連載官能小説『美熟女上司と淫らなレッスン』第5回

連載官能小説

連載官能小説『美熟女上司と淫らなレッスン』第5回

「和也、挿れる場所はわかるわよね?」

「はい。大丈夫です。指を挿れていた場所に、ち×ぽを挿れればいんですよね?」

「そうよ。そして、シコシコするの。そうすると、気持ちよくなるから」

「わかりました。それでは挿れます。えっと、正常位っていうんですよね?」

「そうね。最初は正常位がいいと思うわ。セックスの基本的な体位だから」

咲子を仰向けに寝かせると、足を左右に開く。

そして、ヌラヌラと光る淫裂に向かって、ペニスを押し当てていくのであった。

「咲子さん、挿れます。いいですね?」

「えぇ、挿れて、早く来てぇ」

その言葉を聞き、和也はイチモツを膣内に導いた。

ずぶずぶずぶ。めり込むように怒張が吸い込まれていく。

「うぉ、凄い……、ち×ぽが、おま×こに包まれて、あぁ、セックスってこんな感じなんですね」

「はぁん、おち×ぽ太いのぉ。うぐぁ、和也、動かしてぇ」

「はい、腰を動かせばいいんですね。はぁ、ホント気持ちイイです」

「あんまり速く動くと、すぐにイッてしまいかもしれないから、気をつけなさい」

「わかりました。じゃあ、最初はゆったり目で動かしますからね」

ゆっくりと、腰を動かしながら、和也は気持ちよさを味わっていく。

初めてのセックスは、彼を十二分に満足させていくのであった。

「うぉぉ、ホントに気持ちイイ……。咲子さん、最高ですよ。これがセックスなんですね。うわぁ、感動的です」

「私も久しぶりのセックスだから、驚いているわ。はぁん、和也ぁ、気持ちイイわぁ」

咲子自身、こんなにも快感を覚えると思っていなかった。

しかし、和也の一所懸命な姿を見ていると、どこか微笑ましくなり、満足して行くのであった。

「ハァ、ハァ、和也、和也ぁ……。んぐ、おち×ぽが奥まで入ってぇ……、あぁん」

「咲子さん、気持ちイイですか? どうしたら、もっとよくなりますか?」

まだセックスに慣れていない和也は、どうすればいいのかわからなかった。

それでも、必死になって腰を動かし、快感を生みしていく。

「和也、そしたら、キスして……、キスできるでしょ?」

「キスですか? わかりました」

そう言えば、おっぱいやおま×こを触らせてもらったけれど、キスはまだしていない。

(なんか順番がチグハグだな……、まぁ仕方ないか。初めてだし、よくわからないもんな)

和也は、姿勢を前傾にさせていく。

そして、顔を近づけて、そのまま唇を奪った。

「んちゅ、ちゅぱ、ッチュパン」

触れるだけのキスが展開されていく。

和也はキスも初めてであった。だからこそ、上手くできているか自信がない。

「和也ぁ、んちゅー、んんぁ」

興奮してきたのか、咲子は和也の首に手を回し、ヒシっと彼を抱きしめる。

そして、自らの舌を、強引に彼の口腔にねじ込んでいくのであった。

「んぐ……、んじゅる、ちゅっぱ、ちゅおあん、じゅる、じゅるん」

(あぁ、咲子さんの舌が入ってくる。これってディープキスっていうんだよな? うぉぉおおお、何か感動的だよ。大人のキスをしているって感じがするよ)

と、和也は感じていた。

お互いの唾液を啜り合っていく。

(咲子さんの唾液って、どこか甘いんだよなぁ。ハチミツを舐めているみたいだ)

ねっとりと舌同士を絡めていき。ディープなキスを展開していく。

二人は興奮して、深く求め合っていくのであった。

「咲子さん、キスをすると、おま×こがキュッと締まりますよ。感じてくれているんですか?」

「はぁん、そうなの、キスされながら、おま×こ突かれると、とっても気持ちイイのぉ。ダメェ、癖になっちゃうわぁ」

貪るようにキスを続けていた、二人は、やがてキスを止めて、改めてセックスに集中していく。

(和也のおち×ぽ、太いから、おま×こをメリメリと切り開いていくの。はぁん、興奮しちゃうわぁ)

「咲子さん、はぁ、凄いです、ホントにセックスって最高ですよ。おま×この中はヌルヌルで、それでいて、ち×ぽを甘締めするんです」

「はぐぅ、そうなの、おま×こがヌルヌルになっていくのぉ、気持ちイイからどんどん濡れちゃうのよね」

「もっと濡らしてください。エッチなお汁で濡れたおま×こってホント素敵だと思います」

「ハァん、和也、ちょっとは慣れたかしら?」

「はい、慣れてきました」

「そうしたら、もう少し速く動いてみましょうか? 腰を奥まで突く感じでやってみてちょうだい」

「わかりました。少し速く動いてみます」

そう言い、和也は徐々に抽送のスピードを上げていく。

リズムを高めていくと、快感のレベルがどんどん上がっていくのであった。

「うぉぉおお、咲子さん、速く動くと、ち×ぽが気持ちイイです。こんな風になるんですね。感動的ですよ」

「私も……、うぐぅ。私も最高の気分。その調子で、おち×ぽをシコシコしなさい」

「はい! おま×この中をズボズボすると、凄いです。うわわぁ、ホントに堪りません」

一定のリズムで抽送を続けていく和也であったが、少し動きがマンネリしてきたと感じ始めた。

そこで、AVで見たような体位を試してみることにした。

「咲子さん、ちょっと、変化を加えてみますね」

「え? 何をするの?」

「例えば、こんな風に足を持ち上げたらどうなりますか?」

和也は、咲子の足を垂直に持ち上げて、そしてピッタリとくっつけた。

こうすると、挿入の角度に変化が生まれて、違った快感が生まれるのであった。

「きゃー……、和也、何かさっきと違う、違うのぉ」

「おま×この形が変わったような気がします。しっとりとち×ぽに絡みつきますね」

「ちょっと恥ずかしいけど、私も気持ちイイわぁ。和也ったら、初めてのクセに、意外とやるじゃない」

「ありがとうございます。エッチなビデオで見た知識なんですけど、役に立ってよかったですよ」

「ふぁ、あぁん、和也、おっぱいも、おっぱいも弄って欲しいわ」

「胸ですか? この体勢だとちょっと難しんで、元に戻しますね」

和也は再び姿勢をベーシックなものに戻すと、やや姿勢を傾けて、咲子の乳房を揉み始めた。

「咲子さんのおっぱい、ホントに柔らかいです。揉みごたえがあります」

「ははぁん、おっぱい揉まれながら、おま×こ突かれると、興奮しちゃうわぁ、ゾクゾクするのよ」

「確か、乳首の方が感じるんですよね?」

「えぇ、そうね、乳首をクニクニとされると、ビビッとカラダが反応しちゃうの」

「なら、乳首も弄ってあげますよ。こんなのはどうですか?」

和也は、乳首を摘まむと、そのままコリコリと刺激し始めていった。

ゴムのような質感の胸の蕾は、弄るほどに、硬くなっていくのである。

「あぁ、ンッ……ななぁ、乳首気持ちイイ……、そんな風に弄られると、おかしくなっちゃうのぉ」

「乳首を弄ると、おま×この締まり具合も強くなりますね。まるで連動しているみたいだ」

「はぐぅ、そうなの……、おま×こも気持ちよくて悦んでいるわぁ」

「咲子さん……、ハァ、ホントに気持ちイイです。セックスを覚えてしまうと、なんというか、もう一人でオナニーはできなくなってしまうかもしれません」

「そうね、私もこんな風に快感を体験しちゃうと、悶々としてしまうかもしれないわ」

「俺、ずっと、咲子さんと一緒にいたいです。こんな風に関係を続けたい」

「んんぁ、か、和也、あなた何を……、ン、言っているの……、私たちは、上司と部下という関係なのよ」

「それはわかってますけど、俺、咲子さんともっと親密になりたいんです」

和也の言葉は真剣であった。だからこそ、咲子も嬉しくなる。

だが、いいのだろうか? 和也は大分年下なのだ。なのに自分といたいなんて。

「考えておくわ……、あなたとの関係を」

「ホントですか? 俺、嬉しいです。咲子さんと、こうしてエッチできる関係になると最高ですよ」

「エッチ目的の関係はダメよ。それって寂しいじゃないの」

「もちろんわかってます。咲子さんと色んな場所に行きたいです。会社だけの関係はイヤなんです」

「それは、私とお付き合いしたいという意味かしら?」

「はい、そうです。ダメですか?」

さて、どうするべきか。もしも二人が付き合っているとわかれば、きっと社内でも話題になるだろう。

「エッチしている時に告白するなんて、和也も策士ね。これじゃ断れないじゃないの。とにかく今はお互いに気持ちよくなりましょう。関係を考えるのは、ゆっくりでいいじゃない」

「そうですか。でも、これだけは言わせてください。俺、咲子さんが好きですから。幸せにしますから」

エッチの最中に愛の言葉をささやかれて、咲子はどう反応していいのかわからなかった。

ここしばらく、男性とは付き合っていないのだ。

(私なんかと付き合いたいなんて。和也も変わっているわね。だけど嬉しいわ、私を女として見てくれて)

和也の抽送のリズムも次第に上がっていく。

突くほどに快感が広がっていき、心地よくなっていくのであった。

「咲子さん、おっぱいも気持ちイイですし、おま×こも最高です……、うおぉぉぉおお、堪らない……、んんぐ」

「私もよ。私も感じてるの。キスされて、胸を揉まれて、それでいておま×こを突かれて、ホントにびっくりしてるわ」

「うほぉ、咲子さん、おま×このヒダがち×ぽに絡みついて、とにかく気持ちイイんです」

「和也、もっと深く、奥までおち×ぽを入れてほしいのぉ」

「奥までですね、そっちの方が気持ちイイんですか?」

「そうよ、赤ちゃんの部屋の入り口をコンコンって叩かれると、それだけで心地よくなっちゃうのぉ」

「わかりました。じゃあ、奥に向かってち×ぽを入れていきますね」

和也は、ペニスを奥深くまで挿入し、胎内の感触を味わっていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました