連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』最終回

連載官能小説

連載官能小説『先輩の息子にねっとりと触られて感じちゃう!?』最終回

「んんぁ、あぁん、健一君、気持ちいい……」

「俺も気持ちいいですよ。アナルセックスってこんな感じなんですね」

「ハァ、ハァ、ン、んんぁ、お尻が熱いわ」

「アナルの粘膜がち×ぽにピッタリと吸い付いてきますよ」

ズンズンと抽送を続けていくと、健一も耐えがたい悦楽を覚え始める。

「うぉぉ……、ホントに気持ちいい……」

「健一君……、んぁ、あぁん、突いて、もっと、たくさん突いて欲しいのぉ」

「真由美さんは欲張りですね。ホントにエッチです」

「んんぁ、だって、だってぇ、気持ちよくても止まらないですもの」

「わかりました。たくさん腰を動かしてあげますから」

健一はそう言うと、必死になって腰を動かし始めた。

後背位で挿入しているため、挿入が深くなる。

じゅるっと、勢いよく挿入し、抜くときはゆっくりとしていく。

こうして変化を加えていくと、真由美も気持ちよくなって堪らなくなっていくのであった。

「はぁん、健一君、んんんぁー。あぁん」

「真由美さん。引き抜く時がいいんですよね?」

「そうなの。引き抜かれる時が気持ちいいのぉ。だからお願い、もっとして欲しいのぉ」

「もちろんですよ。たくさん気持ちよくしてあげますからね」

「はぁぅ、んぁ、嬉しい……、お尻を突かれて、私、感じちゃってる」

「感じてください。一緒に気持ちよくなりましょう」

「健一君はどう? ちゃんと気持ちよくなってるの?」

「はい。俺も最高の気分ですよ。ありがとうございます」

「あぁ、あぁん……、健一君のおち×ぽがお尻に深く刺さるぅ」

「はい。奥までち×ぽが入って、物凄く最高の気分になるんです」

「ン、ンンッ……。あぁん、うぐぅ、あぁ、はぁ、はぁ、んんぁ」

真由美の声も徐々に艶を帯びていき、色気を増していく。

そんな淫らな声を聴いていると、健一も興奮していくのであった。

「おぉ、あぁん、健一君、激しいのぉ、んんぁ」

「激しくされるのはどうですか? 好きなんでしょ?」

「そう、好きなの、激しいのも好きだし、ゆっくりも好きぃ、全部好きなのぉ」

「真由美さんは欲張りですね。でも、そんなところが好きですよ。もっと、気持ちよくなってください」

「んんぁ、気持ちよくなりたい。あぁん、健一君―」

「俺、真由美さんのお尻をズボズボしているんですよね? 真由美さんの淫らな穴を、開拓している」

「はぁん、そうなの、お尻なんて、エッチなことに使う穴じゃないのにぃ」

「でも感じていますよね? お尻の虜になっているじゃないですか?」

「はぐぅ……、うぅ、あぁん、わかんない……、もう気持ちよすぎて、よくわかんないのぉ」

「おま×ことお尻だったら、どっちが気持ちいいですか?」

「そんなの比べられないわ。どっちも気持ちいいもの」

「そうしたら、どっちも気持ちよくしてあげますよ」

「え? 何をするつもり」

実は、健一はアナルプラグの他にも、極太のバイブを用意していたのだ。

そして、そのバイブを取り出し、秘部に挿入していったのである。

つまり、変則的な二穴挿入という形になる。

「きゃー。おま×こに何か入ってきたぁ。何をしたの?」

「極太のバイブを挿れたんですよ。リモコン操作もできるタイプなんです」

「ふ、太い……、太すぎるわ……、健一君、あぁん、おま×こがぁ」

「おま×こヌレヌレだからすんなり入りましたね。お尻の穴に、ち×ぽを挿れられ、さらに、おま×こにバイブを挿れられるのってどんな気分ですか?」

「はぁん、ど、どんなって、そんな……、凄い感覚よ。お尻とおま×こにフタをされて、ズボズボされているのぉ」

「気持ちよくなってるんじゃないですか?」

「はぐぅ、んんぁ、ンンッ……あぁん、あぁ、さっきよりも気持ちいい。ゾクゾクしちゃうのぉ」

「バイブのスイッチも入れてあげますから」

そう言い、健一はバイブのスイッチを入れた。

ヴヴヴヴヴ……。

と、稼働音が室内に響き渡る。

「きゃー……、なにこれ……、動いてる。おま×この中でバイブが動いてるわ」

「真由美さん、バイブを突っ込まれるのは初めてですか?」

「うん。初めてよ」

「なら、初めてのアナルの他に、初めてのバイブも経験できましたね。よかったじゃないですか」

「はぁん、健一君、ハァハァ……、刺激が、刺激がぁ、強すぎるわ」

「おま×こにバイブを突っ込んだら、お尻の締めつけも変わりましたね。より一層、ち×ぽを締め付けてくれます」

「はぁん、んんぁ……、あぁん、健一君、そんなにされると私……、あぁ」

「私? どうなるんですか?」

「くぁ、ぁん、ぁぁぁあああ、おま×ことお尻が両方熱いのぉ。おかしくなっちゃうわぁ」

「おかしくなってください。たくさん突いてあげますからね」

「ふぐぅ……、健一君、ああぁん、気持ちよすぎて、イッチャいそう……、エッチなおしっこが出ちゃう」

「出していいですよ。エッチなおしっこをお漏らししちゃってください」

「いやぁん、そんな恥ずかしいわぁ。また、お漏らししてしまうなんて」

途端、ピッピッと陰部からラヴジュースが零れ出す。

子宮頸管粘液があふれ出し、お漏らししたようになる。

「んなぁ、恥ずかしい、エッチなおしっこ出ちゃってる……、もう、止まらないのぉ……、うぐぅ、健一君……、あぁ、あぁん」

「凄い、おま×こが大洪水だ。お尻の締めつけもまた強くなりました」

「はぁん、健一君、も、もうダメ、イク、イッちゃうのぉ」

「わかりました、俺もイキそうなんで。最後は正常位でしましょう。

後背位から一転して、健一は正常位でアナルに挿入していった。

「うぐぅ……、あぁん、健一君、気持ちいぃ、気持ちよくて、止まらないのぉ」

「俺もです。ああ、精子が出そうですよ」

ズコバコと、ペニスを動かしていくと、圧倒的な快感が襲ってくるのであった。

「んんぁ、きゃー、健一君、ダメ……、ダメなの……、そんなに突かれたら、おかしくなっちゃう」

「俺もおかしくなりそうです。真由美さん……、気持ちいいです」

「ハァ、ハァ……、健一くぅん、おま×こ、お尻も両方ズボズボされて、私も最高の気分なの……、このまま激しくイキたいわぁ」

「たくさんイッてください。イキ狂わせてあげますから」

「んぁ……、あぁん、も、もうダメェェ……、んぐぅ、あぁ……」

「真由美さん、俺もイキそうで、お尻の中に精子を出してもいいですか?」

「うん、出してぇ、お尻の中に精液をたくさん出して欲しいのぉ」

「うぐぅ、わかりました。たっぷりと精子を出しますからね……」

健一の中でもオルガスムスが訪れ、身体中を心地よくしていく。

真由美自身もアクメを覚えているので、ガクガクとカラダをふるわせ始めた。

「きゃー。んんぁ……、あぁん、ンンッ……ダメ! イクッゥゥゥー」

「俺もです……。精子出ます」

次の瞬間、健一の欲望が一気に弾けた。

ビュルビュル……ビュピョプ。ビュピョプ、ドクドク、ビュルン、ビュビュップ。

「きゃー、あぁん。お尻の中に精子が出てる。もうダメ……、お尻が熱いのぉ……」

「うぉぉぉおおお。精子がどんどん出てくる。かなり気持ちいいです」

最後の一滴まで健一はスペルマを吐き出していった。

「ハァハァ……、健一君、最高だったわ。物凄く気持ちよかったのぉ」

「はい、俺もですよ。嬉しかったです。真由美さんの初めてアナルやバイブプレイをもらえて」

「とっても恥ずかしかったのよ。だけど、私も満足したわ」

「あの、真由美さん、これからも、一緒にいてもらえますか?」

「ホントに? ホントに私でいいの? アラフォーのオバサンなのに」

「俺は今の真由美さんが好きなんです。だから、一緒にいたい」

「健一君……、好き……、好きよぉ」

真由美は健一に抱きついた。

対する健一も彼女を抱きとめる。

そして、甘く蕩けるようなキスを展開していく。

「んちゅ……、ちゅぱん、ちゅっぱ」

「真由美さん、俺も好きです。これからも一緒いましょう」

と、健一は告げると、濃厚なアナルセックスの余韻に浸っていくのであった――。

〈了〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました