連載官能小説『【美熟女】夫の裏切りに反抗して』第6回

連載官能小説

連載官能小説『【美熟女】夫の裏切りに反抗して』第6回

「ハァ、僕も凄く気持ちいいです。真奈美さんと一つになっているって気がします」

「ふぅ、あぁ、あぁん、おちん×んが奥まで届くぅ」

「奥がいいんですか?」

「うん。そうみたい……、ズコバコって奥を突かれると気持ちよくなってしまうの」

「なら、丁度いい体位があります」

「え? 体位?」

「このまま普通の正常位を続けてもいいですけど、少し違ったものも試してみませんか?」

「何をするつもり? 俊介さん」

「こうするんです」

そう言うと、俊介は真奈美の足を自分の肩以上に持ち上げていった。

「きゃー、な、何をするの」

「こうすると、奥まで届くようになるんです」

この体位は――。

 

「深山(みやま)」

 

と、いう体位である。

仰向けの女性が男性の肩の上まで脚を上げ、男性はその脚を支えながら挿入する体位だ。

通常の正常位よりも、挿入が深くなり、奥の方まで届くようになるのである。

「どうです? こっちの方がち×ぽが奥まで入るでしょ?」

「はぁん、入るぅ、奥まで届くのぉ」

「足を上げると、おま×この形状が変わるっていうか、締め付けが激しくなりますね」

「んんぁ、あぁん、いい! 凄くいいのぉ」

「僕もいい感じです。ち×ぽが心地よくなっていきます」

「ンンッ……。ふぁ、はぁん、あぁ、あぁぁぁん」

真奈美の口から、淫らな声が漏れていき、俊介を興奮させていく。

「ほぉ、あぁん、んんぐぁ、俊介さん……、あぁ、気持ちいいのぉ」

「僕もですよ。真奈美さんのおま×こがち×ぽに絡みついてくるんです」

「んんん。あぁん、あぁ、んぐ、はぁ、変になってしまいそう……」

じゅる、ちゅる、んりゅる……。

ペニスが膣道を擦り上げ、圧倒的な快感を発生させる。

俊介も気持ちよくなっているが、真奈美も蕩けるような気持ちになっていくのであった。

「真奈美さん。どうです……、この体位もいいでしょう。深山っていうんですよ」

「み、深山……、知らなかったわ。とにかく奥まで入るの」

「真奈美さんは奥が好きみたいだから、丁度いい体位ですね」

俊介は一定のリズムで抽送を続けていたが、少しずつ変化を加えていく。

ずっと同じペースで突き続けると、やはりマンネリ化してしまう。

そこで、深く突いたり、浅く突いたりを繰り返して、刺激に変化を加えていくのであった。

「ンンッ、んぁ、あぁん、俊介さん、あぁ、それもいい! 凄い感覚なのぉ」

「真奈美さんのおま×こ、締め付けが激しくなってきましたね。うん、素晴らしい感触ですよ」

「ハァ、ハァ、奥まで入ったり、浅く突かされたり、変化が加わって気持ちいいの……、んんぁ、堪らない……、本当に堪らないわぁ」

「僕もですよ……、真奈美さん、もっと気持ちよくなってください」

「んぐ、ン。あぁん。おま×こゾクゾクしちゃうわぁ」

「真奈美さん、うぉぉぉ、ち×ぽが気持ちいい……、蕩けてしまうそうです」

「んんぐ、あぁん、私も蕩けちゃいそう……、とにかく気持ちいいのぉ」

「うぉぉぉおおおお。真奈美さん……」

興奮しきった俊介は、真奈美の足を左右に開いた。

ガバッと足を広げると、結合部分がよく見えるようになった。

「はぁん、俊介さん、恥ずかしいわぁ、こんな体勢……」

「恥ずかしい格好の方が、真奈美さんは興奮するんじゃないですか?」

「そんな、人を変態みたいに言わないでちょうだい」

「ククク……、冗談ですよ。足を広げると、いい感じでおま×こが見えて興奮するんです。だから、ちょっとこの体位でさせてください」

まんぐり返しに近いような形になり、俊介は抽送を繰り返していく。

姿勢を前傾にした影響もあり、二人の顔が近づくのであった。

「あぁん、俊介さん、キス……、キスしてぇ、キスされながら、ズコバコされたいのぉ」

「わかりました、キスですね……してあげますよ」

俊介は自分の顔をさらに近づけて、真奈美の唇を奪っていった。

「んちゅ、ちゅちゅ、ちゅぱん」

(あぁ、私、俊介さんにキスされてる……、キスされながら、挿れられているのぉ)

「どうです? 真奈美さん、キスされながら、挿れらるのは? んちゅ、ちゅちゅっぱ」

キスの雨を降らせた俊介は、貪るように唾液を啜り上げていく。

「んじゅる、じゅるん、じゅるる。あぁ、真奈美さん」

「んぐ、あぁん、キスされると気持ちいい……、最高の気分なのぉ……」

やがて、キスを終えた俊介は、一転して、乳房を揉み始めた。

たわわに実ったバストは、とても柔らかく、俊介を恍惚とさせていくのであった。

「あぁん、俊介さん、おっぱいも気持ちいいのぉ」

「真由美さんの胸は、形がよくて、それでいて柔らかいから、素晴らしい感触ですよ」

「乳首も、乳首も弄って……、そこを弄られると、もっと気持ちよくなれるから」

「乳首ですね……、こんな感じですか?」

俊介は指先をフルに使って、胸の蕾を摘まみ上げると、クニクニと勢いよく刺激を加え始めた。

「きゃー、んぐ、んんぁ、そ、それ、いいの、凄く気持ちいいのぉ」

「プクっと硬くなってますね。興奮してるんですか?」

「うん。だってぇ、あまりにも気持ちいいんですもの……」

「フフフ……、真奈美さんはホントに可愛いですね。もっとイタズラしたくなっちゃいます」

「そんなイタズラだなんて……、んぐ、あぁん。んんぁ、もう、ダメ……、あぁぁああぁぁあー」

俊介は、上から下に突き刺すように抽送を続けていった。

一層挿入が深くなり、奥まで届くようになるのであった。

「ン。あぁん、深い……、おちん×んが奥まで入るのぉ。ホントに気持ちよくておかしくなってしまいそう」

「おかしくなってもいいですよ。一緒に気持ちよくなりましょう」

「はぁん、んんぁ、んぐぅ、んんん。あぁん、俊介さん、ハァハァ……」

「おま×この締めつけも強くなりましたね。おま×このヒダがち×ぽに絡みついて、気持ちよくなってしまいます」

「んぐぁ、そうなの? 私も気持ちよくなってるのぉ。俊介さん、あぁん、もっと、もっと突いて欲しいのぉ」

「わかりました、もっとたくさん突いてあげますからね。こんなのはどうですか?」

俊介は、再び体位を深山に戻した。

ただ、今度はペースを素早くし、腰を大きく動かしていった。

「きゃー。俊介さん、やっぱり、この体位がいい……、気持ちよくなってしまうのぉ」

「僕もです。もしかすると、僕たちカラダの相性がいいのかもしれませんね。お互い、物凄く気持ちよくなってるみたいです」

「うん。そうかもしれないわぁ。こんな感じになるの、もしかすると初めてかもしれない……」

真奈美は当然夫に抱かれてきたのであるが、ここまで快感に取り憑かれたことはなかった。

こんな風にして、淫らに声をあげてしまう自分が不思議でならなかったのである。

「んぁ、あぁん……、俊介さん、きたのぉ……、気持ちいい……、イク! またイッちゃいそうになのぉ」

「イッてください。僕もイキたい! 一緒にイキましょう」

「んなぁ、ぁあん、一緒にイキたい。イキたいのぉ……」

断続的なアクメが、徐々に強まっていき、やがて大きな塊になって、降り注ぐ。

女壺がじんわりと熱を帯びて、オルガスムスを覚えていく。

対する俊介も、鋭い悦楽を感じ、射精感が発生していく。

その吐精感は、次第に大きくなり、最早耐えるのがしんどくなっていった。

「真奈美さん。出る! 精子が出ます!!」

「うぐぅん、出してぇ、たくさん精子出して欲しいのぉ」

「中に出してもいいんですよね?」

「はぁん、中に……、中に出して、ビュルビュルって中にたくさん精子を出して欲しいのぉ」

「うぉぉぉおお、わかりました。じゃあ、出します。イク! 出る!!」

「ハァん、私もダメェェェー! イクゥゥー」

二人の声がシンクロし、快感が爆発する。

ビュルビュル……ビュピョプ、ビュクク、ビュピョプ、ププ、プブップッピョ……。

ドクドクとした、熱いスペルマが膣内に流れ込み、俊介を気持ちよくしていく。

「きゃー、お腹が熱い……、中出しされるの気持ちいいのぉ……」

膣内を熱く滾る精液が流れ込み、彼女を心地よくさせていった。

そして、俊介は真奈美をヒシっと抱きしめて、

「真奈美さん、最高のセックスでした。ありがとうございました」

「私も……、俊介さん、気持ちよかったわぁ」

真奈美はセックスの余韻に浸りながら、種付けされた悦びを感じていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました