連載官能小説『美熟女上司と淫らなレッスン』第8回

連載官能小説

連載官能小説『美熟女上司と淫らなレッスン』第8回

「あの、咲子さん、おま×こ、おま×こを舐めたいです」

「えぇ、舐めたいの?」

「はい。舐めたいです。ダメですか?」

「ダメじゃないけど、何か恥ずかしいわ」

「そうしたら、一緒に舐め合いませんか? つまりシックスナインです。俺、したことないから、してみたいです」

「シックスナイン……、まぁいいけど。仕方ないわね」

「うあぁ、ありがとうございます。じゃあ、こっちにおま×こ向けてください」

咲子はパンツスーツである。そのため、まずはスラックスを脱がし、下着姿にさせる。

そして、股部分を和也の方に向けてもらい、そしてショーツのクロッチ部分をなぞる。

「んんぁ、そんな風に弄らないでぁ。あぁん」

「少し触っただけなのに、すぐにエッチなお汁がしみだしてきました。うあぁあ、堪らないです」

「はぁん、うぐぅ、だって、和也がエッチに触るから、自然と濡れちゃうのぉ……、いやぁん、恥ずかしい、あんまり見ないでぇ」

「パンティ、脱がしますね、いいですよね?」

「うん、いいけど、はぁ、やっぱり恥ずかしいわぁ」

「俺のち×ぽも見せてるんですから、お互い様ですよ」

と、和也はショーツを脱がした。

すると、トロトロになったおま×こが目の前に広がっていく。

「凄い、濡れてますね。卑猥な光景です」

「私、ヌレヌレのおま×こ見られてるのね。はぁん、とっても恥ずかしい……、あぁん、そんな見ちゃダメよぉ」

「少し触ってみます。咲子さんも俺のち×ぽを弄ってください」

「ち×ぽ、ち×ぽを弄ればいいのね。んちゅ。可愛いおち×ぽ。和也のエッチなお汁が出てるわよ」

「はい、それだけ興奮してるんです。咲子さんもヌレヌレですから、同じですよね」

「はぁ、うぐぅ……、同じのなのぉ。それに、気持ちイイ、和也の指がおま×こに当たって、んぐぁ」

指先を使って、咲子のおま×こを弄り回していく。

ねっとりした淫蜜があふれ出し、それが指先に付着していくのであった。

「触れば触るほど、エッチなお汁が出てきます。うわぁ、ホントに卑猥です。おま×こが濡れてキラキラと輝いています」

「んなぁ、和也ぁ、おま×こ弄られると、気持ちよくなっちゃうからぁ、おち×ぽが舐められないわぁ」

「ダメですよ。ち×ぽ弄ってくれないと。俺も気持ちよくなりたいですから」

「ハァハァ、んちゅ、ちゅぱ、レロレロ、うぅ、和也ぁ、これでイイ、気持ちよすぎて、ち×ぽが舐められないのぉ」

「イイ感じですよ。咲子さん、ち×ぽが気持ちイイです。咲子さんのおま×こ、弄ると、キュッと締まりますね。指先が締め付けられます」

「はぁん、おま×こ弄られてるぅ。んんぐぁ、どんどんトロトロになっちゃうわぁ。もっと、もっと、弄ってぇ」

咲子の声もどんどん艶を帯びていく。

その淫猥な声を聴いていると、和也もますます興奮していくのであった。

「おま×こがトロトロすぎて、指がスムーズに動いていきます。ヌルヌルのおま×こ、ホントに最高ですよ」

「うう、ン、んぁ……、おま×この中を指が動いていくのぉ、ふわぁ、あぁん、堪らないのにぉ。ぐくぅ」

「指が二本も入っちゃいますよ。ずぶずぶ入っていきます。どうです? 二本の指を挿れられる感じは?」

「わかんないぃ。気持ちよすぎて、もう頭がぐちゃぐちゃなのぉ。おま×こ弄ってぇ、もっと掻きまわして欲しいのぉ」

「はい、やってあげますからね。ただ、咲子さんもち×ぽ舐めてくれないと、シックスナインは二人で気持ちよくなるものですよ」

「わかってるわぁ、私もおち×ぽ弄ってあげるからねぇ。んんぁ、んちゅ、にちょん、レロレロ……。うはぁ、いやらしい匂いがするわぁ」

咲子は、ペニスを口に含み、激しく吸引していった。

すると、和也もぞくっとカラダをふるわせ、快感を覚えていく。

「うぉぉ、咲子さん、気持ちイイです。ち×ぽ吸い付かれると、堪りません。うわあぁああ感動的ですよホントに」

「はぁん、私もおま×こ指で弄られてぇ、それだけなのに、とにかく気持ちよくなっちゃうのぉ」

「咲子さん、クリトリスも弄ってあげますよ。好きでしょ? ここを弄られるの」

「うん、好きなのぉ。クリちゃんも弄ってぇ、クリクリってして欲しいのぉ。そうすると、もっと気持ちよくなれるからぁ」

「乱れる咲子さん、可愛いです。俺にだけに、淫らな姿を見せてください。咲子さんの知らない一面を見ている気がして、俺も嬉しいです」

和也は指先を陰核に伸ばしていく。

そして、器用に包皮を剥くと、白い豆を露出させていった。

「クリトリス、ヒクヒクふるえていますね。うん、すごく可愛いです」

「はぁ、クリちゃん飛び出しちゃったのぉ、うぐぅ、和也、早く、早くぅ弄って欲しいのぉ。クリクリって刺激してぇ」

「わかりました。今弄ってあげますからね。こんな感じですかね?」

和也は指で陰核を摘まみ、コリコリと弄り始めたのである。

クリトリスを弄ると、咲子はゾクゾクっとカラダをふるわせ始めた。

「きゃー。気持ちイイ……、んぐぅ、クリがいいのぉ。もっとしてぇ」

「わかりました。もっと弄ってあげますからね」

必死に陰核を弄り続ける和也。

クニクニと指を動かすと、咲子も感じていくのであった。

「あぁあん、和也ぁ、クリ気持ちイイのぉ……。感じすぎちゃって変になりそう。とにかく最高すぎる。クリクリされるのもうダメェ……、んぐぁ、和也ぁ、ふあぁん、んんあぁ」

「咲子さん、クリが大きくなってきました。それに充血までして、うっすらとピンク色になってきました。ハァハァ、舐めたくなってきました」

「イイわよ。和也、私のおま×こを舐めてぇ、おま×こ舐められるの好きだからぁ……」

「はい、俺もおま×こ舐めたいですから、舐めさせてもらいますよ」

和也は、性器に顔を近づけていく。

すると、リコッタチーズのような馨しい香りが漂ってくる。

「うぉぉ、咲子さん、おま×こ、すごくイイ匂いがします。うほぉ、こんな匂いを嗅いじゃうと、俺も気持ちよくなっていきます」

「ダメよ……、そんなところの匂いを嗅いじゃ。だって恥ずかしいじゃない。うあゎ、匂い嗅がないでぇ」

「無理ですよ、こんなにいい匂いなのに、絶対嗅がないともったいないです」

クンクンと淫猥な匂いを嗅いでいくと、和也もますます興奮していく。

そんな匂いをたっぷりと嗅ぎながら、和也はペロペロとの陰部を舐めていくのであった。

「咲子さん、俺のち×ぽも気持ちイイです。んぐぁ、なんか興奮しすぎて、このままだとイッてしまいます」

「イキそうなの? 和也??」

「はい、もう少し持ちそうですけど、なかなか難しいです。あぁ、イッてしまう。気持ちよすぎるんです」

「私も後少しでイケそうだけら、一緒にイキましょ」

「わかりました。俺も一緒にイキたいです」

和也は、何とか射精感を抑えようと、下半身に力を入れて耐え始めた。

一方、咲子も和也をイカせようと、じゅぼじゅぼと口腔の粘膜を使ってフェラを続けていく。

「うぐぅ……、咲子さん、はぁ、ハァ、うわぁ堪りません。ち×ぽが口の中に包まれると、温かくて、ホントに……、素晴らしい感触ですよ」

「私もよ、おま×こレロレロされると、それだけで最高の気分になるの……。ぐぐぅ、あぁん、んぁ、ンッ……んんんー。ダメぇ、気持ちイイのぉー」

「俺のち×ぽも暴発寸前です。咲子さん、精子出そうです」

「きゃー、精子が出そうなの? もうちょっと、もう少し待ってぇ、私もイキたいからぁ」

「はぁ、咲子さん、あぁ、もうダメです。限界です。ハァハァ、咲子さん、イキたい、イキたくて仕方ありません」

「はぁん、私も来たぁ、気持ちイイ波が来たのぉ。うぐく、和也、もっと舐めてぇ、そして、私を激しくイカせてほしいのぉ」

「はい、俺も限界です。イク! 精子出ますぅー」

次の瞬間、和也はとうとう限界を迎えた。

そして、青い牡の欲望を一気に放出させるのであった。

「うぉぉぉ……、精子が出る! 気持ちよすぎます……、どんどん溢れて、うわぁ、堪りません」

「んじゅる、じゅぼ、んんぐぁ」

精子を口腔で受けとめて、続けて咲子も昇天してしまう

ガクガクとカラダをふるわせて、咲子は快感の波に巻き込まれていくのであった。

「咲子さん、気持ちイイ、最高ですよ」

「んぐ、んんん、んぐ、ゴックン」

咲子は、吐き出された精子をゴクリと飲み下した。

「咲子さん、飲んでくれたんですか? ありがとうございます」

「うん、そっちの方が嬉しいでしょ? それに、凄く気持ちよかったわ」

「はい、ありがとうございます。俺も気持ちよかったです。まさか会社でこんなことができるなんて。ホントに嬉しいですよ」

「和也、まだこれで終わりじゃないわよ。もちろん最後までしてくれるわよね?」

「もちろんです。俺もセックスしたいですから。咲子さん一緒に気持ちよくなりましょう」

二人の淫らな時間はまだまだ続いていく――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました