連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第12回

連載官能小説

連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第12回

(私、健一君をどう思っているんだろう?)

と、真由美は答えを探そうとしていた。

好き……。

なのかもしれない。

ここまで愛されて、彼女はそんな風に感じていた。

「うぅん、健一君。そんな風に言われると、私も、本気になっちゃいそうよ」

「本気になってくださいよ。俺は好きですから」

「だけど、私とあなたじゃ、親子ほど年が離れているのよ」

「そんなの関係ないですよ。重要なのは、お互いの気持ちだと思います」

「健一君……、そんなに……」

「俺の気持ちを考えておいてください。答えは今じゃなくていいですから」

健一はそう言うと、腰の動きを一層速めていった。

ズンズンと勢いよく突いていくと、真由美も、耐え切れなくなっていく。

断続的なアクメが襲ってきて、耐えるのがしんどくなっていくのであった。

「健一君、激しい……、おま×こが壊れちゃうわ……」

「でも、激しいのが好きなんですよね? なら、このくらいがちょうどいいはずですよ」

「そうかもしれないけど……、んんぁ、あぁん、激しくておかしくなっちゃいそうよ」

「おかしくなってください。おかしくなった真由美さんが見てみたいですから」

「んぁ……、あぁん、ホントに、犯されてるみたい。でも、それがいいの。心地よく感じてしまうわぁ」

「俺も気持ちいいです。このまま果ててしまいたい」

「健一君、私、またイッちゃいそうなんだけど。あなたは?」

「俺もイキそうです。精子が爆発しそうですよ」

「なら一緒にイキましょ。私ね、あなたと一緒にイキたいの。そうすれば、もっと気持ちよくなれると思うから」

「わかりました。一緒にイキましょう。俺もそっちの方が嬉しいです。でも、もう少し楽しみたいなぁ」

そう言い、健一は真由美の片足を持ち上げた。

「え? 何をするの、健一君」

「碁盤攻めの変則的な体位ですよ。足を上げると、挿入の角度が変わるような気がして」

「んぁ、あなたなったら、ホントにエッチなことには研究熱心なんだから」

「俺は、真由美さんを気持ちよくさせたいんです」

健一は、真由美の片足を持ち上げ、斜め下から突き上げるように、挿入を繰り出していく。

足を持ち上げことにより、膣内の形状が変わっていくような気がした。

「ンッ……、こんな体勢、物凄く恥ずかしいわ。ワンちゃんがおしっこするみたいな体勢じゃないの」

「そっちの方が興奮しませんか? 真由美さん、エッチな格好の方が好きでしょ?」

「はぁん、また、私を変態扱いして……、ホントに酷いわよ、健一君」

「俺、真由美さんが変態だと嬉しいですね。そっちの方が色んなセックスができそうですからね」

より一層挿入が深くなり、真由美のカラダもふるえていく。

同時に、激しい快感が襲ってきて、最早耐えるのがしんどくなるのであった。

「健一君、もうダメ……、私、もうイキそうなの」

「俺もです。俺もイキそうですよ。あの、中に出してもいいですよね?」

「うん、中に出してぇ。中出しされると、ホントに気持ちいいからぁ」

「ありがとうございます。それじゃたっぷり膣内に出しますからね」

腰を大きくグラインドさせ、健一は最後の仕上げにかかる。

元々、碁盤攻めという体位は、短期決戦のような側面がある。

短時間でサクッと気持ちよくなれるところにメリットがあるのだ。

そのメリットを最大限利用して、二人はとうとう昇天を迎える。

「うぉぉおおおおぉぉー、真由美さん、出ます! 精子が出る!!」

「はぁん、出してぇ、精子をビュルビュルって出して欲しいの……、中出し……、中出ししてぇ」

真由美の声も色気が出てくる。

同時に、その声を聞いていくと、健一の欲望も弾けそうになるのであった。

「きゃー健一君、来たぁ……、気持ちいいの来たのぉ」

鋭いオルガスムスが真由美を包みこむ。

一瞬遅れて、健一も果てる。

ビュルビュル……ビュピョプ、ピュピョプ、ビッピョップ、ビュッルル!!

「あぁ、真由美さん、どんどん精子が出ていきます。ホントに気持ちいです」

「私も気持ちいいわぁ、おま×この中に熱い精子が流れ込んできて、ゾクゾクしちゃうのぉ」

「中出しセックス最高です」

「ひゃん、お腹が熱いのぉ……、お腹の中が精液で満たされていくわぁ」

真由美はキュッと陰部を締め上げて、健一のペニスを甘締めしていく。

すると、最後の一滴までスペルマが搾り取られていくのであった。

「ハァハァ……、真由美さん、精子……、出し尽くしました」

「はぁん、そうなの? 私も気持ちよかったわぁ」

健一はそこでペニスを引き抜いた。

立った状態で挿入していたので、ペニスを抜いた瞬間、ゴポリと精液が流れ出てくる。

白濁液は、ムッチリとした太ももを伝い、床に流れていくのであった。

「おま×こから流れる精子、ホントに卑猥ですね」

「やぁん、精液が、零れちゃうわ。もったいない」

「真由美さん……」

健一は真由美を抱きしめ、そして、唇を奪った。

「んちゅ、むちゅ……、ちゅちゅん」

ねっとりとした濃厚なキスが展開されていく。

キスを終えると、二人はベッドの上に横になる。

健一の腕の中に包まれながら、真由美は幸せを感じていた。

「真由美さん。あの、またしてくれますか?」

「するって何を?」

「セックスです。俺、真由美さんと毎日でもしたいです」

「あなたは学生でしょ? 勉強しないと」

「俺、勉強して無事に就職したら、真由美さんと結婚したいです。いいですか?」

「け、結婚……、それはまた話が飛躍したわねぇ。でも、私でいいのかしら、こんなに年が離れているのに」

「俺は真由美さんがいいんです」

「わかったわ、考えておく。だから、あなたもしっかり勉強するのよ」

「はい。……あと、それと、一つ提案があるんですけど」

「提案? 何かしら?」

「はい、実は、その、少ししてみたいセックスがあるんです」

「してみたいセックス? また新しい体位を試すのかしら?」

「体位っていうから、その、お尻を使ってみたいんです」

「え? お尻って……、そんなダメよ、変態的すぎるわ」

「俺、アナルセックスをしてみたいんです。ダメですか」

「私、そんなプレイしたことないし、痛いんじゃないの?」

「大丈夫です。痛くないように、まずは穴を広げてからやりますから。そのための道具も俺が用意します。真由美さん、アナルセックスは初めてなんですよね?」

「えぇ、初めてよ」

「なら、その初めてを俺にください。俺は真由美さんで童貞を卒業しました。なら、真由美さんの初めても欲しい……、だから、俺に真由美さんのアナルをください」

と、必死に懇願する健一であった。

確かに、真由美は初めてを健一には捧げられなかった。

だが、アナルという秘穴は捧げられる。

しかし、恐怖もあった。

そもそも、お尻なんて出す穴で、挿れる穴ではないではないか。

「真由美さん、いいですか?」

子犬のような瞳で、健一は真由美を見つめる。

あぁ、そんな目で見ないでほしい。

母性をくすぐられてしまうのである。

「ホントに痛くないのよね?」

「痛くしません。もしも痛みがあったら、すぐにやめますから。俺は、真由美さんを痛がらせたいわけじゃありません。ただ、単純に気持ちよくなってもらいたいんです」

「わかったわ。私の初めてのアナルセックスをあなたにあげるわ。これでいいかしら」

「うわぁ、ありがとうございます。じゃあ、今週中に道具を用意するんで、来週の土曜日の夜に会いましょう。土曜日なら、真由美さんも仕事が休みですよね?」

「そうね、翌日も日曜で休みだし、ピッタリだわ」

「わかりました。真由美さん、俺、楽しみにしていますよ」

「健一君、ホントにあなたったらエッチな人なのね。でも期待してるわ」

こうして、健一は初めてのアナルセックスの約束を取りつけたのであった。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました