告白手記『隣人の美熟女』最終回

告白手記

告白手記『隣人の美熟女』最終回

佐々木さんは、そう言うと、僕のペニスを握りしめ、優しいタッチで上下に扱き始めました。

「ん、くぅ、うぁ」

堪らない快感が降り注いできます。

これまで、性処理といったら、自慰行為しかありませんでしたから、このように第三者にイチモツを弄られると、ここまで気持ちよくなると知らなかったのです。

「どう? 気持ちいいかしら、立花くん」

「はい、凄く気持ちいいです。こんな感覚味わうのは、初めてですよ」

「フフフ。手コキっていうのよ。まぁ知ってるかもしれないけど」

「はぅ、佐々木さん、どうしてこんなことを?」

「決まってるでしょ。あなたが可愛いからよ」

僕は女の人に可愛いと言われた経験はあまりありません。

だからこそ、佐々木さんが冗談で言っているのか、それとも本気で言っているのかわかりませんでした。

「実はね。下着をベランダに入れたの、あれはわざとなの」

「え? わざとだったんですか?」

「そう、あなたに近づくためのね。私ね、気になった男の子には徹底的にアプローチするタイプなの」

「そ、そうだったんですか……」

「もしかして引いた?」

「いえ、ただ少し驚いただけです」

「フフ……、でもこうしてお近づきになれたんだから、私は満足しているわ。だからね、たくさん気持ちよくしてあげる」

佐々木さんは手コキで僕を気持ちよくさせると、さらに提案してきました。

「立花君。おち×ぽ舐めてほしい?」

「舐める? それってフェラチオですよね? イイんですか?」

「えぇ。あなたのおち×ぽ、とっても大きいから、舐めてあげたいの。ダメ?」

と、上目遣いに見つめてくる佐々木さんに、僕はたじたじとしてしまいます。

フェラチオなんてしてもらったことがないのですが、興味はあるのです。

「し、してもらいたいです」

「正直ね。その言葉を待っていたわ。じゃあ舐めてあげるから」

佐々木さんは、顔をペニスに近づけ、そして、舌先でイチモツをなぞり始めます。

僕は思わず、ビクッとカラダをふるわせてしまいました。

それだけ、心地いい刺激が襲ってきたのです。

「立花君。おち×ぽがビクビクふるえているわ」

「はい、あまりに気持ちよくて、ちょっとびっくりしちゃいました」

「これからが本番よ。ちゃんと我慢しないとダメよ」

「はい、頑張ります」

佐々木さんの口腔内は、しっとりと温かく、それでいてヌメヌメと滑っていました。

スムーズにペニスを動かし、包み込んでいくのです。

「ぐ、うぁ、うぅ、うわぁあ」

僕は短い嗚咽を吐きます。

快感のレベルはすさまじく、耐えるのがしんどくなっていくのでした。

「んじゅ、じゅるん、じゅぼん、じゅるるる」

激しい淫音を鳴り響かせて、佐々木さんは僕のペニスをしゃぶっていきます。

フェラチオがこんなにも気持ちイイ行為だとは、全く知りませんでした。

また、こんな風な快感を味わってしまうと、何というか元に戻れないような気がして、怖くなるのです。

「んん、じゅるん、じゅぼじゅぼ、どう、立花君、おち×ぽ気持ちイイでしょ?」

「凄く気持ちイイです。あの、我慢できなそうなんですけど」

「そう、ならイクところを私に見せてぇ」

「はぅ、うぉぉ、ダメだ、出る! 精子出ます」

「出してぇ、ビュルビュルって精子出して欲しいのぉ」

とうとう、僕は耐えきれなくなり、勢いよく精子を佐々木さんの口内に発射させます。

対する佐々木さんは、僕の精液を口いっぱいの含むと、なんと、そのまま飲み下してしまったのです。

「んぐ……、んじゅる、じゅるん」

「さ、佐々木さん、精子、飲んでくれたんですか?」

「えぇ。あなたの精子、とっても濃くて、美味しいの。ねぇ、これで終わりじゃないわよね?」

「終わりじゃないって、そ、その、続きしてくれるんですか?」

「えぇ、これで終わりじゃ、私イヤよ。だから、私とセックスしましょう」

セックス。

これも初めての体験です。

僕はドキドキしながら、佐々木さんを見つめます。

「ほ、ホントにイイんですか? セックスしても」

「そうよ。それとも、こんなおばさんが初めての相手じゃイヤかしら?」

「イヤじゃないです。むしろ、したいです」

「なら、しましょう。私が仰向けになるから、おち×ぽをおま×こにズボズボするのよ」

そう言うと、佐々木さんは仰向けに寝転がり、足を広げました。

ヌラヌラと光るあそこが、どこまでも魅力的に見えます。

「じゃあ、挿れて、立花君、場所はわかるでしょ?」

「はい、それは大丈夫だと思います。それじゃ、挿れますね」

僕はペニスを持ち、おま×こに押し当てます。

そして、そのままゆっくりと貫いていきました。

おま×この中は、ねっとりと温かく、それいで、にちゃにちゃとしていて、素晴らしい感触なのでした。

「立花君、少しずつ動かしていって。あんまり飛ばしちゃダメよ」

「はい、ゆっくりですね。こうですか?」

僕はゆったりとしたペースで腰をうがっていきます。

肉ヒダがペニスを擦っていくと、それだけで、心地よくなっていくのでした。

「上手よ、立花君、私も凄く気持ちイイの。これがセックスなのよ。どう? 初めてのセックスは?」

「えっと、凄い感覚で、おま×この中、ヌメヌメして、温かくて、ホント最高です。こんな快感があるなんて、知りませんでした」

「ウフ……、セックスは気持ちいいからね。私もあなたとできて嬉しいわ」

「はい、ありがとうございます」

「立花君、少しずつペースを速めていっていいからね。自分の好きなように、動かしてぇ」

「はぐぅ、佐々木さん、おま×こがキュッと締まります」

「そうよ。あまりに気持ちイイから、おま×こが自然と締まっちゃうのぉ、わざとじゃないのよ」

突くほどに、快感が降り注いできます。

先ほどイッたばかりだというのに、再び強い射精感を覚え、耐えるのがしんどくなっていくのでした。

「立花君、おっぱいも触って、少し乱暴にされるの好きなの」

「おっぱいですね。わかりました」

僕は、腰を突き続け、乳房を揉み始めました。

すると、それがペニスと繋がっているようで、気持ちよくなってしまうのでした。

「あぁ、ダメだ、佐々木さん、僕、またイッちゃいそうです」

「イキたくなったらイッてイイわ」

「どこに出せばいいんですか?」

「セックスの基本は中出しよ。中に出してぇ」

中出しという言葉を聞くと、僕の欲望も高まります。

そして、とうとう射精してしまうのでした。

ビュルビュルと、勢いよく子種が放出され、素晴らしい悦楽が僕を襲います。

全ての精を出し尽くすと、そのまま佐々木さんを強く抱きしめて、キスを求めました。

僕らは、熱く濃厚なキスを重ね、セックスの余韻に浸っていきました。

こんな風にして、僕の初体験は終わりを迎えたのです。

「立花君。これは二人だけの秘密よ」

「はい。わかっています。今日はありがとうございました」

ただ、僕と佐々木さんの関係は、これで終わりでした。

実は、翌週に佐々木さんは引っ越してしまい、そのままどこへ行ったのかわからなくなったのです。

たとえ一回でも、僕は佐々木さんと結ばれて、本当に嬉しく感じます。

時折、キレイな熟女を見ると、佐々木さんを思い出し、あの時のセックスが蘇るのでした。

〈了〉

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました