連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第6回

連載官能小説

連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第6回

ずりゅ、めちゅ、めりゅる……。

イチモツをゆっくりと出し挿れしていくと、途轍もない気持ちよさが襲ってくる。

ねっとりと、ペニス全体が包み込まれるような感じがするのである。

「あぁ、真由美さん、凄く気持ちいいです。これがセックスなんですね?」

「はぁん、そうよ、私も久しぶりだから、凄く気持ちいいのぉ」

「おま×この中、温かくて、ヌメヌメとしていて、とにかく最高なんです。あぁ、オナニーや手コキとは全然違います」

「んんぁ、ンンッ、ん……、ぁああぁん、そんなにいいの? 私のおま×こ」

「はい、真由美さんのおま×こ、俺にピッタリって感じです。ち×ぽを優しく包み込んでくれて……」

「慣れてきたら、少しずつ動きを速めていってもいいからね。健一君が気持ちいいように動きなさい」

「はい、ありがとうございます」

最初はひどくゆったりとしたペースで動いていたが、健一は少し速く動いてみたくなった。

それだけ、圧倒的な悦楽が降り注いでくるのである。

「うぉぉ、気持ちいい……、ち×ぽが蕩けそうだ」

「ハァん、健一君のおち×ぽがおま×こに刺さって、ズコバコしてるのぉ」

「俺のち×ぽ、気持ちいいですか? 真由美さん??」

「あぁぁん、うん、気持ちいいのぉ。健一君のおち×ぽ、大きいからおま×こを上手く擦ってくれるの。それが、とっても最高なのよぉ」

健一は抽送のリズムを押し上げていき、更なる快感を生み出していく。

動けば動くほど、ペニスが蕩けそうになってしまう。

対する真由美も、カラダをビクビクとふるわせながら、悶えていくのであった。

「うぉぉぉおお。真由美さん……、おま×こからエッチなお汁がどんどん溢れてきて、大洪水になってますよ」

「だってぇ、健一君がおち×ぽで、おま×こを掻きまわすからぁ……、こんな風にされたら、自然とおま×こが濡れてしまうの」

「真由美さんのおま×この中、何か独特なヒダみたいなものがあって、ち×ぽに絡みつくんです。女の人ってみんなこんな感じなんですか?」

「よくわかんないけれど、私のあそこってカズノコ天井っていうタイプらしいの。無数のヒダがあって、それがおち×ぽを包み込むのよね。他の女はみんなこうじゃないのよ」

「真由美さんだから特別なんですね?」

「えぇ、そうよ。いわゆる名器って言われるタイプなのよ。だから、健一君、たっぷりと気持ちよくなりなさい」

「はい! ありがとうございます。俺、ホントに嬉しいですよ」

一定のペースで突き続ける健一であったが、少し動きがマンネリ化してきた。

そこで、彼は真由美の足を垂直に持ち上げ、目の前でクロスさせた。

「きゃー、健一君、何をするの?」

「こっちの方が感じるかなって思って、どうです? 足を持ち上げると、少しだけ挿入の角度が変わりましたけど」

「んんぁ、うん、そうね、さっきよりも、気持ちいいような感じね。全く、健一君ったら、初めてのクセに、色々な体位を知っているのね」

「アダルトビデオで見た知識ですけどね」

「いいわよ、好きにしてちょうだい。私も合わせるから」

これは正常位の変則的な形――。

 

「深山(みやま)」

 

と、いう体位であった。

仰向けの女性が男性の肩の上まで脚を上げ、男性はその脚を支えながら挿入する体位となる。

特に、奥が好きな女性に一番オススメできる体位だ。

膣の入り口が男性とピッタリ密着する角度まで腰を浮かせると快感が増していくのである。

「真由美さん、ありがとうございます。ホントに優しいんですね。俺は、やっぱり初めては真由美さんでよかったです」

健一は、持ち上げた真由美の足に鼻を近づけて、匂いを嗅いでいく。

すると、馨しい匂いが鼻を突くのであった。

ふんわりとした、体臭と石けんの香りが入り混じり、とにかく素敵な匂いがするのである。

「やぁん、ダメよ、そんな匂いを嗅いじゃ」

「真由美さんの足、凄くいい匂いがするんです。最高ですよ」

年下の男性に足の匂いを嗅がれながら、突かれている。

それを感じると、真由美も興奮していくのであった。

「真由美さん、この体位にしてから、おま×こがキュッと締まったような気がします。どうです? こっちの体位もいいと思うんですけど」

「そうね。いい感じよ。私も凄く気持ちいいのぉ」

「おま×こ、どんどんヌルヌルになって、ち×ぽがねっとりと絡みつかれています。うぉぉ、ぉぉぉおおお。真由美さんのおま×この中、素敵すぎます」

「ハァ……、んんぁ、あぁぁん、健一君のおち×ぽが奥まで届くわぁ」

「奥がいいんですか?」

「うん、奥深くまで挿れられると、フワフワとしくくのぉ……、ねぇ、激しくしてぇ、激しくされると感じるからぁ」

「激しいのがいいんですね? うわぁ、真由美さんは淫乱なところがあるんですね。真由美さんの新しい一面を見たような気がします。わかりました。じゃあさっきよりも激し目に動きますから」

健一は、ペニスの出し挿れを、速くしていった。

ゾクゾクとカラダ中がふるえていき、健一も満足感で覆われる。

「ぁぁん、んんぁ、あぁ……、きゃん、激しい……、さっきよりも激しくなったわぁ」

「はい、激しくしたら、俺も気持ちよくなりました。おま×このヒダをち×ぽが擦っていって、とにかく最高ですよ」

「んぐぁ……、私も、私も気持ちいいのぉ……」

健一は、真由美の足を今度は左右に広げると、さらに上方に持っていく。

そして、まんぐり返しに近いような形にさせ、上から下に突き刺すような形で、抽送を続ける。

「きゃー、何て格好させるの。健一君……」

「恥ずかしい体勢にさせた方が気持ちよくなると思って」

「だからってこんな格好……、恥ずかしすぎるわ」

この体位も、先程の「深山」の変則タイプである。

先ほどは、足を垂直に持ち上げたが、今度は、足を左右に広げて、陰部をより一層開帳させていった。

挿入が深くなり、奥深くまでペニスが入るようになるのだ。

「こうすると、奥までち×ぽが入りますよ。奥が大好きな真由美さんにはピッタリの体位だと思いますけど……」

「はぁん……、確かに奥まで入るけど、おま×こが丸見えで恥ずかしすぎるわ」

「俺にもっと恥ずかしところを見せてください。真由美さんのエッチな姿がたくさん見たいですから」

ミチミチと、ペニスが奥深くまで突き刺さっていく。

真由美は恥ずかしい気持ちで一杯になりながら、健一のピストンを受け続けていく。

奥深くまで突きさされると、真由美もどんどんと気持ちよくなっていくのであった。

「あぁん、健一君……、も、もうダメかも……。イッちゃいそうなの」

「はぐぅ、ハイ。俺もそろそろイキそうなんです。真由美さんと一緒にイキたいです。一緒にイキましょう!」

「ハァハァ、そうね、一緒にイキたいわ……」

「あの、このまま中に出してもいいですか?」

「え? 中に……そんなことしたら」

「危険なのはわかっています。でも、俺真由美さんのおま×この中に精子を出したいんです」

「け、健一君……。わかったわ。中に出してもいいわよ」

「ホントにいいんですね」

「えぇ。私ね、中出しされるのは初めてなの。だから、どんな感じるになるのか試したくて」

「わかりました。じゃあたくさん精子を注ぎますから」

「はぁん、出してぇ、おち×ぽ汁をたくさんちょうだいぃぃぃぃいいいい」

真由美のカラダがビクビクと蠕動していく。

淫裂がキュキュッと締まり、ペニスを甘締めしていく。

これには健一も堪らない。

深山という体位のまま、彼は牡の欲望を炸裂させる。

「真由美さん! 出る!! 精子が出ます」

「はぁん、出してぇ、たくさん精子を出して欲しのぉ、私のおま×こをたっぷりの精液で満たしてぇ」

「うぉぉぉぉおおおおおお! 気持ちいい……、出ます!」

ビュルビュル……ビュピョプ、ビュクク、ビュピョプ。

「きゃー、出てる、お腹の中におち×ぽ汁がたくさん。んなぁ、気持ちいい……、中出しされるの、とっても気持ちいいのぉ」

真由美は中出しされる快感を覚えながら、カラダを小刻みにふるわせていった。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました