連載官能小説『美熟女上司と淫らなレッスン』第6回

連載官能小説

連載官能小説『美熟女上司と淫らなレッスン』第6回

じゅる、りゅ、めりゅ……。

(おま×このヒダをち×ぽが擦っていく。あぁ、堪らないよ。この感覚……)

と、和也は感じていた。

奥深くまで挿入すると、その分擦れる面積が大きくなり、快感が広がるのである。

「咲子さん。ち×ぽ奥まで入っています」

「そう。奥まで当たってるわ。ねぇ、和也、別の体も試してみない?」

「え? 別の体位ですか?」

「うん。例えば後ろから突くとかね」

後背位。それもしてみたい体位の一つである。

よくアダルトビデオなどでは定番の体位であると言えるだろう。

「してみたいです」

「でしょう。なら、してみましょう。実はね、後ろからおち×ぽを挿れられるの好きだったりするのよ」

「そうなんですか? 俺、初めてですけど、色々やってみたいんです。もっと、咲子さんを気持ちよくさせたい」

「ウフ……、ありがとう。それじゃあ、私が四つん這いになるから、後ろからおち×ぽを挿れてみて。最初は少し挿れにくいかもしれないけど、頑張ってね」

「はい、わかりました」

一旦ペニスを引き抜くと、咲子は素早く四つん這いになった。

ふとイチモツを眺めると、ヌラヌラと淫蜜で覆われて光輝いていた。

「四つん這いになった咲子さん、凄く魅力的です。エッチすぎて、堪りません」

「この体勢、かなり恥ずかしいの。だってお尻の穴まで丸見えでしょ?」

「はい、でも、咲子さんのお尻の穴、とってもキレイですね。ムダ毛が生えていないです。それに、ヒクヒクと動いています」

「あぁん、ダメェ、そんな見ないで、恥ずかしすぎるわ」

「お尻も魅力的です。ハァ、小刻みに動いて、可愛いですね」

「もう、そんなところ見ていないで、早くおま×こにおち×ぽを挿れてぇ、フタをして欲しいのぉ」

「わかりました、挿れてあげますから」

咲子はお尻を高く上げて、フリフリと臀部を振っていく。

誘惑的な姿勢を見ると、和也も興奮していくのであった。

「うぉぉ、入った。後ろから入りました、ヌルヌルのおま×こ、ホント最高ですよ」

「んんぁ……、んんっ、はぁ、おち×ぽ入ってきたのぉ、うぐぅ、和也、動いて、動いてちょうだい」

「動けばいいんですね? わかりました。動いてあげますよ」

そう言い、和也はゆっくりと腰を動かし始めた。

ずんずんずんと、怒張を胎内に入れていくと、素晴らしい快感が襲ってくる。

「ふぅ、後ろから挿れると、独特な感じがしますね。正常位とは違う感じがします」

「そうよ。バックだと、挿入の角度が変わるからね、それにさっきよりも奥まで届くのよ」

「そうかもしれません。なんか激しく犯しているような気がします」

「はぁん……、そう、私、犯されてる? 無理矢理されてる感じがするのぉ」

大きく腰を動かして、膣内を掻きまわしていく。

後背位でのセックスは、どことなく、獣の交尾をほうふつとさせ、二人を興奮させていくのであった。

「うぉぉぉおおお。ち×ぽがヌルヌルになって、とにかく気持ちイイです、咲子さん、最高ですよ」

「私も気持ちイイわ。和也のおち×ぽ、おま×この中でどんどん大きくなってる。あぁん、ンッ……んんんっ。あぁ、はぁあん」

「後ろから挿れていると、征服しているような気持になります。俺、咲子さんを征服してる。憧れの咲子さんを……」

「はぁ、んんぁ、私もそういうのが好きなのぉ。だから、もっと突いてぇ、和也。たくさんおま×こをズコバコしてぇ」

「はい。たくさんパコパコしたいです。そうすると俺も、気持ちよくなれますから」

「んんぐ、きゃぁ……、ぁあぁん、おま×こが、ジンジンしちゃってぇ、はぁ……、堪らないのぉ」

「そうだ、おっぱいも弄ってあげますよ。胸を揉まれながらち×ぽで突かれると、気持ちよくなるんじゃないですか?」

「うん。おっぱいも揉んで……、そうして欲しいのぉ」

和也は姿勢を前傾にさせていき、咲子に覆い被さるような姿勢になると、彼女の乳房を激しく揉み始めた。

「きゃん、おっぱい揉まれてる……、ぁあ、いつもはそんなに感じないのに……今は違うわ、何か興奮しちゃうのぉ」

「はい、おっぱいを弄ると、おま×こがキュッと締まるような感じがします」

「はぁん、そうなの。あまりに気持ちよくて、自然とおま×こが締まっちゃうのぉ……、これは、自然現象……、わざとじゃないのよ」

「乳首もこんなにピン立ちして、ホントに卑猥ですよ。咲子さんって、もしかすると、エッチな女の人なんじゃ?」

「そうかもしれないわ。和也と一緒にいるの、どんどん自分の新しい面が出てくるような気がするの。あぁん、私も驚いている。こんなに乱れるなんてぇ」

「もっと乱れてください。乱れる姿を俺に見せてください」

「はぁん、気持ちイイ……んぅぅ、っ。あぁん、恥ずかしいけど、イイ感じよ。激しくされてると、本気のセックスをしているような感じがするのぉ」

「うぅ。咲子さん、気持ちイイです。ち×ぽが奥まで突きささると、それだけで快感が広がっていきます」

和也は一定のペースで、抽送を繰り出していたが、徐々に射精感も覚え始める。

「和也、乳首も、そこも弄ってぇ……、そっちの方が気持ちよくなれるからぁ」

「わかりました、乳首ですね、コリコリって弄ってあげます」

指先をクニクニと動かして、乳首を刺激していく。

プクっと花の蕾のようになり、独特な感触が指先に広がっていくのであった。

「んんぁ、んっ、んんんっ、ぁは、乳首、乳首が感じるのぉ、和也、おち×ぽでおま×こ掻き回されて、胸を弄られるの気持ちいいわぁ」

「プクっとピン立ちして、ホントに卑猥ですね。弄るほど、おま×こも敏感に反応して、はぁ、咲子さんのカラダ、最高すぎますよ」

ずりゅ、めりゅと、ペニスを抽送していくと、快感の塊が降り注いでくる。

ややオーバーペースになりながら、和也はピストン運動を続けていた。

「ふぁん、あぁん、んんぁ、んんんっ、んんっ、ん、はぁん、和也のおち×ぽ、ホントに気持ちイイのぉ、おま×この中をメリメリって切り開いてくわぁ」

「咲子さん、今度はこんな体勢はどうですか?」

「え? 体勢を変えるの?」

「よくアダルトビデオなんかであるんです。片足を持ち上げるんですけど」

「きゃぁつ。足を上げる? 恥ずかしいけど、やってみたいわ、して頂戴、和也」

「はい。それじゃ早速!」

和也は片足を持ち上げ、牡犬がおしっこをするようなポーズにさせた。

そして、その体勢のまま、斜め下からペニスを突き上げていく。

「はぐぅ、恥ずかしいわぁ、こんな体勢。おま×こが丸見えなってる」

「俺からじゃよく見えませんけど、おま×こが広がった感じがします」

「んんぁ。ンッ……はぁん。恥ずかしいけど、気持ちイイ……、エッチなポーズになるのと、自然と興奮しちゃうのぉ、んなぁ、堪らないわぁ」

「ゾクゾクしちゃいますね、俺も、興奮してます。咲子さんがエッチな体勢になると、それだけで満足感に包まれるんです」

「はぐぅ、ンッ。んんんー。ダメェ、気持ちよくてイッちゃいそう。さっきイッたばかりなのに。またイキそうになってるのぉ」

カラダをガクガクとふるわせて、快感を表現していく咲子。

断続的なアクメが襲ってきて、彼女も心地よくなっていくのであった。

「うおぉ、咲子さん、俺もイキそうですよ。ち×ぽがおかしくなりそうです。うわぁ、気持ちよくて、ホントに最高です」

「一緒に、一緒にイキまじょう、和也、私も一緒にイキたいのぉ」

「あの、どこに出せばいいですか? 精子はどこに?」

「和也はどこに出したいの?」

「それは、その、中に出したいですけど、やっぱりマズいですよね?」

中出し……。それは危険な行為でもある。

しかし、このまま和也をすべてを受け入れたいという気持ちもあるのだ。

「わかったわ、中に出して、私、あなたを感じたいの」

「で、でもイイんですか?」

「えぇ、大丈夫だから。中にビュルビュルって精液を出しなさい」

「うわぁ、ありがとうございます。俺、嬉しいです」

嬉々としながら、彼はペニスを動かしていく。

どんどん気持ちよくなっていき、和也も咲子も快感の渦に巻き込まれていくのであった。

「アァツ……、ぁん、気持ちイイのぉ、おち×ぽが奥まで刺さってぇ、とにかくすごいのぉ。おま×こもゾクゾクしちゃってぇ、はぁん、もうダメェェェ」

ビクビクとカラダを反応させる咲子。

その姿を見ていると、和也も激しい射精感を覚え始めた。

「咲子さん、俺も、限界です……、精子が出そうです」

「はぁん、出してぇ、精液をおま×この中に出してぇ。熱い精子で私を満たして欲しいのぉ」

「うおおぉぉぉ、わかりました、イク! 精子出ます!」

途端、和也は激しいオルガスムスに包まれていき、とうとう射精を果たす。

ビュルビュル……ビュピョプ、プピョプ、ブビュビョピ。

「はぁん、あぁん、出てる、私のお腹の中に、たくさんの精子が……、きゃー、堪らないわ。お腹が熱いのぉー」

「はい、精子がどんどん出てきて、止まりません。二度目の射精とは思えませんよ」

熱いスペルマで満たされて、咲子も満足感を覚え始めた。

一方、最後の一滴までペニスを絞り出すと、和也は咲子の上に崩れ落ちた。

「和也、キス……、して、最後にキスして愛して欲しいの」

「わかりました。キスですね。キスしますから」

二人は向かい合わせになると、そのまま、ねっとりとする激しいキスを交わした。

んちゅ、にちょ、と淫猥な音が室内にこだましていく。

「咲子さん、ホントに気持ちよかったです。ありがとうございます」

「私も気持ちよかったわ、こんなセックスをしたのは、本当に久しぶり、いいえ、もしかすると、ここまで気持ちよくなったのは初めてかもしれないわ」

二人はセックスの余韻に浸りながら、深く抱き合ったのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました