告白手記『飲み会の帰りに』第1回

告白手記

告白手記『飲み会の帰りに』第1回

私はとあるデザイン事務所で、デザイナーとして働いています。

今年三十歳になり、ようやく仕事でも戦力になりつつあるのです。

とはいっても、まだまだ精進が必要です。

決して、仕事ができるわけではないので、日ごろから勉強しなければなりません。

デザイナーの仕事は、常にアンテナを張って、色んなものを見て、吸収し、それをアウトプットする必要があるのです。

ある日、私は仕事で大きなミスをしてしまいました。

PC上で作業をするのですが、私のミスでデータが飛んでしまうのです。

その結果、納期ギリギリだった仕事が間に合わなくなり、結果的に会社に迷惑をかけてしまったのです。

私はしょんぼりとしていました。

ようやく仕事ができるようになったと思ったら、早速大きなミスをしてしまう。

そんな自分の不甲斐なさが、とてもイヤになったのです。

「海藤君。ちょっといい?」

そんな中、私は上司である佐々木真由さんに呼ばれました。

海藤というのは私の名前です。

私は海藤徹と言います。

私は、また何かミスをして、怒られるのではないかとビクビクしてしまったのです。

「あの、何か?」

「今日の夜、時間空いてる?」

「今日ですか? 仕事が終われば、特に何も予定はないですけど」

「なら空けておいて。それに仕事はキッチリ定時に終わらせること」

「はぁ、わかりました」

私がしでかしたミスは、他の社員の協力もあり、何とかなりました。

そして、その仕事が終わると、一段落着いたので、仕事量が少しだけ少なくなります。

デザイナーの仕事は、忙しい時期と閑散期が交互に現れる感じで、今はそれほど忙しくないのでした。

だから定時に仕事を終えるのは、頑張れば可能でしょう。

私は、上司の命令とあって、何とか仕事を終えたのでした。

夜七時――。

私の勤めているデザイン事務所は、忙しくなれければ夜の七時が終業時刻になります。

私は佐々木さんに呼ばれていたので、彼女のデスクまで向かいます。

丁度、佐々木さんも仕事が終わったようで、デスク回りの片づけをしていました。

「あの、佐々木さん、仕事終わりました」

と、私が言うと、佐々木さんはにっこりと笑いました。

彼女は、今年四十歳になる敏腕のデザイナーなのです。

「ちゃんと就業時間内に仕事を終わらせたのね。偉いわよ、海藤君」

「それで、何かするんですか?」

「うん、ちょっとね。ついてきなさい」

私たちは、会社を出て駅前の方に向かっていきます。

夕暮れの駅前は、それなりに混雑しているようでした。

それほど、大きな駅ではないのですが、駅前には飲食店が立ち並んでいます。

佐々木さんは、ふと居酒屋の前に立ち止まると、

「ここでいいわね」

と、言いました。

どうやら、居酒屋に行くようです。

「居酒屋ですけど、飲むんですか?」

「そう、付き合いなさい」

「はい、わかりました」

私はそれほど人付き合いが得意ではないので、基本的に退社した後は、帰宅します。

会社の近くのマンションを借りているので、すぐに家に帰れるのです。

だからこそ、この唐突な飲みの誘いに私は驚いていました。

居酒屋の中は、混雑しているようでした。

それもそのはずで、今日は金曜日なのです。

つまり、明日から普通の会社は連休です。

私たちの会社も土日が休みになっています。

店員さんがすぐに席に案内してくれました。

混雑はしていましたが、何とか待たずに座れてラッキーでした。

「海藤君はお酒飲めるのよね?」

「はい、そんなに強いわけじゃないですけど」

「なら、最初の一杯はビールでいいわね」

「大丈夫です」

私たちは、こうして飲むことになりました。

「どうして僕を誘ったんですか?」

「理由? 最近元気がないと思って」

「まぁ、大きなミスをしてしまいましたから」

「実はね、あなたくらいの年齢の時に、大きなミスをしてしまったことがあるの。だから、励ましてあげたくて。大丈夫、ミスをするのは当たり前だし、問題はその後の行動だから」

「はい、色々迷惑をかけてしまいました」

「あなたはよくやったと思うわ。だから今日は私が奢ってあげる。嫌なことは飲んで忘れましょう」

二時間程飲むと、私たちは居酒屋を出ました。

佐々木さんは私を励ますために、居酒屋に誘ってくれたようです。

私は心の底から嬉しくなりました。

佐々木さんは電車通勤のようで、駅で別れることになりました。

ただ、少し酔った佐々木さんは、ふらついて転んでしまったのです。

その結果、足を挫いたようでした。

「痛たぁ、ちょっと飲みすぎちゃったかも」

「大丈夫ですか? 佐々木さん。手当しないと」

「大丈夫よ、このくらい。あ、痛い」

「僕の家、ここから近いですから、そこで手当てしてあげます。ちょっと来てください」

私は励ましてもらったお礼に、彼女を介抱してあげたかったのです。

私は佐々木さんを支えながら、何とか家にたどり着きます。

そこで、佐々木さんの足をチェックします。

どうやら、少しひねったようでした。

軽く足首が腫れていました。

「湿布とかあるんで、貼っていきますか?」

「そう、悪いわね、色々させてしまって」

「いえ」

佐々木さんはパンツスーツ姿なので、スラックスの裾口を上にたくし上げ、足首を見せると、私はそこに湿布を貼りました。

「ニ、三日しても腫れが引かなかったら、医者に行ってくださいね。多分大丈夫だと思いますけど」

「ありがとう。それじゃ私は帰るわね」

「あ、でも、少しゆっくりして行った方が……」

佐々木さんは無理して帰ろうとしたのですが、フラついてバランスを崩しました。

それを、私は支えます。

そうなると、私が佐々木さんを抱きしめているという形になりました。

彼女の胸が私のカラダに当たります。

女性の柔らかい肉感のあるカラダが伝わってきます。

「ご、ゴメンナサイ」

「大丈夫ですか? 佐々木さん……」

「うん、大丈夫。ありがたいんだけど、その……、海藤君、興奮してるの?」

「え? 興奮って、どうしてですか?」

「その、硬いのが当たってるわ」

私は咄嗟に彼女から離れなました。

そう。私は彼女を抱きしめたことで興奮してしまい、ペニスが勃起してしまったのです。

「あ、そ、その、これは違うんです。あ、いや、えっと」

私はしどろもどろになります。

しかし佐々木さんは慌てていませんでした。

「大丈夫、男の人のリビドーは理解しているつもりよ。それに、私を女として見てくれるのね。こんなオバサンなのに」

「そんなオバサンだなんて……」

佐々木さんは、アラフォーの女性ですが、若々しい印象があります。

ルックスもキレイで、もしかすると二十代と言っても通用するかもしれません。

また、スタイルも素晴らしいです。

まるで、女性ファッション誌のモデルが、そのまま出てきたという感じのスタイルをしています。

私の会社でも、佐々木さんをキレイだという、男性社員は多いのです。

私自身も、少しだけ佐々木さんに憧れていました。

だからこそ、こうして飲みに誘われて嬉しく感じていたのです。

「佐々木さんはキレイです。ホントに……」

「そんな、お世辞なんて言っても何も出ないわよ」

「お世辞じゃないです。ホントなんです」

「おち×ぽ苦しい? こういう時って発散させた方がいいんでしょう?」

「え? まぁ、そうですけど、佐々木さん何を……」

「手当してくれたお礼に、私が、スッキリさせてあげるわ」

「え? 佐々木さん、いいんですか?」

突然の提案に、私は驚きました。

しかし、ペニスは一層硬くなり、ギンギンになっていきます。

佐々木さんは、私のスラックスを脱がすと、ペニスを解放しました。

そして、優しいタッチでペニスを触っていきます。

ゾクゾクとする感触が、全身に広がっていくのでした。

「ん、くぁ……、佐々木さん……」

「気持ちいいの? 海藤君??」

「はい、気持ちいいです。憧れの佐々木さんに、こんなことしてもらって、ホントに嬉しいですよ」

私は心の底から嬉しくなって、佐々木さんの手コキを感じていくのでした。

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました