連載官能小説『美熟女上司と淫らなレッスン』第4回

連載官能小説

連載官能小説『美熟女上司と淫らなレッスン』第4回

「んちゅ、ちゅぱちゅぱ、くちゅ。咲子さんの乳首、どんどん硬くなってます」

「はぁん、だって、和也がいやらしく舐めるからでしょぉ。ふぅん、気持ちイイのぉ」

「あの、咲子さん、おま×こも触ってみたいんですけど」

「え、あそこを触りたいの?」

「はい。ダメですか?」

「どうしようかしら。フフフ」

蠱惑的な笑みを浮かべる咲子。焦らして和也を誘惑していく。

「お願いします。俺、おま×こみたいんです。咲子さんのおま×こ見せてください」

「そんなに見たいの? 女のあそこなんてそんなにいいものじゃないのよ」

「そんなことないですよ。見たいんです」

「わかったわ。見せてあげる。じゃあ、パンティを脱がしてぇ」

「うわぁ、ありがとうございます。それじゃ早速脱がします」

興奮が高鳴る。何しろ、生の女性器を見るのは初めてなのである。

パンストと一緒にショーツを下ろしていく。

(うぉ。咲子さんのおま×こが目の前に……)

「ねぇ、和也。女のあそこを見るのは初めてなの?」

「はい、初めてです」

「そう、どう、初めて見たおま×こは?」

「凄く、キレイです、ホントに……」

ヴィーナスの丘にはフワフワとした陰毛が生え揃えっている。

その下にぷっくりとした大陰唇が見え、和也を興奮させていく。

「こっちの厚いお肉が大陰唇って言うのよ。ここを広げると、小陰唇っていう薄いお肉があるの。ちょっと広げてみなさい」

「いいんですか? やってみます」

和也は指先で大陰唇を押していくと、そのままゆっくり左右に広げた。

すると、くぱぁと、淫裂があらわになっていく。

「ちょっと、濡れてますね、咲子さん」

「そうよ。女はね、興奮するとあそこを濡らすのよ。触ってみなさい」

「はい、それじゃ……」

恐るおそる、和也は膣口に触れてみる。

そこは、しっとりと濡れており、それでいて熱を帯びていた。

(熱い……、おま×こが熱くなってる。咲子さん、興奮してるのかな?)

「どう? おま×こ弄って満足したかしら?」

「まだです。まだ、始まったばかりですから。おま×こ、ヌルヌルで指がスムーズに動きます。ホントに濡らすんですね。感動的です」

「和也ったら、ホントにいやらしいのね。触り方がエッチすぎるわ」

「だって、こんなにエッチなおま×こ、弄りたくなっちゃいますよ」

「フフフ。慌てないでいいのよ。私は逃げないから。たくさん弄りなさい。でも、あんまり乱暴にするのはダメよ。女のあそこはデリケートなんだからね」

「はい、わかりました」

指先を使って、スリスリと膣口を擦っていくと、どんどんと愛蜜が溢れ出してくる。

咲子自身、あそこを弄られて心地いい感覚を味わい始めていた。

「和也、気持ちイイわ、今度は、指をおま×この中に挿れて見てなさい。場所はわかるでしょ?」

「おま×この中に指を……、いいんですか?」

「いいわよ。挿れてみたいでしょう」

「はい、してみたいです。えっと、おま×この穴っていうのはココでいいんですよね?」

初めての体験であるため、和也は常に疑心暗鬼であった。

膣口に指を当てると、そのまま指を膣内に挿れていく。

「そうよ、そこ、そこがおま×この入り口なの。指を挿れて、ズボズボしてみなさい」

「うわぁ、おま×この中、温かいです。熱を持っているんですね?」

「そうよ。興奮すると、おま×こは熱くなるの。ふぁん、指が入ってきて、私も気持ちイイわ」

「おま×この中、ヌルヌルで最高ですよ。こんな感じなんですね。神秘的って感じです」

「ここにおち×ぽを入れて、シコシコして射精すると、赤ちゃんができるのよ。まぁ、そのくらい知ってるか」

「知ってますけど、したことはないです。あの、セックスもしてくれるんですよね?」

「してもいいけど、 今は私を気持ちよくさせて、それができたら、させてあげるから」

「ありがとうございます。俺、頑張りますから」

指を膣内の奥深くまで挿入し、ヌメヌメの感触を味わっていく。

膣ヒダがピッタリと指先に吸いつき、和也の興奮も高まっていくのであった。

「指、二本くらい入りそうですね。挿れてみてもいいですか?」

「いいわよ、少しキツかもしれないけど、大丈夫だから」

和也は人差し指と中指をピッとくっつけて、胎内に導いていく。

ずりゅ、めりゅと、指を動かしていくと、咲子も心地よくなっていくのであった。

(あぁ、和也の指づかい、とっても気持ちイイわぁ、初めての割に、結構上手だから驚きね)

と、咲子は感じていた。

彼女はゾクゾクとした悦楽を覚えながら、断続的なアクメを感じ始めた。

「和也、ねぇ、クリトリスを弄ってくれる?」

「え? クリトリスですか?」

「そう、そこは女が一番感じる部分なのよ。場所はわかる?」

「えっと、よくわからないです」

「ここよ。ここがクリトリス」

そう言い、咲子は自分の手で陰核を指さした。

膣口の上方部分に包皮に包まれた部分がある。そこがクリトリスであった。

「皮がかぶってますね」

「うん、そうなの。皮をむいてみなさい」

「はい。うわぁ、何だかますます興奮してきました」

指の腹を使って包皮を押し込むと、プクっと白い豆のようなものが飛び出してきた。

雌芯はヒクヒクとふるえており、キレイな白色をしている。

「何か飛び出してきました。これがクリトリスですか?」

「そうよ。白い米粒みたいなものが出てきたでしょう? そこを優しく弄って欲しいの。いい、乱雑にしちゃだめよ。凄く敏感な部分だから」

「優しく弄ればいいんですね。こんな感じですか?」

指先を使って、軽く陰核を押してみる。

すると、咲子がビクッと跳ねる。痛烈な快感が襲ってきたのである。

「ハァん、気持ちイイ、和也、イイ感じよ」

「クリトリスと弄ったら、おま×こがキュキュっと締まりましたよ。感じているんですね」

「そうなの、クリを弄られて、感じてる……。あぁん、堪らないわ。もっと、弄ってぇ、クリクリってして欲しいのぉ」

甘い声でおねだりされると、和也もいい気分になっていく。

膣内を指でこねくり回しながら、さらに陰核を責めていくのであった。

「あの、クリトリスが少し大きくなりましたよ。それに充血してるみたいです」

「うん。クリもおち×ぽみたいに膨らむのよ、それは感じてる証拠なの」

雌芯は薄っすらとピンク色になり、ヒクヒクとふるえている。

その姿が、まるで小動物のようにも見えた。

「うぐぅ……、和也、気持ちイイ。おま×こが悦んでるのぉ。もっと、もっとたくさん弄ってぇ」

「おま×こ、どんどん濡れて、大洪水になってますよ。もっと感じてください」

「和也の指がぁ、おま×こを刺激してぇ、あぁん、ハァハァ……、感じすぎちゃって、おかしくなりそう」

「あの、咲子さん、おま×こを舐めてもいいですか? 確か、クンニっていうんですよね?」

「んぁ、おま×こ舐めたいのかしら? いいわよ、おま×こをペロペロ舐めなさい。そして、もっと気持ちよくしてぇ」

「はい、たくさん舐めてあげますからね」

和也は、顔を陰部に近づけていく。

すると、ツンとしたチーズのような香りが漂ってきた。

「おま×こ、イイ匂いがします。興奮させてくれるんですね」

「うぁ、やだぁ、匂いなんて嗅いじゃだめよぉ。洗ってないし、絶対臭っちゃうわ」

「全然臭くないですよ。むしろ、エッチな香りがして堪りません。もっと嗅がせてください」

和也は必死になって、淫裂を舐め回し、咲子を心地よくさせていく。

断続的なアクメは、徐々に感覚が狭まっていき、痛烈な快感が降りそそいでくるのであった。

「んちゅ……、れろ、れろ。ちゅぱぱ、おま×こからエッチなお汁があふれてきて、ホントに美味しいです。うわぁ、俺も堪りません」

「和也がいやらしく舐めるから、エッチなおしっこが出ちゃうのぉ。やぁ、んんぁ、そんなに舐めたら、私変になっちゃうわぁ」

「変になってもいいですよ。いつもは冷静な咲子さんが乱れるところが見たいです。俺だけが知っている姿を見せてください」

「んぐ……、あぁん、クリも、クリも舐めてぇ、そっちの方が感じられるからぁ」

「クリトリスですね? わかりました、たっぷり舐めてあげますよ」

和也は舌先で陰核をペロペロと舐め回していく。

女の一番敏感な部分を弄られると、途轍もない快感が襲ってくるのであった。

「んちゅ……、ちゅぱ、ちょぱ、レレレ、れろん、ちゅっぱ。クリトリス舐められるの気持ちいいですか?」

「んなぁ、気持ちイイ……、おま×こもクリもゾクゾクしちゃうのぉ、ハァ、ハァ、和也、私もそろそろイッちゃいそうよ」

「イッてください。俺に激しくイクところを見せてください」

途端、咲子は激しいオルガスムスを感じ始めた。

カラダ中が性感帯になったかのように、痛烈な快感が襲ってくる。

「んぁ、きゃー、ダメ……、ダメぇ、イク! イッちゃう!!」

咲子の淫声が室内にとどろく。

その声を聞きながら、和也は懸命に陰核や性器を舐め続けた。

「あぁん、イッてる。……んぁ、気持ちイイ……あそこのクリも、どっちも気持ちイイのぉ……。ハァん、和也ぁ、最高よぉ」

膣内が激しく収縮し、とうとう昇天する咲子。

ガクガクとカラダをふるわせて、そのまま崩れ落ちた。

「咲子さん、イッたんですね? おま×こからエッチなお汁がふき出してきました」

「うん。すごく気持ちよかったわ。和也、ありがとう」

「いえ。そ、その、俺、上手くできましたよね?」

「そうね。安心して、約束通り、セックスさせてあげるから」

「うぉぉおおお、ホントですか? 俺、最高に嬉しいです。咲子さんで童貞を卒業できるなんて、堪らない気分になります」

「フフフ。全く和也は大げさね。ならしましょうか? それとも少し休む?」

「大丈夫です。直ぐにしたいです」

和也は早くいきり立った肉竿を、膣内に入れたくて仕方なかった。

二人は、いよいよ結ばれようとしている――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました