連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第13回

連載官能小説

連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』第13回

翌週の土曜日――。

とうとうこの日がやってくる。

健一はウキウキとしながら真由美の自宅に向かっていた。

今日は憧れのアナルセックスができる。

だからこそ、気分は上向いていた。

 

真由美の自宅――。

「いらっしゃい、健一君」

いつも通りの口調で、真由美が健一を迎え入れる。

「はい、真由美さん、今日は楽しみですね」

「うん、だけど、ちょっと怖いわ……、だって、その、お尻を使うんでしょう?」

「大丈夫ですよ。色々持ってきましたから」

健一はリュックを背負っており、その中には、色んなグッズが入っているのだ。

「とりあえず、シャワーは浴びておいたけれど、健一君は入る?」

「あ、はい、入ります。それが終わったら一緒にエッチなことしましょう」

「ホントに、健一君はエッチなんだから、困っちゃうわ」

そう言うものの、真由美も内心興奮していたのである。

しかし、それを悟られないためにも、こうして、わざと澄まして答えたのだ。

 

健一はシャワーを借りて、その後、真由美の寝室に移動した。

そこには白シルクのシュミーズを着用した真由美が、ベッドの上に座っていた。

それは、どこまでも魅惑的な姿であり、女の盛りを迎えた真由美の、成熟した肉体がそこにあるような気がした。

「真由美さん、凄くキレイです」

「ありがとう……、ちょっと気合を入れすぎたかしら」

実をいうと、このシュミーズは今日のために購入したものなのだ。

上質なシルクを贅沢に使用し、透き通るような質感と、とろみのある素材の雰囲気が、彼女の色気を何倍にもアップさせている。

「最初から、ち×ぽをお尻に挿れたりしないんで、安心してください」

と、健一は真由美を安心させるために、そのように告げた。

すると真由美は、

「まずは何からするの?」

「とりあえず、指を一本挿れてみます。そうだなぁ、最初だから細い小指から挿れてみましょうか?」

「うん、わかったわ」

「じゃあ、早速……」

健一は、真由美の肩を抱くと、優しくキスを始めた。

「んちゅ、ちゅぱ……、ちゅぱん」

「健一君……、ハァ……、んちゅ、堪らないわ」

真由美は強引に自分の舌を絡めていく。

お互いの唾液を啜りあう、ディープなキスが展開される。

「じゅる……、じゅるん、ちゅっぱ、ちゅぱん」

「真由美さん、足を広げて……」

健一はキスをしながら、真由美の足を広げていく。

シュミーズがハラりとはだけ、中のショーツがあらわになる。

ショーツも白であり、真由美の清純さを象徴しているように感じられた。

健一は、ショーツのクロッチ部分をなぞるように触れていく。

「真由美さん、おま×こが熱くなっていますね」

「はぁ、うん、だって、エッチなことするんでしょ? だからよ」

「まだキスしただけなのに。こんなになってしまって、真由美さん、ホントに素敵ですよ」

「あなたが私をこんなに卑猥にしたのよ。自分でも驚いているくらいなんだから」

「あ、おま×こも濡れますね、下着にシミができてます」

「いやぁん、そんなこと言わないで……、恥ずかしすぎるわ」

「恥ずかしがらないでください。とりあえず、下着を脱がしますから」

「はぁん、やっぱり恥ずかしい……、あんまり見ないで」

「大丈夫、俺しか見ていませんから、素直に自分をさらけ出してください」

健一は、するするとショーツを下ろし、秘部を開帳していく。

そして――。

「真由美さん、足を抱えて、お尻を突き出せますか?」

「うん、できるけど、こんな体勢、丸見えだわ」

「まんぐり返しっていうんですよ。この体勢なら、お互いを見ながら、アナルに指を挿れられますよ。それとも後ろから挿れた方がいいですか?」

「うんと、このままでいいわ、後ろからだと少し怖いし……」

「わかりました。じゃあ、まずはローションを塗って、小指から挿れてみます」

「わかったわ」

健一は持って来たローションを取り出すと、それを指先や真由美のアヌス回りに垂らし、ヌルヌルと滑らせていく。

「おま×こが濡れるから、その愛液を使ってもいいんですけど、ローションを使った方が安全かもしれません。やってみますね」

「はぁ~、何だか怖いわ、ホントに大丈夫?」

「痛かったらすぐにやめますから。大丈夫ですよ」

と、健一は告げ、小指を菊門に導き、ゆっくりと挿入していった。

にゅる、じゅるぶ、じゅぶ……、

「ンッ、くぁ……、あぁ、指が入ってきたぁ」

「うぉぉ、凄い窮屈だ。これがアナルの締めつけなんですね」

「ぐくぅ……、ハァ、何か独特な感じね」

「そうですか? どうです? 痛くないですか?」

「うん、そんなに痛くないわ。思ったほど、もよおす感じも少ないし。大丈夫かもしれないわ」

「それならよかったです。少しずつ、指を動かしていきますからね」

「くぅん、やってみてぇ」

健一は、小指をにゅるっと第二関節くらいまで挿れていった。

アナルと言うと、挿入部が窮屈で、内部はフワフワとしているケースが多い。

しかし、真由美の菊穴は、指を奥まで挿れても、ピッタリと吸いつくように絡みつくのであった。

「真由美さん、結構奥まで指が入りましたよ。意外と大丈夫そうですね。安心しました」

「あぁん、ン、んんぁ、でも、変な感じよ、お尻を指でズボズボされるなんて」

挿入直後は若干の排泄感があるのであったが、それはしばらくすると引いていく。

その代わり、じんわりとした快感が降り注いでくるのであった。

「真由美さん、次は人差し指を挿れてみましょうか これだけスムーズに入れば、大丈夫だと思います」

「そうなの、でも人差し指って太くないかしら」

「そんなに変わりませんよ。まぁ、小指よりは太いですけど、問題ないと思います」

アナルは膣に比べても伸縮率が高い。

だからこそ、しっかりした準備をすれば、それなりの大きさのものも入るのである。

もちろん、ゆっくりと拡張していければ、ペニスも問題なく挿入できるだろう。

「真由美さん、人差し指を挿れてみますからね」

「う、うぅ、んんぁ、人差し指が入っちゃうのぉ」

小指を引き抜き、代わりに人差し指を挿入していった。

ただ、小指を引き抜いた時、真由美のカラダがビクッと跳ねるのであった。

「真由美さん、カラダがビクッと跳ねましたよ。どうしたんですか?」

「えっと、何だろう? 今、凄く気持ちいいっていうか、ゾクゾクしちゃったの……」

「引き抜く時がいいのかもしれないんですね。わかりました。やってみますね」

人差し指をゆっくりと挿入し、シコシコと上下に動かしていく。

挿れる時は素早く、抜くときはゆっくりとして、強弱をつけ始める。

「んなぁ、健一君、あぁん、ダメェ何か凄く気持ちよくなっちゃう……、癖になっちゃうかもぉ」

「お尻の虜になり始めたんですね。いい傾向ですよ」

アヌス内を指でくすぐっていくと、真由美も、途轍もない、快楽を覚え始めた。

「んぁ、あぁん、お尻がゾクゾクしちゃうのぉ……、健一君の人差し指でクリクリされちゃってるぅ」

「お尻がヒクついて、ホント卑猥ですね。真由美さん、実はおもちゃも用意してあるんです」

「え? おもちゃ……、何をするつもり?」

「アナルプラグっていう、拡張するための道具があるんです。これを挿れてみましょう」

健一はそう言うと、黒光りするアナルプラグを取り出した。それは、指に比べるといくぶんか太く、その存在感が垣間見える。

「け、健一君、そんな太いのを挿れるの? 入らないわぁ」

「人差し指がここまでスムーズに入りますから、大丈夫ですよ。それにローションも塗りますから安心してください」

「はぐぅ……、んんぁ……、あぁん、そんな大きいの入らないったらぁ」

くねくねとカラダを動かし、真由美は抵抗するが、実は内心では期待していたのである。

人差し指を挿れられて、素晴らしい快感が襲ってくるのであった。

アナルプラグや菊筋にローションをたっぷり垂らし、そして、人差し指を抜き、今度はアナルプラグを挿れていく。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました