連載官能小説『【四十歳梨花】お隣さんと結ばれて』最終回

連載官能小説

連載官能小説『【四十歳梨花】お隣さんと結ばれて』最終回

一週間後――。

(あぁ、梨花さんとしたい。自分から誘ってみてもいいのかなぁ)

そんな風に感じていた裕也は、仕事を終えて、梨花の自宅を訪ねてみた。

すると、梨花は在宅しており、笑顔で迎え入れる。

「あら、裕也さん。どうかしたの?」

「あの、梨花さん。その、この間セックスしてから何の反応もないから。忘れられちゃったって思って」

「そんなことないわ。もしかしてしたくなっちゃったの?」

「はい、最近溜まっていて」

「そう。ならしましょうか……、今日はあなたにトクベツをあげるから」

「トクベツですか? それは一体」

「いいから、部屋に入って」

「はい」

裕也は部屋に招かれて、梨花の自宅に入った。

この間と同じように、寝室に入り、ベッドの上に横になる。

「今日はね、あなたに初めてをあげられるの」

「初めて……、それってつまり」

「そう。この間も言ったけれど、お尻を捧げられるの。どう? してみない??」

「イイんですか?」

「えぇ、実はね、少しトレーニングをしたの」

「トレーニング?」

「うん。その、ちょっと恥ずかしいんだけど、指を挿れたりしてみたのよ。だから、ある程度拡張してると思うけど。ねぇ、キレイにしてあるから、ちょっと弄ってみてくれないかしら?」

「ホントにイイんですか?  そのお尻を弄っても」

「えぇ、そのために来たんでしょ? さぁ、やってちょうだい」

美香は、ロングTシャツに、ショートパンツという部屋着を着用していたが、その服を脱いだ。

すると、セクシーなレース調の黒の下着があらわになる。

「梨花さん、凄くエッチな下着です」

「そうでしょ、この時のために買ったの。どう、似合うかしら?」

「はい、凄く似合います」

「フフ、ありがとう。じゃあ、下着は裕也さんが脱がしてね」

「ありがとうございます。それでは、脱がします」

まず、裕也はブラを外し、豊満なバストを解放すると、続けてショーツを下ろしていく。

「あ、あれ? 梨花さん、毛が、毛がないです」

「そうなの、さっきシャワーを浴びて剃っちゃったのよ。どう? 裕也さんはパイパンは好きかしら?」

「はい。大好きです。毛がないと、幼女みたいですね」

「ウフフ、エッチでしょ? 少しスース―するけど、これはこれで興奮するわね。ちゃんとシャワーに入ったから、お尻に指を挿れてみて、意外と気持ちイイの」

「わかりました。それじゃ挿れます」

仰向けに梨花を寝かせると、足を大きく広げて、指先に唾液を湿らせて、アヌスに指を当てた。

ぬむぬむぬむ……。

「あぁ、指が入ってきたぁ、裕也さんの太い指がお尻にぃ」

「うわぁ、凄い窮屈ですね。入り口がキュッと窄まって、締め付けが強いです」

「ゆっくり奥まで挿れてみて」

「はい……、指がどんどん入ります」

直腸内に指を挿れると、内部はフワフワとしており、適度に指に密着し、独特の感触があった。

「梨花さん、痛くないですか? 大丈夫ですか?」

「はぁふん。大丈夫……、このまま続けて、ねぇ、指を引き抜いてくれる? 引き抜かれる時の快感が凄いのよ」

「引き抜けばいいんですね。うわぁ、ホントに梨花さんはエッチですね。自分で色々試したんですか?」

「そうよ、お尻がどんな感じか、試してみたの、裕也さんに初めてを捧げたいから」

「ありがとうございます。指抜いてみますね」

くりゅっと指を引き抜き、快感を生み出していく。

「きゃん、気持ちイイ……、イイわぁ、ゾクゾクしちゃう」

「お尻の穴がヒクヒクしてます。凄く可愛いです」

「そうしたら、裕也さん、そろそろおち×ぽ挿れてくれるかしら。そこまで太いのは挿れてないけど、きっと気持ちいいはずよ。」

「わかりました。ち×ぽ、挿れますね」

「そうしたら、これを塗るとイイわ」

と、梨花はベッドの脇の小棚から、ワセリンを取り出し、それを裕也に渡した。

裕也はワセリンをペニスにすると、ヌルヌルにしてから、アヌスに押し当てる。

「キュッと窄まってますね。梨花さん、挿れますけど、いいですか?」

「えぇ、来てぇ。おち×ぽをお尻に挿れてほしいのぉ」

梨花の甘い声を聞きながら、裕也はペニスを挿入していった。

ずぶずぶずぶ……。

「うぅ、梨花さん、キツいですね。ち×ぽが締め付けられます」

「おほぉ、入ってきたぁ……、大きなおち×ぽがお尻の中にぃ」

「どうですから? 動いても大丈夫そうですか?」

若干の排泄感はあるが、動いても問題ないように思えた。

梨花は首を上下に動かすと、

「最初はゆっくりとしてくれるかしら? 少しずつ動いてもイイわ」

「わかりました。じゃあ早速やってみます。動きますね」

裕也はゆったりとしたペースで、腰を動かし始める。

ワセリンを塗ったことにより、ペニスはスムーズに動き、直腸内を掻きまわしていく。

「梨花さん、やっぱり引き抜く時が気持ちイイんですか?」

「そうなの、ゆっくり挿れて、思い切り引き抜いて」

「でも、そんなに激しくしたら……、大丈夫ですか?」

「う~ん、どうだろう、慣れてきたと思うから大丈夫だと思うけど」

「じゃあ、試しに一回突いてみます」

と、裕也は言うと、ずんと一突き、動かした。

同時に、奥深くまで、挿入すると、そこから一気に引き抜いた。

「はぁん……、あぁ、ン、ンぁ、す、凄い、気持ちイイ……おち×ぽでホジホジされるの気持ちイイのぉ」

「梨花さんのお尻って、独特の感触があります。入り口は窮屈だけど、中はしっとりとしていて、ち×ぽを優しく包み込むんです」

「ハァ、ハァ、裕也さん、もっと、もっとしてぇ、ずりゅって、引き抜いて欲しいのぉ」

「わかりました。どんどん引き抜いてあげますからね」

裕也は一定のリズムで腰をうがち、奥深くまで挿入し、そこから一気に引き抜いた。

これを淡々と行い、梨花を心地よくさせていくのであった。

「ふぁ、あぁぁあああぁあん、裕也さんの太いおち×ぽが、ズコバコ入って、凄く気持ちイイ……、耐えらえないわ」

「お尻を突いているのに、おま×こからエッチなお汁が出てきてますよ。興奮してるんですね?」

「そうなの。お尻を突かれて、おま×こを濡らす変態女なのぉ」

乱れに乱れた梨花は、恍惚とした表情を浮かべていく。

その顔は、どこまでも魅力的であり、淫乱な趣きがあった。

「うぐ……、おま×こに挿れるのとは全然違いますね。お尻はお尻で気持ちイイ……、アナルセックスって最高ですよ」

「ふぁ、あぁん、私もよ、私もお尻の虜になりつつあるの。凄く気持ちイイわぁ」

最初は痛烈な排泄感があったが、今はそれは消え、変わりに大きな悦楽が降り注いできた。

「裕也さん、今度は後ろからズコバコして欲しいの」

「え? 後ろからですか? わかりました、後ろからしましょう」

体位を一転させ、後背位で挿入を繰り出した。

キュッと窄まったアヌスにペニスを挿れると、やはり痛烈な刺激がある。

「うぉ、後ろからの挿入もいいですね。強引にしているような感覚になりますね」

「はぁん、後ろから挿れられるの気持ちイイのぉ。んんぁ、堪らないわぁ」

「梨花さん、少し激しくしてもいいですか? 慣れてきたと思うんですけど」

「えぇ、お願い。激しくしてみてぇ、気持ちよくなりたいのぉ」

梨花の言葉を胸に、裕也は抽送のスピードを速めていった。

早く動かすほど、アヌスのピッタリとした感触に包まれて、とにかく気持ちよくなるのだ。

「う、うぅ、破壊的に気持ちイイ……、梨花さん、お尻最高ですよ」

「初めてを裕也さんにあげられた。んんぁ、嬉しいわ」

「はい、俺も梨花さんと出会えてよかったです。これからも一緒にいたいです」

「本当にそう言ってくれるの? 私と一緒にいたいの?」

「そうです。俺、梨花さんと一緒にエッチなことをして生活したいです」

「はぁん、わかったわ、私たちはずっと一緒よ、だから安心してぇ。裕也さん、もっとお尻をホジホジして欲しいのぉ」

「わかりました。たくさん突きますからね」

裕也は激しくピストン運動を続けて、引き抜くときには特に力を入れた。

こうすると、梨花も堪らなくなったのか、ガクガクとカラダを震わせ始めた。

「あぁん、裕也さん、私、イキそう。お尻でイッちゃうかもしれない。はぁ、んんぁ、あぁぁぁぁぁん」

「梨花さん、イキそうなんですか? 俺もそろそろイキそうです」

「そうしたら一緒にイキましょう。私も一緒にイキたいのぉ」

「はい、最後までズコバコし続けますから」

アヌスのあまりの快感に、裕也も吐精感を覚え始めた。

初めてのアナルセックスもとうとうクライマックスを迎えていく。

「はぁん、うぐくぅ、裕也さん、もう、ダメ……、ダメなの……、私もイッちゃう、お尻がうずうずしちゃって、もうダメェェっぇぇ」

ビクビクッと梨花のカラダが跳ねる。

同時に、裕也の強いオルガスムスを感じ始めた。

「うぉぉ、俺も、出る! 精子出ます。お尻の中に出しますよ。いいですね?」

「きゃー、出してぇ、たくさん精液を出して欲しいのぉ、お願いぃいいいー」

次の瞬間、裕也の欲望が炸裂した。

ビュルビュルドピュ、ピュピュプ、ブピュピョ、プピュっプ。

「あぁん、お尻の中に精液が……、んんあぁ、熱い、熱いわぁ」

「ハアハァ、精子が止まらない……、どんどん出ます。凄い感触だ」

裕也は、最後の一滴まで精子を絞り出すと、梨花の上にかぶさるように崩れ落ちた。

アヌスからペニスを引き抜くと、ゴポリと、白濁のスペルマが零れ出していく。

「あぁん、お尻から精子が出ちゃう……、精液漏れちゃうのぉ」

「お尻から精子が流れ出るところって何か卑猥です。凄く興奮しますよ」

「裕也さん、とっても気持ちよかったわ。ありがとう、感謝してるわ」

「俺も、初めてのアナルをもらえて嬉しかったです。ホントに……」

梨花はヒシっと裕也を抱きしめた。

裕也も彼女を強き抱き寄せ、そのまま唇を奪った。

「梨花さん、これからもずっと一緒にいたい」

「えぇ、そうね。これからも一緒よ。私もこれからもあなたと関係を続けたいわ」

二人はこれからも関係を結ぶと約束し、激しいアナルセックスの余韻に浸っていく。

裕也と梨花の淫らな関係は、これからも続く。

〈了〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました