告白手記『デッサンモデル』第1回

告白手記

告白手記『デッサンモデル』第1回

僕は服飾関係の学校に通う専門学生。

今、二十歳です。

僕は今、大いなる一歩を踏み出そうとしています。

それは、絵のモデルを頼むのです。

なぜ、絵のモデルを探しているのかというと、ファッションは人が着る服をデザインするからです。

そうなると、人体の構造を知らないとなりません。

だから、僕の通う学校では、デッサンの時間があります。

でも、僕はその時間をサボってしまい、変わりにモデルを用意して、デッサンした絵を提出しないとならなくなってしまいました。

それで、僕は今絵のモデルを探していました。

街に繰り出し、道を歩く女性に声をかける勇気はありません。

ですから、どうしても知り合いに声をかける必要があります。

そうなると、必然的に声をかける対象は少なくなります。

僕が今回協力を願い出たのは、桐生玲子さん。

玲子さんは今年四十歳の女性ですが、僕の母の仕事の後輩で、僕と面識があります。

僕には兄弟はいませんし、母にモデルを頼むなんてしたくありません。

となると、もう玲子さんくらいしか思い浮かびませんでした。

玲子さんは僕の家から結構近くの、キレイなマンションに住んでいます。

僕も何度か行ったことがありますから、迷わずに行けましたが、やはり勇気が出ません。

もし断られたら……。

そう考えると、憂うつになってしまいます。

だけどやるしかありません。

今回の課題を提出しないと単位が出ません。

そうなると、卒業にも影響してきます。

だから、なんとか玲子さんを説得して絵のモデルをしてもらうのです。

僕は、玲子さんのマンションのエントランスをくぐります。

完全にオートロックですから、まずは彼女の番号をプッシュし、トビラを開けてもらわないとならなりません。

(大丈夫だ。やれる)

僕はそう信じて、インターフォンを押しました。

「あら、和樹君? どうかしたの?」

このマンションはカメラがついていて、向こうに僕の姿が映ります。

だから、玲子さんはすぐに僕だとわかったみたいです。

ちなみに、和樹というのは僕の名前です。

僕は、相田和樹と言います。

「あの、お願いがあって」

「お願い? 何かしら?」

「えっと、その、絵のモデルをお願いできないかなって思って」

「絵のモデル? どうして??」

僕は事情を説明します。

すると、玲子さんは困ったように、

「助けてあげたいけれど、絵のモデルなんて、できないわよ。友達に頼んだら」

「僕、女の子の友達いませんから」

「あら、そうなの。それは困ったわねぇ。まぁ、いいわ、とりあえず家へいらっしゃい。話を聞いてあげるから。一緒に対策を考えましょ」

「ありがとうございます」

僕はこうして、玲子さんの家に向かいました。

玲子さんは一人暮らしをしています。

ただ、住んでいるマンションは広く、一人暮らし用ではありません。

「お邪魔します」

「いらっしゃい、和樹君。久しぶりね」

「はい」

「絵のモデル、探してるんでしょ?」

「そうなんです。ぜひ、玲子さんにやってもらいたくて」

「でも、私なんてオバサンだし、体型だって自信ないわ」

「そんなことないです。玲子さんはキレイですし、スタイルだっていいですよ」

玲子さんは四十歳とは思えない容姿をしている。

若々しいから、二十代と言っても通用しそうです。

ルックスも素晴らしいですし、もちろんスタイルも素敵なのです。

スラっと伸びる手足は、本当にファッションモデルみたいなのです。

だから、絵のモデルにはピッタリだと思うのですけれど……。

「そんなお世辞を言ってもダメよ」

「お世辞じゃないです、ホントですよ。玲子さんはすごくキレイです」

「絵のモデルっていうのは、服を着るのよね?」

「はい、それはまぁ、そうです」

「仕方ないわね。なら、協力してあげる。モデルになってあげるわ」

「え? ホントですか?? ありがとうございます。これで僕、卒業できます」

「ここで断ったら、あなたのお母さんに何を言われるかわからないもの。先輩は厳しいからね」

玲子さんは、僕の母を先輩と呼びます。

既に母は仕事を引退し、今はパート勤めですが、昔は玲子さんと同じ職場で働いていて、いい先輩だったようです。

だから、玲子さんは今でもそれを恩義に感じていて、母を慕ってやってくるくらいなのです。

「着る服って何でもいいのかしら? この服でもいいの?」

玲子さんはシンプルなロング丈のワンピースを着用しています。

今日は休みですから、リラックスしたファッションをしているのでしょう。

「そのままでもいいです。できればカラダのラインが見えるものがいいんですけど、無理はいいません」

「カラダのライン見えるって、そんな若者みたいな洋服持っていないわ。これで我慢してくれる?」

「はい、大丈夫です」

僕は玲子さんをモデルにして、絵を描き始めました。

画力は低いですが、とにかく描くしかありません。

三十分ほど描くと何とか完成しました。

すると、玲子さんは、

「どんな感じに描けたの? 見せて」

「え? いいですけど、下手くそですよ」

「いいから」

仕方なく、僕は作品を見せました。

何だか恥ずかしいです。

「ゆったりしたワンピースって結構描くのが難しくて」

「そうみたいね。着衣って難しいって聞くしね。ウフ。なら、脱いであげようか?」

「へ?」

「冗談よ」

「あ、あぁ、冗談ですか、何か残念だなぁ」

「こんなオバサンの裸なんて見ても嬉しくないでしょ?」

「嬉しいです。むしろ見たいです」

と、僕は勢いよく言ってしまいました。

同時にペニスが熱く反応していきます。

咄嗟に、僕は股間部を押さえました。

「和樹君、どうしてそんなところを押さえているの?」

「それはその、ちょっと」

「手をどけなさい」

「えっと、できません」

「いいからどけなさい」

と、玲子さんはイタズラっぽい笑みを浮かべて、僕の手を跳ね除けました。

すると、もっこりと膨らんだ股間部が見えてしまいます。

「どうして、こんなことになっているのかしら? 説明して」

「そ、それはその、玲子さんが脱ぐとかいうからです」

「私のせいにするの? まったく、あなたって人は、こんなオバサンで興奮していたら、若い子を見たらどうなってしまうの?」

「僕は玲子さんだからこうなったんです。他の女性が言っても、こんな風にならないですよ」

「何を言っているの? だって私なんてあなたから見たら年増じゃないの」

「いえ、玲子さんは魅力的です。僕の憧れですから」

と、僕は正直に告げていました。

そう、玲子さんは僕にとっての憧れです。

ですから、もっと親密になりたいと思っているのです。

「大人をからかったりしたらダメよ」

「からかってないです。僕、玲子さんが……」

「ダメよ、そんなの……、それ以上言わないで」

僕は興奮していました。

ペニスは勃起していて暴発寸前でしたし、このまま彼女を放っておけないと思えたのです。

次の瞬間、僕は玲子さんを抱きしめていました。

「ちょっと、和樹君、何を……、は、離して」

「僕、玲子さんが好きなんです。だから、その、僕の欲望を受け止めてください」

「ダメよ、そんなの、あなたは先輩の子どもなのに……、ちょっといい加減にして」

玲子さんの方が大人ですが、力は僕の方が強いです。

僕はそのまま玲子さんを押し倒しました。

そして、ワンピースの裾を、スルスルと持ち上げていきます。

「ちょ、ちょっと何をするの? 和樹君、止めなさい」

「玲子さん、僕、自分が止められません。ごめんなさい。玲子さんの恥ずかしいところ見せてください」

「そ、そんな、和樹君、落ち着いて。とにかくこんなのダメよ」

玲子さんの声を聞いても、僕の欲望は止まりませんでした。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました