連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第11回

連載官能小説

連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第11回

「あぁ。真由美さん、おま×こが締まって、とても気持ちいいです。これってしがらみっていう体位なんですよ」

「んんぁ、しがらみ? 何か変な名前ね」

「スローペースでできる体位だから、まさに今の状況にピッタリですね」

「うん。いつまでも離れたくないわ。ずっと、くっついていたくなるわね」

「そうですね。おま×この中にち×ぽが包まれて、ホントに最高の気分です」

「くぁ、あぁん、私も……、私もよ……、とっても興奮しちゃうのぉ。健一君、もう少し動ける?」

「この体位、あんまり速く動くと抜けやすくなってしまうから。素早くは動けないかもしれませんけど、やってみますね」

にゅる、めりゅ……。

健一は少しだけ腰の動きを速めていった。

しっとりと熱い感触が、二人の間に染み渡っていく。

「んなぁ、あぁ、健一君……、おま×この入り口におち×ぽが当たるわぁ」

「はい、若干挿入が浅いですからね。おま×この入り口をクリクリしている感じがします。真由美さんの膣ヒダが、上手くち×ぽを締め付けてくれますよ」

真由美はキュキュッと、膣内に力を込めていく。

しがらみは、女性の太ももが閉じている状態なので、膣に力をこめやすいのである。

「うぉ、ち×ぽがギュッと締め付けられる。凄い感触ですよ。膣圧が素晴らしい感じです」

「健一君、ちょっと考えたんだけど、こんなのはどう?」

と、真由美は告げると、お互いの足を絡ませていった。

こうなると、カラダがあらゆる部分が密着し、体温の高まりや行動を感じられるのである。

「思いっきり愛し合っている感じがするわ」

「そうですね。ゾクゾクしちゃいます」

「ねぇ、健一君、もう少しピストンできるかしら?」

「え? ピストですか? えっと、ちょっと膝を曲げればできるかもしれません。やってみますよ」

「うんしてみて。やっぱり突かれる方が気持ちいいから」

「わかりました……」

健一はカエルのように軽く膝を曲げてピストンを開始した。

すると、先程よりも、痛烈な刺激が伝わっていくのであった。

「んんぁ、健一君、これ凄いいいわ。とっても気持ちいい……」

「はい、腰を当てるようにすると、もっといいかもしれません」

「え? 腰を当てる?? 何をするつもり」

「こんな感じで動いてみます」

健一は、自分の腰を真由美の恥丘にこすりつけるように動かし始めた。

こうすると、腰部分がクリトリスに当たり、ビクビクッとカラダがふるえていくのであった。

「んぁ、健一君、クリに……、クリに腰が当たって、はぁん、気持ちいい」

「真由美さん、もっとリラックスしてください。あんまりカラダを動かすと抜けてしまいます」

「ぁん、ゴメンさない……、あまりに気持ちよくて、カラダを止められなかったの。リラックスね。でも、膣圧をこめた方が気持ちいいのでしょう?」

「そうですね。キュッとおま×こが締まると、ち×ぽが心地よくなります」

「じゃあこうしてあげる……」

と、真由美は告げると、お尻の穴をヒクッと締め上げた。

こうすると、先程よりも膣圧が上がり、二人共、挿入による快感が高まっていくのであった。

「挿入が浅めだから、あんまり速く動けませんね。これ以上腰を動かすと抜けてしまいます」

「はぁん、そうなの……、じゃあ、今度激しく動ける体位をしてみない? 私ね、激しいセックスも好きだから」

「わかりました。じゃあ、こんな体位はどうですか?」

健一は、一旦ペニスを引き抜いた。

淫蜜で満たされた怒張は、ヌラヌラと光り輝いているように見える。

「一体何をするつもり? 健一君?」

「えっと、立って挿入しようかなって思って」

「立って挿れるの?」

「はい。ベッドの脇にあるサイドテーブルに手を置けますか?」

「うん、やってみるわね」

真由美はサイドテーブルに手を置いて、お尻とクッと高くつき上げた。

こうなると、ヌラヌラと光る淫裂が顔出し、早く挿れたくなってしまう。

この体位は、いわゆる立ちバックと呼ばれる。

また――。

 

「碁盤攻め(ごばんぜめ)」

 

とも呼ばれている。

女性の背後に男性が同じ方向を向いて立つ体位である。

屈んで碁盤に手をついて挿れるような体位であるため、「碁盤攻め」と呼んでいるのだ。

現代でいう碁盤とは、ベッドや机を指せるだろう。

真由美はサイドテーブルに手を置き、フリフリと腰を振って、健一を誘惑していく。

「真由美さん、凄くエッチな光景です。おま×こもしっとりと濡れて、早く挿れてあげますからね」

「うん。早く挿れて欲しいの。お願い、健一君」

「わかりました。真由美さん、お尻をもっと突き出せますか?」

「え? お尻を突き出せばいいの? 恥ずかしいけれど、やってみるわね」

「恥ずかしがらないでください。お尻を突き出した方が、挿れやすいんです」

「わかった。やってみるわね」

と、真由美は告げると、お尻とツンと突き出し、さらに高く上げた。

先ほども割と突き出していたつもりであったが、まだまだ甘かったようである。

「よし、真由美さん、挿れますからね」

「うん、挿れて……、早く気持ちよくしてほしいのぉ」

「はい、うおぉぉ、真由美さんを征服してるみたいな気分になります」

「そんな征服だなんて、でも、何か無理矢理されている感じがするわ」

「真由美さん、これなら激しくできますよ」

「うん、激しくしてぇ。おま×こをズコバコして欲しいのぉ」

「わかりました。やってみます」

立って行う碁盤攻めは、強い征服感を味わえる。

これは、通常の後背位では感じられない圧倒的な感覚である。

「うぉぉ……、真由美さん、ち×ぽが気持ちいい」

「私も奥まで届く感じがするわ」

「そうですね。さっきのしがらみは、挿入が浅いからですね。でも、今回の碁盤攻めは、挿入が結構深めだから、奥まで届くのかもしれません」

「健一君、早く動けるかしら?」

「はい、大丈夫だと思います。真由美さんは、ゆっくりだったり、激しかったり、色んな体位が好きなんですね。ホントにエッチな人です」

「そんな変態みたいにこと言わないで……」

「違いますよ、褒めているんです。俺、真由美さんのエッチな姿がもっと見たいです」

健一は、真由美の腰に手を回し、ズコバコと、勢いよく突き始めた。

ずりゅ、めりゅ、めちゅちゅ……。

いきり立った怒張が、膣内を掻きまわしていく。

子宮口を突くようなイメージで、健一は挿入を続けていくのであった。

「んんぁ、あぁん、健一君、深い、深いのぉ、おち×ぽが奥まで突き刺さるぅ」

「はい。どんどん奥まで入ります。それに、おま×このヒダがち×ぽに絡みついて、最高の気分ですよ」

「あぁん、何か、無理矢理される感じがするわぁ。ゾクゾクしちゃうのぉ」

「真由美さん、無理矢理っぽくされるのは好きですか?」

「わかんない……、でも、いつもとは違う感じなのぉ。それにズンズンって奥まで刺さるから、気持ちよくなってしまうわぁ」

碁盤攻めは、両足を踏んばって立っているため、腰の動きに勢いをつけられる。

その結果、通常の後背位に比べると、深い挿入が可能になるのだ。

「真由美さんを後ろから犯してる……、いい眺めだなぁ」

「犯すなんて……、そんな卑猥な言葉を使っちゃダメよ」

「でもそれ以外言いようがないですよ。それも真由美さんは、少し犯され願望があるのかもしれませんね。声に艶が出てきた感じがします」

「犯され願望……、そんなことないわ。私はもっと愛されるセックスが好きなの。相手があなただからこんな風に乱れられるのぉ」

「真由美さん、俺を愛してください、俺も、真由美さんを愛しますから」

親子ほど年の離れている健一に愛の言葉を囁かれると、真由美も興奮してしまう。

同時に、途方もない悦楽がカラダ中を包み込み、満足感で覆われていくのであった。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました