連載官能小説『【美熟女】夫の裏切りに反抗して』第5回

連載官能小説

連載官能小説『【美熟女】夫の裏切りに反抗して』第5回

俊介自身、真奈美のフェラチオを受けて、心地よくなっている。

ペニスに快感の塊が降ってきて、全体に包み込まれていく。

「あぁ、真奈美さん、僕、そろそろ限界です……」

「んじゅ、じゅるん、イッて、イッてください」

「はい、うぉぉぉ、出る……、精子が出ます」

射精感は耐えがたくなり、最早我慢の限界である。

尿道に一気に精液が駆け巡り、そしてとうとう――。

ビュルビュル……ビュピョプ、ビュク、ビュククル、ドピュン……。

「ンンッ……んごぉ」

真由美の口内に勢いよくスペルマが発射される。

俊介は目を閉じて射精の感覚を味わっていくのであった。

「うわぁ、凄く気持ちいい……、真奈美さん、最高の気分ですよ」

「んじゅ、じゅるん、あふぅ、ふぉ、ゴックン」

真由美は吐き出された精子をすべて飲み下していった。

それを見た俊介は、感動のあまり、真奈美を強く抱きしめる。

「真由美さん、精子飲んでくれたんですか?」

「はい、どうしていいのかわからなくて……」

「ありがとうございます。僕、嬉しいですよ」

真奈美は俊介に抱きしめられ、夢見心地な気分を味わっていく。

あの人は、こんな風にして抱いてくれなかった。

何というか、女として扱われているような気がして真奈美も、悦びを覚えるのであった。

「真奈美さん、このまま続きがしたいんですけどいいですよね?」

「続きっていうのはつまり……」

「そうです、このままセックスしましょう。真奈美さんだって、そのつもりでここに来たんでしょう」

夫の裏切りに反抗して、真奈美はラブホテルに足を踏み入れた。

ただ、いざセックスとなると、やはり緊張してしまう。

「俊介さん、大事にしてくれますか?」

「もちろんです。優しくしますから、安心してください」

「ではお願いします。私を抱いてください」

「ありがとう。真奈美さん、じゃあ、このまま挿れますね。あの、コンドームはどうしますか? 僕はこのまま生で挿れたいんですけど」

俊介の問いかけに、真奈美は困った。

もしも、膣内に出されてしまったら……。

だけど、断りたくなかった。

このいい雰囲気を壊したくなかったのである。

「大丈夫です。今日は安全な日なので」

「そうですか? それでは、生で挿れますね。そっちの方が気持ちいいですから。真奈美さん、ちゃんと責任は取りますから、安心してください」

未だに、真奈美は人妻であることを、俊介に言っていない。

俊介は、自分をどんな女だと思っているのだろう?

まさか、不倫関係になっているとは、思っていないだろう。

ただ、真実を話す勇気がなかった。

言えば、俊介が離れていくような気がしたのである。

「真奈美さん、それじゃ挿れますね」

と、俊介は言うと、真奈美をゆっくりと押し倒していく。

そして、足を左右に広げると秘部を開帳していった。

「おま×こがトロトロになってますね。直ぐに挿れられそうです」

「やぁ、恥ずかしいから、あんまり見ないでぇ」

「大丈夫。ここには僕とあなたしかいませんから、だからよく見せてください」

ぬらつく性器にペニスを押し当てる俊介。

そのまま腰を動かすと、いきり立ったイチモツを膣内に導いていくのであった。

ふわトロになった蜜壺は、怒張を優しく包み込んでいく。

「うぉ、気持ちいい……、これが真奈美さんの中なんですね。予想以上の感触です」

「はぁん、俊介さんが中に入ってきましたぁ、あぁん」

体位はベーシックな正常位。

定番の体位であるため、真由美もすんなりと受け入れられた。

「少しずつ動いていきますからね」

俊介は腰をスムーズに動かし、胎内の感触を味わっていく。

ヌメヌメの女壺は、どこまでも心地よく、俊介を感動させていくのであった。

「あぁん、ンンッ……俊介さん……、んんぁ、気持ちいい……」

「僕もですよ。最高の気分です」

「おちん×んが、奥まで入ってゾクゾクしちゃいますぅ」

「うおぉぉ……、ち×ぽが蕩けそうだ」

「俊介さん、ぁん、あぁぁん、動いてぇ、もっと動いて欲しいのぉ」

「わかってますよ。徐々にペースを上げていきますから」

「ふぁん、あぁん、んんん、ぁぁああ、やぁん、気持ちいい……」

真奈美は、自分でもどうしてここまで快感を覚えているのかわからなかった。

こんな風にして年下の男性に抱かれて、最高の気分になっていくのであった。

「おま×この中にヒダがあって、それがペニスに密着するんです。凄く気持ちいいですよ」

「私も……、私もなのぉ、おま×この奥におちん×んが当たって、もう頭がフワフワしてしまいます」

「もっと突いてあげますからね。真奈美さんは激しいのが好きですか?」

「んんぁ、あぁん、わかんない……、ゆっくりもいいし、激しいのもいいのぉ」

「欲張りな人ですね。でも、そんな真奈美さんが好きですよ。もっと、気持ちよくしてあげますから」

「んん……あぁ、ふぁん、んぐ、俊介さん、はぁん」

真奈美も声も徐々に色を帯びていく。

艶のある淫声が室内に響き渡り、俊介の耳に心地よく届くのであった。

「んぐぁ、あぁん、俊介さん、はぁん」

「真奈美さん、うおぉぉぉ、僕もち×ぽが気持ちよくて、おかしくなりそうです」

「はぁん。もっと、突いて……、突いて欲しいのぉ」

「突けばいいんですね? わかりました、もう少しペースを上げていきますね」

と、俊介は告げると、腰のグラインドを強めていく。

めりゅ、めりゅちゅ……。

膣道を、ペニスが擦り上げていき、ぬめりのある淫蜜がふき出していく。

「はぁん、激しい……、さっきよりも激しくなったのぉ」

「はい。真奈美さんのおま×こ、ヌルヌルだから、滑りがよくなって、最高です。ほぉぉ、あぁ、真奈美さん……」

「んんぁ、あぁん、うぐぅ……、ひゃん、おちん×ん激しくなってきたぁ」

「こんなのはどうですか?」

俊介は、三度浅く突き、四度目で深く突き刺していった。

こんな風にして、刺激の変えていくと、抽送もマンネリせずに楽しめるようになった。

「んんぁ、ンンッ……俊介さん、おま×こが気持ちいい……」

「おま×こもヒクついて、締まりがよくなってきましたよ」

「だって、あまりに気持ちよくて、おま×こが自然と締まっちゃうのぉ……、んんぁ、だから、わざとじゃないのよぉ」

「うぉぉ、真奈美さんのおま×こ、ホントに凄いです。僕のち×ぽを優しく包み込んで、気持ちよくしてくれます」

「はぐぅ……、ンンッ……んんぁ。俊介さん、おちん×んが激しくて、奥まで入って……、あぁん、子宮が悦んでいるわぁ」

「真奈美さん、クリも弄ってあげますよ……、いいですね?」

「え? そこを弄るの……、そんな」

「おま×こに挿れられながら、クリトリスを弄ると、もっと気持ちよくなれますよ」

俊介は、挿入しつつ、陰核を指でこねくり回した。

クリクリと弄り回すと、ぷっくらと雌芯が膨らみ、ヒクヒクとヒクついて見えるようになった。

「きゃー。んんぁ、あぁん、クリが、気持ちいい……はぁん」

「クリを弄ったら、さらにおま×こ締まりました。んん、いい感じですよ」

「あまりに気持ちよくて……、私、変になりそうです」

「どんどん変になってください。真奈美さんの色んな姿が見たいですから」

「ンンッ……恥ずかしい……、そんなはしたないこと、きゃぁー」

ズコバコと、俊介は勢いよく腰を穿ち続ける。

ずりゅ、めりゅ、めちゅちゅ……。

真奈美も再びアクメを覚え始めた。

先ほどイッたばかりなのであるが、大きな悦楽を感じていくのであった。

「んん、あぁん、ダメ……、俊介さん、ぁん、んんぁっ」

「真奈美さん、おっぱいも弄ってあげますよ」

「え、おっぱいを……、はぁん」

「真奈美さんのおっぱいは形がいいですから、揉みごたえがありますよ」

「んぐ……、あぁん、ハァハァ」

俊介は乳房を弄り始めた。

たわわに実ったおっぱいを揉みしだいていくと、真奈美も恍惚とした表情を浮かべていった。

「真奈美さん、おっぱいを弄ったら、おま×こもキュンとなっていますね」

「はぁん、だってぇ、胸を触られながら、おま×こ突かれると、気持ちいいのぉ」

真奈美は淫声を轟かせて、快感を表現していくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました