上げていく。

雄二の額には、汗が浮かび上がる。それが湯船に落ちていった。

「雄二君、パイズリだっけ? それ、してあげよっか?」

「パイズリしてくれるの?」

「うん、上手くできるかはわからないけど、やってあげられるよ」

ゴクリと生唾を飲みこむ雄二。

パイズリは魅力的な提案である。やってほしいという欲望が浮かび上がるのであった。

「してほしいかな。やってみて、瑞希」

「わかったぁ、やってあげるよ」

そういうと、瑞希はたわわに実った乳房の谷間に、ペニスを挟み込んだ、

プニプニとした質感が、怒張を包み込んでいく。

「どう? 雄二君、パイズリって気持ちいいの?」

「えっと、まだよくわからないや、でも、気持ちイイよ。フワフワとしている感じかな」

ゆさゆさと、乳房をふるわせて瑞希は心地いい刺激を与えていく。

胸の谷間にペニスを入れただけなのに、どうしてこんなにも気持ちよくなってしまうのだろう?

「はぁん、おっぱいの中で、おちん×んがどんどん大きくなってる。それにビクビクとふるえていて、その感触がダイレクトに伝わるの」

「瑞希のおっぱい柔らかくて、それでいて、優しい匂いがするね。うん、俺も嬉しい、こんな風にしてもらって、ホントに幸せだよ」

「ハァあん、そうだね、私も幸せ、ずっと雄二君と一緒にいたいって思ってから。なのに、雄二君は全然気づいてくれないんだもん」

ペニスを胸の谷間で挟み込み、ゆさゆさと動かしている瑞希であったが、彼女の額にも汗が浮かび上がってきた。

「瑞希、可愛いよ。ち×ぽをしごいている姿、とにかく素敵ななんだ」

「私、雄二君に気持ちよくなってもらいたいの、雄二君、もっと気持ちよくなってぇ」

「はぐく、十分気持ちいいよ。ち×ぽがゾクゾクするんだ」

ビクビクっと、ペニスがふるえていく。

少しずつ射精感がせり上がっていくのを覚え始める。

「雄二君、このままおちん×んを舐めたらどうなる?」

「舐める? そんなことされたら、俺、もう耐えらないかも」

「フフフ、イキたくなったら、いつでもイッていいからね」

「ハァ、ハァ、瑞希、気持ちよすぎるよ、ち×ぽが蕩けそうなんだ」

「んちぃ、ちゅるん、れろん、れろれお」

舌先を伸ばし、ペニスに当てていく瑞希。

谷間に怒張を挟まれて、さらに先っぽを舐められると、とにかく心地いい。

「うぉ、凄い刺激だ、瑞希、堪らないよ、それ。ううぅ」

「雄二君のおちん×ん、どんどんエッチなお汁が出てくるよ」

亀頭の先端から、チロチロとカウパー腺液がにじみ出してくる。

「ううぅ、瑞希、ダメだ、俺、もうイキそう、出してもイイの?」

「うん、いいよ。出してぇ、おち×ぽからドクドク精子出して欲しいのぉ」

射精感は耐えがたく、もう限界が近い。

下半身に力を入れていたのであるが、暴発寸前であった。

「あぁ、ダメだよ。瑞希、出る! 精子出ちゃう‼」

その言葉を受けた瑞希は、肉胴部分を谷間で擦り上げ、さらに先端を舌先で弄んでいった。

そして、とうとう雄二の欲望が炸裂する。

「うあぁぁぁあああ、出るっぅぅぅううううう!!!」

びゅぴゅびゅっと、勢いよくスペルマが放出される。

飛び出した精液はキレイな放物線を描いて、瑞希の顔に降りそそいだ。

「あぁん、熱い、精子が熱いのぉ、雄二君、たくさん精子出たねぇ」

「うん、凄く気持ちよかった。こんな感覚、ホントに素晴らしいよ」

「雄二君、私も興奮しちゃったの。ねぇ、おま×こ触ってみてぇ」

お湯の中に手を入れて、瑞希の秘部に指を当てる。

すると――。

「あ、凄いヌルヌルだよ、瑞希」

「はぁん、そうなの、おち×ぽをパイズリしてたら、私も興奮しちゃったの。おま×こからエッチなお汁が止まらないのぉ」

「瑞希、お尻をこっちに向けられる?」

「お尻を? 何をするの?」

「今度は俺が瑞希のおま×こを弄ってあげるよ」

雄二は湯船に浸かったままである。そして、瑞希は立ち上げると、姿勢を反転させ、お尻を雄二の方に向けた。

「なんか恥ずかしけど、雄二君におま×こ見られてる、はぁん、雄二君、卑猥だよ、この恰好」

「卑猥なポーズが好きなんだ。瑞希、おま×こが丸見えだよ」

手で小陰唇のビラビラをひらくと、ヌラヌラと光る膣口が顔を出す。

雄二は、彼女の性器に指を当て、スリスリと擦り上げていった。

「んんあぁ、雄二君の指があそこに当たって……、ん、ンンッ、恥ずかしいけど、気持ちイイよぉ」

「瑞希のおま×こ、ヌルヌルになってる。指がスムーズに動くんだ」

「はぁん、ダメだよぉ、そんな風に弄ったら、おま×こどんどん濡れちゃうしぃ。あぁ、ますますエッチになっちゃうのぉ」

「エッチな方が俺は好きだよ、瑞希のエッチなおま×こ、たくさん弄ってあげるから」

指で陰部を刺激していくと、ますます潤みが出てきて、指先をねっとりと包み込んでいくのであった。

「瑞希のおまんこってホントキレイだね。ムダ毛が生えていないし、何かすごくエッチなんだ。それにお尻の穴もヒクヒクして、触りたくなっちゃう」

「きゃー。お尻はダメなのぉ、そこは弄る場所じゃないからぁ」

「少しだけ、お尻弄ってもいいでしょ? もしかすると、気持ちイイかもしれないよ」

「ダメだったらダメェェ、そんな場所、汚いから止めてよぉ」

「瑞希のカラダに汚い場所なんてないよ。だから大丈夫さ、ね、ちょっとだけだから」

雄二は強引であった。ヒクついているアヌスを見ていると、どうしても弄りたくなってしまうのである。

「お尻、ヒクヒクして可愛い、瑞希、お尻の穴に指を当ててみるから」

「はぐくぅ、雄二君の意地悪ぅ、そんな場所は絶対に弄っちゃダメなのにぃ」

指先を唾液で湿らせ、そのままゆっくり貫いていく。

菊穴はかなり窮屈であり、指先をギュッと締め付けていくのであった。

「おぉ、ゆ、雄二君、キツイよ、お尻がキツイのぉ」

「締め付けが凄い、指が噛み付かれてるみたいだ。でも、奥まで挿れるとフワフワしてるね」

アヌスは入り口の締めつけがキツく、中に入れると、そうでもないのである。

その独特な感触に、雄二は驚いているのであった。

「雄二君、もうダメだよ、こんなのいけないよ」

「いけなくなんてないよ、アナルセックスとかあるし、お尻の穴だって気持ちいいはずなんだ」

「でもぉ、こんなの変態的な行為だよぉ、恥ずかしいし」

「アナルセックスもしてみたいなぁ、ねぇ、瑞希、今度挑戦してみない??」

「ダメだよぉ、そんなの、おま×こを使ってほしいの。うぐく、お尻が熱いのぉ」

指先をシコシコと動かしていきながら、雄二はアナルの感触を味わっていく。

ただ、瑞希も激しい窮屈な印象を覚えていたが、引き抜かれる時の快感を覚え始めた。

「ん、ンぁ、あぁん」

「瑞希、エッチな声が出てるよ。お尻、気持ちいいんじゃないの?」

「そ、そんなこと、あぁん、ダメぇ、そんなに動かしちゃ」

「ホントは気持ちいいんでしょ? 瑞希、認めなよ、別に恥ずかしいことじゃないんだから」

「ゆ、雄二君、あのね、引き抜かれる時、ちょっと気持ちイイかも」

「抜く時がイイんだな? よし、やってやるよ」

雄二は、指をずっぽりと、直腸の奥まで入れていくと、そのまま一気に引き抜いた。

「きゃー、あぁん、そんなに激しくしたらダメェ」

「瑞希と、お尻を弄っていったら、おま×こからエッチなお汁があふれ出してきたよ、興奮してるんだね? お尻を弄られておま×こ濡らすなんて、ホントエッチだよ」

「だってぇ、雄二君がいやらしく弄るからぁ、ハァン、お尻が気持ちよくなってる」

雄二はシコシコと指を出し挿れして、快感を生み出していく。

指を引き抜くときに、瑞希はガクッとカラダをふるわせていくのであった。

「お尻とセットにおま×こも弄ってあげるよ」

雄二は二穴を同時に責め続けて、快感を生み出していく。

「あぁん、ダメ! そんなの、激しいのぉ。おま×ことお尻を弄られて、私、気持ちよくなってるのぉ」

「瑞希、おま×こがキュッと締まってるぞ、ホントにエッチなだなぁ、お尻を弄られて感じるなんて」

「んぐ、雄二君、ねぇ、私もイキそう、ゾクゾクしちゃって、もう止まらないのぉ」

「瑞希、イッてイイぞ! たくさんイッてごらん」

次の瞬間、瑞希のカラダがビクッと跳ねた。

鋭いオルガスムスが全身を貫き、イッてしまったのである。

「ハァハァ、雄二君、私、イッちゃったよぉ、お尻とおま×こをダブルで弄られて、イッちゃったのぉ」

「瑞希が気持ちよくなってくれて嬉しいよ。だけど、瑞希、俺またち×ぽがこんなになっちゃった」

雄二の怒張は、激しく隆起し、いきり立っている。

赤黒く変色し、さらに肉胴部分には血管が浮かびあがっていた。

「うん、雄二君、このままエッチしよ」

「よし、二人で一緒に気持ちよくなろう」

二人の淫らな時間はまだまだ続くのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました