連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第5回

連載官能小説

連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第5回

しとどに淫蜜があふれ出してきて、健一はそれを啜り始める。

エッチな味わいがする蜜は、蕩けるような瑞々しさがあった。

「真由美さん、気持ちいいですか? 俺の舌づかいで感じてくれますか?」

「やぁん、気持ちいいわ……、こんな風に舐められるの久しぶりだから」

「どうしたらもっと気持ちよくなれますか? 俺、たくさん感じさせたいんです」

「う、ぅぅん、あぁ、ぁは、そうしたら、クリリスを弄ってくれる? そうすると、もっと気持ちよくなれると思うの」

「クリトリスですね、わかりました」

真由美のオナニーを見た時に、陰核の位置は大体把握している。

小陰唇のビラビラをかきわけ、膣口の上方部分に、包皮に包まれた一角がある。

健一は、そこを指で弄ると、器用に皮をむいた。

すると、白い豆のようなものが飛び出してきて、ヒクヒクとふるえているのがわかる。

「クリトリスが飛び出してきましたよ。小さくて可愛いですね」

「ぁぁああ、はぁん、クリは敏感だから、優しく弄ってね」

「わかりました。それじゃ、早速……」

健一は、舌先で突起に触れて、そこをベロベロと舐め始めた。

途端、真由美のカラダがビクビクと跳ねていく。

「きゃー……、んなぁ、ぁあぁん、ダメ、気持ちよすぎるぅ」

「クリトリスが膨らんできたような気がします」

「だってぇ、健一君がそんな風に弄るからぁ」

「ちゅぱ、ちゅぱぱ、くちゅん……、ちゅぱん」

「はぁん、健一君、気持ちいい……、もっと、もっと弄って欲しいのぉ」

「はい、んちゅ、くちゅん、たくさん弄ってあげますからね」

「あぁん、クリを弄られるの気持ちいいのぉ……、ハァハァ、もう、ダメェ……、け、健一君、カラダがゾクゾクしちゃうわぁ」

健一は、陰核を弄りながら、指を膣内に挿れて、少しずつかき回していく。

ねっとりとした、淫蜜が指に絡みつき、それが潤滑油となって、スムーズに動かすのであった。

「真由美さん、クリを弄ったら、おま×こがキュッと締まりましたよ。うわぁ、凄いです。まるで連動しているみたいだ」

「んんぁ、ンンッ……だって、気持ちよすぎてぇ、自然とおま×こも締まっちゃうの……、だからね、わざとじゃないのよ」

「真由美さん、凄く可愛いです。ホントに魅力的ですよ」

年が大きく離れた健一から、可愛いと言われて、真由美はドキドキしてしまった。

四十歳を超えてから、人に可愛いと言われるなんてあまりない。

だからこそ、純粋無垢な健一の発言が嬉しかったのである。

「ねぇ、健一君、私、イッちゃいそうなの。ねぇ、イッていいかしら?」

「もちろんですよ。イッてください」

「うぅ、んん、ンンッ。はぁん、ダメェ、気持ちよすぎておま×こがおかしくなっちゃう……」

真由美のカラダがガクガクとふるえ始める。

淫裂かキュキュッと収縮していき、イク兆候があらわれ始めた。

「ハァ……、んぐぅ、健一君、も、もうダメ……、イク! イッちゃうのぉー」

「んちゅ、じゅるん、イッてください。真由美さんのイクところが見たいですから、んじゅるん」

「ダメェ、健一君ー。んんぁ、イクゥゥぅぅー」

次の瞬間、真由美はオルガスムスに包まれて、昇天を迎える。

長くじんわりとした悦楽がカラダ中を貫いていく。

女は男と違い、長い間オルガスムスを感じるというが、真由美もそれを覚え始めた。

「んんぁ、気持ちいい……、おま×こがジンジンしちゃって気持ちいいのぉ。はぁん、健一君ー」

「真由美さん、イッたんですね? おま×こがキュキュッと締まりましたよ」

「まだイッてるわ。ゾクゾクが長く続く感じなの」

「男とは少し違うんですね」

「うん、そうみたい……ハァ、んんぁ、気持ちよくて堪らないわぁ」

「真由美さんが気持ちよくなってくれて、俺も嬉しいですよ」

「全く健一君ったらホントにエッチなのね。アラフォーの女性をイカせるなんて、初めてとは思えないわ」

真由美はぐったりとしながら、健一を見つめる。

健一は恥ずかしそうに顔を背けるが、その姿が初々しく見えた。

「健一君、これで満足できたでしょ? 絵が描けるわね」

「そう言えば、絵を描きに来たんですよね? すっかり忘れていました」

「忘れちゃダメよ。それが目的なんだから」

「あの、真由美さん、俺のち×ぽ、まだこんなになっています」

そう言い、健一は自分の膨らんだペニスをみせた。

先ほどのプレイでイッたはずなのであるが、若いだけあって、回復力も高いようである。

ギンギンとなったペニスは、ビクビクとふるえており、牡の象徴のように見えた。

「どうしてなの? さっきイッたじゃないの?」

「あれだけじゃ満足できないんです」

「じゃあ、どうすれば満足するの?」

「そ、それはつまり、俺は、真由美さんと結ばれたいんです」

「えっと、セックスしたいって意味かしら?」

「はい、ダメですか?」

「セックスはちょっと、やっぱりダメよ……、そんなの、そういうのって恋人同士でするべきよ。健一君だって年の近い女の子の方がいいでしょ? 初めての相手がアラフォーのオバサンじゃかわいそうよ」

「そんなことないです。俺が好きなのは、真由美さんですから。だから、俺の初めての相手になってくれませんか?」

「ホントにいいの? 私が相手でも……」

「はい、お願いします」

健一は子犬のような瞳で、真由美を見つめる。

すると、真由美の母性がくすぐられて、断るに断れなくなってしまった。

「健一君……、してあげる代わりに、さっきに撮った写真は消せるかしら?」

「写真をですか?」

「そう。あんな写真が外部に漏れてしまったら、私は生きていけないわ。だから、その写真を削除してくれるなら、あなたの初めての相手になってあげるけど」

「消せばいいんですね?」

「うん、消してくれる?」

「はい、わかりました。じゃあ、今目の前で消します」

そう言うと、健一はスマホを取り出して、先程撮った写真をすべて削除した。

健一も、真由美を脅すような真似をするのは本望ではない。

しかし、欲望に抗いきれず、ついつい脅しのような真似をしてしまったのである。

「消しました……、これでいいですか?」

「ありがとう、信じてたわ、健一君、そしたらしましょうか? 挿れる場所はわかるわよね?」

「おま×こにおち×ぽ挿れればいいんですよね?」

「そうよ、膣内におち×ぽ挿れて、ズボズボ動かすの……、そうすると気持ちよくなれるのよ」

「早く……、したいです」

「フフフ、慌てないで、じゃあ、最初だから、やっぱり正常位で始めましょうか? この体位がセックスの基本だからね」

「わかりました」

健一の言葉を聞いた真由美は、彼を寝室につれて行く。

そして、ベッドの上にごろりと横になると、あお向けになって脚を開いた。

すると、ヌラヌラと光る陰部が顔を出し、蕩けていくように見えた。

「真由美さん、おま×こがトロトロで、すごくエッチです」

「私もね、実はちょっとエッチしたいなって思っていたの。だから、一緒に楽しみましょう」

「はい!」

健一は真由美の膝に手を置くと、くいと足を押し広げ、淫裂に向かってペニスを押し当てていった。

「真由美さん、挿れます、いいですね?」

「うん、来てぇ……、おま×こをズボズボして欲しいのぉ」

「わかりました。それじゃいきます!」

健一はヌラヌラと光る膣口にペニスを導き、そのまま挿入していく。

ずぶずぶずぶずぶ……。

ペニスはあっという間に、膣内に吸い込まれていき、ねっとりとした質感が、怒張を包み込んでいった。

「んんぁ、おち×ぽが入ってきたわぁ……」

「うぉぉ、これがおま×この中……、温かくて、ヌメヌメして……、ホントに最高ですよ、真由美さん」

「健一君、あまり飛ばさないようにね。最初はゆっくりするといいわよ。慣れてきたら少しずつ動きを速めていくの」

「最初はゆっくりですね。やってみます」

健一は膣内のトロリとした質感を味わいつつ、ペニスをゆっくりと動かし始めた。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました