連載官能小説『【四十歳梨花】お隣さんと結ばれて』第5回

連載官能小説

連載官能小説『【四十歳梨花】お隣さんと結ばれて』第5回

(正常位か。一体どんな感じなんだろう)

期待を胸に、裕也はペニスを淫裂に押し当てていった。

やはり、膣口はヌルヌルになっている。

「挿れますよ。梨花さん」

「えぇ、きて。早くおち×ぽを挿れて欲しいのぉ」

「わかりました。じゃあ、いきます」

ずぶずぶずぶ……。

ペニスがゆっくりと膣内に吸い込まれていき、胎内の感触を味わっていくのであった。

「うぉ、凄い……、やっぱり気持ちイイです」

「はぁん、おち×ぽ、入ってきたのぉ。んんぐ、裕也さん動いて。おち×ぽでおま×こを突いてぇ」

「わかってます。あまりに気持ちよくて、うっとりしちゃいました。じゃあ、少しずつ動いていきますからね」

ゆったりとしたペースで、裕也は腰をうがち始める。

にちゃ、じゅちょ、と、淫猥な音がこだまして、裕也を興奮させていくのであった。

「正常位っていいですね。脚を広げた梨花さん、とっても魅力的なんです」

熟れに熟れた梨花のカラダは、汗で光り輝いている。

また、薄っすらと上気した頬も、彼女の色気を最大限感じさせる。

「裕也さん、突いて、もっと、突いてほしいのぉ」

「はい。激しいのがいいんですか?」

「えぇ。そうなの。激しくしてぇ、激しく私を犯してほしいのぉ」

「うおおぉぉぉ。わかりました。一気に突きますからね」

ずんずんと、いきり立った怒張で、膣内を掻きまわしていく。

快感の塊が降り注ぎ、とにかく心地よくて仕方ないのである。

「んんぁ、はぁああん、激しくなってきたわ。おま×こが疼いて……、あぁ、ンンッ……気持ちイイ……、裕也さんのおち×ぽ、ホントに最高よ」

「梨花さんのおま×こも、凄いですよ。何というか、ねっとりと絡みついて、それでいてち×ぽを甘締めするんです。うぉぉぉおおお。堪らないー」

と、歓喜の声をあげる裕也。

突くほどに悦楽に包み込まれて、裕也のストロークにも力が入っていく。

「んぐ、ハァん、ンンッ、あ、おち×ぽが奥まで届くわぁ、騎乗位とは違うけど、正常位は正常位のよさがあるわね」

「はい、自分のペースでできます」

「裕也さん、自分ヨガリのセックスになっちゃダメよ、しっかり女性も気持ちよくさせてくれなきゃ」

「もちろんです。俺、梨花さんを気持ちよくさせたいですから」

そう言うと、裕也はやや姿勢を前傾にさせ、梨花に覆い被さるような体勢を取った。

「ん、きゃー、裕也さん、何を?」

「堪らなくなって、抱きしめたくなったんです。ダメですか?」

「イイわよ。抱きしめながら、おま×こを突いて。そっちの方が気持ちよくなれるからぁ」

裕也はヒシっと梨花を抱きしめた。

梨花と密着すると、彼女の甘い香りが鼻をつき、ますます興奮していくのであった。

(あぁん、私、裕也さんに抱かれてるのね、とっても興奮しちゃうわぁ)

と、梨花は感じていき、悦びを最大に表現する。

対する、裕也はさらに行動を進め、梨花の唇を奪った。

「んちゅ、にちゅ、チュチュッ……、ちゅぱ、くちゅ」

キスをされた梨花も、ギュッと裕也を抱きしめた。

そのまま、彼女は自分の舌を裕也の口腔内にねじ込み、ディープなキスを展開していく。

「んじゅる、じゅる、じゅぱ、じゅぱん」

お互いの唾液を啜り合うと、本気のセックスをしているような気がする。

(うわぁ、梨花さんの唾液、ほんのりと甘いよ……、大人のキスをしているって感じがする)

と、裕也は感じながら、濃厚なキスを続けていくのであった。

「裕也さん。んぐ、気持ちイイ……、キスされながら、おま×こ突かれるの最高なのぉ」

「俺も最高です。とにかくち×ぽが気持ちよくて蕩けてしまうそうです」

「はぁ、んじゅる……、じゅぼん、にちゃ、裕也さん、はぁ、もっと、もっとしてぇ、堪らないのぉ」

一定のリズムで突き続けていた裕也であったが、少しずつペースを速めていった。

こうすると、一層ペニスが気持ちよくなり、裕也も恍惚とした表情を浮かべていく。

「ハァ、裕也さん、クリを……、クリを弄って、そっちの方が気持ちよくなれるからぁ」

「クリトリスですね。わかりました。それじゃ弄ってあげますからね」

裕也はキスを止めて、抽送を続けながら、手指を使って陰核に触れ始めた。

すると、ビクビクッと梨花のカラダがふるえていくのであった。

「きゃん、クリ、気持ちイイ……。そこをクリクリされると、とにかくうっとりとしちゃう。もっと、弄ってぇ。裕也さん、滅茶苦茶にして欲しいのぉ」

「はい。クリトリスを弄ったら、おま×こがキュッと締まりました。梨花さん、気持ちイイんですね? 俺も嬉しいです……」

「うぐぅ、クリを弄られると、自然とおま×こが締まっちゃうのぉ。だからもっとしてぇ、お願い。裕也さぁん……」

艶を帯びた梨花の声を聞きながら、裕也は抽送を続けていく。

快感は鋭くなり、次第に吐精感を覚え始める。

「んなぁ、ぁああああぁぁぁ。裕也さん、おち×ぽが……、おま×こを擦っていって、気持ちイイのぉ」

「俺もです。梨花さん。もっと気持ちよくなってください!」

対する梨花自身、アクメを感じ始めた。

断続的なアクメがカラダを貫き、耐えるのがしんどくなっていく。

(ン。あぁ、おま×こが気持ちイイ……、久しぶりのセックスだから、あそこが悦んでいるわぁ、うわぁ、もう堪らないのぉ)

「ハァ、梨花さん、俺、感動してます……、セックスがこんなにも気持ちよくて、もう嬉しいです。ホントにありがとうございます」

「私もよ。裕也さんとセックスできて、嬉しいわ。こんなオバサンを相手にしてくれて。それだけで感動ものよ」

「梨花さんはオバサンじゃないですよ。素敵なお姉さんです。だから、そんな風に言っちゃダメです」

「お姉さん……、そう言ってもらえると、私も勇気がもらえるわ。んん……、なぁ、裕也さん、裕也さんー」

裕也の名前を連呼していく梨花。

彼女の額には、汗が浮かび上がり、それが明かりに照らされて煌びやかに見えた。

「んん。ン、はぁん、裕也さん、突きさしてぇ、おま×この奥を突きまくってぇ」

「はい! こんな感じですか? とにかく激しくて、俺も気持ちイイです」

「ハァ、ハァ……、んぐぅ、激しいのが好きなのぉ、裕也さんの大きなおち×ぽで突かれるとおかしくなっちゃいそう」

断続的なアクメが梨花を包み込み、彼女も限界を迎えつつあった。

一方、裕也も激しい射精感を覚え始め、耐えるのがしんどくなっていくのであった。

「うぉ、んぬぁ、梨花さん、俺、そろそろイキそうです。梨花さんはどうですか?」

「裕也さん、イキそうなの?」

「はい、後少し……、もう少しって感じですかね? 俺、梨花さんと一緒にイキたい」

「はぁぐ、私もイキそう。裕也さん、一緒にイキましょう」

「はい、一緒がいいです。俺も頑張りますから」

どんどんと快感が降り注ぎ、裕也のペニスも暴発寸前になっている。

初めてのセックスは、とうとうクライマックスを迎えつつあった。

(あぁん、久しぶりだわぁ、イクのって本当にいつぶりかしら? まさか、ここまで気持ちよくなれるなんて、やっぱり、裕也さんは若いだけあって、力が漲っているのね)

「梨花さん、どこに? どこに出せばいいですか?」

「どこにって……? 裕也さんはどこに出したいの?」

「膣内に出したいですけど、それが危険っていうのはわかっています」

裕也は中出しをを望んでいる。

それはそうだろう。男性は種蒔き本能があるから、中出しがしたいのである。

(中出し……、それもいいかもね、相手が裕也さんなら、問題ないわ)

と、梨花は感じていた。

同時に、激しく膣内射精を望んでいる自分に気づいたのである。

「裕也さん、中に出してもイイわ?」

「え? 中に?? でもそんなことしたら」

「今日は安全な日だし、多分問題ないわ。それにね、セックスは中出しじゃないと、気分が盛り上がらないわよ。裕也さんの出したいところに出していいから」

「ありがとうございます。そうしたら、中に出しますから。でも、ホントにイイんですね?」

「えぇ、中にたくさん出してぇ、おま×この中を精子で満たしてほしいのぉ。ビュルビュルって精子出して頂戴」

嬉しいことを言ってくれる。

同時に、初めてのセックスが中出しとは、男の喜びでもある。

「うぉぉ……、ち×ぽが蕩けそうだ。梨花さん、俺、イキそうです」

「あはぁん、私も、私もイキそうよ、裕也さんイッてぇ、イッてほしいのぉ」

牡の欲望が炸裂寸前になっていた。

裕也は最後の力を振り絞って、ストロークを続ける。

「あぁん、おち×ぽがビクビクふるえてる。私もダメェェ、イキそうよぉ」

「俺も……、もうダメです。出る。精子出ちゃいます。ふぁ、もう出ます。イキます!」

そして、とうとう裕也の欲望が弾けていく。

ビュルビュル……ビュピョプ、プピョプ、ブッピュップ

「うおぉぉおおおおぉぉぉ。精子がドンドン出てくる。止まらないです」

「キャー、精液がたくさん出てるわ。お腹の中が熱いのぉ」

「梨花さん、ホントに最高です、ありがとうございました」

そう言い最後の一滴までスペルマを絞り出すと、裕也はガクッと崩れ落ちた。

心地いい疲労感が、カラダの隅々まで覆っていくのであった。

「たくさん精子出たわね。お腹の中が満たされているって感じがするわ」

「はい、中出しって凄く気持ちイイです」

「そうね。私も中出しされて女の悦びを感じられた気がするわ」

こうして、二人のセックスは終わりを告げる。

(俺、大人になったんだ、三十すぎまで童貞だったけど、梨花さんに会えてよかったよ)

裕也は、爽やかな表情を浮かべながら、初めてのセックスを堪能したのであった。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました