連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第8回

連載官能小説

連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第8回

「パイズリって、確かお胸でおち×ぽを挟む行為よね?」

「そうです」

「私にできるかしら」

「真由美さんのおっぱいは大きいですし、挟めると思います」

「ふぅ。仕方ないわね、やってあげるわ」

「うわぁ、ありがとうございます」

健一は仁王立ちになり、その前に真由美がしゃがみ込む。

そして、真由美はたわわに実ったバストを使って、ペニスを挟み始める。

「こんな感じでいいのかしら、健一君」

「はい。それで上下に動かしてください」

「滑りよくするために、ボディーソープをつけるわね」

たっぷりとボディーソープを塗ったくると、優しい形でイチモツを上下に動かしていく。

「うおぉぉ、真由美さん、気持ちいいです。パイズリって最高ですよ」

「そんなにいいの? 私にはよくわからないけれど」

「おっぱいの柔らかさに包まれると、癖になる感じですね。気持ちよくて止まりません」

「あぁ、何だか、私も変な気分になってしまったわ。おち×ぽをお胸で弄ってるだけなのに」

「真由美さんも興奮してるんですね。これが終わったら、今後は俺が気持ちよくしてあげますから。今はパイズリに集中してください」

「はぁん、健一君ったら、どんどんエッチになっていくわぁ。でも、私も止まらない。エッチな気分になってしまうのぉ」

いきり立った怒張を胸の谷間で挟み込み、シコシコと動かしていく。

真由美は、少しずつ動きを速めたり、逆に緩めたりして、変化を加えていくのであった。

「真由美さん。ち×ぽ、蕩けそうです。その状態で舐められますか?」

「え? 舐めるっておち×ぽを?」

「そうです。亀頭を舌先でレロレロしてもらいです」

「いいけど、ボディーソープがついているから、一旦流すわね」

真由美はペニスにシャワーをかけてキレイにすると、亀頭に向かって舌を伸ばした。

おっぱいで肉竿を挟み、その状態で、舌先を使ってレレレと舐めていく。

すると、うっとりとするような悦楽が、健一を貫いていくのであった。

「はぁ、凄い! これはたまらない。さっきよりも気持ちよくなりました」

「んちゅ……、ちゅちゅ……、レレレ」

「真由美さん、亀頭の裏側も舐めてください。そっちも感じるんです」

「亀頭の裏側ね。んちゅ、してあげるからね、健一君」

真由美は亀頭の裏筋に舌を当てて、ゆっくりと舐り回していった。

ビクビクッと、ペニスが反応し、胸の中で踊っていくのがわかる。

「健一君、おち×ぽが激しく動いてるわよ。そんなに感じているの?」

「はい、感じています。真由美さんのパイズリ、ホントに凄いですよ。流石、真由美さんです。色んなテクニックを持っているんですね」

「そんな……、私なんて、そんなに経験はないのよ。とりあえず見様見真似でしてるだけなの」

「それでも、巧みな感じですよ。はぁぁぁあ、ふぅ、真由美さん……、もっとしてください」

健一の声を聞いていると、真由美もうっとりとしていく。

ゾクゾクとしながら、真由美はパイズリを続けていった。

「はぁ。真由美さん、俺、最高の気分です。真由美さんにパイズリしてもらって、こんなに気持ちよくなって、幸せ者ですよ」

「フフ……、そんな風に言ってもらえると私も嬉しいわ」

「あの、次はフェラしてもらえますか?」

「フェラチオね……。してあげるわ、たっぷりと気持ちよくなって」

真由美は、バストからペニスを外すと、大きく膨らんだイチモツをパクっと咥えこんだ。

じゅる、じゅるん……、じゅぼぼ。

口腔内にたっぷり唾液を含ませて、ペニスを包み込んでいくのであった。

「んぐぁ、真由美さん……気持ちいいですよ。真由美さんのフェラは、優しい感じがしますね」

「ふぉ……、んちゅ、ちゅぱん、ちゅちゅっぱ、はふん。健一君のおち×ぽ、どんどん大きくなってるわぁ」

「はい。興奮しちゃってますよ」

「先っぽからもエッチなお汁がたくさん出てきて、ホントに卑猥だわ」

「我慢汁ですよ。それだけ気持ちいいんです。真由美さん」

真由美は舌で亀頭を弄ると、あふれ出したカウパー腺液をぬぐい取っていく。

僅かに苦みのある味わいが、口腔内に広がっていくのであった。

「健一君……、あなたのおち×ぽ、ホントにエッチな味がするわね。私も興奮しちゃって、止まらないわ」

「真由美さん、さっきみたいにおま×こ弄ってもいいですよ。フェラしながら、自分のあそこをクリクリしてください」

「はぁん、そんなはしたない真似……、でも、ダメ……、我慢できないのぉ、指が止まらないのぉ」

真由美は、フェラをしながら、自身の淫裂を触り始めた。

(はぁ、イヤだぁ、おま×こが凄く濡れてるわぁ。これじゃまるで変態じゃないの)

すると、それを見抜いたのか、健一が言葉を吐く。

「真由美さん、おま×こどうなっていますか?」

「え? どうなってるって、それは……:

「おま×こ、濡れてるんじゃないですか?」

「うぅぅ……、はぁん、そうなの、濡れてるのぉ。おち×ぽしゃぶって濡れてまくってるよ」

「ヌレヌレになったおま×こを弄りながら、フェラをしてください」

「はぐぅ、んしゅ……、ちゅちゅん、ちゅっぱ、んじゅる」

「あぁ、真由美さん、ホントに気持ちいいですよ……。こんな風にしてち×ぽをしゃぶられて、俺、耐えられません」

しとどに悦楽が降り注ぎ、健一も射精感を覚えていく。

激しい快感が襲ってきて、耐えるのがしんどくなるのである。

「健一君……、んじゅ、じゅるん……、おち×ぽがビクビクふるえているわよ。どうかしたのかしら?」

わかっていながら、真由美は尋ねる。

健一は、必死になって吐精感を抑え込み、その質問に答える。

「ま、真由美さん……、俺、そろそろイキそうです。ち×ぽが気持ちよすぎて。ドクドクって精子を出したいです」

「精子が出そうなのね。いいわ、私の口の中に出しなさい」

「はい! 精子出します……」

真由美は、じゅぼじゅぼと淫音を鳴り響かせながら、最後の仕上げにかかる。

激しくペニスを吸引しながら、フェラをしていくと、とうとう、健一も限界を迎え始めた。

「うぉぉ……、真由美さん、ダメだ……、イキそうですっ!」

「イッてもいいわよ。んじゅ、じゅるん、たくさん精子出してぇ」

「はい、わかりました」

圧倒的なオルガスムスが、ペニス全体を包み込み、激しい快感が襲ってくる。

そして、尿道に精子が流れ込み、心地よい感覚が広がっていくのであった。

「うわぁ、出る! 真由美さん……、精子出ます」

「ふぐぅ、んじゅる……、じゅるん。んじゅぼ」

とうとう、健一は限界を迎えた。

途端、精の爆発が感じられ、熱いスペルマが、真由美の口腔内に流れ込んでいく。

ビュルビュル……ビュピョプ、ビュプ、ピョププ、ブピョップ。

「はぁー、真由美さん、気持ちいいです。精子が止まりません。どんどん出てきます」

「ふごぉ、うじゅ、じゅるん、じゅるる、ゴックン」

口腔内に吐き出されたスペルマは、あまりに量が多く、含み切れなくなった真由美は、ゴクリと飲み干していくのであった。

「真由美さん、精子を飲んでくれたんですか?」

「はぁん、そうよ。そっちの方が嬉しいでしょ。あなたの精液、とっても濃くて美味しいの」

「ありがとうございます。俺、凄く嬉しいです」

「フフフ……、流石若いだけあるわね。たった今イッたというのに、おち×ぽは元気なままですもの」

「はい。今日もセックスしたいです」

「えぇ。わかってるわ。でも、その前に私のおま×こも弄って……、セックス前の前戯をちゃんとしないとダメなのよ」

「もちろんです」

「それじゃあ、一旦お風呂から出ましょうか? ここだと、おま×こを弄りにくいでしょうし」

「そうですね? 場所を移しましょう」

二人は浴室を出て、寝室に移動した。

裸体の真由美を前にして、健一の興奮も高まっていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました