連載官能小説『【美熟女】夫の裏切りに反抗して』第8回

連載官能小説

連載官能小説『【美熟女】夫の裏切りに反抗して』第8回

「んんぁ、はぁ、手つきがいやらしいです」

「真奈美さんが魅力的だからですよ」

おっぱいを揉まれながら、湯船に浸かると、なんというか幸せな気持ちになる。

夫はこんな風にして自分を愛してはくれなかった。

だからこそ、淡い恋心が刺激されるのである。

「乳首も弄ってあげますね」

「きゃん、そんな、乳首なんて」

「真奈美さんは、反応が可愛いですね。生娘みたいだ」

「そんな、オバサンをからかわないで」

「真奈美さんは、全然オバサンじゃないですよ。こんなにキレイなんですから」

「お世辞を言っても何も出ませんよ」

「お世辞じゃないです。真実を言っているんです」

そう言うと、俊介は、真奈美の顔を、自分の方に向けて、唇を奪った。

「んんちゅ、あぁ、俊介さん……」

「真奈美さん、キスされるのどうですか?」

「どうって、いきなり言われても」

「僕は好きですよ。真奈美さんとキスするのは」

「んん、私も、私も好きです……。頭がフワフワします」

「フフフ。そう言ってもらえると嬉しいです。きっと、僕ら相性がいいんでしょうね。あの、真奈美さん、これからも一緒にいてもらえますか?」

これからも一緒に……。

それはできない願いであるように感じられた。

何しろ、自分は人妻なのである。

これ以上関係を続けるのは、やはり難しい。

「俊介さん、あの、私なんてダメですよ」

「どうしてですか? 僕はあなたと一緒にいたい。だから、これからも会って欲しんです」

「私、まだあなたに言っていないことが」

俊介はそれを聞き、何か察したようであった。

そして、それ以上は追及してこない。

その代わり、胸の突起を指でこねくり回し始めた。

「今は、この時間を大切にしたい。真奈美さんといるこの時間を……。だから」

と、俊介は告げる。

手指に力が入り、乳首はプクっと立ち上がった。

「ンッ……あぁん、俊介さん、気持ちいいです。それ」

「真奈美さんは乳首が好きなんですね。こんなに膨らんで、ホントにエッチな人です」

「そんなエッチだなんて……、俊介さんがエッチな女にしたんですよ」

「大丈夫。僕はエッチな女性の方が好きですよ」

「んぐ……、んんぁ、あぁん、乳首、気持ちいいです」

「真奈美さん、あぁ、エッチですよ。ホントに最高の気分です。さっき、このおっぱいでパイズリしてもらったんですよね?」

「はぁん、そうなの、あなたのおちん×んをこのお胸で挟んだのよ。こんな体験をしたのは初めて」

「うぅ、真奈美さん……」

俊介の手指の力が強まり、胸の突起を弄り回していく。

乳首を弄られるだけで、ここまで気持ちよくなれるとは思っていなかった。

同時に、こんな風にして愛情たっぷりの愛撫を受けるのは、いつぶりだろうか?

(あの人とも、こんな風にイチャイチャしなかった気がするわ)

彼女の夫は淡白な人であり、じっくり愛撫するような人間ではなかった。

軽く陰部を弄って、濡れたらすぐに挿入して、自分だけが気持ちよくなって終わり……。

そんな関係だったのである。

「真奈美さん、そろそろ、下の口も弄って欲しいんじゃないですか?」

「え? 下の口?? それってえっと……」

「おま×こですよ。おっぱいだけでもここまで感じられるんだから、あそこを弄ったらもっと気持ちよくなれますよ」

「何か恥ずかしいです。だけど、弄って……、俊介さんの手指で、私のおま×こを刺激して欲しいのぉ」

俊介は手を前の方に回していく。

そして、陰部に触れると、クチュクチュと音をたてながら弄り始めた。

「んぁ……、あぁん。ダメ、そんなの」

「親、おま×こ濡れますね。やっぱり興奮していたんですね」

「だってぇ、俊介さんがエッチに弄るからぁ」

「ヌレヌレになったおま×こを弄られて、ホントに真奈美さんは可愛いですね。ヌルヌルだから、指がスムーズに動きますよ」

「きゃん、んんぁ、ハァハァ、ダメ……、いやぁん」

「指を挿れてみますね」

「? え、指を挿れるの? んんぁ、あぁん」

「そうです。これだけおま×こが濡れていれば、十分に入りますよ」

俊介は人差し指を淫裂に導き、同時にシコシコと指を動かし始めた。

すると、淡い感覚が膣内を通じて、全身に広がっていくのであった。

「んんぁ、んぐ……、きゃぁ、指が、俊介さんの指が入ってきたのぉ」

「ホントヌルヌルですね、お風呂の中なのに、そのぬめりが伝わってきますよ」

「ハァハァ、だって、そんな風に弄られたら、自然とおま×こが濡れちゃうのぉ」

「ホント可愛いですね……、真奈美さん、次はクリトリスを弄ってあげますよ」

「そこは敏感だから、優しく触ってくださいぃ」

「もちろんですよ。たっぷり気持ちよくしてあげますから」

にゅちゅ、くちゅん……。

陰核に触れると、真奈美のカラダがビクッと跳ねた。

同時に、鋭い悦楽が降り注いでくるのであった。

「きゃん、俊介さん……、気持ちいい、ゾクゾクしちゃいますぅ」

「クリを弄ったら、おま×こがキュッと締まりましたね。膣内からどんどんエッチなお汁が出てきますよ」

「はぐくぅ、ううぅ……、ハァ、ハァ、おま×ことクリを弄られるの好きなのぉ」

「フフフ……、真奈美さん、クリと摘まんでコリコリしてあげますよ」

「きゃー、んんぁ、それいい! 凄くいいの! あぁん、刺激が強すぎるぅ」

「真奈美さんのおま×こ、ホントに最高ですよ」

「もっと、弄ってぇ、弄り倒して欲しいのぉ……、俊介さん、あぁん」

雌芯を指で摘まみ、クリクリと刺激していくのであった。

途端、鋭い刺激が襲ってきて、真奈美は正常な思考をするのが難しくなった。

とにかく快感が凄まじく、しとどに彼女を襲ってくるのである。

「うぉぉ、真奈美さん、クリを刺激されるのどうです? 気持ちいいでしょう?」

「うん、気持ちいいのぉ……、もっとして欲しいのぉ」

「真奈美さん、立ってお尻を突き出してもらえますか?」

「え? 立つの? 何をするつもり」

「後ろから舐めてあげますよ」

「そんな舐めるなんて……」

「舐められた方が気持ちいいですよ。ほら、立って足を広げてお尻を突き出してください」

気持ちよくなりたいと感じている真奈美は、言われた通り、立ち上がった。

そして、足を肩幅以上に開くと、お尻をツンと突き出していった。

対する俊介は、尻肉を揉みしだくと、くいっと左右に押し広げ、秘部に顔を近づけていく。

すると、ツンと馨しい香りが漂っていくのであった。

「真奈美さんのおま×こ、エッチな匂いがしますね」

「いやぁん、ダメ……、そんな匂いを嗅いじゃダメェ」

「凄くいい匂いだ……、興奮しちゃいます」

真奈美の陰部は、熟れた果物のような匂いがする。

それが俊介の興奮を誘っていき、彼の欲望に火をつけるのであった。

「どれ、どんな味がするのか確かめますね」

「やぁん、そんな場所舐めちゃダメなのぉ……」

「んちゅ、ちゅちゅっつ、ちゅぱん」

淫音を鳴り響かせながら、クンニリングスを続ける俊介。

舌先を使ってレロレロと女壺を舐めていくと、たっぷりと蜜がふき出し、それが俊介の舌の上に流れ出した。

「エッチなお汁がたくさん出てますね。ホント卑猥な光景です」

「んんぁ、ぁあぁああぁぁ、ダメ、そんなに舐められたら……」

「もっと気持ちよくなってください。真奈美さん、んちゅ、ちゅちゅ、ちゅぱん」

「ン、ンンッ……やぁん、そんな風に舐められたら、おかしくなっちゃう」

「んじゅる、じゅるん、じゅるる」

「ハァ、ハァ……、俊介さん、おま×こが気持ちよくて……、このままだとイッちゃいます」

「イッてください。イクところを僕に見せてください」

真奈美はアクメを覚えて、カラダを捩らせていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました