連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第10回

連載官能小説

連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第10回

「じゅる、じゅるん、真由美さん、今度はクリも舐めてあげますからね」

舌先を陰核に当てる。

米粒大の女豆は、舌の上で転がすと、ヒクヒクと反応していくのであった。

「きゃん、健一君。クリが気持ちいい……、敏感になってるのぉ」

「はい。ますます、エッチなお汁が湧き出してきて、卑猥な感じがします」

「私を虐げて楽しんでいるのね……、ホントに酷い人だわ、健一君は……」

「虐げていないですよ。俺は真由美さんを、気持ちよくさせたいんです。ただそれだけですよ」

「でも、おトイレに行きたいのに、行かせてくれなかったわ。それで……、私ったら、あなたの前でお漏らししちゃって……。あぁん、ホントに恥ずかしかったんだからね」

「お漏らしじゃなくて、潮吹きですよ。真由美さん、潮吹きとかしたことありますか?」

「ないわ。そんなの……、だって、あんなにたくさん、おしっこみたいなものが出るなんて」

「おしっこってもっと刺激臭がすると思いますけど、全然臭くないですよ。だから、安心してください」

「そんなこと言っても……、同じことだわ。恥ずかしさに変わらないもの」

「大丈夫ですよ。俺は、そんな真由美さが好きですから。大分、ツルツルのおま×こも濡れてきましたね。もうこんなにトロトロになっている」

「はぁん、そうよ、だって、健一君が、そんな風に弄るから……。濡れちゃうのは、自然現象なのよ」

「わかってますよ。クリを舐めると、どんどんエッチなお汁があふれ出してきて、ホントに真由美さんは可愛いですね。真由美さん、やっぱり、クリトリスは気持ちいいんですか?」

「え? そんなこと……、まぁ、気持ちいいけど」

「おま×こに指を挿れられるのと、クリを舐められるのだったら、どっちがいいですか?」

その質問に、真由美は困惑していた。

どちらも好きだが、どう答えればいいのであろうか?

「う~ん、クリかな……、やっぱり敏感だし、女の人ってそこが一番感じると思うから」

「そうですか。じゃあ、今みたいに舐められるのが好きなんですね。もっと舐めてあげますよ」

そう言い、健一はじゅるじゅると淫音を鳴り響かせて、陰核を舐め回していくのであった。

(あぁん、音が……、エッチな音が聞こえてるわぁ。恥ずかしいぃ。だけど、気持ちよくて抵抗できない)

従順に真由美は陰核舐めを受けていく。

じんわりと雌芯が熱くなり、心地よくなっていくのであった。

「あぁん、健一君、ホントに気持ちいいのぉ……、うぐぅ、イッちゃう……、イッちゃいそう」

「イキそうなんですね。なら、イッてください。また、豪快に潮を吹いてもいいですよ」

「んんぁ、まったく健一君ったら、ホントにエッチなんだから。ダメよ。そんなにイジメないで……」

「イジメてないです。気持ちよくさせてあげるんです」

大きなアクメが、全身を襲ってくる。

ビクビクッと快感の塊が降り注ぎ、真由美は恍惚とした気分に包まれていった。

「きゃぁ、ダメェ……、ホントにイク! イッちゃうのぉ」

「んじゅ、ちゅぱ、ちゅっぱ、ちゅぱぱ。じゅるん」

健一は、丁寧に陰核を舌先で転がし、そして、快感を生み出していく。

この衝撃に、真由美は最早耐えきれなかった。

すると、じんわりとしたオルガスムスに包み込まれて、気持ちよくなっていくのであった。

「はぁん、ダメェェッェェェェ……。きゃん、ヒグゥゥゥゥ……、イッちゃうのぉぉぉぉおおおー」

真由美のカラダは電流が走ったように、ガクンとふるえた。

長く続く悦楽が全身を包み込み、心地いい刺激で覆われていくのであった。

「真由美さん、イッたんですね。おま×こがビクビクってふるえましたよ」

「はぁん、そうなの……、イッちゃったみたい。私、どんどん自分が淫らになっていく気がするわ」

「いいじゃないですか。俺、エッチな女性の方が好きですよ」

「また、そんな風に言っておだててもダメよ。とっても恥ずかしいんだから」

「でも気持ちよかったですよね?」

「まぁそうだけど……」

「ならいいじゃないですか。俺、真由美さんともっと気持ちよくなりたいです」

健一はそう言うと、真由美のそばにより、そして、唇を奪った。

思えば、キスされるのはこれが初かもしれない。

と、真由美は感じていた。

「んちゅ、ちゅちゅ、ちゅっぱ」

健一のキスは繊細であった。

優しいタッチで、唇を吸い上げていく。

遥か年下の健一君に、蕩けるようなキスをされて、真由美は頭がフワフワとしてきた。

(んんぁ、私、健一君にキスされてる……、ふぁあ、なんだか変な気分になっちゃうわぁ)

健一は、真由美のカラダを押し倒していく。

そして、陰部にペニスを押し当てていくのであった。

「真由美さん、俺、我慢できません。セックスしてもいいですよね?」

「うん、いいわ。したいんでしょ?」

「はい、したいです」

「なら、挿れてぇ。私も興奮してるからぁ。おま×こをおち×ぽでズボズボして欲しいのぉ」

「わかりました。たくさん突いてあげますからね」

まずは、ベーシックな正常位から。

淫裂にペニスを押し当て、ゆっくりと貫いていく。

ずぶずぶずぶ……。

怒張が、女壺にめり込んでいき、胎内の温かな感触が、じんわりと広がっていくのであった。

「うぉぉ、真由美さん。おま×この中、トロトロです。ち×ぽが温かくて包まれます」

「はぁん、健一君のおち×ぽが入ってきたのぉ……、ゾクゾクしちゃうわぁ」

「最初はじっくり行きますからね」

どっしりと構えて、腰をグラインドさせていく。

あくまでも自分のペースを守り、抽送を続ける。

「健一君、はぁん、ゆっくりとされると気持ちいいぁ」

「真由美さんはゆっくりの方が好きなんですか?」

「ハァ、ハァ……、わかんない、激しいのも好きよ……。でも、バコバコってゆっくりと突かれた方が気持ちよくなれるのぉ」

「わかりました。今日はたくさん突いてあげますからね。真由美さん、実は俺、今日のために、色々体位を研究してきたんです」

「え? 体位を……? あなた、ホントに研究熱心というか、エッチなのね」

「真由美さんのためです。ちょっと試してみましょう。ゆっくりするのにちょうどいい体位ですよ」

健一はそう言うと、真由美の足をスッと伸ばした。

そして、自分の足も伸ばしていく。

お互いに伸ばした足を絡め合う。

これは――。

 

「しがらみ」

 

という、体位の変則的な正常位の一つである。

別名、伸展位と言えるだろう。

脚を揃えて伸ばした仰向けの状態の女性に男性が覆いかぶさり、男性も脚を伸ばす体位なのだ。

激しくピストン運動をすると、抜けやすい姿勢なのでスローセックス向きと言えるだろう。

真由美は燃えるような激しいセックスも好きだが、このようなラブラブ度が高い、密着セックスも好きなのである。

それ故に、この「しがらみ」という体位はピッタリであると感じられた。

「真由美さん、気持ちいいですか?」

「ンンッ……、んぁ、あぁん、気持ちいい……、じっくり責められるの好きなのぉ」

「真由美さん、太ももに力を入れてち×ぽを挟み込むようにしてみてください」

「え? よくわかんないけど、こんな感じ?」

真由美は言われるままに、太ももに力を入れる。

同時に、イチモツに圧力をかける形で包み込んでいく。

「うぉぉ、いい感じですよ、真由美さん、凄く気持ちよくなりました」

「健一君ったら、まだ若いのに、色々知ってるのね。私、驚いちゃったわ」

「だって、真由美さんと長くつながれていたいから。だからですよ。俺、ホントに真由美さんが好きなんです」

「健一君……。あなた。そんなに私が……」

スローペースで抽送を続けていく。

真由美は膣に力を込めて、ペニスをキュッと甘締めしていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました