告白手記『飲み会の帰りに』最終回

告白手記

告白手記『飲み会の帰りに』最終回

まずは、ブラを外して、乳房を露出させます。

佐々木さんの乳房は、そこまで大きくありません。

ですが、形がかなりよく美乳と言えるでしょう。

私は優しく彼女のおっぱいを揉み始めました。

「ンッ……、んんぁ」

「佐々木さんのおっぱい、すごく柔らかいです」

私は続けて乳首を指でつまみ、コリコリと刺激していきます。

「はぁん、そんな風に弄らないで」

「気持ちいいですか? 佐々木さん??」

「うん。だけど、やっぱり恥ずかしいわね。年の離れた男の子にこんな風に弄られるなんて」

「マシュマロみたいに柔らかいです。佐々木さんのおっぱい、ホントの最高ですよ」

堪らなくなった私は、彼女の乳首に吸い付きました。

そして、チューチューと赤ちゃんのように吸い始めたのです。

「フぁ……、んんぁ、海藤君、舐めちゃダメよぉ」

「どうしてですか? 舐められるの気持ちよくないですか?」

私は、乳首をコリコリッと甘噛みしてみました。

すると、佐々木さんのカラダがビクビクッと跳ねました。

感じてくれているのがわかります。

私は嬉しくなって、どんどん乳房を責めていくのでした。

「はぁん、海藤君。海藤君におっぱい吸われているぅ、ハァハァ、何か不思議な気分よ。ゾクゾクしちゃうのぉ」

「次はおま×こを弄ってあげますよ」

私は彼女のショーツを脱がし、秘部を開帳します。

そして、片手でおっぱいを弄りながら、もう片方の手を淫裂に伸ばしていきました。

「んん、ぁああん、きゃあ、ダメェ、そんなところ触らないでぇ」

「佐々木さんのおま×こ濡れてますね。おっぱい弄られて興奮しちゃったんですか?」

「だってぇ、海藤君がいやらしく弄るからぁ、あそこが濡れちゃうのぉ」

「感じてくれていて、僕も嬉しいですよ。もっと弄ってあげますから」

私はおま×こに指を挿れて、クリクリと膣内を掻きまわしていきました。

ヌルヌルになった膣内は、指をスムーズに動かし、私を興奮させてくれるのでした。

「佐々木さんのおま×こ、凄く窮屈ですね。ここにち×ぽを挿れたらどうなるんでしょうか?」

「おち×ぽを挿れたいの? 海藤君??」

「はい、ダメですか? ここまできたら、最後までしたいです」

「絶対に誰にも言っちゃダメよ。約束できる?」

「約束します。安心してください」

「なら、してもいいわよ。私も、何だか変な気分になっちゃったから」

「うわぁ、ありがとうございます。僕、嬉しいです」

私は嬉々として、佐々木さんを仰向けに寝かせました。

彼女の陰部は既にしっとりと濡れているので、このまま挿入しても問題ないように感じます。

「佐々木さん、コンドームとかないですけど、生で挿れてもいいんですか?」

「うん、今日は安全な日だから大丈夫だと思うけど」

「わかりました。それじゃ、挿れます」

私はそう言い、ペニスを膣内に挿れていきます。

ずぶずぶずぶ……。

めり込むように、イチモツが吸い込まれていきます。

「うぉぉ……、温かい。凄く気持ちいいですよ、佐々木さん」

「うぁ、ふぅ、はぁん、私も久しぶりのセックスだから感じちゃうのぉ……、ゾクゾクしちゃうわぁ」

「おま×この中、ヌルヌルで温かくて、ち×ぽが蕩けそうですよ。ホント佐々木さんとセックスするの最高です」

私は有頂天になっていました。

佐々木さんのおま×この中をかき回していくと、それだけで心地よくなっていくのでした。

「海藤君、突いてぇ、もっと突いて欲しいのぉ」

「激しくしてもいいんですか? 佐々木さん?」

「うん、激しくしてぇ、そっちの方が好きだから、お願いぃ」

「わかりました。激しく突きますから」

私は腰の動きを速めていきます。

突くほどに、彼女の淫裂から蜜があふれ出し、それが流れ出ていくのでした。

「佐々木さん、ち×ぽが、ち×ぽが気持ちよくて、うぐぅ、凄いですよ。うおぉぉ」

「んんぁ、はぁ、気持ちいい……。海藤君のおち×ぽ最高……、おま×この中を掻きまわしてくれるのぉ」

「もっと、激しく突いてあげますよ。佐々木さん後ろを向いてください」

「え? 後ろを? 何をするつもり?」

「バックからバコバコしてあげます。そっちの方が激しく突けると思って」

「わかったわ、やってみてぇ。お願い海藤君」

正常位から、バックへ体位を変えていきます。

一旦ペニスを抜くと、淫蜜に濡れたイチモツはキラキラと光っていました。

「おおぉ、後ろから挿れると、やっぱり気持ちいいですね。佐々木さんどうですか?」

「んぐぁ……はぁん、気持ちいいのぉ、おち×ぽ、奥まで届くわぁ……」

「何だか、後ろから突くと、無理矢理している感じがしますよ。うぉぉぉ、堪らないです」

「あぁ、ン、んんぁ、あぁん、海藤君に無理矢理されてるみたい……、はぁん、犯されてるの? 私、あぁあん」

「そうですよ、僕が佐々木さんを征服してるんです。佐々木さんは僕に犯されてるんでしょ。うわぁ、ホントに感動的です。佐々木さん、もっと気持ちよくなってください」

僕は、パンパンとリズミカルに腰を動かしていきます。

腰の動きを速めていくほどに、素晴らしい快感が襲ってくるのでした。

「ふぁん。海藤君、おち×ぽが奥まで刺さるのぉ、奥をぐりぐりって掻きまわすのぉ」

「奥の方がいいんですよね? バックからだと、奥まで入るからちょうどいいですね」

「そうなの……、バックって気持ちいい……、無理矢理されてる感じが、興奮させてくれるのぉ……」

「佐々木さんってもしかしてMですか? イジメられるのが好きなんですか?」

「んんぁ、わかんない……、わかんないけど、気持ちいいのは確かよ」

「僕も気持ちいいです。こんな風にして佐々木さんとセックスできて、ホントに嬉しいですよ」

「ハァ、ハァ……、ねぇ、海藤君、私、イッちゃいそう。おま×こがビクビクふるえちゃって、おかしくなりそうなの?」

「イキそうなんですね? 佐々木さん??」

「うん、ダメェェえええ。イク、イッちゃうのぉー」

「僕ももう少しでイケそうです。だから、一緒にイキましょう。佐々木さん」

「はぁん、わかったわ、一緒に、一緒にイキたいのぉ」

私も止めどない射精感を覚え始めました。

先ほど既に一度イッているのですが、再びペニスは爆発しそうになっているのです。

「うぉぉぉ、佐々木さんのおま×こ、ホントに最高です……。このまま中に出したいです。あの、佐々木さん中に出してもいいですか?」

「え? な、中に、それは……、でも……」

「お願いです。ちゃんと責任取りますから」

「海藤君……、わかったわ、中に出して、精子をおま×こにビュルビュルって出して、私を感じさせてちょうだい」

「はい! わかりました。うぉぉぉおおおー。ダメだ、佐々木さん、もう限界です、イク! イキます!!」

「私もぉ、私もイクゥゥぅー、おま×こが気持ちイイのぉ」

私たちの声はシンクロしました。

そして、次の瞬間、私の欲望が炸裂したのです。

ビュルビュル……、ドクドクドク。

「うわぁ、精子がドンドン出ます、気持ちいい……、堪りません」

「おま×この中に精子がたくさん……、うぅぅ、お腹が熱いのぉ……。はぁぁああん」

私は最後の一滴まで精子を絞り出すと、ゆっくりとペニスを引き抜きました。

すると、ゴポリとスペルマが膣口からあふれ出してきました。

「あぁん、精子が流れ出ちゃう」

「おま×こから流れ出る精液って、なんだか卑猥です。佐々木さん、ホントに気持ちよかったです」

「私もよ。ありがとう、海藤君」

佐々木さんはそう言うと、私のペニスを咥えこみ、お掃除フェラをしてくれました。

こうして、私たちのセックスは終わりを告げます。

佐々木さんとは今後も関係を続け、私たちは肉欲に溺れていくのでした。

〈了〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました