連載官能小説『【美熟女】夫の裏切りに反抗して』第3回

連載官能小説

連載官能小説『【美熟女】夫の裏切りに反抗して』第3回

俊介は、真奈美のショーツに手をかけ、スルスルと脱がしていく。

途端、真奈美は恥ずかしさでいっぱいになり、カァと顔を赤くさせた。

ヴィーナスの丘には、控えめに恥毛が生え揃い、その下には、ぷっくりとした大陰唇が見える。

「キレイなおま×こですね。もっとよく見せてください」

「いやぁ、恥ずかしい……、あんまり見ないで」

俊介は大陰唇を指で広げると、小陰唇を露出させていった。

肉ヒダのビラビラは、うっすらとした褐色であり、変に黒くなっていない。

また、僅かに潤みを帯びており、膣口はぬらついている。

「おま×こ、濡れてますね。真奈美さん、興奮してるんですか?」

「そんな……、だって俊介さんが弄るからぁ」

「おっぱいを触られて、興奮したんですね。僕、嬉しいですよ」

「ハァ、ハァ、恥ずかしいから、そんな見ないで、女のあそこなんて、そんなにいいものじゃないでしょ」

「そんなことないですよ。真奈美さんのおま×こは魅力的です。ちょっと弄ってみますね?」

と、俊介は言い、淫裂を指でなぞり始める。

すると、しっとりとした淫蜜が指に付着し、ヌルヌルと滑っていくのであった。

「おま×こがヌルヌルだから、指がスムーズに動きますね」

「いやぁん、そんな風に言わないでぇ……。んんぁ」

「真奈美さん、おま×こ弄られてどうですか?」

「どうって……、そんなこと言えないわ」

「言ってくださいよ。どうなんです? 気持ちいいんですか? そうでないんですか?」

問い詰められるように告げられ、真奈美はどう答えるべきか迷った。

確かに、気持ちいいのであるが、それを口に出すのは恥ずかしく、躊躇してしまったのである。

「ンンッ……くぅ、んんぁ、あぁん」

「エッチな声が出てますよ? 気持ちいいんですよね?」

「はぁん、気持ちいいのぉ。俊介さん、あそこを弄られるの気持ちいいわぁ」

「あそこじゃないですよ。おま×こです。僕に聞かせてください。真奈美さん、おま×こって言ってくださいよ」

「そんな卑猥な言葉、言えないわ……、恥ずかしすぎるし」

「いいんですか? 言わないと弄るのをやめてしまいますよ」

「やぁん、止めちゃダメェ……、お願いだからぁ」

「なら、ちゃんとおま×こって言ってください。そう言ったらもっと弄ってあげます」

俊介は陰部を弄る手を止め、フワフワと繁茂する陰毛を撫で始めた。

気持ちよかったのに、焦らされてしまい、真奈美は悶々としてしまう……。

「お願い、あんまりイジメないで……、弄って欲しいの」

「どこを弄って欲しいんですか?」

と、俊介は蠱惑的な笑みを浮かべた。

「どこってそれは……、そんなに言わせたいのね?」

「そうです、あなたの口から卑猥な言葉が聞きたいんです。だから、お願いします。おま×こって言ってください」

「わかったわ。言ってあげる……。お、おま×こ……、おま×こ弄ってぇ」

「よく言えましたね。では、ちゃんと弄ってあげますから」

と、俊介は言うと、淫猥に濡れる秘部に指を伸ばし、こちょこちょとくすぐっていった。

すると、ゾクゾクとして悦楽が真奈美を包み込み、頭の中がフワフワとしています。

思えば、男性とこんな関係になったのはいつぶりだろうか?

(あの人は、こんな風にして抱いてくれなかったわ。だけど、俊介さんは違う。この人は、私を必要としてくれる。私を大切にしてくれる)

と、真奈美は感じている。

今、自分がしているには、不貞行為だ。

つまり、犯罪なのである。

だが、自分の欲望を止められなかった。

「真奈美さん。おま×こ、どんどん濡れてきてますよ」

「んなぁ、あぁん、ンンッ……」

「指を中に挿れてあげますから」

「指を中に……? そんなダメよ……、止めてぇ」

「ホントに止めてもいいんですか? ここで止めたら、真奈美さんだって困るはずですよ」

確かにそのとおりである。

口ではイヤと言っても、本当はもっと弄って欲しいのだ。

しかし、なかなか素直になれずに、嫌々と言ってしまう。

「指、すんなり入りましたよ。おま×こがトロトロになっているから、スムーズに動きますね」

「はぁん、俊介さんの指が入ってくるぅ……。太いわ、太い指なのね……」

「僕の指は少し太いかもしれませんね? 太いのが好きなんですか?」

「わかんないのぉ……、でも、ゾクゾクしちゃう……、おま×こが熱くなって、本当におかしくなりそう」

「おかしくなってもいいんですよ。二人で変になりましょう。僕もあなたと一緒に変なりたいですから」

十歳も年の離れている年下の男性に、性器を弄られて、気持ちよくなっている。

背徳的な行為のはずなのに、どういうわけか、カラダは求めてしまうのである。

(私って、こんなに性欲が強かったのかしら……)

そう思うと不思議である。

真奈美は夫に抱かれなくなっても、そこまでカラダを求めなかった。

だけど、俊介に淫裂を弄られると、どんどん気持ちよくなってしまい、求めてしまうのである。

「俊介さん、気持ちいい……、おま×こ、気持ちいのぉ」

「そうみたいですね。だって、こんなに濡れていますから」

「はぁん、自分が変態になっていくような気がするわ。こんな風に求めたことないのに……」

「徐々に自分の性感帯が開発されていくんですよ。僕がもっと気持ちよくしてあげますからね」

「んなぁ……、あぁん、んぐぅ……、ハァハァ」

「指の動きを速めてあげますよ」

俊介は、真奈美の足を多く左右に広げていく。

M字開脚にポーズを取ると、恥ずかしくなっていくのであった。

こんな淫らな格好で、男性の前でエッチな声を出すなんて……。

以前の真奈美とは違う、まったく別の新しい人格が出ているような気がした。

「はぁん、俊介さん、そんな恥ずかしいポーズにさせないで」

「こっちのほうが弄りやすいんです。おま×こがヒクついて指に吸い付いてきますよ」

「んぁ……、あぁん、俊介さん、ンンッ……はぁん」

エッチな声が止まらない。

快感が降り注ぎ、淫声が迸ってくるのである。

「真奈美さんのおま×この中、粒々みたいなものがありますね。これなんていうか知っていますか?」

「え? そんなの知らないわ。なんていうの?」

「確か、カズノコ天井っていうんですよ。珍しいタイプのおま×こで、名器って呼ばれているんです」

「そ、そうなの。それは知らなかったわ」

「ここにち×ぽを挿れたらきっと気持ちいいでしょうね」

「んんぁ、そんな……、おちん×んを挿れるなんて……」

「おま×こにち×ぽを挿れたいです。僕も気持ちよくなりたいんです」

「ンンッ……、はぁん……、あぁ、あぁん」

「そうだ。クリトリスを弄ってあげますよ」

「んなぁ、あぁん、そんな場所、弄っちゃだめよ」

「クリトリス、気持ちいいですから、弄ってあげます」

そう言い、俊介は陰核に照準を移した。

包皮に包まれているクリトリスの皮を器用にむき、白い豆を露出させていくのであった。

「はぁん、そこは敏感だから優しくしてぇ」

「もちろんですよ。優しく弄ってあげますからね」

俊介は、指の腹を使って、陰核をキュッと押すように刺激していった。

すると、痛烈な快感が、真奈美の全身を貫いていく。

途端、ゾクゾクとする悦楽が降り注ぎ、電流が走ったように、カラダをビクつかせた。

「んなぁ、あぁん、気持ちいい……、クリも気持ちいいのぉ……」

「クリトリスを弄ったら、おま×この締めつけが強くなりましたね。うぉぉ、ホントに素敵ですよ、真奈美さん」

「はぁん、ゾクゾクしちゃう……、もうダメなのぉ」

「真奈美さん、イキそうなんですか?」

「はぐぅ……、そう、よくわかんない、ただ気持ちいいのぉ……」

断続的なアクメが襲ってきて、真奈美を心地よくしていく。

(んんぁ、私、イカされる……、あの人にもイカされたことないのに)

真奈美はイクという経験がない。

だからこそ、この唐突に現れた快感の塊に驚いていたのである。

一方、俊介は最後の仕上げのつもりで、陰核と秘裂を両方刺激していった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました