連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第1回

連載官能小説

連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第1回

(モデル、誰に頼もうか)

美術系の専門学校に通う工藤健一は、ぼんやりとそんな風に考えていた。

実は、学校の授業でデッサンがあるのだが、彼はその時間をサボってしまい、変わりに課題を提出しなければならなくなったのである。

その課題が――。

 

「モデルを探して、その人物を模写すること」

 

これである。

同時に、これができないと、卒業の単位にも関わってくるため、死活問題なのだ。

「けど……」

悩みは尽きない。

健一は、それほど交友関係が広いわけではない。

まったく友達がいないわけではないのだが、高校時代の友達とは、専門学校に通うようにあり、疎遠になっている。

もちろん、女の子の友達だっていない。

今回のデッサンの課題は、女性が対象である。

つまり、女の子の絵を描かないとならないのだ。

「参ったなよな……、ホント」

頭を擡げたくなる。

けれど、まったく知り合いがいないわけではないのだ。

「あの人に頼めば」

一縷の望みをかけて、健一はあの人の元へ向かった――。

 

幸い、今日は土曜日である。

つまり、普通の社会人であれば休みであろう。

あの人は、普通に働いているから、今日は休みのはずだ。

だた、アポなしで行ってもいだろうか?

(考えるより先に行動しなきゃ。何しろ卒業がかかっているんだから)

健一はそう考え、あの人の自宅にたどり着く。

ここで「あの人」について紹介しておこう。

あの人というのは、健一の母親の後輩である。

健一の母は、その昔デザイン系の仕事をしており、そこで結構人望があったらしいのだ。

そして、その時の後輩が――。

 

「佐々木真由美」

 

なのである。

真由美は、今年四十歳になった壮年の女性だ。

しかし、若々しい印象があり、スタイルは二十代と言っても通用するだろう。

もちろん、ルックスも素晴らしい。

女優の篠原〇子さんに似ているのだ。

(真由美さん、OKしてくれるかな?)

実は、健一と真由美は交流がある。

時折、真由美が彼の母を慕って尋ねてくるのだ。

それで何度か話しているし、一緒に食事をしたこともある。

だからこそ、今回のお願いも聞いてくれると確信していた。

真由美は、やや大きなマンションに一人暮らしをしている。

健一の調査では、彼氏はいないはずである。

完全なオートロックのマンションだから、エントランスに入ると、トビラを開けてもらうために、インターフォンを押す必要がある。

(大丈夫だ、やれる……)

健一はドキドキしながら、インターフォンを押した。

数秒後――。

ガチャっと音が聞こえ、真由美の声が聞こえてきた。

「あら、健一君じゃない、どうかしたの?」

カメラが付いているので、コチラの映像が向こう側に映っているのである。

「あの、お願いがありましね」

「お願い? 何かしら?」

「その言いづらいんですけど、絵のモデルをお願いしたいんです」

そう言い、健一は事情を説明した。

すると真由美は、

「話は分かったわ。とにかく中に入ってちょうだい。話を聞いてあげるから」

「ありがとうございます」

こうして、健一は真由美の自宅に入ったのであった。

真由美の自宅は、2LDKであり、一人で暮らすには広々している。

リビングルームはキレイに整頓されており、大型の液晶テレビやソファなどが並んでいる。

「久しぶりね、健一君」

「はい、ご無沙汰です」

「絵のモデルって私でもいいの?」

「はい、女性っていうのが条件なんです」

「もちろん着衣のモデルよね?」

「それはもちろんです」

そこで、健一はチラッと真由美に視線を滑らす。

部屋でリラックスしていたのか、彼女はロング丈の白ワンピースを着用していた。

「その恰好でいいと思います」

「これ部屋着だけどいいの?」

「はい、問題ないです」

「じゃあ付き合ってあげる。他でもない健一君の頼みだから」

「ありがとうございます。ホント助かりますよ」

こうして、健一は真由美をモデルにして絵を描くことになった。

早速、持って来たスケッチブックと鉛筆を取り出し、彼女を描いていく。

座位は難しいので、立ってもらってそれを描いていくのであった。

しばらく描き続けると、健一は何だか変な気持ちになってきた。

彼女の着ているワンピースは簡素なタイプだ。

ただ、あの薄手の生地の下に、裸体が潜んでいると思うと、どうしても興奮してしまうのである。

「健一君、描けた」

「ふぇ、あぁ、はい、まずまずですかね」

健一は、咄嗟に股間部をスケッチブックで押さえた。

彼女の裸体を想像したら、ペニスが勃起してしまったのである。

目ざとい真由美は、彼の仕草に気づいたようだ。

「健一君、どうしてそんなところにスケッチブックを置いているの?」

「い、いや、その、こっちの方が描きやすくて」

「そんな下にスケッチブックを置いたら描きにくいと思うけど。……えい!」

と、真由美は健一のスケッチブックをひったくった。

すると、健一の股間部がもっこりと膨らんでいるのが見えてしまった。

「ちょっと、健一君、どういうことなの? どうして、あそこがこんなに膨らんでいるのかしら?」

「そ、それはその……、これは違うんです。ホントに」

「何が違うのかしら? 私はあなたが真剣に絵を描くって言うから協力したのに。どうしておち×ぽが大きくなるのかしら」

キッと、真由美は健一を睨みつける。

嘘を言うと逆効果かもしれない。

そう感じた健一は素直に白状した。

「その、真由美さんキレイだから、裸を想像してしまって興奮してしまいました」

「大人をからかっちゃダメよ。私なんて、あなたから見たらオバサンでしょう?」

「そんなことないです。真由美さんはキレイですし、俺の憧れなんです」

つい勢いで言ってしまった。

対する真由美は驚きの表情を浮かべている。

「あなた本気?」

「はい。ホントに素敵だと思っています」

健一がそう言うと、真由美は彼の股間をゆっくりと撫でまわした。

「こんなに膨らんで、苦しそうね。こういう時、無理に我慢するのはよくないのよね?」

「え?」

「ねぇ、そんなにオバサンが好き?」

「真由美さんはオバサンじゃないですよ、キレイなお姉さんです」

「フフフ、ありがとう。そう言ってくれるお礼に、私が気持ちよくしてあげようかしら」

唐突の言葉に、健一は混乱してしまう。

「な、何を?」

「おち×ぽ苦しいでしょ? こんな時は発散させた方がいいのよ。だから私に任せなさい」

真由美はクスッと、蠱惑的な笑みを浮かべると、健一のはいているズボンを脱がしていった。

すると、ブルンと勢いよくペニスが反り返る。

「まぁ、こんなに大きいの? あなたのおち×ぽ」

「はぅ……、真由美さん何を?」

「何をって、決まっているでしょ。男の子はこうしてシコシコされるのが気持ちいいはずよ」

真由美は、ほっそりとした指先をペニスに絡めていき、シコシコと上下に動かし始めた。

「うっ、くぅ」

思わず嗚咽が漏れてしまう。

健一は今年二十歳になるが、未だに童貞である。

つまり、こんな風にして女の人にイチモツをしごかれたことなどないのだ。

だからこそ、彼女の繊細な手コキの姿勢に参ってしまった。

「健一君、気持ちいいかしら?」

「はい。気持ちいいです」

「おち×ぽ、こんなに血管が浮かんで、赤黒くなっているわね。それに凄く大きいわ」

「ッ……、ンンッ……、あぁ、真由美さん」

「可愛い声を出して。ウフ、健一君、これからたっぷり気持ちよくしてあげるからね」

そう言い、真由美はしごくスピードを少しずつ速めていくのであった――。


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました