告白手記『隣人の美熟女』第2回

告白手記

告白手記『隣人の美熟女』第2回

佐々木さんは、挑発的な下着を身につけています。

その淫らな格好を見ていると、僕のペニスもますます大きくなっていくのでした。

「じゃあ、下着、脱いであげるね」

「はい。ホントなんですか?」

「ホントに決まってるでしょ。さぁよく見て、これがおま×こなの」

佐々木さんはショーツとブラを脱ぎ捨て、全裸になりました。

非常に美しいカラダです。

二十代といっても十分に通用するカラダであると感じました。

僕は食い入るように、佐々木さんの性器を見つめ、ゴクリと生唾を飲み込みます。

「こっちの太いお肉が大陰唇。そして、その奥にある薄いお肉が小陰唇っていうの、知ってる?」

「はい、まぁ、聞いたことはあります」

「どう? 触ってみたいと思わない?」

「え? でも、イイんですか? そんなことしても」

「ええ、いいわよ。立花君、可愛いから、特別に触らせてあげる」

佐々木さんは、僕の手をギュッと握りしめると、それをそのまま自分の陰部に持ってきました。

「さぁ、触って」

「はい」

僕は恐るおそる佐々木さんの性器に触れます。

にちゃ、ぬちょ。

女の部分は、しっとりと濡れており、テカテカと光っていました。

「あ、濡れてます。佐々木さん」

「そうなの。私ね、立花君とこんな関係になりたいと思っていたの。だから、おま×こも濡れちゃうのよ」

「そうなんですか……。それは嬉しいです」

「おま×こ、ヌルヌルでしょ?」

「はい、凄く濡れてます」

「そうなのよ。女はね、興奮するとあそこを濡らすのよ。ほら、もっと弄って」

急かされて、僕は女性器を弄ります。

温かくてヌメヌメとして、僕の心は踊っていきます。

「そろそろ、指を挿れてみてくれる? だけど、あんまり激しくしちゃダメよ。デリケートな部分だからね」

「優しく弄ればいいんですね?」

「そうなの。優しいタッチで触ってちょうだい」

僕は指先を膣口に持っていき、そこをしばらくスリスリしていました。

女性器の形は歪ですが、どういうわけか興奮してしまいます。

そんな風にしながら、僕はとうとう指先を膣内に挿入していきました。

「んんぁ、あぁん、立花君の指が私の中に入ってきたのぉ」

「うわぁ、中も凄く温かいです。それにヌメヌメだ」

「そうよ、これがおま×こなの。もっとたくさん弄って」

佐々木さんの口から洩れる淫声は、徐々に色気を帯びていき、僕を興奮させるのでした。

膣内は、しっとりと温かく、それでいて、肉ヒダがざらついています。

それが、指先にピッタリと吸い付き、キュキュ―と密着していくのです。

指先を挿れただけでも、これだけ興奮するのですから、ペニスを挿れたらどうなってしまうのか?

考えるだけでも、ゾクゾクとしていくのでした。

「ンッ……あぁん、立花君。クリも、クリトリスも弄って」

「え? クリトリス?」

その存在は僕も知っています。

しかし、イマイチその場所がどこなのかわかりません。

すると、それを見ていて佐々木さんが指で、ある場所を指しました。

「クリトリスはココよ」

膣口の上方部に、包皮に包まれた一角があります。

何やらぷっくらと膨らんでいるようにも見えるのです。

僕は試しに包皮を剥いてみました。

途端、ピュッと白い豆のようなものが飛び出してきたのです。

「あぁ、何か飛び出してきました」

「はぁん、それがクリよ、そこを弄ってみてぇ、だけど、あんまり乱暴にしちゃダメよ。クリはとっても敏感な部分だから」

クリトリスが、女性の一番感じる部分だというのは、僕も知識として知っています。

ですが、触るのは初めてなので、どこか緊張してしまうのでした。

指の腹を使って、軽く陰核を押してみます。

すると、佐々木さんのカラダがビクッと跳ねました。

「んぁ、あぁん、気持ちイイ……、立花君、気持ちイイわぁ」

「何かエッチなお汁がたくさん出てきました。それに、こんなに糸を引いていますよ」

クリと並行して膣口に触れると、半透明の糸がツツツと伸びるのが確認できます。

それは、どこまでも淫らな光景であり、僕の興奮も高まっていくのでした。

「んぐ、ぁぁあああん。立花君、上手よ、私も凄く気持ちい。そうしたら、今度はあそこを舐めてみましょうか? 舐めてみたいと思わない?」

「舐めてもいいんですか?」

「えぇいいわよ。私ね、クンニされるの好きなの。頭がフワフワして、耐え切れなくなるからぁ」

もちろん、僕は女性器を舐めるのは初めてです。

しかし、舐めたくて堪らなくなっていました。

スッと、性器に顔を近づけると、ツンとした、チーズのような香りが鼻を突くのです。

僕は鼻を動かし、匂いを嗅いでいきます。

すると、佐々木さんは恥ずかしそうに、顔を赤くさせます。

「そんな、立花君、匂いなんて嗅がないで。あぁん、恥ずかしいわ」

「凄くイイ匂いがするんです。堪りません」

「はぁん、私、おま×この匂いを嗅がれて、興奮してる。う、うぅ、立花君ったらホントにエッチなんだから」

「んちゅ、じゅる、ちゅぱ」

僕は舌先をフルに使って、陰部を舐め回していきます。

「キャー。気持ちイイ。おま×こ舐められて発情してるのぉ」

レロレロと舐めていくと、たっぷりとおま×こから蜜がふき出してきます。

やや酸味のある蜜が僕の口内に流れ込み、興奮のレベル押し上げていくのでした。

「んじゅる、佐々木さん、おま×こたっぷり濡れていて、凄いヌルヌルになっています」

「はぁん、そうなの。私、立花君におま×こ舐められて興奮してるの。発情した獣みたいになっているのよ」

「じゅる、しゅぱ、しゅぱぱ。ちゅるん」

僕は必死になっておま×こを舐めます。

堪らなくなったのが、佐々木さんは、さらなる提案をしてきます。

「立花君。クリも舐めて……、クリもベロベロってしてほしいのぉ」

「わかりました。クリも舐めればいいんですね」

陰核を舌先で転がすように舐めると、佐々木さのカラダがビクビクと跳ねていきます。

どうやら、感じてくれているようです。

その姿を見ていると、僕も嬉しくなります。

初めての女性器を弄り、そして舐めて、素敵な女性を気持ちよくさせているのですから、こんなにも嬉しいことはありません。

「クリトリスが、大きくなってきた気がします」

「はぁん、そうよ、そこは、興奮すると、プクって大きくなって飛び出してくるの。あ、あぁぁん、その調子で舐めて、私もイキそうになってるから」

「イキそうなんですか?」

「そうよ。もう少しでイケる。イキたいのぉ」

僕自身、ゾクゾクとしています。

同時に、佐々木さんも快感の極みに達したようで、不意に性器がキュッと締まりました。

そのまま続けて舐めていくと、今度はおま×こがブルブルとふるえていきます。

「あぁん、立花君。私、もうダメ、イッちゃうわ。イッてもイイ?」

「はい、イッてください。イクところが見たい。佐々木さん!」

僕は最後のスパートをかけていきます。

ベロベロと舌を高速に動かし、クリや陰部を舐めていきます。

そして、とうとう快感の波が佐々木さんを襲ったようです。

ガクガクとカラダを捩らせると、そのままガクッと崩れ落ちました。

おま×こがヒクついて、チロチロとおしっこみたいな液体が流れ出していきます。

「佐々木さん、イッたんですか?」

「えぇ、そうみたい。凄く気持ちよかったわよ」

「それはよかったです。僕、初めてだから、上手くできたか不安で……」

「ううん、とっても上手だったわよ。初めてとは思えないくらい。エッチな素質があるのかもしれないね」

とりあえず上手くできたみたいで、僕はホッとします。

「立花君、おちん×んが苦しそうね」

「はい、僕も興奮しちゃって」

「なら、今度は私が気持ちよくさせる番ね。こっちへいらっしゃい」

佐々木さんは手招きして僕を誘います。

そして、僕を仰向けにさせると、いきり立ったペニスを握りしめました。

女性の手で肉棒を握られるのは初めてです。

とにかく今日は、初めて尽くしで興奮してしまいます。

「立花君におち×ぽ、とっても大きくなって魅力的ね。逞しくて、惚れぼれしちゃうわ」

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました